• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「スタッフブログ」のカテゴリー

2019年9月20日

骨の骨隆起

こんにちは、技工士のナカムラです。

今回は、骨の骨隆起は治療が必要なのかという内容です。

その内容とは、歯科に通院するたびに骨隆起を指摘され、硬い食べ物が当たって傷になったり、奥歯の歯磨きがしづらかったりしますが、放置してもいいものでしょうか?
という疑問にお答えしたものです。

骨には表面近くの硬い皮質骨と、内部にあるスポンジ状の海綿骨があります。

骨隆起は外骨症とも呼ばれ、皮質骨が局所的に増殖してできた良性の腫瘤で、通常は治療の必要がありません

よくできる場所は、下あごの臼歯から前歯にかけての舌側上あごの真ん中にあたる正中部です。

下あごの犬歯から臼歯にかけての頬側、上あごの臼歯の舌側、頬側にできることもあります。

症状もなく増殖し、骨が大きく隆起する中高年になってから見つかるケースが多いです。

良性の腫瘍とがん(悪性腫瘍)との鑑別が要りますが、骨隆起は触ると硬いのですぐに分かります。

骨隆起は粘膜が薄くなるので、歯ブラシが軽く当たっただけで傷ができるという問題や、骨隆起を取らないと義歯がうまく入らないことがあるため、患者さんの希望を聞いた上で切除します。

骨が巨大化した場合は、言語の発音に影響が出ることもあります。

いずれにしても、硬い食べ物が当たって傷になるのは、粘膜が非常に薄くなっているからで、その場合は取った方がいいでしょう

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月19日

咀嚼筋の起始・停止・運動について

こんにちは、衛生士イリエです。


頬骨弓→咬筋粗面

挙上+前方!!!


側頭窩→筋突起

挙上+後退+側方!!!


㊤蝶形骨の側頭下面
㊦翼状突起外側板

翼突筋窩

開口+前進+側方!!!


蝶形骨翼状突起の翼突窩→翼突筋粗面

挙上+前方!!!

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月18日

酸蝕歯

こんにちは、スタッフのアオノです。

まだまだ暑い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしですか。

今回は、果物と歯の関係についてお話したいと思います。

食欲がなくなりがちな暑い季節にも、さっぱりと食べられる果物は最適な食べ物ですよね。

私もついつい食べ過ぎてしまいます。

しかし、果物などの食品に含まれる自然のが、歯を溶かしてしまうことがあるのです。

そのような歯のことを、酸蝕歯といいます。

酸蝕歯になると、歯の表面のエナメル質が溶けて、薄くなり、知覚過敏になります。

さらにひどくなると、虫歯と同じように穴があくこともあります。

果物の中でも、レモンやグレープフルーツ、オレンジやミカンなどの柑橘系のものは特にリスクが高くなっています。


酸蝕歯にならないための一番の解決策は、やはり過剰摂取を控えることです。

その他には、ブラッシングの歯磨き圧に注意して、強すぎたり乱暴にあててしまい、エナメル質をすりへらすことのないようにしましょう。

適度な量の摂取で、美しく健康な歯を保てるようにしてください。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月17日

夏の思い出2019

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

朝晩が涼しくなり秋の気配を感じています。

でもまだ昼間は暑いですね。

熱中症予防と紫外線対策はまだまだ必要です。

今年の私の夏の思い出は「フルーツ狩り」です。

ずっと行きたかったブルーベリー狩りに行ってきました。




続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月16日

花火

こんにちは、衛生士フクオカです。

お盆が終わって少し涼しくなってきたのですがまた暑さが戻ってきましたね!!

まだまだ、涼しくなるのは先のようですね。

皆さんは、今年の夏はどんなことをしましたか?

先日、友達と遊んでいて最近夏っぽいことをしてないねという話をしていました!

夏といえは海、プール、川などのイメージがあります!!

時期的に海はクラゲとかの心配があったので『花火』をしようということになりました☆


自宅の庭で花火をしました。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月15日

お口のケアで虫歯予防

こんにちは、衛生士ニイヤマです。

まだまだ暑い日が続いていますね。
熱中症に気をつけて残暑を乗り切りましょう。

歯磨きの目的は、虫歯や歯周病の原因である歯垢(プラーク)を除去することです。

歯垢は、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。

1㎎の歯垢の中には、1億個もの細菌が存在しているといわれています。

これらの細菌が虫歯・口臭・歯周病などのトラブルの原因になります。

正しい歯ブラシの使い方でしっかり歯垢を取り除きましょう!

<年齢別ブラッシングの目的>
0~15歳:虫歯の予防
16~30歳:虫歯と歯周病予防
30歳以上:歯周病の予防

<歯垢の残りやすいところ>
①奥歯の奥
②歯と歯の間
③奥歯の噛み合わせ
④歯並びの悪いところ
⑤歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)

<歯磨きのポイント>
・歯と歯ブラシが垂直になるように、毛先を歯の表面にきちんと当てる
歯ブラシの毛束が広がらない程度(150g~200gくらい)の力で磨く
・5~10㎜を目安に小刻みに動かし、歯1~2本程度を15~20回ずつ磨く

※歯並びが悪いところ:歯ブラシを縦に当てて、毛束が歯面に沿うよう細かく角度を変えて磨きましょう。
背の低い歯:歯ブラシを斜めから横から入れて、細かく動かしながら磨きましょう。
歯と歯の間:フロスや歯間ブラシを使って磨きましょう。



続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月14日

がん②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回、細胞の核の中の染色体のさらにその中にあるDNAの一部の遺伝子性質が変わるとがんになるというお話をしました。

人の細胞の中には染色体が46本あります。

この染色体を構成している遺伝子に傷が入ると入れ替わりが起こってきます。

これを染色体の異変(SCE)といいます。


この入れ替わりは遺伝子の傷の量をあらわすことになり、障害が多い程入れ替われが多くなり、発がんの指標になります。

がんが発生する要因として環境を挙げていましたが、悪いライフスタイルの代表として喫煙、飲酒、ストレスがあります。

この3つの要因は生活習慣の中でも150兆もの数の染色体に影響を与えて、発がんの危険が増すともいわれています。

そんながんの予防ですが、予防には一次予防二次予防とがあります。

一次予防は「がんにかからない方法」です。

がんにかからなければがんで死亡することはないので、予防本来のやりかたのことです。

二次予防は「がんで死亡しない方法」です。

がんの早期発見、早期治療によって、がん死を予防するといった意味です。

ではがんにかからない方法として言われているものをご紹介していきます。

1. 毎日必ず朝食を食べる

2. 毎日7~8時間くらいの睡眠をとる

3. 栄養バランスを考えた食事をとる

4. タバコはできれば吸わないように心がける

5. 運動やスポーツを定期的に週1回以上おこなう

6. お酒は日本酒なら銚子1本以上、ビールなら大ビン1本以上は飲まない

7. 1日平均の労働時間は9時間を超えないようにする

8. 自覚的なストレスを減らす

9. 笑いのある日常生活を送る

10. プラス思考の日々を送る

11. 自分の好きな香りのある生活を送る

12. 自分の好きな音楽を聴く習慣をもつ

以上のことをチェックして生活習慣を見直してみましょう。

がん予防はライフスタイルを見直すことによってかなりの効果がえられるといわれています。

できる事から始めてみてくださいね。

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月13日

がん①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

がんとは、正常な細胞ががん細胞に変化して、これが分裂しながら増えていき、その増え方に制御がかからなくなったものをいいます。


またがん細胞は転移といって、血液やリンパ液の流れによって遠く離れた他の臓器に移り、そこでも増殖します。

また、もとの細胞だけでなく転移した先のがん細胞も増え続けて、周囲の臓器を圧迫したり破壊したり、神経にさわって激しい痛みを発生させたり血管を破って出血させることで最終的に死にいたらしめます。

がんの基本となる本体はがん細胞そのものですが、人間の健康な細胞の中にもがんの遺伝子はあります。

細胞は10ミクロン程の小さなものですが、その核の中に染色体があり、その染色体の中にらせん階段のようにねじれた細い糸状のものがあります。

これをDNAといい、DNAの中にある一部の遺伝子の性質が変わるとがんになります。

がん遺伝子はからだの中にだれでも持っているものなのです。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月12日

いちじくをいただきました!

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

先日、患者さんからとてもきれいで大きないちじくをいただきました!

しかもいちじくが4つ入った透明パックが5個も入った箱がドドドーンと3箱も!!!

その光景が目に入った瞬間、心が躍ります♪


そこで、いちじくのことを少し調べてみました。

いちじくの旬は夏から秋にかけてで、初夏から夏にかけて実がなるものと、秋に実がなるもの、そして初夏と秋の両方に実がなるものがあります。

いちじくは漢字で「無花果」と書きますが、花がないわけではなく、実の中に小さな花をつけるため、外からは見ることができません。

私たちが食べている赤いプチプチした食感の所がいちじくの花なんだそうです。

アダムとイブの話の中で出てくる“禁断の果実”とはいちじくのことで、裸を隠すのに使ったのもいちじくの葉だと言われています。

いちじくは「不老長寿の果物」と言われるほどとても栄養豊富で、カルシウムや鉄分などのミネラルをバランスよく含んでいます。

また、フィシンなどの酵素が含まれており、消化を促進させたり、二日酔いになりにくい効果もあるようです。

さらに、メラニン色素を作ったり、老化の原因となる活性酸素を除去する働きのあるポリフェノールの一種「ザクロエラグ酸」や「アントシアニン」が含まれています。

便秘やアンチエイジングにも効果があるなんて、女性には嬉しいですね!

食べ方も色々。生のままや乾燥させて食べたり、コンポートやジャム、デザートにしたり。調理の仕方によってはおかずにもできるようですよ!

おいしくて体にも良いいちじく。

たくさんいただき、ありがとうございました!!

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月11日

第16回 はぴかちゃん歯いく大賞

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「はぴかちゃん歯いく大賞」のお話です。

「はぴかちゃん歯いく大賞」とは、愛媛県歯科医師会が毎年主催している、歯や口に関する俳句を県内から募集し、その中から優秀な作品を選出するという催しです。

6月から募集が始まり、9月に選考、11月に表彰式が行われます。

今年で16回目を迎えるようで、毎年県内からたくさんの応募があるようです。

小学生の部、中・高校生の部、一般の部の各部門から優秀な作品が5作品ずつ選出されます。

愛媛では、俳句はとても身近にありますね。

選者はテレビでも活躍されている俳人の夏井いつきさんです

優秀な作品には賞金や賞品もあるとか!?表彰式はテレビで放送されるようなので、俳句に自信のあるかたはぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ハガキ、FAX、インターネットで応募ができます。

締切間近!当院にもチラシを置いていますよ。

去年のはぴか大賞を受賞したのは「はがぬけた せみのぬけがら みつけた日」という作品でした。

俳句って、奥が深いですね!

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月10日

ジルコニア

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる白くて硬い素材です。

このジルコニアが歯科に導入されたのは日本では2005年のことです。

当初は透光性が不十分であったため、金属に代わる土台として用いられていました。

2011年に透光性が改良されたジルコニアが提供され、ジルコニア単体でも被せ物として活躍できるようになりました。

2014年にはさらにジルコニアの透光性が改善され、前歯でも天然歯に近いキレイな被せ物を作れるようになり、まだまだ進化を続け、2018年には歯のグラデーションを忠実に再現できるようなジルコニアが提供されています。

現在では様々な歯科メーカーからジルコニアが続々と販売されていて、日本国内で入手できるだけでも10種のタイプがあるそうです。

透光性の高いジルコニアは低温劣化が危惧されていますが、お口の中の温度での変化は極めて少なく、長期の使用で低温劣化が問題になることはないといわれています。

さて、そんなジルコニアですが、当院では院内でジルコニアの詰め物や被せ物を作ることができます

CERECと呼ばれる機械を導入し、コンピュータを使ってジルコニアブロックから詰め物や被せ物を削り出すことができるようになりました。 続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年9月9日

ウイルス性肝炎

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

肝臓病で命を奪われる最大の原因は肝臓がんです。

特に男性では死亡率が高くなっています。

肝臓がんというと、以前はアルコールによるものが多いと思われていましたが、そのほとんどがB型とC型の肝炎ウイルスが関係していることがわかっています。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれており、病気が重く進行するまで自覚症状が現れないケースが多くあります。

これは肝臓が持つ予備能力に由来しています。

この事実を正しく認識して、症状がなくてもきちんと検査をして病気を早く発見することが大切です。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月8日

感染症

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

感染症は、いつおそってくるかわからない病気です。

地球上には正体がわかっている病原体より、正体不明の未知の病原体がはるかに多いといわれています。

感染症は、ある病原体が体内に入ってきて「発育・増殖」することをいいます。

たとえば病原体が衣服などに付着した場合「汚染」といい、これらの感染による人や動物の病気を「感染症」といいます。

感染症はいつ起こるのでしょうか?


感染源」「感染経路」「感受性」の3つがそろったときに発生します。

感染症を予防するにはこの3つの条件をそろえない、あるいは分断することがポイントになります。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月6日

飲酒と健康

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

危険性アルコール中毒や、アルコール依存症などが増えています。

お酒の飲みすぎはアルコール性肝炎・肝硬変・慢性膵炎・動脈硬化・食道がん・肝臓がんなどと深くかかわってきます。

適量のお酒は善玉コレステロールを増やすので、健康に歯大変良い飲み物です。

しかし飲みすぎると肥満をまねいたり、高血圧になりやすくなったり、脳出血・くも膜出血の危険性を高めます。

やけ酒やストレス解消のお酒は、節度をもって接することが大切です。

お酒の席から外へ出たとたん脳卒中で倒れるなどという事故もありますが、これはお酒を飲んでからだが暖まり、拡張した血管が冷気に触れたことで縮小するため、血圧が高くなって起こります。

ほどよく飲めば百薬の長のお酒ですが、飲みすぎると健康障害やおもわぬ事故をまねくので上手に付き合っていきたいですね。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月5日

喫煙と健康

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

最近ではタバコを吸う人にとっては肩身の狭い環境になってきましたね。

タバコは百害あって一利なしなのできっかけをとらえてやめましょう!

タバコの煙には4,000種以上の化学物質が含まれており、そのうち発がん性が確認されているものだけでも200種を超えるといわれています。

ニコチンをはじめ、発がん物質および発がん促進物質一酸化炭素、種々の繊毛障害性物質などの有害物質が多く含まれているので、健康への影響は吸わない人よりはるかに高くなるのです。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月3日

お盆休み

皆さんこんにちは。

衛生士ウサミです。

お盆休みはいかがお過ごしでしたか?

私は母と妹がいる大阪に行き、ゆっくり過ごしました。

家族で焼肉行ったり、ラウンドワンのスポチャに行って卓球やバレーボールをしました。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年9月2日

五感でリラックス②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

五感からリラックスするということで、前回は視覚、嗅覚、味覚でリラックスするポイントをご紹介しました。

今日は聴覚からお話していきます。

音楽療法」に使用されているクラシック曲です。

気力・エネルギーの充実
・グリーグ:「ペールギュント”朝”」
・ラヴェル:「ソナチネ」
・スメタナ:「交響詩わが祖国”モルダウ”」
・ショパン:「雨だれ」
・リスト:「愛の夢」

心身の疲労の緩和とストレス解消
・グルッグ:「精霊の踊り」
・マスネー:「タイスの瞑想曲」
・バッハ:「G線上のアリア」
・グリーグ:「ソルヴェイグの歌」

ボーっとする時間をとってゆったりクラシック曲を聴くと癒されるのでオススメです。

次に触覚です。

からだのツボを刺激してマッサージすることでリラックスできます。

特に足の裏ツボの宝庫です。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 伊藤歯科通信 |
2019年9月1日

五感でリラックス①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

アロマテラピーや音楽療法など、五感に刺激を与えてリラックス方法があります。

今日は五感からリラックスするポイントをご紹介していきます。

まずは視覚です。

色は心理効果をもっています。

たとえば
「赤」…気分を高揚させる
「黄」…新陳代謝を促進する
「青」…気持ちを静め、ゆったりさせる
「緑」…こころに落ち着きを与える
「白」…清潔感を与える
などがあります。

美しい絵画や写真集などを見る事や、自然を見に行くことも視覚によるリラックス効果が期待できます。

またインテリアに自分の好きな色やデザインを取り入れるのもオススメです。

次に嗅覚です。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年8月31日

リフレッシュ

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

気分をリフレッシュする方法として、入浴もオススメです。

今日はまず快適な入浴のためのポイントをご紹介していきます。

時間】…食前、食後1時間以内の入浴はひかえる

温度】…40度±2度の範囲が適温

洗い方】…皮脂分泌の少ない高齢者はこすりすぎないように気をつける
皮膚の汚れはお湯で流すだけでも十分洗える

次に効果的な入浴方法です。

朝の目覚まし】…短時間に42~43度の熱めのシャワーを

仕事の疲労回復】…38~42度のお湯に長時間ゆったりと

運動不足の解消】…熱めのお湯で発汗して、2~3分休憩3~4回繰り返す

気分転換】…38度前後のぬるめのお湯にゆったりと

ぬるめのお湯につかると、心身の緊張と疲れがほぐされるうえ、からだも温まるのでオススメです。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年8月30日

快眠のために

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は快眠のためのポイントをご紹介していきます。

①時間
午後10時から午前2時までの時間を睡眠にあてる

②室温
夏は25度、冬は18度、湿度は60~75%にする
足元は暖かく、頭を涼しくなるようにする

③寝具
・敷布団は固すぎず、やわらかすぎず、ごく自然な寝姿を保ちやすいものにする
・掛け布団は軽く保温性のよい羊毛や羽毛が良い
・シーツは綿など吸湿性の良い素材を
・枕の高さの目安は6~8cm

④寝姿
・仰向けに寝たとき、背中がゆるやかなS字カーブになるのが理想

⑤照明
暗くした方がよく眠れる
・不安な場合には枕元にライトスタンドを置く

⑥防音
・雨戸や厚手のカーテンで外の騒音を防ぐ

⑦香り
ラベンダー、カモミール、マジョラムなどの香りは精神を鎮める作用がある


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約