• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「スタッフブログ」のカテゴリー

2018年6月19日

口臭予防に効果のある飲み物

こんにちは、衛生士イリエです!!

梅雨入りして雨ばかりの日々ですね。

体調もくずしやすいし、気分もしずみやすいので気をつけて過ごしましょう^-^

さて、題名のとおりなのですが、口臭予防のある飲み物について調べてみました。

お出かけをしていたり、仕事だったりでなかなか歯磨きができない状態がみなさんあると思います。

一時的ですが、口臭予防になる飲み物が分かっていれば助かることもあるかなっと思います^-^

緑茶
お茶の中でも緑茶には”カテキン”が多く含まれていて、抗菌作用があると言われています。
また、ウーロン茶や紅茶にも多く含まれています。

牛乳
含まれているタンパク質が、臭いの原因となる”アリシン”と結合し体内で吸収されにくくなることで口臭を予防できるそうです。
アリシンを多く含む食材として、ニンニク・ニラ・タマネギなどがあります。
それらを含む食べ物を食べたときなどに有効です。
ですが、牛乳をのんだ後にそのままになると牛乳の成分が舌の表面に残り口臭の原因になるとも言われています。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年6月18日

燻製に挑戦♪

こんにちは!受付コバヤシです(^^)/

とうとう今年も梅雨の時期がやってきてしまいました!

洗濯物が乾かないのが辛いですが、じめじめに負けずに頑張りましょう(^^♪

さて先日、前からずっと気になっていた燻製なべをネットで購入しました。

その名も“いぶす君”です(*’▽’)



まず燻製なべの底にサクラチップを入れ、金網の上に食材を並べます。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年6月16日

降圧薬

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回高血圧について、そしてその降圧薬は大きく2つに分類されるというお話をしました。

まずはその2つの分類についてご紹介します。

1つ目は末梢血管の抵抗性を下げるものです。

血管を拡張させることで、血管の抵抗性を下げていきます。

昇圧系に影響を及ぼす物質の作用を抑えることで、血管収縮を抑制します。

2つ目は血液の拍出量または流量を減少させるものです。

血液循環の流量を減らすことで、血管抵抗性が下がり、血圧を下げていきます。

これには、尿排泄を促進させる利尿薬が有効です。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年6月15日

高血圧

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

日本における高血圧人口は、約4.300万人と推定されているそうです。

これは総人口のおよそ3人に1人の割合であり、成人に絞ると約2.5人に1人だそうです。

高血圧は、その原因によって本態性高血圧二次性高血圧に分けられます。

日本人の9割は本態性といわれているそうです。

発症の原因はあきらかになってはいませんが、環境因子が影響する生活習慣遺伝因子などが挙げられています。

そのため、日頃の食生活や飲酒、喫煙の習慣、身体活動や運動などを見直して改善することと、薬物療法が不可欠であるといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月28日

台湾旅行

こんにちは、衛生士ウサミです。

先日ゴールデンウィークに3泊4日で台湾(台北)に旅行に行ってきました☆


今回は高松からのフライトでした。

時差は1時間で台湾の方が1時間遅いです。

飛行時間は2時間30分でした。

飛行機に乗る度思うのですが、なんであんなにヘッドレストの位置が高いのでしょうか?

身長150cmでチビの私にはかなり中途半端な位置に枕が来るので毎回首を痛めます(笑)

実は台湾は人生2回目で小学校低学年の時に行ったことがあります。

その時の思い出はサソリの踊り食いを食べたことです。

中華料理のコースメニューの中に毒抜きしたサソリが透明のガラス器(金魚鉢みたいな)の中に入っていてしっぽを持って食べるのですが私は昔から好奇心旺盛だった為食べてみよう!と思い生きているので当然動きますし手がハサミみたいになっているのできれいに下唇を挟まれギャン泣きした気負うがあります(笑)

痛いながらエビのお刺身みたいな味がするなーっと思いました( ˘∀˘ )

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月27日

混合歯列期のブラッシングについて

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

今回は混合歯列期のブラッシングについてお話したいと思います。

混合歯列期とは乳歯と永久歯が混在する時期6歳から12歳にあたります。

乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期は歯の形や大きさが違うので歯垢が溜まりやすくなります。

歯ブラシが当たらない部位が多くなります。

まずは基本的な注意点を、

歯ブラシの持ち方・・・鉛筆を持つように持ち歯や歯茎に負担がかからないようにしましょう。

歯ブラシの当て方・・・歯の表面は垂直に、歯と歯茎の境目は45度の角度であてましょう。

歯ブラシの動かし方・・歯ブラシは1~2歯ずつ磨くように小刻みに動かしましょう。

基本的には歯と歯茎の境目歯と歯の間に歯垢が溜まりやすいのですが、混合歯列期は抜けた乳歯の両隣の歯の側面生えかけの永久歯は要注意です。


いつも通りに磨いていたら歯ブラシが当たりません

歯ブラシを横から入れたり角度を変えたりしましょう。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月24日

5月になりました☆

こんにちは、受付のワタナベです。

新年度になり1ヶ月が過ぎました。

学生のみなさん、新社会人のみなさん、、新しい環境には慣れてきましたか?

連休明けですし、環境が変わった方等疲れも出やすい時期なので体調を崩さないように気をつけましょう。

さて、先日お隣にある余土小学校へ歯科健診へ行ってきました。


健診では先生にむし歯がないかどうかのチェック、歯石歯並びのチェック等してもらいます。

健診の結果でむし歯等あると言われた人は、歯医者へ行き治療をしましょう。

その際、健診結果の書かれた用紙をあずかっている人は一緒に持ってきて下さいね。

治療が完了したら治療したことを記入しお返しします。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月22日

東京旅行

みなさんこんにちは、衛生士ウエダです。

GWも終わり、いつもの日常に戻りましたね。

みなさんGWはどこかに行ったりしましたか?

私は。。。東京旅行へ行ってきました!!

飛行機が苦手なので、松山から東京への短時間フライトもヒヤヒヤものなのです;

1日目は東京駅周辺を散策しました。


見上げるビルがすべて高い…さすが都会。

KITTEでランチをしました♪

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月21日

歯ぎしりやくいしばりの影響②

こんにちは、衛生士イリエです!!

GWも終わってしまいました。

みなさん5月病になっていませんか?

またしっかりやる気をだしてがんばっていきましょう!!

さて、前回の続きです!!

歯ぎしりやくいしばりのお話です。

今回はそれによっておこる危険についてお話します!!

①気付かないこと
睡眠時は脳と感覚器の伝達通路が遮断されてしまうため、他人からの指摘されない限り歯ぎしりやくいしばりに気付かない人が多いです。
音がでて他人に気づかれれば指摘され気付けますが、音のでない噛みしめるだけのくいしばりのような歯ぎしりもあります。
そうなると自分で気付くには、なかなか難しいこともあります。
顎を動かす運動にも種類があります。
なので、色々な症状があり、でてくる症状も人それぞれになります。
睡眠時の歯ぎしりやくいしばりが顎や歯に与える力は強大です。

②二次障害がある
歯がすりへってしまうのはみなさん分かると思います。
その他にもたくさんあります。
歯周組織の損傷骨隆起の発達顎関節症になる・耳鳴りがする・熟睡できなくなる自律神経失調症の悪化など身体にかかわることがたくさんあります…


今一度自分の口腔内をチェックしてみてください!!

少しでも、ん?と思うことがあったらすぐ歯医者へ行ってくださいね!!

そしてちゃんと診断してもらってください^-^

ではまたこんどです♪

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月20日

技工士の仕事8

こんにちは、技工士Kです。

ゴールデンウイークも終わり雨模様の日も増えてきた今日この頃、梅雨の季節となりますね。

Kの家の前は以前、水田だったせいもありカエルがその季節を教えてくれていましたが、今はもう家が建ってそれもなくなり何となく物足りなさを感じているこの頃です。

さて今回も仕事編いってみましょう。

模型製作終了後いよいよ失われている部分を復元する作業に入っていきます。

色々な修復材がありますが最もポピュラーな金属修復、ここでは銀歯と言った方が分かりやすいのでそう言いますね。

これの作り方をお伝えします。

銀歯は金属を鋳込んで作られます。

そのため鋳型と呼ばれるものを作成します。

鋳型は金属が鋳込まれるため当然のことながら中が空洞になっています。

その空洞はワックス(ろうそくの成分みたいなもの)で修復したモノを埋没法で鋳型を作り、それごと電気炉で焼き上げた後形成されます。




続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年5月19日

ゴールデンウィーク

こんにちは、受付のタマノイです。

4月末から、口を開ける時に顎の痛みを感じ始めて、歯医者に行くことにしました。

レントゲンを撮ってもらって、顎に異常はなかったので、原因は歯のくいしばりによる痛みだということが判明!

無意識に顔の筋肉に力が入り、歯をくいしばっていたようです。

すぐにマウスピースを作ってもらいました!

寝るときにつけるようになって、3日後には顎の痛みが消えました♪

5月のゴールデンウィークには顎の痛みも消えたし、美味しいものを食べに行こうと思ったのと、以前から家にあった、高知日高村のオムライス街道MAPが気になり、高知に行くことにしました!!


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月18日

母の日

こんにちは衛生士ニイヤマです。

5月13日は母の日でしたね。

みなさんは何かプレゼントなどを渡しましたか?

わたしは母とランチに出かけました。

DAIDOKORO CAFÉ MOKUというところに行きました。

伊予市の奥の方にあり、隠れ家的なとてもおしゃれなカフェです!

↓外装はこんな感じ



続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月17日

100均でキャンディーポット

こんにちは、衛生士シマガミです。

最近お菓子の残りがバラバラと机の隅に置かれたままになっているのが気になり100均グッズで簡単にかわいいキャンディーポットを作っているのを見て私も作ってみることにしました。

まず、100均で材料集め。

必要なものは、土台になる植木鉢や缶等お菓子を入れる容器飾りに使う引き出し用のつまみシールグルーガン

好みで上下を組み合わせるのですが、なかなかピッタっとくるサイズとパーツを探すのに時間がかかりました。

私が用意したのは、ガラスの容器と缶の植木鉢


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月16日

下関

こんにちは衛生士フクオカです。

だんだんと暖かい日が多くなってきましたね!

夏も、もうすぐですね!!

わたしは、GWに友達と下関の海響館に行ってきました。


夜の小倉行きのフェリーに乗って向かいました。

船中泊は修学旅行振りにしました。

朝、小倉についてから電車とバスを使って海響館に行きました。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月14日

栄養と歯科医療のかかわり②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回アミノ酸についてお話しました。

今日はその続きのお話をしていきます。

摂取したタンパク質の分解・吸収によってアミノ酸が有られます。

アミノ酸はタンパク質に再合成されるだけでなく、細胞内や血液中などにも蓄えられ、それらは遊離アミノ酸と呼ばれます。

遊離アミノ酸は私たちの生体を維持するためにとても重要で、これが不足するとさまざまな不調を引き起こします。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月12日

オピオイド鎮痛薬について

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回まで、麻薬ががん治療の鎮痛薬として処方されるよいうお話をしました。

麻薬といえば、依存症になる心配がありますよね。

炎症性疼痛神経障害性疼痛に対して、オピオイド鎮痛薬を適切に使用した場合は、精神依存はほとんど問題にならないことがあきらかにされています。


一方で、身体依存はがん疼痛治療に用いた場合でも形成されます。

オピオイド鎮痛薬を急激に中止すると退薬症候を発現する可能性があるので、漸減するなどの注意が必要です。

またオピオイド鎮痛薬は、過量投与すると鎮痛耐性が形成され、反復投与で鎮痛効果が徐々に減弱してしまうため、過剰にならないように注意しなければなりません。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月11日

麻薬の副作用

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回麻薬が鎮痛薬として使用されるというお話をしました。

どんな薬にも副作用というものがありますが、今日は麻薬の副作用とその対策についてご紹介していきます。

1.悪心・嘔吐
投与を開始して10~30%の患者さんで発現するといわれています。
耐性が生じてくるので、1週間程度で改善しますが、長期間続いたり嘔吐がある場合には他のお薬へ変更が必要な場合もあります。
症状が現れてすぐに対応できない場合には、別のお薬を一緒に処方しておくこともあります。

2.便秘
15%~50%、ときには100%という高い割合で発現します。
鎮痛薬であるオピオイドは、胃・腸管運動抑制胃液・胆汁・膵液分泌抑制肛門括約筋緊張に止瀉作用がありますが、これが反面副作用にもなります。
耐性ができないので、使用期間中下剤が必要となります。
下剤の服用に抵抗がある場合には、坐薬や浣腸を選択する方法もあります。

3.眠気
投与開始時や増量時などに出現することがあります。
耐性ができるので症状が続くことはあまりありませんが、痛みよりも眠気の方が辛いといって追加の臨時鎮痛剤を控えてしまう人もいるそうです。
痛みがなく眠気が強いときは薬の量を減らし、眠気のために鎮痛薬が増量できないときは他の薬剤に変更するようになります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月10日

痛みを軽減する麻薬

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は麻薬についてお話します。

麻薬と聞くと悪いものと思うかもしれません。

しかし麻薬によっては痛みを軽減する作用もあり、都道府県知事の許可のある医師であれば処方することができます。

さて、日本では高齢化によりがんの罹患数は年々増加傾向にあります。

日本人の2人に1人が生涯のうちにがんに罹患するといわれいます。

最新がん統計によると、2012年に国内で新たに診断されたがんは865,238例であり、その後も増え続けています。

がんを患うとかならずがん性疼痛が現れる、というわけではありませんが、この疼痛治療に麻薬が用いられることがあります。

また麻薬はがん性疼痛だけでなく、慢性疼痛に使用される場合もあるそうです。

慢性疼痛とは「治療に必要とされる期間を超えて持続する痛み、或いは非がん性疾患で進行性の痛み」であると定義されています。

また「疾患や外傷による急性疼痛から移行した痛みで、疼痛を誘発する刺激が持続的または断続的に存在する場合を含め、3ヶ月以上持続するもの」とされています。

慢性疼痛に麻薬を使用するにはさまざまな条件があり、使用される主な疾患には、帯状疱疹後神経痛術後疼痛慢性腰痛などがあります。

歯科の領域においても定義に合致すれば適応となり、難治性の骨髄炎による疼痛などに使用されることもあるそうです。

現在、国内で処方可能な麻薬の鎮痛薬を表にまとめました。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年5月6日

化粧と食事

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回、化粧療法を実施すると「食べる」ことにも変化があらわれてきたとご紹介しました。

まず大きな変化がみられたのは、食事動作です。

高齢者施設で化粧療法を実施すると、食事動作の自立度が向上したそうです。

具体的には、介護療養型医療施設の90歳代の入院患者さんで、化粧療法を実施すると自分でお椀が持てるようになったそうです。

この理由として、化粧療法の動作を行う筋負担の大きさが影響していると考えられています。

人間工学的な手法を用いて化粧動作分析を行うと、三角筋上腕二頭筋総指伸筋浅指屈筋第一背側骨間筋5つの筋肉が化粧動作に重要であることがあきらかになっています。

化粧容器を持ったり、開け閉めしたり、容器から押し出したりするには握力にかかわる浅指屈筋や総指伸筋、第一背側骨間筋が使われます。

また顔面への塗布動作時には肩や肘の関節屈折にかかわる三角筋と上腕二頭筋が使われます。

これらの筋肉は、物を握る・持つ・動かすといった上肢を使った食事や更衣のような基本的な日常生活動作に必要な筋肉でもあります。

高齢者の場合、化粧動作時の筋負担はリハビリの領域で、筋力維持に必要な付加に匹敵するというわれています。

また、要介護高齢者が化粧療法を実施すると、握力が向上することが確認されています。


さらに、食事動作と化粧動作を比較そた結果、スキンケアやメイキャップは、食事動作の約2~3倍の筋力や関節可動域を使う動作であることもあきらかになっています。

これらの結果から、高齢期の化粧動作は上肢の筋力トレーニングにもつながるので、いつまでも「自分で食べる」ことを維持するための対策として、化粧療法がひとつの有効な対策と考えられています。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年4月30日

糖質

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回血糖値についてお話しました。

今日は糖質についてお話していきます。

糖質は、1食あたり糖質量40g程度を目安にすると、効果的に抑えることができます。

また、食物繊維やタンパク質のものから食べて、ご飯やパンなどの糖質を最後に食べるのも効果的で、血糖値の急上昇を防ぐというのもよく聞きますね。


さらに、よく噛んでゆっくり食事することで、糖尿病のリスクが下がることもわかっているそうです。

また、「食べてすぐ寝ると牛になる」なんてことも聞いたことがあると思います。

食べてすぐに寝るのは体にとって良いことではなく、血糖値の急上昇のもととなります。

反対に「食べてすぐ動くと消化に悪い」ともいいますが、これは実際には血糖値が上がる食後に体を動かすと、筋肉で糖が消費されるため、血糖値の急上昇を防ぐことができるので間違った情報といえそうです。

食後は激しい運動はオススメしませんが、軽く歩く程度でも十分効果的なので食べてすぐ横にならずに少し体を動かしてみてくださいね。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
1 / 167123...最後 »

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約