• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年10月03日

薬物療法~その1~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

糖尿病についてのお勉強シリーズ、今回は第18弾の今回は「薬物療法」です。

ではどうぞ。

 

インスリン注射をしないと生命に危機がおよぶ状態を「インスリン依存状態」と呼び、そうでない状態を「インスリン非依存状態」と呼びます。

インスリン依存状態とインスリン非依存状態では、必要となる薬物療法の内容や薬物療法を開始するタイミングが異なります。

インスリン依存状態が疑われる患者さんでは、ただちにインスリン治療を開始し専門医に紹介する必要があります。

2型やその他特定の糖尿病においても、まれではありますが注意が必要です。

インスリン非依存状態の患者さんに対しては、すぐに糖尿病治療薬を用いるのではなく、食事療法、運動療法を含めた生活習慣改善に向けて指導を行うようにしましょう。

食事療法や運動療法を2~3か月続けても、血糖コントロールを目標達成できない場合には薬物療法を開始します。

経口血糖降下薬、、インスリン、GLP-1受容体作動薬を開始しても、目標達成ができない場合は、薬物療法のステップアップを行う必要がありますが、その都度、前述の患者さんへの指導を行うことが必要です。

 

日本糖尿病学会が行ったDPP-4阻害薬に関する調査研究では、食事療法や運動療法が遵守できていない患者さんたちでは、DPP-4阻害薬開始後、一度はHbA1が改善しますが、その後、DPP-4阻害薬のHbA1改善効果が減弱してしまいます。

一方、食事療法や運動療法が遵守できている患者さんたちは、DPP-4阻害薬のHbA1改善効果が維持されます。

このような結果を踏まえると、糖尿病治療薬を開始しても、食事療法、運動療法、生活習慣改善に向けた指導が重要であることが分かります。

日本では、1960年代にSU薬やビグアナイド薬が初めて市場に出され、その後、乳酸アシドーシスの副作用からフェンフォルミンが使用できなくなりましたが、1990年代後半から、αグリコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド、チアゾリジン、グリニド薬、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬が登場し、現在、7種類の経口糖尿病治療薬が使用できます。

 

カテゴリー 未分類 |
2022年10月03日

今日のお花 2022/10/03

今日のお花 2022/10/03

カテゴリー 今日のお花 |
2022年10月02日

今日のお花 2022/10/02

今日のお花 2022/10/02

カテゴリー 今日のお花 |
2022年10月01日

今日のお花 2022/10/01

今日のお花 2022/10/01

カテゴリー 今日のお花 |
2022年10月01日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

 
 
今回の患者様は、右下の親知らずが動揺咬みづらいため、抜歯を希望して来院されました。
 
お口の中を確認してみると左下の親知らずは、しっかりと頭が見える状態で生えていました。
 
パノラマ写真を撮影し確認してみると、右下の親知らずはまっすぐに生えているのが確認できましたが骨が薄くなっているようでした。
 
 
 
 
 
さらに詳しく立体的に下歯槽神経と親知らずの位置を確認するため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
 
 
 
 
下歯槽神経からは十分距離があることが確認できました。
 
 
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
 
 
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。
 
そこから頭の部分をつかんで、慎重に抜いていきました。
 
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
 
 
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
 
 
 
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。
 
数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、今の痛みはなく、出血、腫れ、しびれのいずれの症状もないとのことでした。
 
翌日、消毒のために来院された際は、痛みはそれほどないとのことで一安心です。
 
右下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2022年10月01日

2022/10/01 今日の一枚

10月になりました。少しずつ秋の気配です。

カテゴリー 今日の一枚 |
2022年09月30日

伊藤歯科医院ヤマグチです。

みなさんこんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のヤマグチです。

先日友達と友達の子と一緒に遊びました🎶

高島屋に行ってお買い物した後に、くるりんに乗りました!久しぶりに観覧車に乗ったのですが、高い所から色々な景色が見渡せてとても気持ちよかったです😆

その日は天気が悪く曇りだったので、次は晴れの日か夜景に挑戦したいです✌️

カテゴリー スタッフブログ |
2022年09月30日

今日のお花 2022/09/30

今日のお花 2022/09/30

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月29日

インプラントオペの症例

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、過去に当院で行ったインプラントオペの症例をご紹介します。
 
今回の患者様は右下5番目の歯の根が状態も良くなかったため、抜歯しインプラントを植立し、差し歯を入れたいと希望されました。
 
 
 
 
 

そして今回、右下5番目のインプラント植立が決まりました。

 

 

 
当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。
 
 
CGFとは、患者様自身の血液を専用の遠心分離器で血液を遠心分離して生成した「フィブリン」と傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。
 
インプラント手術では、骨が足りない部分にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆うことで、骨密度が低い人や顎の骨が薄い方など、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるため、インプラントオペではほぼ必ず使用します。
 
 
麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。
 
まずは歯茎から骨の部分までを穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴に、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。

 
 
 
 
 

数時間後にお電話で症状を確認したところ、痛み、出血、腫れ、しびれのいずれの症状もないとのことで一安心です。

それから約3か月経過後、きれいな差し歯が入りました。

カテゴリー 未分類 |
2022年09月29日

今日のお花 2022/09/29

今日のお花 2022/09/29

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月28日

ロードバイクメンテ9(皿ヶ嶺連峰 白糸の滝編)

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士Kです。

9月に入りましたがいつまでも暑いですね。

暑いのが苦手なKにとっては辛い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そう言えば愛媛マラソン当選発表が最近あったようで、当選なさった方々にお祝い申し上げます。

私Kはエントリー受付すら出来なかったもので、また来年しっかり準備してポカをやらかさないよう頑張ろうと思います。

という事で今回は、しばらく書きかけで放っておいた ロードバイク関連、行ってみたいと思います。

前回は細い林道で対向車に慌てたというところまででした。

その後は安全にクライムを続けてやっとこさ着きました“白糸の滝”

いつも冬場の一番寒い頃、滝が凍結しましたという愛媛県ではお馴染みのローカルニュースでご存知のあの“白糸の滝″です。

私Kはお恥ずかしながら初めて来ました。

この日は10月だったと思いますが割と暑く、登り坂をチャレンジしてたこともあり汗だくだったのですが、入口付近からそよぐ涼しい風がとても心地よく、こんなに近くにこんな心地よい場所がある事に有り難い気持ちになったものです。

では早速その滝とやらをみせてもらいましょうか。

入口からごつごつとした岩場があり、そこから水が流れています。

これか?いや隣りに遊歩道が続いています。

これをのぼれということね。

ガチガチビンディングの靴じゃなくて良かったのですが、やはりカチャカチャと靴に内蔵された金具が岩に当たって音が出てます。

滑らないよう慎重に登って行きます。

以下次号。

カテゴリー スタッフブログ |
2022年09月28日

今日のお花 2022/09/28

今日のお花 2022/09/28

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月27日

マウスピース矯正の診断

伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来院されました。

お口の状態を確認してみると、右上1番目の歯が、スペースが狭いためか捻転し、前へ出ているように見えます。

下顎も数本が捻転しており、特に右下2番目の歯は捻転が大きく隣の歯と重なっているのが確認できました。

 

治療については、必要であればディスキング(歯と歯の間をペーパーで削ること)も抜歯も構わないと、治療には積極的なご様子でした。

治療の方法は、ご家族がすでにマウスピース矯正をされているので、同じくマウスピース矯正で治療したいと希望されました。

 

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります
■平均治療期間:上顎 13回 13~15ヶ月   下顎 15回 15~17ヶ月

 

今回の患者様の場合、抜歯はせず少しのディスキングと歯の移動で、概ね1年半以内で歯列が揃う予測となっているようです。

下顎に関しては、捻転が大きく重なりが強いため、期間が長くなる見込みとなってます。

 

マウスピース矯正においては、患者様の管理の仕方によって治療期間が短縮したり、治療の進捗を大きく左右します。

このように見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー マウスピース |
2022年09月27日

今日のお花 2022/09/27

今日のお花 2022/09/27

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月26日

運動療法~その4~

最後に、運動療法の指導上の注意点をまとめます。

・運動療法は、個々の患者の体力・生活・意欲に合わせたテーラーメイドの指導を行うこと

・運動療法を安全に実施するために、指導前のメディカルチェックを行い、患者にとって無理なく継続可能な運動の内容・時間・場所について、患者とよく話しあうこと

・インスリン分泌を促進する経口血糖降下薬やインスリン治療中の患者では、運動後の低血糖をきたす可能性があるため、運動のタイミング・薬剤投与量・運動後の捕食・運動前後の血糖測定についてあらかじめ話し合うこと

・運動を行うのにふさわしい服装や、靴の選び方についても指導を行うこと

・運動療法は決して苦しさを耐え忍ぶ修行のようなものではなく、楽しく爽快なものでなくてはならない。何より継続することが重要なので、具体的な運動内容や運動強度を常に把握し、評価すること。

 

以上をふまえ、糖尿病患様に運動を楽しんでいただき、活き活きとした糖尿病ライフを提供することを心掛けましょう。

 

と、今回のお勉強はこのような内容でした。

糖尿病の患者様だけではなく、私たちの日常にも参考になりそうな内容でしたね。

講習の後には学習した内容のテストを受けます。

全問正解で「合格」となります。

3回目でなんとか合格!

1単位を修了する事ができました♪

残すは3単位!!

糖尿病のお勉強、ゴールが見えてきました!

カテゴリー 未分類 |
2022年09月26日

今日のお花 2022/09/26

今日のお花 2022/09/26

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月25日

今日のお花 2022/09/25

今日のお花 2022/09/25

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月24日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

 
 
今回の患者様は、左右の親知らずの辺りが腫れて痛みがあるため、抜歯を希望して来院されました。
 
まず、お口の中を確認してみると、左下の親知らずは一部だけが見える状態で生えていました。
右下の親知らずは確認することができません。
 
次にパノラマ写真を撮影し確認してみると、左右下の親知らずは手前の歯を押すようにほぼ真横に生えているのが確認できました。
 
今回は左下の抜歯から行うことになりました。
 
 
 
 
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
 
 
 
親知らずが生えている位置が、神経に近い、あるいは神経に当たっている場合は、大きな病院に紹介する場合もあります。
 
親知らずは下歯槽神経から近いところにありましたが、抜歯は可能と診断されました。
 
 
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
 
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。
 
そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこの部分を慎重に抜いていきました。
 
 
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
 
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
 
 
 
 
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。
 
 
数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、少し痛みはあるががまんできる程度で、出血がまだ少しあり、腫れも少し感じるとのことでした。
 
翌日、消毒に来院された際は、まだ痛みがあり、腫れも見られましたが、しびれはなくなったようです。
 
痛みも数日で落ち着いてくると思います。
 
左 下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2022年09月24日

今日のお花 2022/09/24

今日のお花 2022/09/24

カテゴリー 今日のお花 |
2022年09月23日

歯周病とは

伊藤歯科医院歯科衛生士イリエです。

歯周病という言葉は、もうみなさん聞いたことがあると思います。

ですが、しっかり意味を分かっている人は居ないです。

みなさんふわ~っと知っているという方が多いですね。

 

まず、一言でいうと、歯を支える歯茎や骨が壊されていく病気のことです。

”歯”自体ではなく、その周りが壊れていく病気なのです。

歯は歯槽骨という顎の骨で支えられています。

その骨が溶けていくと歯が立てなくなり抜けていってしまいます。

歯がきれいでも抜けていってしまうのです。

私はムシ歯になるより歯周病になる方が怖いと思います。

そして日本は歯周病が本当に多いです。

 

歯周病菌が全身の病気に関与していることはみなさん知っていますか?

こちらに関しても最近よく耳にするのではないでしょうか。

日本で多い病気のほとんどの原因の1つに歯周病菌がつながっていることが分かってきています。

その中でも多いのが糖尿病です。

歯周病検査が悪かった方へ質問してみると、すでに糖尿病だったり、予備軍と言われているという方がとても多いです。

まず、歯周病を悪化させるものは、歯周病菌なのです。

ブラッシングをするだけでは菌は減りません。

1度増えた菌は専用のお薬や薬剤でないと除菌することは難しいです。

また、定期検診に通わず歯石のついたままだと歯石の下がすみかとなり、より菌を増やしていきます。

歯周病へ特化した歯みがき剤などたくさんご用意していますのでいつでもご相談下さい☺

歯科は分からないことが多いと思います。

なんでもギモンに思ったことは質問して下さいね。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約