• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年05月11日

麻薬の副作用

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回麻薬が鎮痛薬として使用されるというお話をしました。

どんな薬にも副作用というものがありますが、今日は麻薬の副作用とその対策についてご紹介していきます。

1.悪心・嘔吐
投与を開始して10~30%の患者さんで発現するといわれています。
耐性が生じてくるので、1週間程度で改善しますが、長期間続いたり嘔吐がある場合には他のお薬へ変更が必要な場合もあります。
症状が現れてすぐに対応できない場合には、別のお薬を一緒に処方しておくこともあります。

2.便秘
15%~50%、ときには100%という高い割合で発現します。
鎮痛薬であるオピオイドは、胃・腸管運動抑制胃液・胆汁・膵液分泌抑制肛門括約筋緊張に止瀉作用がありますが、これが反面副作用にもなります。
耐性ができないので、使用期間中下剤が必要となります。
下剤の服用に抵抗がある場合には、坐薬や浣腸を選択する方法もあります。

3.眠気
投与開始時や増量時などに出現することがあります。
耐性ができるので症状が続くことはあまりありませんが、痛みよりも眠気の方が辛いといって追加の臨時鎮痛剤を控えてしまう人もいるそうです。
痛みがなく眠気が強いときは薬の量を減らし、眠気のために鎮痛薬が増量できないときは他の薬剤に変更するようになります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2018年05月11日

今日のお花 2018/5/11

今日のお花 2018/5/11

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約