• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年12月24日

レーシック術後

皆さんこんにちは、衛生士ウサミです。

この前がん化にレーシック術後3カ月検診に行ってきました☆

問題なく両目とも1.5ありました!

このままだとガツンと視力が急激に下がることはないでしょう!と先生に言っていただけました。

なんやかんや言うても今後どうなるのかなと心配していた私ですが安心しました(><)

今回の手術でレーシックと一緒にもう1つ手術をしました。

それが、角膜強じん化手術です。


角膜強じん化手術とは円錐角膜や角膜拡張症(眼球の角膜の変形)の進行を抑えるために有効な治療方法です。

1990年代から円錐角膜に対する新しい治療方法の開発が行われ始めました。

ドレスデン工科大学のザイラー教授らが、角膜の大部分を構成する繊維構造(コラーゲン繊維)の結合を強めることにより角膜の強度を高め円錐角膜の進行を抑える方法を導き出しました。

ザイラー教授らによって開発された角膜強じん化手術は、リボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら365nmの波長の紫外線を照射して、安全かつ効果的に繊維構造の結合を促進させることで、円錐角膜や角膜拡張症の進行を抑える効果的な治療方法です。

治療後は、角膜の強度が約150~300%向上すると言われており、屈折矯正手術で多く角膜を削る必要のある方や、角膜の強度を高く保ちたい方に対して、角膜強じん化手術を同時に行う治療が、最先端の屈折矯正治療として海外でも行われています。

視力が老化により落ちていく速度は止められないそうです。

いかに回復した視力のもちを良くするのかを重要視する為にこの手術を行いました☆

施術時間5分程です。

自覚がないのでよく分かりませんが、これで将来視力が落ちてきた時もう1回手術をすることもできるそうです。

元々眼が悪い方はその分角膜を削るので余計に角膜が薄くなり目への負担がかかります。

視力が私みたいに0.03とかのレベルの方はお値段はかかりますがかなりオススメです(^ω^)


カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約