• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年10月09日

咀嚼筋痛障害

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

顎関節症は痛みや原因によって「筋性」と「関節性」の大きく2つに分けることができます。

お口を開け閉めしたり物を噛んだりしたときに痛みがでる場合は、顎関節症の中でも筋性の咀嚼筋痛障害に分類されます。

咀嚼筋痛障害は心理社会的要因の大きい病態といわれています。

顎関節症発症のメカニズムとして下図のような因子あります。


咀嚼筋痛障害の治療にはこのような因子を取り除けるような日常生活を心がける必要があります。

咀嚼筋痛障害はその発症や症状の増悪・持続に、ストレスなどの心理社会要因の大きい「歯科心身症」に当てはまる場合があり、繰り返し起こることも多いです。

歯科心身症とは、器質的な病変があるか、病態生理があきらかで、その発症や経過にストレスなどの心理社会的因子が認められる口腔病変のことをいいます。

治療が困難な場合もあり、心身医学的な対応や医療連携が必要になることもあります。

咀嚼筋痛障害の治療法としては運動療法とレーザー等の物理療法があります。

運動療法は口周りや顎、首のマッサージです。

ストレッチやマッサージは筋中の血液循環を改善して老廃物を洗い流して、疼痛を緩和したり、全身的リラクゼーション効果が得られることにより筋緊張をとることができたりします。

患者さん自身に行ってもらうマッサージは、咀嚼筋(閉口筋)のストレッチ、側頭筋のマッサージ、咬筋のマッサージ、胸鎖乳突筋のマッサージなどがあります。

疼痛が強い場合には薬物療法も行います。

薬物には非ステロイド性抗炎症薬が第一選択薬となります。

そしてさらにスプリント療法があります。

スプリントとはプラスチック製のマウスピースです。

顎の動きを安定させて噛み合わせを良くしてくれる働きがあります。

咀嚼筋痛障害は心理社会的要因の影響が大きい病態ではありますが、適切な治療で多くの症例で症状の改善が報告されています。

お口を開けるときに痛みや違和感がある人は歯医者さんで相談してみてくださいね。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約