• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年08月07日

歯周病とは

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯周病は歯を失う原因の第1位です。

またギネスブックでも「全世界で最も患者が多い病気」ともいわれています。

では今日はそんな歯周病の進行とケアのポイントについてお話していきます。

歯周病は、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットにたまった歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌により歯周組織に炎症が広がり、やがて歯を支える土台の「歯槽骨」が溶けてしまう病気です。

健康な歯ぐきは、淡いピンク色で歯をしっかりと支えています。

また歯を支えている歯槽骨の新生と吸収のバランスが取れています。

一方歯周病になると、歯ぐきは赤く腫れたり紫色に変色して歯をしっかりと支えられなくなります。

歯槽骨も新生と吸収のバランスが崩れていきます。

歯周病は進行度合いによりその症状が変わってきます。

歯周病の初期症状として、歯肉炎があります。

歯肉炎は文字通り歯肉(歯ぐき)の炎症にとどまっている場合です。

歯のまわりの歯垢や歯石を取り除き、毎日正しく丁寧なブラッシングを行うことで症状が改善されます。


歯肉炎が進行すると軽度の歯周炎となります。

歯ぐきの腫れが歯肉炎と比べると増して、この段階で歯根膜や歯槽骨の破壊が始まってきます。


ケアのポイントとしては、歯医者で歯周ポケットの歯石を取り除いてもらい、ブラッシングとマッサージを行うことです。

次のステップに進んでしまうと中等度の歯周炎となります。

歯周ポケット内に炎症が広がり、歯槽骨の破壊もさらに進んでいきます。


歯がぐらぐらし始め、が出るようになります。

ブラッシングに加え、歯ぐきの方までマッサージするように磨くことがポイントとなります。

また歯医者で歯石を取ってもらい、必要に応じて歯周外科手術を行うこともあります。

最終段階に進むと重度の歯周炎となります。

歯槽骨はほとんどが破壊されてしまい、歯の根っこがむき出しとなります。


歯ぐきが腫れて痛みもあり、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

ここまでくると歯の保存は難しく、抜歯が必要となります。

こうなる前に正しいセルフケアと歯医者でのプロフェッショナルケアを受けるようにしましょう!


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約