• お問い合わせ
  • インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

よくある質問集 Q&A

よくある質問集 Q&A

今回は皆さんが疑問に思う「なぜだろう?」についてお答えしたいと思います。
もちろん、このページで掲載されてないことで、疑問に感じることがありましたら質問受付のページからご質問ください。

●歯と全身の健康

【基本Q&A】

フッ素やキシリトールはどうして歯に良いの?

最近、虫歯予防に効果があるとして、フッ素やキシリトールが注目されていますが、作用のしかたは少し違います。歯は、ハイドロキシ アパタイトという結晶から出来ていて、この結晶がきれいに規則正しく配列している歯が、丈夫な歯と言えます。
でも、間違った食習慣や歯磨きをしていると、この配列が崩れてきてしまいます。(初期の虫歯)フッ素は、このような歯の結晶が不規則で、隙間の出来てし まったところに入り込んで、フルオロアパタイト(ハイドロキシアパタイトより酸に強い)を形成し、歯そのものを補強してくれます。
一方、キシリトールは、甘い味がするにもかかわらず、細菌が歯を溶かすのに必要な酸の生成が出来ない甘味料です。キシリトールによる甘味の刺激が、唾液(つば)の分泌を促進して細菌を洗い流すと共に、キシリトール本来の働きで、細菌の増殖そのものも抑制してくれるのです。
更に、ごく初期の虫歯(透明感が無く白墨のようになったところ)を、元の正常な状態に戻す作用もあります。(たとえ小さな虫歯でも、穴が開いたところはダメです。放っておかずに治療を受けてください。)

歯自体が全体的に茶褐色なのですが、治療法は何があるでしょうか?

詳しくは写真等を見ないと分かりませんが、まず第一に歯の漂白を試すべきだと思います。
漂白には、全てを歯科医院で行う“ オフィス ブリーチング ”とご自宅で行う“ ホーム ブリーチン
グ ”が有りますが、私はホーム ブリーチングをお勧めいたします。
( 使用薬剤の刺激が少ない、色の後戻りが少ない、自宅で出来お手軽、恐らく治療費も安い )
治療法は、歯にマウスピースのようなもの(カスタムトレイと言います)をはめて、その中に注入した
漂白剤で気になる歯の色を脱色し白くすると言うものです。
漂白中、一時的に歯の艶が無くなったり、冷たいものがしみたりすることが有りますが、大事に至るこ
とは有りませんからご安心ください。
また、歯を一切削らないのも魅力です。
治療期間は、約1ヶ月で通院回数は4~5回です。
費用は、健保が使えないので5~10万円必要です。(上下20本の漂白)
一ヶ月経過時に、納得の行く効果が得られなかった場合、更にもう暫く漂白を続けます。
そしてそれでもダメなときは、ラミネート ベニアーという治療をお勧めいたします。
これは、歯の表層に有るエナメル質を一層削り取り、そこにセラミックスで造った薄いシェル(付け爪
のようなもの)を接着して本来の歯の色をマスクして(隠して)しまう方法です。 ( 通院回数は2~3回で済みます。)
歯を削る量はごく僅かなので痛みが無く、麻酔の必要も有りません。
治療費は、歯一本につき7~10万円位必要です。

最近『マウスガード』と言う言葉をよく耳にしますが、どのような物でしょうか?

patient_qa_img001マウスガードは、マウスプロテクターあるいはマウスピースとも呼ばれ口腔内を外傷から保護することを目的とする口腔内装置です。
マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節を痛めるなど、かえって危険なことがあります。歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。
現在日本の小・中学校の校庭、体育館(スポーツしている時)での怪我の中で、特に最近のお子さんは、倒れるとき手を着かずに、頭から地面へ倒れる子が多く なっているため、歯や口の中(頭部顔面領域)の外傷が極めて多いのが事実です(顎顔面骨折、歯の破折、脱落顎の脱臼、脳震盪等)。
このような時もマウスガードを装着していれば、歯と口腔内は保護されます。
頭部付近の怪我は非常に危険ですので、安全のためにもマウスガードはお勧めです。(特にスポーツをしている人はお勧めです)
当院ではマウスガードを取り扱っておりますので、お気軽に院長までご相談ください。

●健診

【基本Q&A】

検診は、定期的に行ったほうが良いですか?

歯の表面に付く汚れには、大きく分けて歯垢、歯石、着色があります歯垢は丁寧な歯磨きで自分で取れますが、歯石は自分で取り除けません。歯磨きはすぐ我流 になり取り残しが出来やすいし、歯石も割合早く出来ることが多いので定期的に歯医者さんに行き、歯磨きのやり方を教えてもらったり、歯石を取ってもらうと 良いでしょう。
定期的に歯垢の除去のクリーニングを行うとう蝕、歯周病に大変効果があります。

●予防全般(ブラッシング・フッ素など)

【基本Q&A】

磨き易い歯ブラシ選びのポイントをアドバイスしてください

磨きは、自分で決めた順序に従って、歯ブラシを小刻みに振動させながら1~2本ずつ磨いていきます。ですから、お口の中で余りかさばらないように(取りまわし易いように)、ブラシの部分が比較的コンパクトなものをお勧め致します。
具体的には、ブラシ部分の大きさが縦2センチメートル、幅8~10ミリメートル、毛の長さが1センチメートル位のもので、毛が密なものをお勧め致します。 (毛束縦7~8列、横3列のもの)そして、毛は腰が強く弾力性に優れたナイロンをお勧め致します。(最近はナイロンより腰の強いものも発売されていま す。)
豚毛などの動物の毛髪を用いた歯ブラシもありますが、腰が柔らか過ぎて歯を隅々まで磨くことができませんし、使用後の水はじきが悪く、なかなか乾燥しないので、細菌やカビが繁殖し易く、不潔になりがちであまりお勧めできません。
毛の硬さは、磨き方が正しければ硬さに関係なくきれいに磨くことができますので、お好みに合わせていただいて結構ですが、やや硬めのほうが歯ブラシの日持ちが良く、経済的であるように思います。
次ぎに、電動歯ブラシも種類が豊富になってきましたが、パワーが強力で、小刻みな動きをし、ブラシの部分の作りがしっかりしているものをお選び下さい。
超音波振動するものが、よく汚れを落としてくれるように思います。

●ムシ歯

【基本Q&A】

虫歯も感染するのでしょか?

むし歯は菌による感染症です。

むし歯を作る菌として、代表的なものにミュータンス菌があります。
このミュータンス菌は唾液で感染すると言われています。

子どものむし歯のほとんどは親御さんからの感染が原因です。
赤ちゃんにご飯を食べさせるときにスプーンを共有したり、熱いものをふーふーと冷ます行為がミュータンス菌感染の窓口となっているようです。

親御さんも、子育て中は特にお口の中を清潔に保つように心掛けたいですね。

 

 

●歯周病

【基本Q&A】

煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?

その通りです。歯肉(歯ぐき)は、手足で言うところの皮膚と同様、体内への細菌の侵入を防ぐバリアーの役割を果たしています。喫煙すると、歯肉(歯ぐき) の毛細血管が収縮しますから血液の循環が悪くなり、その分細菌に対する抵抗力が弱まります。この間に細菌は、普段より容易に歯と歯ぐきの間に入り込み、歯 ぐきに炎症を起こしたり、歯を支えている骨を溶かしたりします。このような理由から、喫煙は歯周病に悪いと言われていますが、歯周病だけでなく、歯を抜い た後の傷や人工歯根(インプラント)を植えた後の傷の治りも悪くしますので、これらの方は、傷が治るまでおタバコをやめて頂くか、せめて普段の10分の1 に控えるようにして下さい。

歯周病はどのようにして治療するのですか?

歯周病といっても進行の度合いがいろいろあるのでそれぞれの状態に応じた対処が必要ですが、基本的には当院では歯に付いた歯垢、歯石の掃除をなるべく痛く ないような配慮を道具などで工夫したうえでしていき、状態に応じた掃除の仕方を根気よく説明し、必要であれば、レーザーを使って歯茎の出血、腫れをおさえ ていくといったスタイルをとっており、あとは個々に応じた期間を設定して、定期的な検診をしてメンテナンスをさせていただいております。(ここが重要なと ころと私は考えますが)

歯周病は家族で感染するというのは本当?また、感染を防ぐ方法はありますか?

我々のつば(唾液)のなかには数おおくの細菌があって、歯周病の進行の高い方の唾液には相対的におおくの歯周病菌がふくまれており、虫歯の多い方の唾液に もおおくの虫歯菌がふくまれております。ちなみに生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はありません。それがスプーンの共有、回し飲みなどによって、それら の菌が感染してくることは考えられます。

歯周病は歯磨きでは治らないのですか?

歯磨きは歯ブラシで届く範囲と取れる柔らかさの歯垢を除去することと歯茎をマッサージして引き締めていく事においては有効なことだし、日常生活の積み重ね において非常にたいせつな歯周病予防の要因と考えます。ただし、ブラシの届かない所に蓄積する歯垢や歯石は半年から1年に1度は歯科医院で掃除する必要が あると思います。

●抜歯・麻酔・親知らず

【基本Q&A】

親知らずはどうして抜かないといけないのですか?

親知らずを含めると32本の歯がありますが、現代人の顎が小さくなってきており、最後に生える親知らずのための十分なスペースがとれなくなっています。その為やむを得ず口の内側の方、あるいは頬の方に生えたり、斜めに生えたりする事が多いのです。
そのため、ブラッシングがしにくくなり虫歯になりやすいのです。繰り返し腫れるようであれば、抜いたほうが良いかもしれません。

親知らずをほっておくとどうなるの?

①きちんと並んでいる親知らず
しっかり奥まで歯ブラシを入れて磨けば大丈夫ですが、これがなかなかできるものではありません。中途半端にしか磨かないのでは必ず虫歯を作ります。きちんと磨く自信のある方はしっかり管理して残します。そうでない方、過去に腫れたり痛んだりした経験のある方はできるだけ抜歯することをお勧めします。
(抜歯お勧め度 0 ~ 80%)

 

②半分だけ生えている・横に寝て生えている親知らず
そもそも噛んでいないのですから存在価値は0です。
きちんと生えていないので、磨くことは不可能です。そのままにしておくと親知らずの周りの歯ぐきが炎症を起こします。これが一般に親知らずが痛む原因です。また、1本前の歯との間に虫歯を作り、存在価値のない親知らずが原因で大事な別の歯を治療しなければならなくなります。抜歯することをお勧めします。(抜歯お勧め度 100%)

親知らずを抜くのはたいへんだって聞いたけど?

①きちんと並んでいる親知らず
通常の他の歯と同様にごく簡単に抜歯することができます。抜いた後もほとんどの場合、腫れたりしません。
(ほんの数秒で抜歯できます)

 

②半分だけ生えている・横に寝て生えている親知らず
これもほとんどの場合簡単に抜歯することができますが、ごく稀に時間のかかる場合もあります。ただし、簡単に抜歯できても、2~3日腫れることがあります。これは抜歯に伴う反応で心配いりません。
(ほとんどの場合15分以内で抜歯できます)

●入れ歯

【基本Q&A】

夜寝るとき、入れ歯の管理はどうしたらいいですか?

入れ歯を一日中装着したままだと、部分入れ歯の金具をかけている歯や粘膜に負担がかかってしまいます。そこで、寝ているときは外しておき、歯や粘膜を休ませてあげると良いでしょう。歯磨きと入れ歯の掃除をして、洗浄剤や水の中に入れておくと良いです。

●さし歯・ブリッジ

【基本Q&A】

さし歯、ブリッジって何ですか?

さし歯とは虫歯や外傷によって歯の大部分が失われたときに用いる修復物で、人工歯と歯の根にあけた穴に差し込んで保持させる心棒(ポスト)が一体になっています。
ブリッジとは少数の歯が失われた部分を回復する固定性の修復物です。むし歯やけが、歯槽膿漏(歯周病)などによって歯が失われた時に、両側に残っている歯に冠(クラウン)をかぶせて治療を行います。
ブリッジは取り外し式の入れ歯と異なり、土台となる残っている歯を削る必要がありますが、固定性のため異物感も少なく、審美性にも優れており、失われた形態と機能をほぼ天然の歯と同じように回復することができます。

●インプラント

【基本Q&A】

インプラントって、最近良く耳にするけど一体どんなものですか?

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に人工歯根(チタン製)を埋め込み、その上に冠やブリッジを作る方法です。従来考えられているような痛い、怖い、 というイメージと違いインプラント自体も非常に小さくなってきているため、とてもシンプルで簡単に治療を受けていただくことが出来ます。

インプラントの治療費はどのくらいかかりますか?

1歯21~26万円位からできます。値段に差があるのはインプラント(人工歯根)にかぶせる歯の材質により変わるからです。人工の歯は金属製(3万 円~)、セラミック製クラウン(4万円~)、オールセラミック製クラウン(8万円~)があります。当院では歯茎にインプラント(人工歯根)を入れる治療費 (1本18万円)と、それにかぶせる人工の歯の代金を別にしており、個々の患者様のニーズに合わせて選択できるようになっております。

痛くないですか?

施術にあたり局部麻酔を行いますので痛くありません。インプラントに直接要する治療時間は30分ほどです。もともと歯があったスペースに埋入しますので、施術後の腫れや痛みは少なくても済みます。従来のように切開したり縫合したりしませんので、安心して治療を受けることができます。

治療にはどのくらい通院する必要がありますか?

上顎と下顎では通院回数も異なりますし、施術方法もいくつかあり、方法毎に通院回数は異なりますので、一概に言えませんが、インプラントのみに要する通院回数は通常は5~10回(2~3ヶ月)となります。過去の最短通院回数は3回でした。しかし、これはあくまでインプラントに関連した通院回数です。

インプラントは何年くらい持ちますか?また、取れませんか?

何年くらい持つかは患者様の歯の状態によって異なります。天然歯が残っている本数が多いほどインプラントの寿命も延びます。ただ口腔内の清潔状態が極端に悪いと、ばい菌が原因となるトラブルがもとで、インプラント周囲に炎症が生ずる事も考えられます。しかしちゃんと定期的なメンテナンスを行っていれば10年以上でも気持ちよく使用出来ます。次に取れないかという事ですが、施術が成功したものについては前述したトラブル等による以外取れることはまずありません。インプラントの施術成功率は95%以上ですので、ほとんど成功ですが、万が一つかなかった時は、再施術させて頂きます。

アフターケアについて教えて下さい

インプラントによる歯も天然歯と同様、日々のブラッシングが大切です。当院では歯科衛生士による正しいブラッシング指導を行っておりますが、治療後の定期的なメンテナンスとして月に一回の来院をお勧めしています。なお、万が一インプラントがつかなかった時は、再度インプラントの種類や手法を変えて入れさせて頂きます。(再施術の料金は無料です。)

他とくらべてインプラントの費用が安いようですが、何が違うのでしょうか?

特に意識したことはないですが17年近くこの費用でずっと治療させていただいてきました。今後も可能な限りこのインプラント治療の体制は維持していくつもりです。インプラントの種類はPOIという日本製のインプラントを用いています。
現在国内で最も広く使われているインプラントの一種類で、非常に簡単で安心して施術ができます。

【AQBインプラント】

インプラントはいつからかめるようになり、どのくらいもつのでしょうか?

インプラントで噛めるようになるのは、使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なってきますが、手術後2ヵ月を目安にしています。その2ヵ月間、基本的には抜歯と同様に普通の食生活をすることができます。
正しいブラッシングと定期健診をしっかり受けることによって、15年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

治療のとき、入院するのでしょうか?また、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。手術直後は抜歯をした程度の安静が必要です。しかし、患者さんの健康状態や治療する本数などによって、入院して手術する場合もあります。
費用は、手術代・インプラント代・インプラントに被せる人口歯代の合計です。治療する本数や場所により費用は異なってきます。治療計画と費用、支払方法については、お気軽にご相談ください。

インプラント治療は痛いのでしょうか?

インプラントは、歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うことはありません。手術後、麻酔が切れた後は多少の 痛みや腫れを伴うこともありますが、手術前からのお薬の服用をお願いしますので、それほど大事には至りません。そして2ヵ月後には、食べ物をインプラント で噛めるようになります。
歯を抜いたとき、すぐにインプラントを埋入する簡便な方法もあります。わざわざ穴をあける必要がないので、負担がありません。しかしこの方法がすべての症例に応用されるわけではありません。症例に応じていちばん良い方法を選択しています。 インプラント埋入による痛みもありません。

●妊娠中の歯科診療について

【基本Q&A】

妊娠中に虫歯の治療をしても大丈夫でしょうか?

妊娠初期は、さまざまな器官の基本的な部分を形成していく時期であり、エックス線や薬の使用に少々気を使います。またつわりも生じてくるので、あまり治療 には向いてない時期となりますが、身体の状態が安定していると言われる妊娠中期(4~7カ月)が歯科の治療を受けるのに最も適した時期と言えるでしょう。
治療に際しては妊娠中であることを必ず歯科医に告げて下さい。

現在、妊娠3ヶ月です。歯の治療はできますか?

歯科治療は、できるだけ安定期(妊娠5~9ヶ月ごろ)に行うことをお勧めしています。

レントゲンを撮ってお腹の赤ちゃんに影響しませんか?

歯は、おなかから場所が離れているのにくわえ、鉛のエプロンをしていただきますので、おなかのあかちゃんが被爆する量は限りなくゼロに近いため、赤ちゃんへの被爆の影響は全くないのに等しいことがわかっています。

歯に麻酔注射をしておなかの赤ちゃんに影響しませんか?

影響しません。歯科治療に使う麻酔は、全身麻酔ではなく局所麻酔です。そのうえ血管収縮剤が入っているため、治療をする歯の周辺にしか麻酔剤は停滞しません。おなかの赤ちゃんに影響する心配はありません。

抗生物質などを服用しても赤ちゃんに影響しませんか?

抗生物質であればペニシリン系やセフェム系を、鎮痛剤はカロナールなどアセトアミノフェンが安全であることが産婦人科医師の見解で明らかになっています。必要な場合には、最小限で行うことをおすすめいたします。

●妊娠中の歯のケアについて

【基本Q&A】

母親が歯周病だと早産や低体重児出産のリスクが高いと言われていますが本当ですか?

多くの研究から、歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるホルモンに似ているため早産や低体重児出産を引き起こすといわれています。歯周病と診断された方は、最小限で使うことをおすすめいたします。
治療に際しては妊娠中であることを必ず歯科医に告げて下さい。

むし歯菌が感染するというのは本当ですか?

それは本当です。むし歯菌の中の悪玉菌であるミュータンス菌は、お子さんが生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの間に、周囲の大人から唾液を通して感染 (母子伝播)することがわかっています。妊娠中から、ミュータンス菌などの検査を受け、出産前にミュータンス菌を減らし始めることをおすすめいたします。

●子どもの治療

【基本Q&A】

フッ素を塗ると虫歯にならないんですか?

フッ化物塗布は、歯医者さんや歯科衛生士さんにフッ化物を塗布してもらう方法です。年に数回、定期的に塗る必要があります。
フッ素を塗布することによって歯質の強化をはかることが出来るため、むし歯になり難くすることは出来ます。
しかし、フッ化物を塗ったからといって歯磨きが手抜きになっては逆効果です。定期歯科健診と、正しいブラッシングを忘れずに実施してください。

●歯の外傷

【基本Q&A】

スポーツで起こる口の怪我を防ぐ何か良い方法はありますか?

「マウスガード」という、プラスチックやシリコーンでできた入れ歯のような器具を口の中に装着すると、けがの防止につながります。
スポーツ時の「マウスガード」の装着は、顎や口で受けた衝撃をマウスガードでやわらげるため、脳震盪を予防します。また顎の関節へのダメージを抑え、顎関節症の発症を未然に防ぎます。

●歯並び・かみ合わせ

【基本Q&A】

かみ合わせが悪いとどうなりますか?

歯並びやかみ合わせの悪いことを不正咬合といいます。不正咬合には、出っ歯や受け口、乱ぐい歯、八重歯、すきっ歯などがあります。このままだと、よく物が 咬めなかったり、むし歯や歯肉炎、そして顔に変形を起こすこともあります。また、本人にとっては外観が気になったりもします。最近では歯並びの矯正治療を する人も増えてきました。口元の形や歯並びをきれいに整えることによって、むし歯や歯肉炎を防ぎ、食べ物をよく咬めるようにして、健康を一段と増進させる 治療です。矯正治療を希望される方は、治療を始める前に治療の時期や、期間、治療費などについて歯科医に御相談されるとよいでしょう。

【DENマウスピース】

マウスピース矯正は「痛くない」って聞きますが、あんなに歯を動かせるのに本当に痛くないのですか?

痛くありません!使用者の方からも、「全く痛みは無く、朝までしっかり眠れます。」というお声を頂いております。

他の治療法と比べて、費用はどうですか?

上下どちらか、両方か、簡単なのか難しいのかで金額は様々です。 検査を受けていただくと、詳しい治療計画と御見積もりをお渡しいたします。

前歯が噛みあわず、空いた状態でも治せますか?

DENマウスピースで直せない歯並びというのはあまり無いと思います。付属品を使用したりすれば、ほとんどの歯並びに対応できますので、あきらめずに相談してみてください。

顎が小さくて、歯が斜めになっていたり重なったりしたバラバラの歯並びの場合も、抜歯をせずに矯正できますか?

無理に歯を残して矯正をした場合、歯列に収まりきれずに出っ歯になったり、河童みたいな口元になる場合が多いので抜歯をオススメします。 目的が歯を並べるだけなのか、口元の雰囲気まで綺麗にしたいのかで治療法は異なってきます。

子どもでも受けられますか?

基本的には永久歯に生え替わってからの方が効果的です。ただし、極端に前歯が出ている等の場合には、部分的矯正として行う場合もあります。顎の成長が止まる16~18歳が矯正治療のゴールですから、あまり早く治療を行っても再治療の可能性が出てきます。

●審美歯科

【基本Q&A】

現在準備中です。しばらくお待ちください。

【ホームホワイトニング】

どの程度、歯は白くなるのですか?

もともとの個人差やホワイトニングの期間にもよりますが、大多数の症例においてかなり白くなる効果は確かめられています。ただし、抗生物質の副作用などの先天的の変色に対しては、あまり効果を期待できない可能性があります。

ホワイトニング終了後、どのくらい長く歯の白さはもつのですか?

個人差がありますが、数年間白さは保たれます。ある調査では、ホームホワイトニング終了後、2年後において約80%の人の歯が白く保たれていたという結果が出ています。しばらくして色が戻ってきて、また白くしたい時には、再度トレーを作らなければなりませんのでご相談下さい。

ホームホワイトニングの安全性は、大丈夫ですか?

ホームホワイトニングには、10%の過酸化尿素を薬剤として使用します。その安全性は、厚生労働省をはじめ、FDA(アメリカ食品医薬局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められており、多数の研究も発表されています。ただし、間違った使用をしたりすれば、知覚過敏などの問題が生ずることがありますので、歯科医師や歯科衛生士のきちんとした指導の上に行うことが重要です。

白くなるには、どれぐらいの期間がかかるのですか?

個人差がありますし、どこまで白くしたいかによって変わりますが、通常3週間くらいです。毎日1ヶ月続けても大丈夫ですが、2ヶ月以上経過の場合それ以上の効果は期待できず、中止させていただく場合があります。

いつ、ホームホワイトニングをやればいいのですか。

通常は家にいる間に行います。寝ている間は、液を飲み込んでしまう危険性があるので禁止です。5時間くらいホワイトニングの薬剤の効果は持続しますが、2、3時間の使用でも十分効果があります。また、唾は飲み込んでも安全です。

歯がしみてしまうことは、ありますか?

ホワイトニング中の不快症状として、歯がしみる、という方が数%いらっしゃいます。その場合には、ホワイトングを1日置きにしたり、ホワイトニングジェルの量を少なくして行うのが良いでしょう。ただし、これらの症状は中断することにより、24時間以内に治ってしまいます。症状の強い方は、歯科医院専用フッ素を塗る事で症状が改善していきます。

歯肉が痛くなることは、ありますか?

ほとんどありませんが、トレーがぴったりしていないと、歯肉に傷ができたり、ジェルが歯肉に付着し、痛くなる可能性はあります。早く効果を出そうとして、ジェルの量はあまり多すぎないようにして下さい。また、稀に喉が痛いという人がいますが、同じような理由からですので、注意して下さい。

ホワイトニング期間中に、コーヒーや紅茶は飲んでも大丈夫ですか?

トレーをつけている時には、当然ですが、飲食、喫煙はしないで下さい。
特にトレーをはずして1時間ぐらいは喫煙、コーヒー、紅茶など着色するものは飲まないで下さい。ホワイトニング直後は、歯のエナメル質は脱水症状を起こしています。そのため特に水分を吸収しやすく、着色物も吸収しやすい状態ですので、注意して下さい。その他の時も、できれば着色物は避けた方が、賢明です。もしもコーヒーや紅茶を飲んだ時には、すぐに歯を磨いたり、うがいをよくして下さい。

さし歯も白くなりますか?

セラミック、プラスティックなど冠をかぶせたり、つめものをした部分は白くなりません。ホワイトニングで白くなるのは、あくまでも自分の歯の部分です。さし歯やつめものを白くするには、治療をしなおす必要があります。

歯ぎしりをするのですが大丈夫ですか?

歯ぎしりをする人の場合、トレーが傷みやすくなりますが、だいたいは大丈夫です。もしも、すぐにトレーに穴があいてしまうなどの問題が生じるようなら、歯科医師に相談してください。通常は、ゴムのように柔らかい材質でトレーを作りますが、厚めの固い材質のトレーを使用すれば大丈夫でしょう。

●最新の治療法

【基本Q&A】

歯科の治療は、どのように進歩していますか?

歯科の治療方法は著しく進歩しています。従来では金属でしか出来なかった治療も自然な白い歯に近い素材でできるようになりましたし、入れ歯やブリッジでしか対応出来なかった欠損も全てでは有りませんが、インプラントや歯の移植などで対応することも可能になってきました。
また、最近では人ゲノムの解析が進み自分の歯のクローンを移植するなどの技術や骨髄を培養して骨を作る技術も研究されています。

【ドックベストセメント】

ドックベストセメントの治療は痛くないですか?

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は深い部分の虫歯は削らずに残すので、ほとんど痛みはありません。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。

ドックベストセメントは保険適用ですか?

この治療法は現在の日本の保険適用項目にないために、経過観察を含めてすべて自費治療となってしまいます。

ドックベストセメント安全性は?

ドックベストセメントは、 銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、副作用などの危険はありませんので、ご本人の承諾があれば妊娠中の使用も可能です。また、扱いが比較的簡単なため、歯科医師の技術レベルでの差はあまり出ません。

ドックベストセメントはどんなむし歯も治療できるのですか?

痛みのある歯に無理に使うと、治るどころか症状を悪化させてしまいかねません。神経が大きな問題を抱えている場合、術前に痛みがなくとも術後に痛みが出てしまうこともまれにあります。また、変色・着色した虫歯でも取りきらないため、歯の健康よりも審美的欲求が強い場合にはお勧めできません。大きな虫歯 の保護のため、ドックベストセメントをつめた上を仮のセメントや樹脂で覆ってあまり対向の歯と接触しないようにして経過観察に入った場合、半年~2年程度 経過後に再修復になりますが、そういうスパンでの治療が面倒だと思われる場合はお勧めできません。

ドックベストセメントの効果はどのくらい続くのですか?

ドックベストセメントは、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコ ンビネーションによる殺菌力が永遠に出続けるため、殺菌力が永続的に続きます。

●口臭

【基本Q&A】

口臭が気になるのですが、どうすればいいですか?

内科や耳鼻科の重篤な疾患が原因となることもありますが、口臭の原因の80%以上は、お口の中にあるといわれています。
口の中の細菌が食べかすや剥がれた口の中の細胞を分解するときに発生するガスが、生理的口臭として臭うわけです。しかし、歯周病やむし歯、不潔な義歯、過剰な舌苔があると、このガスが強烈となり病的な口臭となってしまい、会話をしていても口臭が気にかかるようになります。
口臭を防ぐには、食事を抜いたりせずに良く噛んでしっかりと食べること。食後には必ずブラッシングをすること。また、朝のブラッシング時に、舌苔を落とす舌のケアも効果的です。

●その他

【基本Q&A】

「8020運動」って何ですか?

高齢化社会に向かい老人の生活における質の向上を確保するため、厚生省、日本歯科医師会が主体となり「80歳で20本以上の歯を残して、豊かな食生活を楽しんでいただき、活力ある高齢時代を築く」を目標に全国的に推進している運動です。

診療時間

 
午前 ○※
午後 ○※
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
※土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約