• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年07月20日

唾液腺マッサージ

こんにちは、衛生士のタナカです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は唾液腺マッサージについて紹介したいと思います。

唾液は、お口の健康を守るためにたくさんの働きをしています。

唾液の分泌量が低下すると、虫歯や歯周病が悪化しやすくなります。

また、お口のなかの不快感、会話がしにくい、舌の痛み、味覚がおかしい、食べ物が飲み込めないなどが起こり、日常生活に支障をきたすこともあります。

口腔乾燥症状改善薬、保湿剤、含嗽剤など薬剤を使用することもありますが、ご自宅で簡単にできる唾液腺マッサージも大変効果があります。

・耳下腺マッサージ
耳たぶの横あたりの頬に、人差し指から小指までの四本指を当てます。
後ろから手前に向かって、円を描くようにマッサージします。

・顎下腺マッサージ
顎のエラ部分の骨の内側に親指を当て、ゆっくりと押します。
親指で押しながら、前方に移動していきます。

・舌下腺マッサージ
舌の付け根の真下に両親指をそろえて当てます。
上に向かって押し上げるように押します。


これらの唾液腺を優しく刺激することによって、唾液がじわっと湧き出てお口の渇きが軽減されます。

強く押しすぎるとかえって唾液が分泌されにくくなることもあるので、リラックスした状態で優しい力で行いましょう!

ぜひ、やってみてください♪

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月20日

今日のお花 2019/7/20

今日のお花 2019/7/20

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月19日

今日のお花 2019/7/19

今日のお花 2019/7/19

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月19日

歯周病菌とアルツハイマー病

こんにちは、技工士のナカムラです。

今回は、歯周病がもたらす認知症との関係についてです。

アルツハイマー病の患者さんの脳で異常蓄積する「アミロイドβ」というたんぱく質には神経毒性があり、これまではアルツハイマー病の原因物質と考えられていました。

しかし、アミロイドβはカビやウイルスから神経細胞を守る防御因子であるという科学的証拠が次々に提示され、アミロイドβの存在は病気の原因ではなく、慢性炎症の結果であるという新学説が今注目されています。

そんな中、歯周病の原因であるジンジバリス菌がアルツハイマー病の脳に実在し、菌が分泌するたんぱく質分解酵素が神経変性を引き起こし、菌に対する防御反応としてアミロイドβが脳に蓄積するとの論文が話題を呼んでいます。

それによると、解剖したアルツハイマー病の脳でジンジバリス菌が分泌する分解酵素が高濃度に存在すること、この分解酵素の濃度とアルツハイマー病の重症度に関連性があることが発見されました。

ジンジバリス菌は歯垢や歯周ポケットに多く存在し、45~54歳の日本人の80%が歯周病にかかっているとの報告もあります。

歯周病と心臓病、糖尿病、動脈硬化、肺炎などとの関連性がしてきされています。

このリストにアルツハイマー病も追加されたようです。

認知症予防のためにも中年期から歯周病を早期に治療・予防したいものです。

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月18日

今日のお花 2019/7/18

今日のお花 2019/7/18

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月18日

肝炎ウイルス

皆さんこんにちは、スタッフのアオノです。

7月にはいりましたが、ジメジメとした梅雨が続いていますね。

体調管理には気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう!

さて、今回は”肝炎ウイスル検査”についてお話しします。

日本人の肝臓病の原因の7割近くを占めるものがウイルス性肝炎です。

ウイルスによって症状も治療法も大きく異なりますが、肝炎ウイルス検査は一生に一度でかまわないので、ぜひ皆さんも受診して下さい。

ウイルス性肝炎の原因となるウイルスには、A型、B型、C型、D型、E型の5種類があります。

その中でも、日本人に特に多いとされているのは、A型、B型、C型になっています。

A型肝炎ウイルスに感染すると急性肝炎を起こすことが多いのに対して、B型とC型は感染しても自覚症状がないまま回復する場合や、肝臓に症状が出ない場合、重症になるまで自覚症状が現れない場合もあります。

症状が現れない状態でも、他者に感染させる可能性はあります。

自分の家族や友人など、大切な人に感染させないためにも、誰もが一生に一度は検査を受けて、確認しておく必要があると思います!

伊藤歯科では毎年B型肝炎の抗体検査を受けています

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月17日

噛むことの大切さ

こんにちは、衛生士ニイヤマです。

1989 年より、厚生省と日本歯科医師会が提唱し、自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけきた 「8020運動」は、80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動のことを言います。

この「8020運動」を、国民運動としてさらに発展させていくために、平成12年12月に設立された「8020推進財団」は、“噛む8大効果”を広く社会に訴求するために、「ひみこの歯がいーぜ」という標語をつくり、噛むことの大切さを呼びかけています。

「ひ」:肥満予防
よく噛んで食べると脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防げます。

「み」:味覚の発達
よく噛んで味わうことにより食べ物の味がよくわかります。

「こ」:言葉の発音がはっきり
よく噛むことにより口のまわりの筋肉を使うため、表情が豊かになります。
口をしっかり開けて話すときれいな発音ができます。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年07月16日

熱中症対策に麦茶を勧める理由

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

熱いですね。

熱中症対策はされていますか?

今回は熱中症対策の一つである水分補給についてお話したいと思います。

熱中症予防のためにはこまめな水分補給をといわれていますが私は麦茶をお勧めします。


なぜかというと麦茶には虫歯の原因になる糖分が入ってないのでこまめに飲んでも安心だからです。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月16日

今日のお花 2019/7/16

今日のお花 2019/7/16

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月15日

口腔ケア

こんにちは、衛生士フクオカです。

今年は、観測史上最も遅い梅雨入りだったそうですね!!

九州の集中豪雨のニュースを見て去年の豪雨を思い出しました。

あれから1年がたちましたね!

さて、今は高齢者社会になって5人に1人は70歳以上だそうです。

高齢者になってくると様々な機能の低下があらわれます。

口腔乾燥症(ドライマウス)口腔機能の低下などがあります。

ドライマウスは薬の副作用や唾液分泌の減少があります。

唾液が減少すると自浄作用が低下口腔内が不潔になりむし歯のリスクが高まったりする。

また、味覚障害になったりもするそうです。

口腔内の潤滑剤唾液腺マッサージなどが改善につながるのでマッサージ試してみて下さ
い。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年07月15日

今日のお花 2019/7/15

今日のお花 2019/7/15

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月14日

今日のお花 2019/7/14

今日のお花 2019/7/14

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月14日

歯の意識調査より

こんにちは、衛生士イリエです(^-^)ノ

梅雨になりましたね。

今年は入りがおそかったですが、毎日雨ばっかりで気分も下がりがちですが、もうすぐ明けるみたいなので、体調に気をつけてがんばりましょう^-^

さて、前回の続きです!!

今回は歯医者を利用するときに気になるポイントについてのアンケートからです!!

第一位は”歯石のクリーニング”です。

治療をおさえて、今はクリーニングが第一位でした!!


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年07月13日

左上下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は上下の親知らずの抜歯のお話です。

今回は、患者様のご希望で左上下の親知らずの抜歯を一度で行うことになりました。

前回、約2か月前にも右側の親知らずの抜歯をされており、その時に撮影したパノラマ写真で、神経管から距離があることが確認できていたので、今回は新たに事前確認のためのCT撮影、パノラマ写真撮影は行わず、体調確認から行いました。


まずは患者様の脈拍や血圧、酸素飽和度を計測し、抜歯の注意事項をお伝えします。

問題がないことが確認できればさっそく抜歯開始です。

上下とも、ほぼまっすぐに、歯茎からも頭が十分出ている状態で生えています。

まずは超音波器を使って、歯茎などの軟らかい組織を傷つけずに親知らずを骨から剥離します。

そこまですると、あとは鉗子で引っ張るだけで簡単に抜くことができました。

歯が抜けて大きな穴が開いた部分には、骨を作るお薬を入れ、縫合し、抜歯完了です。


今回のように、まっすぐに生えていて、頭の部分が十分に歯茎から出ている、神経から十分に離れた位置にある・・等の条件が揃えば、歯茎を切開したり、歯を分割して抜いたりする必要がない場合もあります。

上下一度の抜歯という大変な症例でしたが、数時間後に症状をお電話でお伺いしたところ、痛みは多少あるが痛み止めを飲むほどではなく、出血、腫れ、痺れもないとのことで、安心いたしました。

おつかれさまでした!

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2019年07月13日

今日のお花 2019/7/13

今日のお花 2019/7/13

今日のお花 2019/7/13

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月12日

プロテイン

皆さんこんにちは、衛生士ウサミです。

とうとう梅雨入りしてしまい雨ばっかりで毎日洗濯ものが乾かず悩んでます(笑)

松山はかなり水不足と言われていたのでこれでその悩みは解消されたでしょう!

さて、最近は雨ばっかりなのでウォーキングを止めてしまった私ですが、毎朝スムージーを飲んでいましたが最近はプロテインを飲むようにしています。

プロテイン
今回はそのプロテインについての豆知識をお話します。

プロテインとは健康食品の一種であり必須アミノ酸を多く含んだたんぱく質のことです。

大きく分けて2つあります。

ホエイ(動物性)ソイ(植物性)です。

種類も色々あるので是非調べてみてください。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月12日

今日のお花 2019/7/12

今日のお花 2019/7/12

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月11日

お口と健康⑥

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は前回からの続きでお口を健康にする食事とトレーニングについてご紹介していきます。

よく噛んで食べることで食事がお口を鍛えるトレーニングになるとお話しました。

積極的にとりたい食品もご紹介しましたが、トレーニングには食べる順番も大切です。

60代頃までは、食べ過ぎを防ぐために「野菜から」といわれています。

60~70代からは
1.肉・魚・大豆
2.野菜
3.主食
の順で食べるようにしましょう。

食べる量が減ってしまうので、不足しがちなたんぱく質をまず最初にとるようにしましょう。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年07月11日

今日のお花 2019/7/11

今日のお花 2019/7/11

カテゴリー 今日のお花 |
2019年07月10日

お口と健康⑤

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日はお口を健康にする食事とトレーニングをご紹介していきます。

いちばん手軽にできるのは食べるだけでトレーニングになる食事です。

食事は1日に3回、毎日繰り返すものなので、メニューを工夫するだけでお口を鍛えるトレーニングになります。

少なくとも1品は、しっかり噛めるメニューを取り入れましょう。

食材や食べ方ににも意識してみてくだい。

60代くらいまではメタボ予防を重視してカロリーを制限しますが、60~70代以降は噛む力を鍛えて、栄養素の不足を防ぐ方向に変えましょう。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約