• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「スタッフブログ」のカテゴリー

2018年8月11日

歯の痛みで考えられること

こんにちは。イリエです。

8月になり暑さがすごい毎日ですね。

クーラーをしっかりとつけて、水分もしっかりとって熱中症にならないように気をつけて下さい。

私も毎日自転車で通勤していて、バテバテです(笑)

さて、今回は歯の痛みにも色んな感覚があって患者さんの症状もたくさんあるなぁと思ってまとめてみます。

まず、1番多いのはズキズキするという症状です。

その場合多いのは、むし歯が象牙質、もしくは、髄質(神経のあるとこ)まで到達している場合が多いです!!

痛みをはっきり感じるのはエナメル質よりも奥の象牙質まで進行していることが多いです。


歯の痛みは、感じてからではけっこう進行していることがあります。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年8月9日

歯周病に注意!

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯周病は、ひどくなるまで自覚症状が少なく、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)と表現されています。

痛みが出たり歯ぐきが腫れたりして気付いたときには、症状がかなり進行しているなんとことになります。

歯周病を予防するためには、初期のサインを見逃さず早期発見することが大切です。

そのためにもまずは以下の項目でセルフチェックしてみてください!

朝起きた時にお口の中がネバネバする
歯をみがくと歯ぐきから血が出る
歯と歯の間に食べ物がはさまる
歯ぐきの色が赤い、または赤黒い
歯ぐきが痛んだり、ムズムズする
歯ぐきを押すと血や膿が出る
歯がグラつく
歯ぐきがやせてきた
冷たいものが歯にしみる
口臭が気になる

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月8日

歯周病と全身の病気

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回、歯周病は歯を失う原因の第1位とご紹介しました。

歯を失うリスクが高いという怖い病気ですが、歯周病の恐怖はそれだけではありません。

歯周病は全身のさまざまな病気と関連しているのです。

歯周病原因菌が歯ぐきから血管内に入り込み、血管に炎症を起こし動脈硬化の原因ともなることがわかってきました。

この歯周病による動脈硬化が、心臓の血管を詰まらせて狭心症や心筋梗塞につながるとの報告が多く認められているそうです。

また心筋の内幕に歯周病菌が付着し炎症を起こすといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月7日

歯周病とは

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯周病は歯を失う原因の第1位です。

またギネスブックでも「全世界で最も患者が多い病気」ともいわれています。

では今日はそんな歯周病の進行とケアのポイントについてお話していきます。

歯周病は、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットにたまった歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌により歯周組織に炎症が広がり、やがて歯を支える土台の「歯槽骨」が溶けてしまう病気です。

健康な歯ぐきは、淡いピンク色で歯をしっかりと支えています。

また歯を支えている歯槽骨の新生と吸収のバランスが取れています。

一方歯周病になると、歯ぐきは赤く腫れたり紫色に変色して歯をしっかりと支えられなくなります。

歯槽骨も新生と吸収のバランスが崩れていきます。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月6日

健康寿命を延ばすコツ

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

現在日本は健康大国と呼ばれており、世界でもトップクラスの長寿国といわれています。

しかしこれは平均寿命のことで医療の発達によって伸びていますが、健康寿命は平均寿命より短くなっているのが実際のところです。


この資料によると、健康寿命は平均寿命より男性で約9年、女性で約12年も短いことがわかります。

そこで健康寿命を延ばすのに重要なポイントをご紹介します。

それはズバリ歯とお口の健康です。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月5日

お口の健康とQOL

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

普段食事をするときに何気なく使っている歯ですが、歯の役割は食べ物を噛むだけではなく、正しい発音や豊かな表情作りにも影響しています。

自分の歯が20本未満になると、上手く食事ができなかったり滑舌が悪くなったり、表情がとぼしくなるなど、QOLが大きく下がります。

QOLとは、”Quality of Life“の略で、「生活の質」という意味です。

社会的に見た個人の生活の質や、人生に対する満足度を指しています。

80歳で20本以上の自分の歯を保つという8020運動が生涯にわたるQOLの維持・向上に欠かせないのです。


8020運動により、8020の割合が増加しているのがわかります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月3日

矯正治療を始める時期

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

矯正治療を始める時期は、歯並びや状況によって変わってきます。

たとえば反対咬合や交叉咬合の場合には早めに治療をはじめた方が良いといわれています。

反対咬合とは、本来なら上の歯が下の歯に被さるように並んでいるのに対して、下の歯が上の歯よりも前に出てきている状態(受け口)をいいます。

交叉咬合とは、上の奥歯は下の歯よりも外側になるように咬み合いますが、噛みあわせたときに1本でも上下の歯が交叉していることいいます。

このような歯並びの場合には乳歯列期から矯正治療を始めることをオススメしています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年8月2日

子どもの矯正歯科治療

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

子どもの矯正治療は、当院では混合歯列期永久歯列期に分けてⅠ期治療Ⅱ期治療と呼んでいます。

混合歯列期は、乳歯と永久歯が混在している生え代わりの時期のことで、だいたい6歳~12歳を指します。

12歳以降の乳歯がすべて永久歯に生え換わってからは永久歯列期となります。

子どもの矯正治療で用いる装置には、家庭で取り外しができる「可撤式装置」と歯医者でしか取り外しができない「固定式装置」があります。

可撤式装置には、拡大装置やプレオルソなどを使用しています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年7月29日

むし歯の出来やすい所

こんにちは、衛生士フクオカです。

暑い日が続きますね!!

熱中症に気を付けてこまめな水分補給を心がけて下さいね!

むし歯の出来やすい部位についてお話したいと思います。

むし歯は、歯垢(プラーク)が付着しやすいところに好発します。

1つは、臼歯部の噛み合わせの溝の所です。

溝の所に、汚れが入り込むことによってむし歯になってきます。

ブラシの毛先を使って溝に入れ込むようにしてしっかりと汚れをかきだすようにして磨くことが大切です。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月25日

金属バネの無い入れ歯「スマートデンチャ-」

こんにちは、技工士のナカムラです。

一般的に入れ歯の場合、入れ歯を口の中に固定するために金属のバネを使用します。

スマートデンチャ-は、歯ぐきの色に合わせたピンク色のバネにすることが出来ます。

金属バネが無いため、見た目が綺麗で入れ歯と気づかれることも無いので、口を手で覆わずに大きな口を開けて笑ったり話したり出来ます。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月24日

技工士の仕事10  

この度は西日本豪雨災害に被災された全ての皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

またこの災害に際し、亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

豪雨災害の後は記録的な猛暑と苛酷な状態が続き、一刻も早い復旧、一日も早く普段の暮らしに戻られますよう願ってやみません。

さて今回も技工士の仕事続編です。

前回はワックスを金属に置き換える工程をお伝えしました。

鋳造という作業が終わると、後は掘り出して模型に適合させる工程に移ります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月20日

災害時のオーラルケア

こんにちは、衛生士ウエダです。

西日本を襲った記録的豪雨。

自然災害が少ないと言われている愛媛にも大きな被害がでましたね。

被災者のみなさんは、避難所での生活は睡眠不足が続いたり不規則な生活になり様々な感染症にかかるリスクも高くなります。

そして、口の中を清潔に保つことができなくもなり、口の中の菌が体に悪影響を及ぼすことがあり、注意が必要です。

災害時は口腔ケアが後回しになりがちですが、口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎の予防にもなり、むし歯の多発、歯周病の悪化、糖尿病患者の症状悪化を防ぎ、「命を守る」ことにつながります。

まずは、ハブラシがないときのオーラルケアは、食後に水やお茶でしっかりうがいをしましょう。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月17日

歯周病

こんにちは衛生士ニイヤマです。

いきなりですがみなさん「歯周病」は生活習慣病のひとつだとご存知でしたか?

日本人の40歳以上の約8割が歯周病だといわれています。

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月16日

お口と美容について

こんにちは!衛生士イリエです。

梅雨も明けて暑い日が続きますが暑さに負けずに過ごしていきましょう!

さて、今回はお口と美容について調べてみました^-^

私は美容関係もとっても大好きで、いつもたくさん調べたりしています。

その中でもお口と美容について、また調べてみようと思います♪

噛み合わせ
左右きちんと均等に噛めていないと顔が歪み、目の大きさも左右で変わってくるそうです。
左右のどちらかで咬むクセのある人は、使っている方の筋肉だけ発達して反対側は衰えてしまうことで、顔のバランスも悪くなってしまいます。
横向きに眠っていたり、頬杖をついたりするとそれもまたバランスをくずしてしまいます。
日々の食事の時に気を付けるだけでも改善が期待できるそうですよ^-^


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月15日

骨や歯ぐきの増やし方

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は骨や歯ぐきが足りない場合どのように補っていくのかご紹介します。

まず歯ぐきが足りない場合には、歯ぐきと粘膜の境目に切開を入れて粘膜を骨膜上ではがして、その端を下方の骨膜に縫い付けます。

歯ぐきの幅が0~2mmしかない場合には、上顎の内側から取ってきた歯ぐきを移植します。

歯ぐきが2~4mm程ある場合には、人工歯肉で補うことでインプラントやブリッジ、入れ歯が入りやすくなります。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年7月14日

歯を抜いた後は③

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯が抜けた後は、もちろん乳歯と違って次の歯が生えてくることはありません。

その場所や患者さんのニーズによって、そのまま放置するのか、あるいは入れ歯やブリッジやインプラントといった人工物を作るのかを選択していきます。

親知らずのように噛む必要がない歯に関してはそのままにしておきます。

それ以外の歯は、ただ噛めるようにしたいだけなのか、残った歯に負担をかけるのはどうか、見た目はどうか、というところを患者さんの気持ちをベースにして補っていきます。

噛めればいい!という場合には入れ歯を作ります。

入れ歯は自分で取り外してお手入れすることができます。

保険適用の範囲では銀のバネがついていたりプラスチックが分厚かったりと見た目や快適さを多く求めることはできません。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年7月13日

キシリトールチョコ

皆さんこんにちは。衛生士ウサミです。

先日の集中豪雨で広範囲に渡り大きな被害が報道されました。

愛媛県内でも土砂崩れや河川氾濫被害に遭われて行方不明の方や今もまだ非難されている方、一刻も早く見つかり皆さんが元の生活に戻れるよう心から願っています。

今回のこの災害により自分の考えの甘さを見直さなければと思いました。

皆さんもまさかこんな大きな被害になろうとは誰一人として思っていなかったと思います。

私の実家は今治の朝倉という畑と田んぼがたくさんある、のどかで周りが山に囲まれた緑いっぱいの所にあります。

家の直ぐ裏には山があり少し地盤が緩んでいるのか少しだけ土砂崩れがあったようです。

築80年の木造建築な為かなり心配で何度もニュースを見る度に連絡してると「大丈夫!心配しすぎ!」と言われちゃいました。

幸い私の実家は大丈夫だったようですが同じ今治市の中でも色々被害にあわれている方も多いようです。

被害の大きさは様々ですがこれからの二次災害にも気をつけてください。

ニュースを見て思ったことですが、ただの雨だと思って甘く見ているととんでもないことになるんだなと思い知らされました。

人生何があるかわからないので備えておくのも大事ですね。

備えあれば憂いなし油断大敵は命とり。

この言葉を胸に天災に備えて私も準備しておきます!

話は変わりますが、歯医者さんが作ったむし歯にならないチョコがあるのはご存じですか?

むし歯の原因の1つは砂糖です。

砂糖の代わりにキシリトールを使ったキシリトール100%のチョコレートになります。


キシリトールはむし歯予防にいいと言われており王道なのはキシリトールのガムですね。

甘い物好きな大人や子供におすすめです。

このチョコは歯磨きの後に食べるとキシリトールの効果を発揮するそうです。

どうせ食べるなら体やお口に良いものを取り入れていきましょう!

甘は少しミントのようなスッとした感じがあります。

皆さんも見つけたら是非試してみてください。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2018年7月12日

歯を抜いた後は②

こんにちは、広報・受付担当トガワです

前回、歯を抜いた後は骨や歯ぐきがなくなってしまうというお話をしました。

歯を抜いた後に骨や歯ぐきを保つためにはどうしたらいいのでしょうか?

例えば下の親知らずを抜いた場合には、抜いた後そのままにしておくと、骨や歯ぐきが減っていき手前の歯の根っこが出てきてしまい知覚過敏になることがあります。

そこで、抜歯して開いた穴にスポンジ状の軟らかいコラーゲン製の補填材を入れて歯ぐきを縫い合わせるようになります。

前歯や骨が少ない部分については、親知らずと同じようにコラーゲン製のスポンジを入れたり、自家骨や人工骨を入れたりすることもあります。

自家骨とは、体内の別の場所から取ってきた自分の骨のことです。

インプラント手術をする際に骨が少ない場合にも、自家骨を移植する場合もあります。

また術前に採血した自己血液から、血液を固める役割のあるタンパク質を固めたものを直接骨の少ない部分に入れたり、薄く延ばして膜状にして覆い被せるようにしたりします。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年7月11日

歯を抜いた後は

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯を抜くと、歯がなくなった分骨の幅や高さ、歯ぐきの幅が足りなくなることがあります。

では骨や歯ぐきがなくなってしまうとどうなるのでしょうか?

これにはたくさんの問題があります。

まずは入れ歯が噛むたびに大きくズレたり、当たって痛みがでたり、被せ物きれいに装着できないインプラントが埋め込めないなどの問題が出てきます。


また歯が抜けた後に痛みや腫れがあったり、異物が残っていた場合は、自浄作用によって周囲の組織が溶けて、さらに骨の幅や高さが足りなくなってしまいます。

これは歯周病や、折れたり割れたりして異物になってしまった歯を長期間放置した場合も同じです。

歯を抜けたままにしてはいけないのはこのためです。

骨や歯ぐきがなくなってしまわないようにはどうしたらいいか、というのはまた後日お話しますね。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2018年7月10日

歯を抜く理由

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯は出来るだけ抜くことなく、一生を自分の歯で過ごしてもらいたいというのは歯医者の願いですが、どうしても抜かなければならない歯というものもあります。

今日は歯を抜かなければならない理由についてご紹介していきます。

抜かなければならない歯として、当院でいちばん多いのは親知らずです。

真横や斜めに向いて生えている親知らずは、手前の歯を押して歯並びを悪くする原因にもなります。

また歯ぐきから少しだけ出てきている親知らずは、隙間から汚れが入り込む歯周病や痛みや腫れを引き起こすことがあります。

まっすぐ生えていたり、完全に歯ぐきに埋まっていて痛み等もない場合には無理に抜く必要はありません。



続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
1 / 17123...最後 »

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約