• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「スタッフブログ」のカテゴリー

2020年1月18日

年末年始

皆さんこんにちは。伊藤歯科医院衛生士のウサミです。

あけましておめでとうございます。令和2年目の始まりです。

皆さんは、年末年始はいかがでしたでしょうか?

私は年越しは徳島の親戚の家へ行き、毎年恒例のすき焼きを食べ、年越した後に忘れていた年越しそばを食べ、元旦にはお雑煮を5回も食べ(勿論おもちは毎回2個入り(笑))鯛しゃぶも食べ、おせちも食べ、差し入れで持って行った艶の杏仁豆腐も食べ、寝て起きて食べての繰り返しでした。



おかげでミートテック(ぜい肉)をたくさんボディーに蓄えました(笑)

そして2日の朝から高知へキャンプをしに土佐清水市に行きました。



 

この寒がりな私がまさか真冬のキャンプをするだなんて考えられませんが・・・。

スノーピーク土佐清水キャンプフィールドという所には寒がりな私でも大丈夫なモバイルハウス(プレハブ)という住箱と呼ばれる所の貸し出しもしているので平気でした。


夜に食べたBBQとチゲ鍋が美味しくてたまりませんでした。

焚き火で焼くマシュマロもめちゃめちゃ美味しかったです。


寒空の下、焚き火で団を取りながら星を眺めていると、無数の星に囲まれているような不思議な感覚になりました。

朝は焚き火で作ったホットサンドを焼き、ホットミルクと共に美味しくいただきました。


専門学校の友達にも会えてうれしかったです。

宇和島で宇和島の鯛めしを食べ、松山に帰ってきてから東道後のそらともりで温泉に浸かって岩盤浴に入り、かなり充実したお正月でした。


愛媛、徳島、高知と四国3県を制覇したので、次は香川に行きたいです。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年1月16日

保存

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のイリエです。

ブラックの窩洞

コンポジットレジン修復について

長所
練和が容易である、または練和の必要性がない
形成性に優れている
ボンディング材を併用するので、窩壁へのぬれがよい
接着性が著しく大きい
色の種類も多く、色調も優れている

短所
歯髄刺激性が強い
酸処理法や前処理法を併用しないと接着効果が出にくい
生活歯の歯頸部欠損に対しては、グラスアイオノマーの方がいい場合がある


グラスアイオノマーセメントについて

長所
酸処理なしに歯質に接着
卑金属に対して接着
歯髄刺激性がない
フッ素異音の溶液により二次う蝕抑制が期待できる
知覚過敏症に効果的
熱・電気の不良導体
半透明になる

短所
機械的強さが劣る
崩壊率が大きい
初期硬化の進行途中で感水性がある
乾燥すると表面に亀裂
色の種類がコンポジットレジンのほうが豊富

ラミネートベニア修復について

歯質削量が少ない
歯髄に対する為害性がないまたは少ない
審美性に優れる
前歯のアクテリアガイダンスに変更がない
歯頸部の着色や変色がない
歯質とラミネートの接着が強固

リン酸亜鉛セメントの練和法
ガラス練板を広く使い放熱させながら金属スパチュラで練和
粉末と液が一定でも硬化時間や症状が、練和操作により変化する
分割して練和する(4・6分割方)

鋳造修復について

長所
咬合圧負担の多くかかるところに用いることができる
形態の復元・修復が容易
窩縁斜面をつけ、窩縁部のエナメル質の保護と、修復物の適合性の方向をはかることができる
時間が短い(口腔外操作が多い)
水銀を使用しない(色々な問題に注意する必要がない)
周囲歯質を着色しない
生活歯髄に対し裏層効果を得られる

短所
技工操作が複雑で時間がかかる
側壁が外開きのため外れやすい
合着操作がが必要
合着セメントが溶解すると辺縁封鎖性を損ねる
費用大になりやすい

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年1月14日

みかんの季節♪

こんにちは。受付コバヤシです。

寒くなりましたが、皆さん風邪など引かれてないでしょうか。

さて、先日南予の実家からみかんが送られてきました~♪

“日の丸みかん”です!味がしっかりしていて美味しいです♪


こたつでみかん、最高です♪

みかんはビタミンCをはじめ、色々な栄養素が含まれているので風邪予防が期待されます!

その他、美肌効果や疲労回復や、豊富な食物繊維も含まれているため便秘解消にも効果があるのだそうです。

そんな優秀なみかんですが、歯にとっては気をつけなければならないことが!

それは、「酸蝕歯」です。

酸蝕歯とは、歯が酸に長時間さらされることにより歯の表面のエナメル質が溶けてしまうことです。

酸性度の高いレモンやみかん等のかんきつ類、酢、炭酸飲料などを頻繁にとることは要注意です。

酸蝕歯の予防として、酸性度の高い飲食物をとり過ぎないこと、長時間口の中にためないこと、食後に水でうがいする、睡眠中は唾液の量が少なくなるので就寝前には摂取しないこと等が挙げられます。

食後にしっかり歯みがきをすることももちろん大切です。

それでは、新しい年となりましたが、体調を崩さないよう気をつけてよい1年にしましょう♪

カテゴリー スタッフブログ |
2020年1月11日

歯磨き粉

こんにちは、スタッフのアオノです。

まだまだ寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか。

さて、今回は、歯磨き粉についてお話をしたいと思います。

スーパーや薬局などに行くと、相当な数の歯磨き粉が陳列されており、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

その中で、どのような選び方、違いがあるのかを説明します。

まず、ほとんどの歯磨き粉には「フッ素」と言われる、歯を修復し、酸に強い丈夫な結晶にするものが含まれています。

「フッ素」が含まれる歯磨き粉を使用するたびに、コーティングをして汚れをつきにくく、落ちやすくしてくれるのです。
他には、歯ぐきの炎症を抑えて出血を防ぐ、歯周病予防と表記されているものや、研磨剤を利用して歯を白くするとされているもの、知覚過敏による歯のしみに対して効果を発揮するものなどがあります。このように、歯磨き粉にはそれぞれ様々な効能があります。


自分の悩みに合ったものを選び、丁寧な歯磨きを心がけましょう。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年1月10日

嬉しい贈り物

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、当院に届い嬉しい贈り物のお話です。

配達にやってきた宅配業者のお兄さんから渡され、持ってみるとずっしりとかなり重い・・・。

大きな箱に入って届いたのはたくさんの柑橘でした。

院長が当院を開業する以前、三崎診療所時代からお付き合いのある方から、このように時々自慢の柑橘が届くのです♪

箱を開けてみるとたくさんの大きさの違う柑橘が!

送り状には「伊予柑・ポンカン」と書いてありましたが、愛媛にはたくさんの種類の品種があるので、

私には見た目では判別がつきません・・・。

しかし、どれもとてもキレイでつやつや輝いているので、美味しくないはずはありません!!

ますますこたつから出られなくなりそうです・・・。

たくさんの美味しい贈り物をありがとうございました!スタッフみんなでおいしくいただきます!

 

カテゴリー スタッフブログ |
2020年1月7日

自然薯

こんにちはスタッフのフクオカです。

明けましておめでとうございます!今年も伊藤歯科医院をよろしくお願いいたします。

寒さが増して来ましたね!

風邪やインフルエンザに気をつけてこまめにうがい手洗いをしていきましょう!!

さて、先日砥部町のひろたで毎年開催される自然薯祭りに行って来ました!

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2020年1月6日

口呼吸から鼻呼吸へ

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

寒くなってきましたが風邪などひいていませんか?

今回は口呼吸についてお話を・・・。

皆さんは鼻で呼吸できていますか?

口で呼吸していませんか?

鼻にはフィルターのような空気中のばい菌やウイルスなどを取り除く働きがありますが口呼吸ではその働きがありません。

そのため風邪をひきやすくなります。

また口呼吸によりお口の中が乾燥して唾液が出にくくなります。

唾液には細菌や食べかすを洗い流しお口の中を清潔にする働きがあるので虫歯や口臭や歯周病を引き起こす原因になります。

そのほか睡眠を妨げたり歯並びにも影響を及ぼします。

このように口呼吸にはデメリットが沢山あります。

無意識に口が半開きになる。

イビキをかいたり歯ぎしりをする。

唇がよく乾燥する。

口が「へ」の字の形

唇を閉じると下アゴに梅干状のふくらみとシワができる。

前歯が出ている。

朝起きたときにのどが乾燥している。

当てはまる点はありませんか?

一つでも当てはまる点があれば口呼吸になっている可能性があります。

口呼吸の治し方として『あいうべ体操』があります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年1月4日

むし歯のリスク判定

こんにちは衛生士タナカです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

自分がむし歯になりやすいかなりにくいか、これは気になるところですよね。

そこで今日は、むし歯になるリスクをセルフチェックできる基準をご紹介します^^

むし歯のリスク判定は、年齢も考慮しなければなりませんが、むし歯ができる場所によっても変わります。

たとえば、奥歯の噛み合わせの部分だけにむし歯治療をされている場合と、歯と歯の間や歯茎の境目付近にむし歯が多くあった場合とではたとえ小さなむし歯でも本数があれば後者の方がハイリスクと考えられます。

また、下の前歯のすべての面や下の奥歯の内側(舌側の面)は、むし歯のできにくいところなので、もしこの部位に数本でもむし歯の治療跡があれば、かなりのハイリスクと考えられます。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 未分類, 歯のこと |
2019年12月28日

果物狩り…?最上級編(柚子ゆず)

こんにちは技工士Kです。

風が冷たくなっていよいよ冬の到来を感じさせる季節になってきましたね。

あまり共感はされませんが、肌を刺すようなピリッとして凛としたこの季節Kは好きです。

もっともそういった空気(雰囲気)は苦手ですが。

さてこの間、我が日本の誇るべき桜ジャージのラグビーワンチームの面々が、久々に登場しましたね。桜ジャージも良かったですが、黒のスーツ姿もかっこよかった。

一線で活躍している人は何をしても画になります。

というわけで今年限定の果物狩りマスターを目指しているKとしましても、有終の美を飾るべく最難関(K調べ)とされる柚子狩りに行って参りました。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月26日

クリスマスケーキ☆

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

あっという間に12月、令和元年となった2019年もあと残りわずかです。

さて、12月25日はクリスマス☆

当院の待合室にも、クリスマスツリーやリースなどを飾りました。

伊藤歯科では毎年、院長先生と副院長先生からスタッフへ、クリスマスケーキのプレゼントが恒例となっています。

♪おみやげわすれないでちょうだいね~♬のCМソングでおなじみの、あのお店のクリスマスケーキです。

カタログに載っているたくさんのケーキの中から、今年は「プレミアムショコラ」「プレミアムいちごショート」「チーズケーキ」の3種類を厳選しました。





 


毎年ケーキのデザインや飾りも変わっているようで、今年はゴールド系の大人っぽい色合いの柊の飾りが、チーズケーキは夜空をそりで走るサンタとトナカイが描かれていました!

今年は年末になっても暖かい日が多く、ホワイトクリスマスとはなりませんでしたが、スタッフみんなで楽しくケーキを食べてクリスマス気分を満喫しました・・・♪

ケーキの後はもちろん歯磨きも忘れずに。

みなさんとっても、楽しいクリスマスとなったでしょうか?

院長先生、副院長先生、美味しいクリスマスプレゼントをありがとうございました!来年も楽しみにしています!?

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月20日

ドライマウス

こんにちは、伊藤歯科医院衛生士のニイヤマです。

あっという間に12月で今年も残すところあと少しとなりました。

日に日に寒くなっていますがみなさん風邪には気をつけてくださいね。

 

いきなりですがみなさん簡単なセルフチェックをしてみてください。

□ 口が乾く

□ 口が乾いて話しにくい

□ 口の中がネバつく

□ ぱさぱさした食感のものが食べにくい

□ 夜間、水を飲むために起きる

□ 口臭が気になる

□ 舌や口の粘膜が痛い

 

これらにすべて当てはまる方がいたらドライマウスの可能性が高いです。

 

<ドライマウスの原因>

①薬の副作用

②ストレス

③加齢

④筋力低下 生活習慣、口呼吸

⑤糖尿病

などにより唾液の分泌量が低下するとドライマウスになり、唾液が本来の役割を果たせなくなります。

 

<唾液の低下で繋がる症状>

・虫歯や歯周病になりやすくなる

・風邪をひきやすくなる

・飲み込みにくくなる

・味覚がおかしくなる

などがあげられます。

 

<ドライマウスの対策>

①保湿剤の使用


②唾液腺・口腔粘膜マッサージ


③よく噛んで食べる


 

ドライマウスは何らかの病気や薬の副作用が原因で起こることが多い病気です。

近年は噛む回数の減少、筋力の低下、ストレスなどもドライマウスの原因になっています。

放置していると口臭の悪化や虫歯の進行にも繋がるため、口の中の乾燥や不快感が生じる場合は早めに病院にいきましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月18日

お名前カレンダー2020

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

いよいよ12月。今年も残すところ1ヶ月となりました。

インフルエンザは今年も猛威を奮っていますが、元気に年の瀬を過ごしたいものですね。

さて年末が近づくこの時期、当院では取引のある業者さんからいろいろなカレンダーをいただくのですが、中でもめずらしいのが、院長の名前が写真の一部に入っている卓上カレンダーです。

当院のホームページの「今日の一枚」のでご紹介しているのは、このカレンダーの写真です。


一見、キレイな風景の写真に見えるのですが・・・よ~く見てみるとアルファベットで書かれた院長の名前(YASUSHI ITOU)が!!ちょっとビックリしませんか!?

パソコンで合成して作られていると思うのですが、近くて見ても本当の写真のように見えるんです。

世界でたった1つのカレンダー。

プレゼントされるととても嬉しいですよね。


院長もスタッフも、毎年とても楽しみにしています。

来年も、毎月1日に1枚ずつ紹介していきますので、ぜひ院長の名前を探してみて下さいね!

 

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月11日

西条リレーマラソン

皆さんこんにちは。

スタッフのウサミです。

12月1日に西条市ひうち陸上競技場で行われた西条リレーマラソンに参加してきました。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月9日

PRP療法

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

今日は「PRP療法」についてのお話です。

PRP療法とは、自身の血液から作製した「PRP(多血小板血漿たけっしょうばんけっしょう)」を体の傷ついた部分に注入し、自分が持っている修復力をサポートする再生医療です。

形成外科をはじめ、美容外科、外科あらゆる分野の治療に用いられており、整形外科でもスポーツによる怪我や関節炎などの治療にPRP療法が用いられています。

海外では、すでに10年以上の実績があり、現在ではなんと、動物にもPRP療法が行われることがあるそうです。

メジャーリーグで活躍する田中将大選手や大谷翔平選手が、肘の治療のために実施したことでも注目を浴びました。

PRP療法は、自分自身の血液の成分だけを用いて製造するため、感染症や拒絶反応の危険性が少なく、安全性の高い再生治療だと言われています。

また、処置は採血と注射のみのため、侵襲の低い治療法です。

PRP療法の流れとしては、一般的には、患者さん自身の血液を採血し、遠心分離機にかけ、血液中にある血小板を含む多血小板血漿(PRP)を採り出し、患部に注入します。


歯科の分野では、歯周外科治療やインプラント手術の際に、痛みや腫れの軽減と治癒を促進や、造骨の目的で、PRPに自家骨や人工骨に混ぜて使用したり、CGFという、遠心分離器の回転数を精密にコントロールして遠心分離することで、血液中の赤血球などが分離され、同時に血を固めようとする血液の成分(凝固因子)が刺激されて、患者様自身の血液のみから作られる完全自己血液由来の「フィブリンゲル」を、平たく潰してCGFメンブレン(膜)として治療に使用したりしています。


これらの治療法により、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるようになりました。

そして各医療分野においても、患者様にとって身体の負担が軽く、感染のリスクも低い治療法と言えます。

今後さらに症例が増え、活用される分野も増えていくことが期待されます。

しかし、PRP療法は日本ではまだ保険診療の対象外のため保険外診療の適応となります。

また取り扱いのない医院もありますので、事前にご確認ください。

当院のブログでも、度々登場していますので、気になった方はぜひご覧ください。

医療は日々、より簡単に、より安全に進化しています。

カテゴリー インプラント, スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月7日

ラーメン

こんにちは、スタッフのシマガミです。

食べ物が美味しい季節になりました。

少し前になりますが、子供と食べた可愛い綿菓子美味しかったです。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月6日

腸とお口の関係③

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は腸内環境を整えるためにできることをご紹介していきます。

腸内環境を整えるさまざまな物質は総称して「プレバイオティクス」と呼ばれているそうです。

プレバイオティクスは腸内細菌のエサになるほか、病原菌の増殖抑制作用もあります。

ラクトフェリン】:母乳や唾液などの分泌物、白血球に含まれる鉄結合性糖タンパク質
免疫調整作用、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、善玉菌の増殖、鉄吸収などの作用がある栄養素です。
また歯周病や関節リウマチでの骨吸収抑制作用、歯周病原細菌の増殖抑制作用などがあります。
ラクトフェリンはヒトの母乳、とくに出産前後の初乳に多く含まれています。


オリゴ糖】:ブドウ糖や果糖などの単糖類が3~5個結合したもの
大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖など多くの種類があり、ビフィズス菌など腸内の善玉菌の栄養源になります。
野菜、果物、乳製品にもわずかですが含まれています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月5日

腸とお口の関係②

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、前回に引き続き腸とお口の関係についてのお話です。

消化器官は口から大腸まで繋がっていて相互に深く関係しているといわれています。

口腔にも腸管にも多くの常在菌が生息していますが、これまでその細菌同士の関係はそれほど密接でないと考えられていたそうです。

口から入った細菌は胃液の強酸で殺菌され、「フローラ(菌叢)の断絶」があるとされていました。

これは有害な病原菌を排除するとう意味でも、有効に機能していました。

ところが最近では、この「断絶」が崩れている人が増加しているそうです。

これが消化機能だけではなく、免疫機能やアレルギー反応にまで影響することがわかってきました。

腸内環境が乱れてしまうと、炎症やアレルギー反応の制御が難しくなると考えられており、ここに口腔内細菌がかかわってくるそうです。

歯周病菌原細菌が、腸内フローラを変化させるきっかけとなる「カギを握る病原体」として働くといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月4日

腸とお口の関係①

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

腸は第二の脳」という言葉を聞いたことはありますか?

神経細胞といえば大脳などの中枢神経を思い浮かべがちですが、実は腸にも大脳に匹敵する数の神経細胞が存在するそうです。

腸の神経細胞は独自のネットワークを形成しているため、中枢からの指令がなくても機能しているのです。

また、腸にはエネルギー源の多くを自前で調達できるという特徴があります。

小腸ではアミノ酸の一種であるグルタミン、大腸では脂肪酸の一種である酪酸を主なエネルギー源としています。

小腸は全長5~7mにもなり、内面は絨毛とよばれる細かなヒダで覆われているため、その表面積はテニスコート1面分もあります。

そこに全身の約6~7割にあたる免疫細胞が存在していて、分化や成熟の場となっています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月3日

ホワイトニングについて

こんにちは衛生士タナカです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日はホワイトニングについてお話します。


 

ホワイトニングは、安全性の高い、医療用の漂白剤を使用して、歯の表面から内部に沈着してしまった色素を脱色する方法です。

 

紅茶やコーヒー、赤ワインなどの色の濃い飲み物、そしてたばこなどを長年にわたって摂取していると、歯の表面のエナメル質から内部にまで色素が沈着していき、いくら歯の表面を磨いても落ちなくなってしまいます。

 

このような場合には、漂白剤を使用すると、内部に沈着してしまった色素を取り去ることができ、歯が白くなるのです。

 

ホワイトニングの効果は人によって違いがあり、実際にホワイトニングをしてみなければ、どこまで白くできるかを確実に知ることはできません。ただし、ある程度効くか効かないかの予想はできます。

 

“ホワイトニング”には以下のような方法があります。

オフィスホワイトニング

薬剤を使って専門家の手によって行う“ホワイトニング”です。
1回にかかる時間は約30分。ほとんどの方が3.4回の通院で綺麗になりますが、漂白の程度には個人差があります。もちろん納得のいく白さになるまでが終了の目安です。
通院の手間はかかりますが、専門家の手により行いますので、より確実なホワイトニング効果が期待できます。

ホームホワイトニング

専門家の指導を受けてご自宅で行える“ホワイトニング”です。
当院ではこちらの方法をお勧めしています

カテゴリー スタッフブログ |
2019年12月2日

口腔がんセルフチェック

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「口腔がん」のセルフチェックについてのお話です。

口腔がんは、たばこやお酒、また口の中の衛生状態が悪かったり、虫歯・義歯・口の乾燥などで常に舌が刺激されていることや、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因と言われています。


口腔がんのほとんどは、お口の中や周りの直接目に見える場所にできます。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中でも舌が最も多く、口腔がんの中で40〜60%を占めています。


年齢別では2002年度の統計で、70歳代が29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となっており、50歳以上が約80%を占めています。

しかし、初期の段階では痛みや出血などの自覚症状があまりないため、早期に発見し、早期に治療を行うことが重要となります。

セルフチェックは次のような手順です。

手順1:明るい光の下で、鏡を使って(入れ歯があれば外して下さい)。
◎唇の内側と下あごの歯ぐきを見て、触って下さい。
◎頭を後ろに傾けて、上あごの歯ぐきとその間を見て、触って下さい。
◎頬の(裏側)の粘膜を見て、触って下さい。
◎舌を前に出して、舌の両脇、舌と歯ぐきの間を良く見て、触って下さい。
◎下あごから首にかけて触って見て下さい。

手順2:良く観察し、チェックしましょう!
◎白い斑点や赤い斑点はありませんか?                                          ◎治りにくい口内炎(2週間以上)や、出血しやすい傷はありませんか?
◎盛り上がったできものや固くなった所はありませんか?
◎顎の下と首の脇に腫れはありませんか?
◎食べたり飲みこんだりがスムーズにできますか?
(上記のチェック項目は公益社団法人口腔外科学会の「口腔がんのセルフチェック表」によるものです。)

いかがでしたか?たくさんの道具を必要とすることもありませんし、簡単にできそうですね。

ぜひ、月に1度はセルフチェックを行うことを習慣にして、心配な項目があれば、かかりつけの歯科医院、または口腔外科のある総合病院にご相談ください。


 

 

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約