• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2021年12月07日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。
 
今回の患者様は、上下の前歯の歯列不正の相談に来られました。
お口の中を確認してみると、左上の3番目の歯が歯列から外れた状態、いわゆる「八重歯」になっていました。
 
下の前歯は顎が小さくスペースが狭いためか、左右2番目の歯が歯列より内側に入っていました。
 
 
ご本人は、抜歯・ディスキングをしても構わないと治療に積極的な様子でした。
 
まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。 診断の結果はこのようになりました。 
 
 
■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。
今回の患者様は左上3番目が歯が大きく唇側に転位しており、戻すスペースも無いため、マウスピース矯正では非常に難しいとの診断でした。
 
 
 
しかし、マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。
 
今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。
 
ぜひご相談ください。
カテゴリー DENマウスピース |
2021年12月06日

職場における糖尿病管理 その2

就業上の措置

就業上の措置を検討する上で、2つの軸があります。

まず、事後や公衆災害の予防という企業のリスク管理の観点、そして個人の健康への配慮からの観点です。

いずれの観点からも措置の判断を行うためには、対象者と面談し「詳細な健康状態、治療状況」と「業務内容」を聴取し、評価する必要があります。

また、場合によっては上司とも面談も必要となり、業務内容や職場での様子を聴取して判断を行います。

 

事例

●事例1:業務が疾病経過に影響を与える場合

 ・業務が労働者の健康や疾病経過に悪い影響を与えると予見される場合

 【具体例】
  -重度の糖尿病未治療者に対して、深夜勤務や残業等を禁止する場合
  -「個人の健康への配慮という観点」からの判断
  -しっかりと治療を行い、血糖コントロールが良好になれば、就業制限を解除することを検討すす
   

   業務が糖尿病治療に悪影響する場合の措置

 

これは、「個人の健康への配慮という観点」からの判断という事例です。

重度の糖尿病未治療者あるいは血糖管理不良で体調が思わしくない従業員に対して深夜業務や残業を禁止する場合です。

見直しを継続的に行い状況が改善すれば解除します。

 

事例2:事故・公衆災害リスクの予防

 ・特定の疾患によって特徴的な発症確率が高まるとされる健康事象が生じた際に、随伴して発生する可能性のある事故を予防する目的で就業制限を行う場合

 【具体例】
  -糖尿病コントロールがふりょうの労働者の暑熱環境での高所作業を禁止する場合や、無自覚の低血糖発作がある労働者の高所さぎょうを禁止する場合など
  -事故や公衆災害の予防という企業のリスク管理の観点
  -疾患に随伴する意識障害により、労働災害、公衆災害や事故につながる可能性が高い場合、企業リスク管理としての観点を含むものである。

  -治療状況や経過をフォローし、適宜、就業上の措置を見直す

   事故、公衆災害予防のための措置

就業上措置

就業上の措置の実施・フォローポイントとしては、まず、就業上の措置の判断は文書で事業者に伝えること、関係者で共通認識を持つこと、本人にも十分な説明を行い、同意を得るように努めること。就業上の措置の判断は、一律に行うことではなく個人的な状況を勘案して行い、基準を使用して機械的に行うべきではないことなどが重要です。

就業制限を設定した場合、必ず定期的に見直すことも必要です。

就業制限は決して永続的なものではなく、見直しを行うことで、本人の自己管理を促し、また、きめ細やかな企業リスク管理に繋がります。

職場での糖尿病教育・啓発活動と職場環境の整備

糖尿病とは?についての教育・啓発、糖尿病性合併症についての教育・啓発、運動不足の解消を目指した取り組み、禁煙対策の強力な推進、職場環境の整備としてインスリン自己注射・自己血糖測定の場所や時間の確保、食堂でのカロリー表示などの対策を検討していただきたい。

 

職場での糖尿病管理を行うにあたっての留意事項

安全配慮義務に則り、従業員の糖尿病管理を行って行かなくていけません。

しかしながら、従業員本人による、定期通院、服薬の遵守、適切な生活習慣への取り組みが基本となります。

また健診後の事後措置は必要ですが、特に就業上の措置が必要な人や要医療者で未受診者、治療中断者へのフォローアップが極めて重要となります。

また、急性代謝失調を除いて高血糖のみで業務遂行能力が低下することはほとんどなくHbA1c値等で一律に就業制限を行うことは望ましくありません。

主治医との連携のもと、個々の従業員の状況を勘案し、個別に判断すべきです。

 

と、今回のお勉強はこのような内容でした。

講習の後には学習した内容のテストを受けます。

全問正解で「合格」となります。

今回は1問間違ってしまったため、2回目で合格し1単位を修了する事ができました♪

残すは11単位!!

糖尿病のお勉強、難しいですね。

カテゴリー 未分類 |
2021年12月06日

今日のお花 2021/12/06

今日のお花 2021/12/06

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月05日

今日のお花 2021/12/05

今日のお花 2021/12/05

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月04日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

 
 
今回の患者様は、右下の親知らずに痛みがあるため、抜歯を希望して来院されました。
 
お口の中を確認してみと、親知らずは完全に歯ぐきの中の埋まっているようで、状態を確認することができません。
 
パノラマ写真を撮影し確認してみると、右下の親知らずは手前の歯を押すように、ななめに生えているのが確認できました。
 
 
 
 
 
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
 
 
 
 
親知らずの根っこは下歯槽神経からかなり近い距離にありましたが、抜歯は可能と診断されました。
 
 
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
 
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。
 
そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこの部分を慎重に抜いていきました。
 
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
 
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
 
 
 
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。
 
数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、しびれのいずれの症状も出ていないとのことで一安心です。
 
右下親知らずの抜歯、お疲れ様でした
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年12月04日

今日のお花 2021/12/04

今日のお花 2021/12/04

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月03日

虫歯の治療の流れ

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。
今回は虫歯の治療の流れをまとめます。

歯の治療は

1虫歯に対する治療

2歯の周囲組織の炎症に対する治療

3喪失したはを補う治療に分かれます

1歯に対する治療
虫歯が歯の表面のみの場合は削らずに再石炭化を期待しますが、進行していると削って詰めたり、かぶせものをする治療を行います。

さらに虫歯が歯髄まで達して歯髄炎を起こすと、歯髄を除去する治療を行います。

歯髄が化膿した時は壊疽を起こしたり化膿が進行して歯根腫瘍や歯根嚢胞ができる場合もあります。

その際も歯を抜かずに治療できる場合もありますが虫歯が進行し保存が不可能になったら抜歯をすることになります。

2歯の周囲組織の炎症に対する治療
歯周組織の炎症に対する治療は歯そのものではなく歯を支える歯肉(歯ぐき)や歯槽骨に炎症性の変化が起こる病気です。

歯みがきが十分でないと、歯垢(プラーク)が歯と歯肉の境目に繁殖します。プラークの中の細菌が産生する毒素によって、歯肉が腫れ歯と歯肉のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、さらに歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう場合があります。

その場合には歯肉や歯槽骨に対する外科手術を行ったり、歯を動揺しにくいように固定する処置を行う場合もあります。

改善が認められない場合は抜歯をすることになります。

3喪失したはを補う治療
虫歯や歯肉炎で歯を失ってしまった場合には義歯を作り歯を補う治療を行います。

義歯は取り外せるものと外せないものがあります。

取り外せないものはブリッジと呼びます。取り外しができる義歯は、歯が少しでも残っている場合に、歯に金具をひっかけるタイプのものが多く作られます

歯や歯肉の部分はレジンという合成樹脂が使われることが多く、歯や歯肉の色に近いものが出来上がります。

全ての歯を失った場合は、総義歯を作成することになります

カテゴリー 未分類 |
2021年12月03日

今日のお花 2021/12/03

今日のお花 2021/12/03

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月02日

年末年始の休診のお知らせ

年末年始の休診のお知らせです。

 

伊藤歯科医院では、12/30(木)午後~1/4(火)を休診とさせていただきます。

※12/30(水)は午前中のみの診療となります。

1/5日(水)より通常通り9時から診療いたします。

 

その間の応急処置につきましては愛媛県歯科医師会口腔保健センターが担当いたします。

診療時間につきましては午前9時から12時までです。

予約電話番号089-932-5047です。

詳しくは下記のHPで確認してください。

https://www.ehimeda.or.jp/kenshi/center.html

 

カテゴリー TOPICS |
2021年12月02日

今日のお花 2021/12/02

今日のお花 2021/12/02

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月01日

お好み焼き

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

 

だんだんと寒くなって来ましたね!

 

今回は、『祇園』のお好み焼きに行って来ました!

 

 

タコ玉のお好み焼きとイカのバター焼きを食べました。

 

 

自分でお好み焼きを焼くのは久しぶりだったので上手くひっくり返せるか不安でしたが上手く出来ました笑

 

 

久しぶりにシーフードのお好み焼き を食べたのですが美味しいかったです!

 

カテゴリー スタッフブログ |
2021年12月01日

今日のお花 2021/12/01

今日のお花 2021/12/01

カテゴリー 今日のお花 |
2021年12月01日

2021/12/01 今日の一枚

12月になりました。何かと忙しいこの季節。 元気にこの1年を終えたいですね☆

カテゴリー 今日の一枚 |
2021年11月30日

矢野先生の新しい作品『紅葉の天狗岳』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。
 
 
日に日に暑さが増してきて、夏の気配を感じますね。
 
さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。
 

今回の作品はこちら。『紅葉の天狗岳(紅葉の天狗岳)』です。

 
 

こちらは石鎚の成就社から天狗岳を撮影した作品だそうです。

真っ白な霧の中に浮かぶ、色鮮やかな天狗岳とのコントラスト美しい秋の風景の一枚となっています。

 
天狗岳は愛媛・高知県境を東西に連なる石鎚山脈の主峰であり、標高は1982m、四国および西日本の最高峰でもあるそうです。
 
春から夏には新緑、秋には紅葉と、季節ごとに様々な顔を見せてくれます。
 
 

今年は秋が短い・・・と言わましたが、これで秋の紅葉を堪能することができました♪

 

教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。

またステキな作品を楽しみにしています!
 
 
こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね☆
カテゴリー スタッフブログ |
2021年11月30日

今日のお花 2021/11/30

今日のお花 2021/11/30

カテゴリー 今日のお花 |
2021年11月29日

職場における糖尿病管理 その1

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

糖尿病についてのお勉強シリーズ、今回は第9弾の今回は「職場における糖尿病管理」です。

どうぞ。

 

職場の糖尿病管理

まず、企業には、健康診断の実施(100%を目指す)が義務付けられており、100%を目指すよう勧められています。

その後、事後措置となりますが、高血糖を初めて指摘された従業員は糖尿病の早期診断と早期治療医が必要であり、また境界型、メタボリックシンドロームを指摘された方へも対応が必要となります。

現在、糖尿病治療中の従業員把握も重要です。

治療内容・合併症などの治療状況、HbA1c値や低血糖症の有無などの管理状態、定期受診の有無の確認と受診中断の場合は治療継続支援が必要となります。

次に就業の措置を考えると、就業制限、配置転換、交替制勤務や超過勤務への配慮などがあります。

その他、職場での糖尿病対策として、以下に示すような糖尿病発症・進展予防の教育と啓発と増悪因子の除去があります。

①健康診断の実施(100%を目指す)

②事後措置
  ⇒糖尿病の早期発見と治療の重要性
  ⇒境界型(メタボも)への対応

③糖尿病治療患者の把握
  ・治療状況(治療内容・合併症など)
  ・管理状態(血糖コントロール・低血糖)
  ・定期受診の有無と受診の支援

④就業上の措置
  就業制限(交替制勤務や超過勤務の制限等)、配置転換等の配慮

⑤糖尿病発症・進展予防(教育・啓発)と増悪因子の除去
  ・ストレス対策
  ・運動指導
  ・禁煙対策
  ・環境の整備(インスリン自己注射場所や時間の確保、食堂での対策など)

 

健康診断実施後の流れ

健康診断実施後の流れは診断結果の判定により、診断区分が行われ、事後措置が行われます。

必要に応じて、就業上の措置の検討や保健指導、あるいは労災二次健康診断から要治療となります。

初めてこうけっとうえお指摘された従業員の事後措置は、糖尿病の早期診断と早期治療の入口として重要であり、一例として下記のような診断区分に従って判定をします。

D判定以上では精密検査や治療が必要であり、医療機関への紹介します。

血糖値での判定は食事摂取の有無の確認をした上で、判断する必要があります。

また、境界型、メタボリックシンドロームを指摘された方へも、保健指導等の対応が必要となります。

なお、特定健康診断に基づく特定保健指導は、健康保険組合が実施主体である事、また、法的には40歳以上が対象であるという違いがあります。

この点は、企業で行う取り組みと、健康保険組合が行う取り組みがしっかりコラボすることが重要です。

●事後措置
 ⇒糖尿病の早期発見と治療の重要性
 HbA1c判定の基準の設定
     ・A判定(正常):5.6%未満
     ・B判定(軽度以上):5.6%~5.9%
     ・C判定(経過観察):6.0%~6.4%
     ・D判定(要医療・要精査):6.5%以上
     ・E判定(治療継続):-

  ⇒境界型(メタボも)への対応

  必要に応じて保健指導

 

すでに糖尿病と診断され、通院治療中の従業員を把握し、必要に応じて面談を行います。

薬物治療や合併症の病期などの状況、HbA1c値や低血糖症の有無などの管理状態、定期受診の有無の確認と、受診中断している場合の治療継続への積極的支援が必要となります。

また、可能な範囲で栄養指導、減量指導などの保健指導を行ったり、仕事と治療の両立上、困っている場合などは主治医への問い合わせも考慮します。

カテゴリー 未分類 |
2021年11月29日

今日のお花 2021/11/29

今日のお花 2021/11/29

カテゴリー 今日のお花 |
2021年11月28日

今日のお花 2021/11/28

今日のお花 2021/11/28

カテゴリー 今日のお花 |
2021年11月27日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

 
 
今回の患者様は、歯ぐきが腫れて痛みがあるため、左下の親知らずの抜歯を希望して来院されました。
 
 
お口の中を確認してみると、左下の親知らずは歯ぐきの中に埋まっているため、状態を見ることはできませんでした。
 
パノラマ写真を撮影し確認してみると、左下の親知らずは手前の歯の根っこを押すように歯ぐきの奥で真横に生えているのが確認できました。
 
 
 
 
 
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
 
 
 
親知らずが生えている位置が、神経に近い、あるいは神経に当たっている場合は、大きな病院に紹介する場合もあります。
 
親知らずは下歯槽神経からかなり近い距離にありましたが、抜歯は可能と診断されました。
 
 
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
 
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。
 
そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを慎重に抜いていきました。
 
抜いた歯がこちらです。
 
 
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
 
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
 
 
 
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。
 
今回は、かなり深い位置にあったため、麻痺がおこる可能性があることをお伝えしました。
 
数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、しびれは感じていないとのことでした。
 
翌日、消毒にために来院された際も、痛み止めが効いているとのことで一安心です。
 
 
左 下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年11月27日

今日のお花 2021/11/27

今日のお花 2021/11/27

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約