• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年11月12日

抜歯が必要な歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

できるだけ歯を削らない、抜かない治療」患者さんにとってはこれがいちばんかもしれません。

しかし実際にはどうしても歯を大きく削ったり、抜かなければ症状が改善しない例もあります。

ミニマルインターベンションという言葉が浸透しつつありますが、解釈が違う意見も多く見られるようになりました。

ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)は直訳すると「最小限の介入」となります。

この考えをたんに「歯を削らない」と解釈してしまうのは”ちょっと違う”のです。

ミニマルインターベンションは、
1)口腔内細菌の改善
2)患者教育
3)エナメル質および象牙質のむし歯で、まだ穴が開くほど進行していないむし歯の再石灰化
4)むし歯で穴が開いてしまっている歯への最小の侵襲
5)銀歯などの詰め物・被せ物の補修
といったポリシーです。

削らないだけでなく治療が必要な歯はしっかり治療していくことが重要です。

歯を抜くことも同様で、抜かずに使っていけるならばそれに越したことはありませんが、歯を残したままでいるリスクと歯を抜くリスクを秤にかけて抜いた方が良い場合には抜歯をしていきます。


上のレントゲン写真は、右側の上下に根っこだけになってしまった歯がある症例です。

ここまでくると痛みもほとんど感じませんが、痛みがないからと治療をしないわけにはいきません。

むし歯菌が歯を支えている骨にまで感染すると、骨が溶けて炎症を起こしたり、全身へも悪影響を及ぼしたりすることもあります。

根っこだけになってしまった歯は、多くの場合が抜歯の対象となります。

歯ぐきや骨が健康な場合には、抜歯をせずに神経の治療をして根っこを土台として使うことができます。

今回の症例では、根っこの周りの骨が溶けてしまい歯を支える骨がなくなっているので、仮に土台にしてもすぐにグラグラになり抜けてしまう可能性が高いです。

根っこだけになってしまった歯は2本とも抜歯して、レントゲン写真上の両側に残っている歯を橋げたにしてブリッジをしていくことになります。


抜歯をするかしないかはレントゲン写真を撮ってからの判断になりますので、根っこだけになってしまっている歯がある方はお早めに歯医者を受診してくださいね。


カテゴリー 治療 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約