• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年04月03日

今日のお花2020/04/03

今日のお花2020/04/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月03日

空間除菌

こんにちは、伊藤歯科医院受付コバヤシです。

新型コロナウイルスの感染が世界へと広がり、深刻な事態になっています。

日本でも学校の休校、イベントの中止など色々な対策がとられており、今はみんなで協力し合って乗り越えなければならないのだと思います。

 

予防のためには石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールなどによる消毒を行い、できる限り混雑した場所を避けることが大切です。

また、換気をして空間に菌をためない、加湿器を使い菌の動きを活発にさせないことも効果的です。

当院では空気中に浮遊しているウイルスを抑制するため、次亜塩素酸で空間を除菌できる超音波噴霧器を診療室と待合室に設置しています。

 


 

この超音波噴霧器に次亜塩素酸と水を入れ噴霧させると、空間に浮遊しているウイルスを抑制でき、またドアノブ等に付着したウイルスの抑制にも効果があります。

次亜塩素酸は高い除菌力を持ちながら、皮膚に触れても問題ないことも特徴です。

 

現在、まだ感染が拡大している状況ですが、手洗いうがい、換気、免疫力を高める生活等、今自分ができきることから積極的にしていこうと思います。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月02日

今日のお花2020/04/02

今日のお花2020/04/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月02日

伊方からの贈り物

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院です。

今日は、先日届いた贈り物のお話です。

春らしい暖かさが感じられるようになるこの季節に、毎年、伊方からステキな贈り物が届きます♪

今年も大きな段ボールにいっぱいの「清美タンゴール」が当院に届きました♪


送り主は、院長先生がこの伊藤歯科を開業する前、三崎健康国民保険三崎診療所の院長として勤務していた時に三崎町(現在伊方町)で役所に務められていた方でした。

当時から大変お世話になっていたそうですが、三崎を離れて30年以上経った現在でも、こうやって毎年、たくさんの柑橘を送ってくださっています。

清見タンゴールは温州みかんとトロビタオレンジの交配種で、ジューシーな果汁がとっても豊富で、とろけるような甘くてまろやかな味が自慢の柑橘です。

贈り物としても人気の品種で、特に三崎の清見タンゴールは全国からも高く評価されているそうです。

愛媛県にはたくさんの種類の柑橘類が生産されていますが、女性の名前のような品種も多くあり、とてもおもしろいですね☆

たくさんあったので、当院にいるスタッフにも3個ずついただくことができました。



いつもありがとうございます(^v^)

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月01日

今日のお花2020/04/01

今日のお花2020/04/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月01日

根管治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

現在、世界中で新型コロナウイルスが大流行していて、気が抜けない毎日が続きますね。

手洗いやうがい、アルコール除菌などを心がけてしっかりと予防しましょう!

さて、今回は”根管治療”についてのお話をします。

根管治療とは、大きくなった虫歯の細菌が歯の神経にまで達してしまい、しみや痛み、腫れなどの症状がでた際に行う”根の治療”のことです。

 

痛みをとると同時に長期にきちんと噛めるようにする処置を行います。

治療の流れとしては以下の通りです。

検査やレントゲンで原因の歯を特定し、本当に根の治療が必要なのか、治療をすればきちんと治るのかを診断します。

古い詰め物、被せ物やむし歯を除去します。


③歯の神経の入り口を見つけて、入口の形を整えます。

④歯の神経の道筋を専用の器具でお掃除します。


⑤お掃除が終わり痛みが取れたら根の中をゴム系の材料で封鎖します。

⑥この後虫歯でなくなった部分の土台を作り、被せ物をします。


根の治療は想像よりも回数がかかります。

また、全ての歯の治療が成功するわけではありません。

少しでも痛みや違和感に気付いた場合は、かかりつけの歯科医院で早めに受診してください。

 

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月01日

今日の一枚 2020/04/01

4月になりました。新しい季節の始まりです。新生活を始めるみなさん、がんばってくださいね。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年03月31日

石鯛、イラ、の頂き物。

こんにちは伊藤歯科医院技工士Kです。

新型コロナウイルスで大混乱の昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?色々なイベント中止やら、外出時の気配り等、気の滅入るこの時期、大変な時期ではありますが辛抱強くコロナ禍を、乗り越えたいものです。

さて今回はまたまた、釣り好きのお隣さんからどでかい獲物が届きました。


石鯛とイラという魚です。

石鯛は当然知っていましたが、イラという魚は初めて見ました。

どちらも40センチオーバーの大物。いやはや物凄い迫力、圧倒感です。

石鯛なんて何年ぶりだろう?もっともKの釣り上げたサイズは手のひらサイズなので、比較対象になどなりませんが。

そしてもう片方の魚。

見た目はとてもかわいらしいのですが、ぬるぬるしている上に掴もうとすると嚙みついてくるので釣り師がイライラして名付けられた、といわれているその名も“イラ”。そのまんまやん。


体色は鮮やかな赤色で頭のあたりは青みがかってて、知らないとなかなか手が出そうな(食べたい)感じがしない魚です。

とりあえずスマホで調べると石鯛の外道で釣れるらしく、雰囲気がベラに似ています。

ベラはキューセンとか色々な呼び名があります。

体色がカラフルでぬるぬるしていてあまり食べようとは思わない魚ですが、食べてみるとおいしい癖のない白身の魚です。

そんな見た目と味のギャップをベラと重ね合わせたのか?Kの興味が石鯛からこちらに移ります。

まぁ石鯛は間違いなくおいしいので後回しにして、イラからさばきはじめます。

軍手をして更にゴム手袋して、しっかり魚をつかんでウロコをとります。

柔らかくて大きなウロコです。

しかしながらこのぬめりはやっかいです。何度も滑りヒレが手を襲いそうになりながらも悪戦苦闘してさばいていきます。

ここでふと思います。

石鯛の外道って事はさざえやカニなんかも嚙み砕くってことだよな。

それにしては歯牙が心もとない気がします。

石鯛に比べても明らかに歯牙が脆弱です。
おかしいな、そんな事を考えつつどんどんさばいていると、疑問が解決しました。

なんとこのイラという魚は、臼歯がのどのあたりにあるのです。

それも巨大な臼歯が。


こすり合わせるとシャリシャリといかにも磨り潰せそうないい音がします。

以下次号。

カテゴリー 未分類 |
2020年03月31日

今日のお花2020/03/31

今日のお花2020/03/31

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月30日

矢野先生の新しい作品…『古木の梅』『紅枝垂地蔵桜』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

新型コロナウイルスの流行が落ち着く気配がありませんね・・・。

さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。

まずは1枚目の作品はこちら。『古木の梅(こぼくのうめ)』です。


地面の若々しい緑色、小さな梅の花の薄ピンク色、苔のむした幹の濃く深い緑色のコントラストが目にも鮮やかで、古くからこの地で生きてきた梅の木の永い年月を感じさせる作品です。

県内では梅の産地で有名な砥部町の七折地区で撮影されたそうです。

毎年、梅の咲く今の時期に開催される「七折れ梅まつり」ですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、残念ながら予定より短い日程となったようです。

 

続いての作品はこちら。『紅枝垂地蔵桜(べにしだれじぞうざくら』です。


福島県郡山市で撮影された作品です。

この妖艶なピンクの花が特徴の桜は、三春滝桜の娘といわれるしだれ桜で、樹齢は約400年。

桜の下には地蔵堂があり、昔から赤ん坊の短命、夭折(ようせつ・・・・将来を渇望されていた才能ある人が、若くして死ぬこと)の難を逃れるため、このお地蔵様に願いをかけていたと言われているそうです。

4月の中旬から5月上旬が見頃のようです。

朝の柔らかな日差しの中で下から見上げたように撮影されており、地蔵堂を守るようにしだれて咲く姿は桜の雄大さを感じます。

今年はお花見の自粛ムードが広がっていますので、この作品でお花見気分を味わうことができそうです♪

教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。

またステキな作品を楽しみにしています。

こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね。

カテゴリー 未分類 |
2020年03月30日

今日のお花2020/03/30

今日のお花2020/03/30

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月29日

今日のお花2020/03/29

今日のお花2020/03/29

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月28日

今日のお花2020/03/28

今日のお花2020/03/28

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月27日

免疫力が大事です

こんにちは 伊藤歯科医院歯科衛生士のイシカワです。

世界中で新型コロナが流行していて心配な毎日です。

この数週間で日本内も大きく変化していて初めて経験するこの状態にとても戸惑っています。

 

いま自分が出来ることといえば予防をするということ

手洗いやうがいはもちろんのこと

バランスの良い食事をしてたっぷり睡眠をとる。などの規則正しい生活。

そして適度な運動

ウイルスに負けない免疫力のある体を作りましょう!!!

 

昔購入したヨガマットがあったのを思い出しました。



少し暖かくなったので適度な運動をすることにしました。

でも家に閉じこもってばかりも良くないですよね。

日光を浴びると体内にビタミンDが作られるそうです。

ビタミンDには免疫機能を高める効果があるので散歩するのもいいと思います。

これから花見の季節になります。

天気のいい日は人ごみを避けてお花見してみましょう。


 

色々不安な毎日ですが出来ることを精一杯して何とかとか乗り越えたいですね。

そして落ち着いたときに全力で走りだせるように心と体を健康に保つようにしましょう。

 

早く終息しますように。

カテゴリー 未分類 |
2020年03月27日

今日のお花2020/03/27

今日のお花2020/03/27

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月26日

今日のお花2020/03/26

今日のお花2020/03/26

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月26日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part1~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

先日、3月20日は春分の日で当院の診療はお休みでしたが、今年初めてとなる津山先生のインプラントオペが行われました。

当院のブログでも度々お話していますが、津山先生とは東京の三井記念病院の歯科・口腔外科で部長をされており、全国各地で難易度の高いインプラントオペをたくさん行っていらっしゃいます。

当院では、年に3回来院していただき、インプラント手術を希望されている患者様のオペをお願しています。

今回は、津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子をご紹介します。

この日は、院長やアシストにつくスタッフも専用の手術着に着替えます。

患者様にも専用の布がかけられます。他に患者様はいらっしゃいません。

いつもと違う雰囲気に、始めは緊張される方が多いようです。

この患者様は、今回で2回目の津山先生によるインプラントオペとなりました。

右の上顎に3本のインプラントを植立していきます。

以前抜歯をし、義歯を入れていましたが「義歯では食事の味が感じられない・・・」と、今回インプラントの植立を希望されました。

診療室に入っていただき、まずは簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、CGFのための採血を行います。

採血量はわずか16ccです。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

専用のドリルで歯茎から骨の部分まで、穴を開けていきます。

空いた穴の部分に採血して作った「CGF」を入れ、そこにインプラント体と呼ばれる金属をネジを留めるように回しながら埋めていきます。

この骨に埋めるインプラント体には様々な種類があります。

たくさんの種類の中から、それぞれの患部に合った長さや形状のインプラント体を選ばなくてはなりません。

また使用しているのはワンピースタイプ(インプラント体とアバットメントが一体化している)のため、埋入の位置やかみ合わせ等にも厳密になる必要があります。

オペ中は津山先生が優しい声で患者様に状況を説明します。

院長の元気な声も、いつもより響きます。

とてもスピーディーにオペが進むため、記録や器具の準備、滅菌等をするスタッフもテキパキと動いていました。

あっという間に3本の植立が終わり、最後にパノラマ写真を撮影し、本日のオペは終了です。

診察室に入っていただいてから、1時間足らずでした。

毎度のことですが、津山先生のオペのテクニックには感動するばかりです。

オペは次の患者様に続きます・・・。そのお話はまた後日。


※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

 

 

カテゴリー インプラント |
2020年03月25日

歯ぎしりが与える影響

こんにちは。伊藤歯科医院衛生士のニイヤマです。

 

最近は少し暖かくなってきてだんだん春が近づいていますね。

花粉症の方はしんどい季節ですが頑張って乗り切りましょう。

 

 

 

<歯ぎしりの原因>

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、ストレスや歯並びの乱れ、咬み合わせ不良などが要因と考えられています。

 

<歯ぎしりの影響>

歯ぎしりは、睡眠の妨げになるだけでなく、歯や顎などに悪影響を与えます。

 

<口腔内の悪習癖(ブラキシズム)の種類>

・グラインディング

上下の歯をギリギリと擦り合わせる習癖のこと

・クレンチング

上下の歯を強く咬み合わせる習癖のこと(食いしばり・咬みしめ)

・タッピング

上下の歯をカチカチと咬み合わせる習慣のこと

これらは、歯周病や顎関節症のリスクを高めるだけでなく、肩こりや頭痛などの原因にもなるため、適切な対処が必要になります。

 

<歯ぎしりによる悪影響>

歯ぎしりを行うことで、歯の咬み合う面がすり減ってしまう・歯肉に負担をかける・知覚過敏を進行させる・顎関節症のリスクを高める・頭痛や肩こりなどの原因となるといった悪影響があります。

歯ぎしり自体は歯周病の直接の原因とはなりませんが、すでに歯周病を発症している場合は、歯ぎしりによって歯周病の進行が加速することがわかっています。

歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は、通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、顎関節にかかる負担が大きくなります。これが、顎関節症の原因になることがあります。


 

<歯ぎしりの治療方法>

歯ぎしりに気づいたら、まず歯科医院で相談しましょう。

歯ぎしりの治療法には、生活習慣の改善・スプリント療法・認知行動療法・薬物療法などがあります。


 

一生使っていく歯を守るためにも、歯ぎしりや食いしばりに心当たりがある方や、指摘されたことがある方は早めに歯科医院に相談しましょう。

カテゴリー 未分類 |
2020年03月25日

今日のお花2020/03/25

今日のお花2020/03/25

カテゴリー 今日のお花 |
2020年03月24日

今日のお花2020/03/24

今日のお花2020/03/24

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約