• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年01月02日

AQBインプラント

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回インプラントを種類のお話をしました。

当院では日本製のAQBインプラントを使用しています。

今日はなぜ数あるメーカーの中からAQBインプラントを選んだのか、その決め手になった特徴をご紹介します。

インプラントの本体は、生体に影響がなく骨に直接結合するチタンが使われています。

しかしチタンだけでは骨と引っ付くために長い時間が必要となります。

そこでAQBインプラントでは、再結晶化HAがコーティングされており、チタンよりも早く骨と結合するという特徴があります。

HAとはハイドロキシアパタイトといって、リン酸カルシウムの一種で骨や歯の主要成分です。

ハイドロキシアパタイトは、時間の経過に伴って骨と結合する性質を持っています。

ただハイドロキシアパタイトをコーティングしただけでは耐久性に問題があるため、再結晶化したハイドロキシアパタイトを薄膜コーティングすることで分解されることなく早期に生体骨と結合します。

骨との結合が早いということは、それだけ早く噛めるようになり治療期間の短縮になります。

治療期間が短いと患者さんの精神的な負担も軽減されると考えています。

AQBインプラントの特徴はこれだけではありません。

他社と比べると価格が安価なため、患者さんへも低価格で治療を提供することができます。

「価格が安いと本当に安全かどうか不安」と思われるかもしれませんが、安さにもちゃんとした理由があります。

それはインプラント手術に使われるツールセットに工夫があるからです。


こちらが実際のツールセットですが、左から順に使っていきます。

色分けもされていてシンプルで分かりやすく、手術での失敗を防ぐことができます。

このツールセットをシンプルにすることで、無駄なコストがかからず、低価格でインプラントを埋め込む手術をすることができるのです。

治療期間の短縮、低価格でのインプラントが可能、治療を受ける患者さんのことを考えて当院ではAQBインプラントを選択しています。


カテゴリー インプラント |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約