• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年10月23日

親知らずは抜いた方がいい?

こんにちは、受付コバヤシです(^^)/

だんだん寒くなってきました。

お鍋やホットコーヒーが美味しい季節です♪

さて、皆さんはご自分の親知らずがどう生えているかご存知でしょうか。

生え方には個人差があり、斜めに生えている場合や頭が少しだけ見えている場合、もともと親知らずがない方もいらっしゃいます。


親知らずの抜歯は大変というイメージがあるかと思いますが、必ずしも抜歯をしなければいけないというわけではありません。

それではどのような場合に抜歯が必要なのでしょうか。

・親知らずの虫歯の程度が大きい場合
親知らずは一番奥に生えているためハブラシが届きにくく、虫歯になりやすい歯です。
虫歯が大きい場合は治療をしたとしてもその後良い状態に保つことが難しいので抜歯をお勧めします。

・歯茎の腫れ、炎症を繰り返している場合
親知らずの周囲は食べ物がつまりやすく、清潔に保つことが難しいため歯肉に炎症が起こり腫れや痛みが繰り返されることが多いです。

・親知らずが横向きに生えて手前の歯に影響がでている場合
親知らずが横向きに生えている場合、清掃不良により現在は症状が出ていなくても将来腫れたり手前の歯の深い所で虫歯になるリスクがあります。


 

また、女性で妊娠中の方は抜歯が困難となるため痛みや腫れがでる前に抜歯をお勧めする場合もあります。

矯正を考えている方も親知らずの抜歯が必要になる場合があります。

しかし、上下の親知らずでしっかり咬合ができていて、特に痛みや腫れがない場合は抜く必要はありません。

レントゲンやCT撮影で親知らずの状態を確認することができますので、気になる方は一度ご相談くださいね。

それでは、これから冬に向けて寒くなり、風邪も流行る季節になりますので体調管理には気をつけましょう(^^)/


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約