• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年11月20日

歯磨き粉について

こんにちは、衛生士イリエです。

昼間はあたたかくて11月って感じがしなかったですが、最近はとても寒くてやっと冬がきてるな~っと思いました^-^

インフルエンザも流行ってきてるみたいなので気を付けてください!!

さて今日は歯磨き粉について書きたいと思います^^

みなさんはどんなものを使っていますか?

使っていない方もいるのかな?

一番の期待できるのは、むし歯への予防だそうです。

磨く時につけますし、歯垢の分解をうながしてくれます。

日本で市販されてる歯磨き粉の90%は”医薬部外品”です。

その内の約80%にフッ素が配合されています。

他の効能や効果は、着色を防ぐ、白くする、口中を浄化する、口臭を防ぐ、歯周病を防ぐ、歯石の沈着を防ぐ、タバコのヤニを付きにくくする…など良いことがたくさんあります。




みなさんは歯磨き粉の成分をきちんとみていますか?

どんな役割があるのか知っていますか?

まず基本となる成分は
洗浄剤(研磨剤) 歯の表面を傷つけずにプラークや着色などをおとす。
〈例〉リン酸水素カルシウム、無水ケイ酸 など
湿潤剤 湿り気を与えるもの
〈例〉グリセリン、ソルビトール
発泡剤 口中に歯磨き剤を拡散させて洗浄し、汚れを除去する
〈例〉ラウリル硫酸ナトリウム
粘結剤 粉体と液体を結合させて、適度の粘性を与える
〈例〉アルギン酸ナトリウム、カラギーナン
香味料 さわやかさや香りをつけて使いやすくするもの
〈例〉メントール、ミント剤
保存剤
〈例〉安息香酸ナトリウム

このような成分が基本となります。

次回は薬効成分について書きます。


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約