• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年08月05日

お口の健康とQOL

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

普段食事をするときに何気なく使っている歯ですが、歯の役割は食べ物を噛むだけではなく、正しい発音や豊かな表情作りにも影響しています。

自分の歯が20本未満になると、上手く食事ができなかったり滑舌が悪くなったり、表情がとぼしくなるなど、QOLが大きく下がります。

QOLとは、”Quality of Life“の略で、「生活の質」という意味です。

社会的に見た個人の生活の質や、人生に対する満足度を指しています。

80歳で20本以上の自分の歯を保つという8020運動が生涯にわたるQOLの維持・向上に欠かせないのです。


8020運動により、8020の割合が増加しているのがわかります。

また最近では、お口の機能低下が注目されてきています。

加齢による筋力低下で、口腔機能が低下すると、食べこぼしが増えたりむせたり、食べ物を噛めない飲み込めないなどの問題が生じます。

そうなってくると食欲が減っていき栄養状態が悪くなっていきます。

低栄養となると最終的には要介護状態を招くリスクがあります。

また食べる量が減ると、たんぱく質やミネラルなどの摂取量も落ちて行きます。

そうなると加齢により低下している筋力がさらに低下する悪循環に陥ります。

お口の機能低下はからだ全体に影響を与えてQOLの低下につながります。

お口の健康を維持することが、健康寿命を延ばすために重要なことなのです。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約