• お問い合わせ
  • インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年02月12日

乳歯のむし歯予防

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

乳歯のむし歯予防で活躍するのは、フッ素塗布シーラントの2つです。

フッ素は比較的高濃度のフッ素を歯に直接塗布します。

フッ素を塗ることで、
歯質を強くする
歯の再石灰化を促進する
むし歯菌の活動を抑制する
等の効果が得られます。

シーラントとは、専用のプラスチックの樹脂を奥歯の溝部分に埋め込む予防法です。

乳歯の奥歯の溝は複雑で汚れが入り込みやすいので、そこを埋めることでむし歯を予防します。

生えて間もない永久歯も、歯質が弱くむし歯になりやすいのでシーラントが効果的です。

しかしあくまで予防処置なため、シーラントを埋め込んだからといって絶対むし歯にならないわけではありません

シーラントは外れたり割れたりすることもあります。

定期的に健診に通ってシーラントがとれてしまっていたら再度処置してもらいましょう。


では次にご家庭でのむし歯予防のお話です。

小さいうちは親御さんの仕上げ磨きが必須です。

厳密に何歳まではするべきとは決まっていませんが、8~9歳までは行った方がいいといわれています。

8、9歳頃は乳歯と永久歯が生えかわる大切な時期です。

生えて間もない永久歯は歯質が弱くむし歯になりやすいので、丁寧に仕上げ磨きをしてあげてください。

自分でしっかりと磨けるようになるまでは大人のサポートが必要です。

むし歯は、「歯の質」「糖質」「細菌」の3つの要素が重なった状態が長くなるほどなりやすいです。

逆にこの状態を短くすることでむし歯を予防できます。

毎日の歯磨きや歯医者での健診でむし歯菌を除去して、さらに食事の取り方にも注意しましょう。

お口の中は普段は中性に保たれていますが、食事をすることで酸性になりむし歯になりやすい状態になります。

その後、唾液の働きで30分程経つと中性に戻るようになります。

食事の時間が長かったり、間食が多いと酸性になる時間が増えるので、むし歯になりやすい状態も増えることになります。

食事やおやつの回数に注意して、むし歯になりやすい状態を短くするようにしましょう。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約