• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「未分類」のカテゴリー

2021年5月25日

矢野先生の新しい作品『満開の紅つつじ』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。
梅雨入りして、雨の日が続いていますね。
ムシムシとした暑さも感じます。
さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。

今回の作品はこちら。『満開の紅つつじ(まんかいのべにつつじ)』です。

 



これは3年ほど前に、大洲の冨士山のつつじを撮影したものだそうです。

冨士山は西日本有数のつつじの名所で、この季節になると、約6万3千本の赤やピンク色のつつじが咲き誇るそうです。
青い山並みを背景に、新緑の緑と枯れ枝の濃い茶色、色鮮やかな紅いつつじとのコントラストが美しい作品です。

毎年、4月25日~5月15日に行われていた「つつじまつり」ですが、コロナウイルスの影響により、前年度に引き続き今年の開催も中止となったようです。

とても残念ですが、先生の写真でも、充分、目を楽しませることができました☆

教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。

またステキな作品を楽しみにしています!
こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね☆

カテゴリー 未分類 |
2021年5月10日

血糖自己測定

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

過去にもブログでお話したことがありますが、歯と糖尿病には深い関係があります。

 

院長は日本糖尿病協会の登録歯科医の資格も取得しています。

先日、その資格更新時期の案内が届きました。

資格更新の為には、講習会を受講するなどして20単位を終了する必要があるとのこと。

具体的には会場で行われる講習会等に5回以上参加しないといけないのですが、この時期、講習会自体がなかなか開催されていないため、パソコン上で受ける事ができるWEB講習会を受講することにしました。

WEB講習会のメリットは、時間や場所を気にせず自分のタイミングで受講できること。

そこで私も院長と一緒に勉強してみることにしました。

今後少しずつですが、その内容を簡単にご紹介していこうと思います。

今回は「血糖自己測定」についての勉強です。

 

血糖自己測定は、患者様自身が血糖値を測定し、血糖変動要因(食事、運動、ストレス等)を理解し、日常生活の中で自分の糖尿病状態を把握するために行います。

メリット
・生活の中での血糖値の変動を理解し、治療方針の決定やライフスタイルの修正に活かすことができる。

・目標の血糖値を患者様と共有し、血糖コントロールの改善につながる。

・低血糖時やシックデイ(糖尿病の患者さんが糖尿病以外の病気にかかったときの事)時などの発見と対処に有効。

・主治医とのコミュニケーションが円滑になり、自発的な糖尿病管理に結びつく。

 

注意点
・血液採取時の痛み

・血液汚染や適切な廃棄に関する指導の必要性。

・血糖測定の精神的な負担

・虚偽報告の可能性

 

使用機器

機器の多くは採血量が5μl以下、測定時間5~10秒、測定範囲は10-600mg/dl。

機器の小型化及び測定精度の向上、採血量の減少、測定時間の短縮により負担軽減が実現している。

 

指導

・医療スタッフが自ら手本を見せる

・自己管理ノートなどを活用し、記録保存する

・各食前、食後2時間後、睡眠前に測定を行うことで、生活習慣が把握できる

・低血糖を疑う時や、シックデイの時などはできるだけ測定を行う。

・血糖値の変動が大きい場合や特殊な条件下では頻回の測定が必要

・生活の変化や自覚症状も記録

・年齢、合併症に応じて目標値を決める(正常値が必ずしも目標値ではない)

・血糖値の変動を1日1~7回測定して確認。

 

血糖測定のタイミングの例(1日2回測定の場合)

1 朝食前+各食前食後のうち1回

2 各食前・食後をセットにして朝→昼→夕の順に測定

いずれも可能であれば7回(朝前・朝後・昼前・昼後・夕前・夕後・眠前)行う

 

記録した値を分析していく際、血糖変動の原因として考えられることは

目標より血糖値が高い場合

・食事摂取量過多
・運動不足
・インスリン注射不足

目標値より血糖値が低い場合

・食事摂取量不足
・運動過多
・インスリン注射過多

等の理由が考えられる。

 

注意を要する患者の指導例

●血糖値を気にしすぎて適切な食事を摂ろうとしない
→①測定回数を減らす
②体重や筋肉量など他の指標を用いて、新しい目標を提案する

●測定結果に虚偽の申告をする
→①検査室で測定した血糖値や他の測定値も参考にする

 

 

講習の後には学習した内容のテストを受けなくてはいけません。

全問正解で「合格」となります。

無事、テストに合格し、1単位を修了する事ができました♪

(私は3回目でようやく合格しました(・。・;)

 

残すは19単位!!

糖尿病のお勉強はまだまだ続きます・・・。

カテゴリー 未分類 |
2021年4月6日

矢野先生の新しい作品『春爛漫』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

あちこちで桜がキレイに咲いていますね。
しかし、今年も飲食をともなったお花見は自粛を呼びかけられていますので、しっかり目で味わいましょう。
 

さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。

今回の作品はこちら。『春爛漫(はるらんまん)』です。

 


これは伊予市の谷上山(たがみさん)の山頂付近で撮影されたものです。

青い空に薄いピンク色の桜の花が満開に咲き誇り、キレイなコントラストを見せています。

見ているだけで春の暖かさを感じさせる一枚です。

 

谷上山は皿ヶ峰連峰県立自然公園の一部で、昭和61年(1986)大谷池と併せて四国の自然100選にも選ばれているそうです。

展望台からは伊予市の町並みを楽しむことができます。

近くの宝珠寺本堂には千手観音像や正岡子規句碑もあり、歴史を感じることもできますね。

一度は訪れてみたいスポットです。

 

 

教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。

またステキな作品を楽しみにしています。

こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね。

今年は当院の待合室で写真を見ながらのお花見・・・はいかがでしょうか。

カテゴリー 未分類 |
2021年3月15日

今日のお花 2021/03/15

今日のお花 2021/03/15

カテゴリー 未分類 |
2021年1月24日

今日のお花 2021/01/24

今日のお花 2021/01/24

カテゴリー 今日のお花, 未分類 |
2020年12月31日

今年も1年、ありがとうございました☆

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

2020年、最後のブログとなります。

今年も1年、ブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


 

当院は毎年、30日の午前中まで診療、午後に大掃除を行い仕事納めとなります。

※大掃除の様子はまた後日、お届けする予定です。


 

今年はなんといっても「コロナウイルス」に翻弄された年となりましたね。

歯科業界でも感染拡大のリスクがある中、できる限りの感染対策を行い、また患者様にもご協力いただきながら診療を継続してきました。

おかげさまで、休診時間短縮の措置を取ることなく、無事に今年の診療を終えることができました!

 

2021年も、皆さまのお口の健康を守るため、ワイワイと明るく楽しいスタッフとともに元気な伊藤歯科医院を目指し、気持ちも新たにがんばっていきたいと思っています。

それでは、良いお年をお迎えくださいね。

カテゴリー 未分類 |
2020年12月22日

プレオルソ 症例紹介

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院です。

当院では2017年から、小児矯正の1期治療において「プレオルソ」(現在はプレオルソXとしてリニューアル)という治療法を導入しています。

 

プレオルソとは永久歯の生えそろっていない3~10歳くらいのお子様を対象に作られた「家にいるとき」と「寝ているとき」にだけ装着するため、小さなお子様でも始めやすい矯正治療です。

成長発育が盛んで、骨がやわらかく、かつ永久歯に全て生え変わる前のこの時期に使用することで、健全な歯並びに導くだけでなく、口呼吸から鼻呼吸への改善、舌のトレーニングができる機能を持っています。

 

今回はこの治療法で歯並びを改善した症例をご紹介します。

症状:交叉咬合

使用期間:1年7ヶ月


 

左右で噛み合わせが互い違いになっていた前歯も、キレイに並んでいます。

 

プレオルソは装置の装着と併行して、お口のトレーニングを行っていただくことでスムーズに歯が移動したり、治療期間を短くすることができます。

また、治療後に後戻りしにくくなる効果もあります。

カテゴリー 未分類 |
2020年12月21日

乳歯が抜けずに永久歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「乳歯が抜けずに永久歯が生えてきた」時のお話です。

 

永久歯への生えかわりは、通常、6歳頃にまず下の前歯が抜けて永久歯に生え変わることから始まる場合が多いようです。

そしてほぼ同時期に、今まで歯の無かった1番奥に「第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)」が生えてきます。

この第一大臼歯は6歳ごろに生えてくるので、「6歳臼歯」とも言われています。

永久歯の中で一番大きく、かむ力も強い歯で永久歯の歯並びやかみ合わせの基本となる大切な歯です。

 

その後、個人差はありますが

7~8歳になると、上の前歯も抜けはじめ、永久歯に生え変わります。

8~9歳では、前から後ろに向かって順番に、永久歯が生え始めます。

10~11歳では、上下ともに奥歯が抜け、永久歯が生え始めます。

12~14歳に、奥歯の永久歯が生えそろい、すべての歯が並びます。


 

永久歯は本来、乳歯の真下で乳歯の根っこを吸収しながら生えてきます。

そのため、永久歯が出てきたときには乳歯の根は溶けてなくなり、乳歯が抜けていきます。

しかし、最近の子供は顎が小さくなっているなどの理由で、乳歯が抜けずにその内側(舌側)に永久歯が生えてしまうことがあります。

 


 

すでに乳歯がグラグラしているようであれば無理に抜く必要はありません

様子をみて、自然に抜けるのを待ちましょう。

乳歯が抜けてスペースさえあれば、永久歯は、舌と唇の力によって本来の位置に動いていきます。

しかし、抜けずに長い間放っておくと、内側に生えたままになってしまい、歯並びに影響が出る可能性が出てきます。

乳歯の内側に歯が生えてきたのが確認できてから、しばらく経っても乳歯が抜けないようであれば、状態を確認してもらうために歯科医院を受診しましょう。必要と判断されれば抜歯をしてもらいましょう。

また永久歯が乳歯よりも外側の、噛んでも見える位置に生えてきた場合にはできるだけ早めに受診しましょう。

 

反対に、乳歯が抜けてから、永久歯が出てこない場合があります。

半年経っても永久歯が生えてこなければ、乳歯の下に永久歯がない「先天性欠如(せんてんせいけつじょ)」や、余分な永久歯がある「過剰歯(かじょうし)」の可能性もあります。

歯科医院で確認してもらいましょう。

また、医師によっては治療の方針が違うため、納得がいかないことがあれば別の歯科でセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

カテゴリー 未分類, 歯のこと |
2020年11月23日

睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療②

眠気の程度を測定するために、「エプワース眠気尺度」という、以下の8つの項目を4段階で表し、日中の眠気を評価する方法があります、

しかし眠気が日常化している場合、眠気の状態を実際よりも過小評価してしまい、点数が低くなる傾向があるため、客観的に評価できる人に協力してもらって検査するとよいでしょう。

 

眠ってしまうことはない 時に眠ってしまう しばしば眠ってしまう だいたいいつも眠ってしまう
座って読書をしているとき 0 1 2 3
テレビを見ているとき 0 1 2 3
人の大勢いる場所(会議や劇場など)で座っているとき 0 1 2 3
他の人の運転する車に、休憩なしで1時間以上乗っているとき 0 1 2 3
午後に、横になって休憩をとっているとき 0 1 2 3
座って人と話しているとき 0 1 2 3
飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき 0 1 2 3
自分で車を運転中に、渋滞や信号で数分間、止まっているとき 0 1 2 3
合計11点以上の場合は病的過眠領域となり、治療を要するレベルとなります。

11点未満であっても、慢性的ないびきをかく人、睡眠時に呼吸が止まる人、日中頻繁に眠気を感じる人も、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

診断結果から、自分が睡眠時無呼吸症候群ではないかという疑いを持たれた方は、専門の医療機関を受診しましょう。

 

歯科的治療

睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療は、「スリープスプリント」というマウスピースを使った治療法になります。

スリープスプリントとは、習慣性いびき症あるいは閉塞型睡眠時無呼吸症候群の患者では、解剖学的に咽頭腔が狭小であったり、さらには就眠時に舌根が沈下してしまうことが多いことから、睡眠時に下顎を2、3ミリ程度少し前に出すように作られた上下一体型のマウスピースを装着することで、舌の喉への落ち込みを防止し気道を確保するという仕組みです。

軽症から中等症の患者さんに用いられる治療法で、とりわけ治療法が簡便でしかも比較的効果の高い保存的療法といわれています。

市販でも、お湯に浸して柔らかくなったマウスピースを噛んでお口に合わせるいびき防止用のマウスピースもあるようですが、快適な治療のためにも、歯科医院でご自身に合わせて作られたマウスピースを使用することをお勧めします。


まずは、適切な医療機関を受診していただき、睡眠検査(終夜睡眠ポリグラフ検査)を行い、睡眠時無呼吸症と診断され、口腔内装置の適応があるかどうかを確認した上で紹介状を持って歯科医療機関を受診してください。

カテゴリー 未分類 |
2020年11月16日

睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療①

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「睡眠時無呼吸症候群」の歯科における治療についてのお話です。

まず、「睡眠時無呼吸症候群」とは睡眠中に舌が喉の奥に沈下することにより気道(空気の通り道)が塞がれ、大きないびきをかき、断続的に無呼吸(10秒以上続く気流停止) を繰り返すことでその結果、日中強い眠気を感じたり居眠りをしがちになったりして、集中力に欠けるなどの状況が起こります。

また高血圧、心疾患などの種々の症状を引き起こしかねない疾患です。

 

睡眠時無呼吸症候群は以下の3つ型に分けられます。

 

閉塞型:上気道部(鼻腔、アデノイド・口蓋扁桃・軟口蓋領域、舌根部)の物理的閉塞によるもので、無呼吸発作中も胸部や腹部の呼吸筋の呼吸運動は見られる。肥満者に多い傾向にある。

睡眠時無呼吸症候群の9割以上は閉塞型。

中枢型:呼吸運動をつかさどる脳幹部に何らかの異常があり、呼吸筋運動そのものが停止して無呼吸となる。いびきとは無関係。

混合型:閉塞型と中枢型の混合したもの。

いびきは気道が完全に閉塞しないものの狭窄した場合に生じ、狭窄がさらに進んで閉塞となると、睡眠時無呼吸となります。

したがって、閉塞型の睡眠時無呼吸症候群においては、ほぼ100%いびきを伴います。

そしていびきをかく人の少なくとも1〜2%には睡眠時無呼吸症候群があるといわれています。


 

歯科的治療の対象になるのは閉塞型と診断された場合に限られます。

睡眠時無呼吸症候群は、10秒間の呼吸停止が1時間で5回以上ある場合に診断されます。

呼吸停止の回数が、5〜15回は軽症、15〜30回は中等症、30回以上は重症に分類されます。

※睡眠時無呼吸症候群の検査ができるのは、内科・呼吸器内科・循環器内科・耳鼻咽喉科など

 

睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病や肥満、顎の問題、扁桃腺肥大、アルコールなどの影響を受けますが、
特に肥満体形や首が短くて太い、顎が小さい人などにおこりやすいとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群の主な症状は以下の通りです。

睡眠中の症状 いびきが大きい          呼吸停止が起こる
頻繁に目が覚める         頻繁なトイレ(2型糖尿病になりやすい)
不眠症            こむら返り(ふくらはぎに起こる筋痙攣)
活動時の症状 熟睡感がない             起床時の頭痛
日中の耐え難い眠気        集中力の低下
突然の意識消失          前後の記憶不全
その他の症状 肥満                   勃起機能不全、月経不順
睡眠中に呼吸が止まっているため、息苦しさから熟睡できていないのですが、本人には自覚がないことも特徴のひとつです。


次回へ続く

カテゴリー 未分類 |
2020年11月2日

今日のお花2020/11/02

今日のお花2020/11/02

カテゴリー 未分類 |
2020年9月29日

2020年 10/7地方祭

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

10/7(土)は地方祭が中止となったため、通常通り診療いたします。

毎年、地区のお神輿の立ち寄り場所となるため、休診してお神輿を迎えていたのですが、新型コロナウイルスの影響で、多くの地区が中止となっているようです。

とても残念なことですが、来年は盛大にお祭りが盛り上がることを楽しみにしています。

カテゴリー 未分類 |
2020年9月1日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。



今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、右上3番目と右上1番目の歯が捻転しているために、隙間ができ、デコボコとした歯並びに見えます。

ご本人は、矯正での治療は可能なのか、気にされているようです。

できれば目立たない方法で治療したいとのご希望でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります。




気にされていた、前歯の捻転による隙間もマウスピースによる矯正で改善できるようです。

マウスピース矯正では、ワイヤー矯正に比べ、仕上がり具合は7~8割です。


しかし、目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

まずはご相談だけでもかまいませんので、気になっている方はぜひ、スタッフにお声掛けくださいね。

カテゴリー 未分類 |
2020年8月24日

今日のお花2020/08/24

今日のお花2020/08/24

カテゴリー 未分類 |
2020年8月18日

愛媛県民の皆様へ~愛媛県歯科医師会からのおしらせ~

カテゴリー 未分類 |

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。今回の患者様は、下の前歯の歯並びの相談に来られました。 

確認したところ、下の前歯が少し不揃いで重なりが見られました。

こちらの患者様は10年程前にワイヤー矯正をされましたが、保定装置を入れていなかったため、後戻りしてきたとのことでした。

ご本人は、下顎のみでの治療を希望とのことでした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

 

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:下顎 16回 16~18ヶ月




 

気にされている前歯も、キレイに改善されるようです。

しかし、治療終了後は保定治療の移行が必要になるようです。

 

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

こちらの患者様は、早速治療を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね!

カテゴリー 未分類 |
2020年8月17日

構音障害~検査と治療方法~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

以前「構音障害~分類とその原因~」についてお話しましたが、今日は続いて「構音障害の検査と治療の方法」についてのお話です。

 

構音機能の検査は、発音が正常か、正しい発音のための運動は可能か、実際にどの程度話が相手に伝わっているのか、などを知り、治療方針を検討するために行います。

検査は主に言語聴覚士が行いますが、歯科医師が行う場合もあります。

検査内容は、症状について質問し、身体診察を行います。

 

「会話明瞭度検査」

コミュニケーション手段として、会話がどの程度相手に伝わるかを検査します。

簡単な会話をして、「よく分かる」から「全く分からない」までの5段階で評価します。

「声の検査」

1)声の聴覚的印象評価

声の質について、ガラガラ声、息が漏れるような声、力を入れられない状態の声、力が入り過ぎている声などの有無や程度を評価します。
2)最長発声持続時間の測定
「あー」と出来るだけ長く言い続けて、持続時間を測る検査です。
持続時間が10秒以下の場合は、声帯など喉に何らかの問題があることが考えられます。
3)構音検査(発音操作の検査)
「パ行」「タ行」「サ行」「ラ行」「カ行」と発音し、音が正常に作られているか、発音している時に口唇や舌がどのような動きをしているかを調べます。
4)鼻咽腔閉鎖機能検査(発音時の鼻漏れの検査)
上あごの奥にある軟口蓋によって、鼻と口の境(鼻咽腔)がしっかり閉じられるかを調べます。
鼻咽腔の閉鎖が不良な場合、発音時に「開鼻声(声が鼻に抜ける)」や「鼻音化(発音が鼻にかかる)」が生じます。
声を耳で聞いて判断する聴覚的判定や、ブローイング(吹く動作)によって鼻からの息漏れの有無と程度を調べます。
5)交互運動能力検査
「パ・タ・カ」の音を速くたくさん発音することで、発話速度、リズムの異常を調べます。
「パ」では口唇閉鎖運動、「タ」では舌の先の運動、「カ」では舌の後方部の運動が、どの程度連続してできるかを評価します。
 

また、原因を特定するには、CT検査やMRI検査などの画像検査を行う場合もあります。

難聴によっても起こるため、聴力検査が必要な場合もあります。

また、幼児の場合は知能および言語発達の評価も行います。

 

 

構音障害と診断された人には、言語聴覚士による言語訓練などのサポートを行います。

言語訓練では、呼吸訓練や筋肉の訓練、単語や文の復唱を行います。

このほかにも話すときに音が鼻に漏れたり、抜けたりする鼻咽腔閉鎖機能不全の場合には、ブローイング訓練、話すときに舌が前に出るなどの異常習癖がある場合には、口腔筋機能療法において舌や口唇のくせを改善する訓練を行います。

また、構音訓練法では正しい音を作る方法を身に付け、明瞭度を上げるために 正しい音の作り方を知り、その音について正しく発音できるようにします。

次に、単語に含まれるその音も正しく発音できるように練習し、さらに短文、長文、会話へとレベルを上げていきます。


構音障害が重度の場合は、文字や絵を書いたボードや、キーボードと画面を備えたコンピュータ機器の使用が勧められることもあります。

 

その他、声や鼻漏れを防ぎ発音を改善するために、歯科医師が発音用の装置(補綴的発音補助装置)を作成したり、発音を改善するために異常のある部位を手術等で改善する外科的治療を行うこともあります。

カテゴリー 未分類 |
2020年8月11日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上の前歯が少し不揃いで前突気味でした。

ご本人は、上顎のみでの治療を希望とのことでした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 15回 15~17ヶ月   



気にされている前歯の前突も、キレイに改善されるようです。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

こちらの患者様は早速、矯正治療を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね!

カテゴリー 未分類 |
2020年8月10日

構音障害~分類とその原因~

みなさん。こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「構音障害」についてのお話です。

 

「構音障害」とは、ことばを理解し、伝えたいことばもはっきりしているのに、音を作る器官やその動きに問題があって、ことばを正確に発音する能力に異常がある状態を言います。

構音障害があると話の内容が相手に伝わりにくかったり、相手が話し手の音に不自然さを感じてしまい、コミュニケーションに支障をきたします。

ただし、小さなお子さんの場合は年齢に応じて音作りが上達している時期ですので、必ずしも問題があるとは限りません。

小学校入学以降も正常な発音ができていない場合は注意が必要です。


 

構音障害の原因は、大きく次の3つに分類されます。

●器質性構音障害(形による問題)

構音器官の形態的障害によるものをいいます。

病気やけがのために、音を作る時に使う器官が欠損したり、形の異常のために起こる発音の問題で、「器質性構音障害」と呼ばれます。

先天的なものとしては、口蓋裂(口の天井の部分が開いている状態)、粘膜下口蓋裂(口蓋垂、いわゆるのどちんこが割れている状態など)、鼻咽腔閉鎖不全(話をするときにことばが鼻に漏れたり、抜けたりする状態)、舌小帯が短いなどの舌の形態の異常などがあります。

後天的なものとしては、がんなどの舌腫瘍に対する切除手術によるものが代表的です。

舌がん術後では舌の一部がなくなって動きが悪くなる、上顎がん術後では口腔と鼻腔の境目である上顎が一部なくなり、ことばが鼻に抜けてしまうなどの問題が出てきます。

●運動障害性構音障害(運動による問題)

発声発語に関わる神経や筋肉の病変によって起こる、話し言葉の障害です。

脳卒中やパーキンソン病など、発音に関わる動きをコントロールする神経の病気が原因で起こる発音障害です。

「運動障害性構音障害」、「麻痺性構音障害」、「ディサースリア」などと呼ばれます。

思い通りに舌や口を動かせず、発音に支障をきたします。

 

●機能性構音障害(明らかに問題のない場合)

上記のような明らかな原因はなく、発音に誤りがあるタイプを「機能性構音障害」と言います。

小学校入学間近なのに赤ちゃんことばが治らない(「カ行音」が「タ行音」に置き換わる、「サ行音」が「タ行音」に置き換わるなど)、子どもの頃に身に付けた発音の誤り(くせ)が大人になっても治らない(「キ」が「シ・チ」に近い音にひずんで聞こえるなど)といったように、脳や神経、聴覚などに異常がないにもかかわらず発音がうまく出来ない場合には、機能性構音障害を疑います。

①言語発達の遅れに関連するもの

②構音器官の運動機能の遅れによるもの

③言語環境の問題

などがその原因としてあげられます。

 

カテゴリー 未分類 |
2020年8月1日

左下親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は左下の歯茎の痛みを感じて来院されました。

お口の中を確認してみますが、炎症などは見られません。

次にパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。

下顎の親知らずは、下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

画像を確認したところ、歯茎の中で手前の歯を押すような状態で斜めに生えていました。

抗生物質の服用で少し痛みは落ち着いたそうですが、また痛みが出る可能性もあるため、抜歯することになりました。


根っこはかなり神経に近かったため、慎重に抜歯を行う必要があります。


脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずはほとんど歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

再度パノラマ写真を撮影して確認してみると、抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

 

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

 

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、出血や痺れが少しあり痛みもあるが、痛み止めを飲めば大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

カテゴリー 未分類 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約