• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年10月22日

お家でのセルフケア

こんにちは。衛生士イリエです。

10月になって秋らしくなってきました。

気温も昼間と夜と差が激しいので体調管理に気をつけて下さい。

さて今回はお家でのセルフケアについてお話します!!

日本ではほとんどの人が1日2回以上歯磨きをしているという結果がありながら40歳以上で80%近くの人が歯周病になっているという結果もあります。

なぜかというと、その歯磨きでの磨き残しが原因になります。

歯ブラシ1本で全てをケアしようとしていませんか?

歯ブラシでは、表と裏の部分くらいしかキレイに磨けていません。

歯と歯の間や1番奥の歯の奥の面は中々歯ブラシだけでは磨けません。

また歯と歯茎の境目も磨きにくい部位になります。

+αのケアで使うものは…
①タフトブラシ
②歯間ブラシ
③デンタルフロス


この3つは市販でも買いやすいものです。

まずタフトブラシは先がほそく1本になっていますので、1番奥の歯の奥の面に使いやすいです。

また、親知らずの周り背の低い歯も磨きやすくなっています。


歯間ブラシやデンタルフロスはCMなどでも良くみると思います。

歯間ブラシは、歯ぐきが下がってしまい、すき間の広い部位へ使用します。

またブリッジ(ほてつ物)が入っている人も絶対に使用してほしいです。

フロスは、歯間が普通の人~重なりあっているところにおすすめします。

今はホルダー付きもありますので、手巻きが苦手な人でもやりやすくなっています。


年齢を重ねると唾液の量も減ってきますので、自浄作用もおちてきます。

歯ならびの悪い方も磨き残しが多くなります。

+αのケアをして、口腔内をキレイにしましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年10月22日

今日のお花 2018/10/22

今日のお花 2018/10/22

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月21日

口腔ケアは健康に欠かせない

こんにちは、技工士のナカムラです。

朝晩は随分、秋の深まりを感じるようになりましたね。

昼間との気温差で身体の体調崩していませんか?

そんな健康管理の為には、食生活が大切なのですが、口腔内の管理も大切になってきます。

今回は慢性感染症とアルツハイマー病との関係をお話しします。

アルツハイマー病の原因として、水銀中毒カビ慢性感染病が指摘されています。

アルツハイマーの患者さんの尿から、高頻度カビが産生する毒素が検出されています。

カビはステルス機のように免疫監視装置を通過、抗体を産生するBリンパ球など獲得免疫系の攻撃を受けず消化管口腔粘膜感染が持続化することになります。

アルツハイマー病患者さんは、しばしば口腔内にアマルガム充填歯周病が観察されますが、アマルガムに含まれている水銀による中毒や歯周病の細菌、口腔内のカビの慢性感染に対してアミロイドβたんぱく質が自然免疫として反応し、アルツハイマー病が進展しています。

このアミロイドβたんぱく質は、アルツハイマー病患者さんの脳で蓄積されています。

カビやウイルス、貴金属から神経細胞を保護するための防御システムとされています。

認知機能が気になる人は、まずは口腔内のアマルガム歯周病をチェックしてみて下さい。



 

カテゴリー スタッフブログ |
2018年10月21日

今日のお花 2018/10/21

今日のお花 2018/10/21

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月20日

今日のお花 2018/10/20

今日のお花 2018/10/20

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月20日

お祭り

こんにちは、衛生士フクオカです。

急に、朝晩寒くなってきましたね!

さて、先日地元のお祭りがあったので見に行ってきました!!

7時から宮出しを見に行きました☆




続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年10月19日

今日のお花 2018/10/19

今日のお花 2018/10/19

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月19日

苔テラリウム

こんにちは。衛生士シマガミです。

お祭りに地域の運動会等、イベントが多いこの時期。

休みの日はほぼ行事でバタバタしていてちょっぴり疲れ気味なんですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

今回は、前回ちょこっと話に出た「苔テラリウム」について書きますね。

前からちょっと気になって1つ購入したものが家にあるのですが、今回は実際に作ることが出来るとのことで楽しみにしていきました。

チャリティーということでお値段もお安く嬉しい限りです!

まず用意されていたのは、ボトル、ピンセット、土台用の土、苔、飾り物、お水

スッタフの人に教えてもらいながら息子も一緒に作成開始!

手順は
1.ボトルに土台になる土を2種類スコップで入れる。
2.トレーに苔2種類、飾りとなる石と置物を選ぶ。
3.ボトル内に苔、飾り物をピンセットで飾っていく。
4.水を入れる

ポイントは、石を使って立体感を出しながら、苔を配置する事。

石の間の狭いところも苔をしっかり入れ込んでおくときちんと成長してくれるみたいですよ。

後はセンスなのかもf^_^;)

飾り物の置物が1つしかもらえなかったので家に帰って自分で追加して完成したのがこちらです。




なかなか上手く出来たかも!!

お手入れとしては、室内の明るい所に置いて乾かさないようにする事と
ボトルの蓋を時々開けるかすかしておくことみたいです。

手間もかからず癒しにもなりお気に入りです(*^-^*)

カテゴリー スタッフブログ |
2018年10月18日

フッ素

こんにちは、衛生士ニイヤマです。

ここ数日で一気に寒くなりましたね。

寒暖差で風邪を引かないように気を付けてくださいね。

みなさん一度は耳にしたことがある“フッ素”は、いったいどういったものなのか知っていますか?

今回はフッ素についてお話したいと思います。

まずフッ素(フッ化物)とは、私たちの身近な自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれています。

フッ素はむし歯予防に欠かせないだけでなく、丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割を果たしているのです。

次にフッ素の必要性についてです。

フッ素に含まれる主に3つの作用でむし歯の発生を防ぐことができます。

再石灰化の促進:歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。
歯質強化:歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。
細菌の酸産生抑制:歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年10月18日

今日のお花 2018/10/18

今日のお花 2018/10/18

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月17日

就学時検診~余土小学校~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

この時期、多くの小学校で「就学時検診」が行われます。

「就学時検診」とは、来年度小学校へ入学する子どもたちを対象にした健康診断のことで、身体的な検査と併せて、知的発達の検査や面接が行われます。

今日は当院の院長が先日、嘱託医をしている「余土小学校」に歯科検診に行った様子をお話します。

それぞれの幼稚園・保育園の制服を着たかわいらしい小さな未来の1年生は、6年生のお兄さんお姉さんに手を引かれ各検診ブースを回ってそれぞれの検診を受けていきます。

初めての小学校に緊張していたのか、騒いだり泣いたりすることもなく、順番がくるまでとても静かに待っていたそうです。

歯科検診でも、自分の番が来ると大きな声で名前を言いめいっぱい口を開けてがんばる様子が見られましたよ。

60人ほどのお子さんの検診をしましたが、全体的にむし歯のある子は少なく、きちんと治療している子が多く見られました。

小学校入学前は、歯が生え変わり始める時期です。

いずれ永久歯が生えてくるから乳歯のむし歯は放っておいても大丈夫、と考えてしまうかもしれませんが、実は乳歯の虫歯は永久歯にとても影響をおよぼします。

定期的な検診、気になる歯があれば早めに受診することが大切です。


来年の春、新しいランドセルを背負った小さな余土っ子が、元気に学校に通う姿を見られることを楽しみにしています。

カテゴリー スタッフブログ |
2018年10月17日

今日のお花 2018/10/17

今日のお花 2018/10/17

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月16日

女性と歯科治療

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

妊娠中に歯医者で治療を受ける際に気になることのひとつに、飲み薬があると思います。

出来れば服用を避けたいところですが、実は催奇形性から「使用禁忌」とされている薬剤を除くと、ほとんが添付文書上では「有益性投与」とされています。

お薬を服用するメリットとデメリットをしっかりと説明してもらい、必要に応じてお薬を飲むことは治療において大切なのです。

ではここからは妊娠を控えている方における歯科治療のリスクについて考えていきます。

まずはX線です。

10Days rule」というものがあります。

これは胎児に対する放射線被ばくを避けるために、「妊娠可能女性へのX線照射は月経開始後10日以内に行う」というものです。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年10月16日

今日のお花 2018/10/16

今日のお花 2018/10/16

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月15日

今日のお花 2018/10/15

今日のお花 2018/10/15

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月15日

抗菌剤の副作用

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

エナメル質を超えて広がったむし歯は、自然治癒することはありません

できるだけ初期の内に治療することが理想ですが、歯医者に行くのを先延ばしにしてむし歯や歯周病など重篤化してくると、細菌性の炎症から重症感染症になることもあります。

むし歯や歯周病が原因で細菌性の炎症が周囲にまで広がると、歯性感染症となります。

歯性感染症は、抗菌薬を服用することで軽快することが多いといわれています。

歯性感染症は1群~4群の4つに分類され、その症状に応じて抗菌薬を選択します。

抗菌薬をまずは3日間服用して治療効果を判定します。

もし効果がなければ他のお薬に変更していくようになります。

また他のお薬に変えても、8日間程にとどめなければいけません。

ずっと抗菌薬を飲み続けていると、もちろん費用もかかってきますが、副作用のリスクや耐性菌の発現、抗菌薬の選択肢の縮小など、今後抗菌薬での治療効果が得られなくなる可能性もあります。

どんなお薬にも副作用がありますが、抗菌薬にも重大な副作用があります。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年10月14日

かかりつけの歯医者 

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

加齢とともに、唾液の分泌量は減少していきます。

そこで、唾液が出やすいポイントである「唾液腺」を刺激することで分泌を促進します。


唾液腺は3つあり、まず耳下腺から刺激していきます。

上の奥歯のあたりに人差し指から小指の4本をあてて、後ろから前に向かって回します。

これを10回行います。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年10月14日

今日のお花 2018/10/14

今日のお花 2018/10/14

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月13日

今日のお花 2018/10/13

今日のお花 2018/10/13

カテゴリー 今日のお花 |
2018年10月13日

顔の”こり”

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

食事をするとき以外には上下の歯は接触していないのが普通です。

しかしストレスなどがあると、無意識にくいしばるなど上下の歯を接触させてストレスを発散する人もいます。

上下の歯が接触する時間が長くなると、咀嚼筋や表情筋といった顔の筋肉が疲労して、「こり」という状態になります。

ガムの咬みすぎにも注意しなければいけません。

上下の歯が少しでも触れた場合、歯1本あたり60~80kgの負荷がかかるとされています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約