• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「インプラント」のカテゴリー

2020年11月19日

2020.11.3津山先生のインプラントオペ~Part1~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今回は、11月3日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part1をご紹介します。

今回の患者様は以前より、右下5番目の歯が何度も腫れを繰り返していました。改善がみられないため、今年7月、右下5番目の歯を抜歯し、そこにインプラントを入れることをご提案しました。その日は画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、右下5番目の抜歯を行いました。

そして今回、右下5番目に1本のインプラント植立が決まりました。

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

 

こうして順調に植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。


 


 


翌日、消毒に来院された際に症状を確認したところ、痛みはあったが痛み止めを飲んだら落ち着いたとのことで、一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは来年3月20日を予定しています。

 

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています

カテゴリー インプラント |
2020年10月31日

2020年、第3回津山先生によるインプラント手術

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
いよいよ、11月3日(火)に、当院での今年3回目の津山先生によるインプラント手術が行われます。

今年最後のインプラント手術となります。

2013年から、東京の三井記念病院で歯科口腔外科部長をされている津山泰彦先生を招いて、年3回行われているインプラント手術ですが、毎回大きな反響をいただいております。

毎回10人前後の予約枠を設けていますが、すでに次回、来年3月分の予約も入りはじめている状態です。

経験豊富で高い技術力を持っておられる津山先生の手術は、1本の植立であれば5分程度で終わってしまう症例もあります。

今回の患者様の中には、以前にも津山先生のインプラント手術を受けられている方がいらっしゃいます。

すで手術に必要な器具や衛生用品、資料等も揃い、準備は万端です!

手術は毎回、祝日や日曜といった休診日に行い、院内はインプラント手術専用仕様になります!

もちろん普段から滅菌や消毒には十分配慮していますが、手術となると院長先生たちの服装も変わります。

清潔をいちばんに考えた使い捨ての手術着に着替えて、グローブもいつもより分厚い物を使います。

術者が触る部分は滅菌したアルミホイルや専用カバーを付けて、1人の患者さんがオペを終えるたびにすべてを新しい物に取り替えます。

一般的な診療よりも出血の量も当然違うので、感染予防もしっかり完璧に行っていますよ☆

インプラントオペは、津山先生の技術により出来るだけ短時間で患者さんへの負担が少なく、また安全安心して受けていただくことができます。

当院では、滅菌が行き届いた清潔な場所や器具を責任を持って提供しています。

そして私たちスタッフも、少しでも患者さんが安心して手術に臨んでいただけるようにと一丸となって取り組んでいきます。

今回のインプラント手術でも、たくさんの方にしっかりと噛める歯を手に入れて、笑顔になっていただけると嬉しいですね♪
また後日、今回の手術の様子を詳しくお伝えする予定です。

カテゴリー インプラント |
2020年10月29日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part7~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part7をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、今年1月、上の3番目~3番目の前歯のブリッジと、左上4番目~7番目のブリッジ、左下5番目~7番目のブリッジの部分がグラグラして痛みがある・・と来院されました。

ワイヤーとセメントで結紮し、その後の対策としてインプラントと義歯の説明をさせていただきました。

その後、ご家族と相談され、まずは動揺の大きかった左下からインプラントを入れたいとのご希望でした。

次は上も前歯もインプラントにしたいとのことでしたので、併行して抜歯等の治療をすすめていくことになりました。

画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、3月にブリッジを外して根っこが残っていた右上2番目、左上1・2番目の抜歯を行い、4月に左下のブリッジだった部分の残った歯5番目と7番目の抜歯を行いました。


そして今回、左して5番目・6番目・7番目に計3本のインプラント植立が決まりました。


当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

こうして順調に3本分の植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。




手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れもいずれも無いとのことでした。

翌日、消毒に来院された際は多少、腫れは見られたものの、押さえると少し痛みを感じるくらいとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年10月27日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part6~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part6をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、以前にも津山先生のインプラントオペを受けられました。

今回は左下を治療を希望されており、ワイヤーと樹脂で結紮していた3番目~8番目のうち6番目の歯を抜歯し、そこにインプラントを入れることをご提案しました。

その日は画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、左下6番目の抜歯を行いました。


左下4番目はすでに欠損していましたが、3番目と5番目の歯の間隔が近く、6番目の抜歯後のスペースが大きくなるため、今回、左下6番目に計2本のインプラント植立が決まりました。


当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

こうして順調に2本分の植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。




手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛みは今のところはなく、出血、腫れ、痺れもないとのことでした。

翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています

カテゴリー インプラント |
2020年10月22日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part5~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part5をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、4年程前にも当院でインプラントを植立されました。

昨年11月頃から左下6番目の歯が腫れ、痛みも強かったため、根っこの治療を行っていましたが、ヒビが入っていたことが分かり、炎症が治まったら抜歯をしてインプラントにすることを希望されました。

画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、12月に痛みが無くなってきたので左下6番目の抜歯を行いました。

※右端のインプラントは前回植立したものです。

 

そして今回、左下6番目に1本のインプラント植立が決まりました。


 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

こうして順調に植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。



手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛み止めは1錠飲んだが、出血、腫れ、痺れのいずれも無いとのことでした。

翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年10月20日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part4~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part4をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、前回3月にも津山先生のインプラントオペを受けられました。

今回は連結冠が入っている右上7番目と、欠損したままになっていた右下6番目・7番目、痛みを繰り返していた左上2番にインプラントを入れたいとのご希望でした。

画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、根っこが残っていた右上6番目と左上2番目の抜歯を行いました。



そして今回、右上7番目・6番目・左上2番目、右下7番目・6番目に計5本のインプラント植立が決まりました。

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは左上前歯からオペが始まりました。

歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。

くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

次は右上です。

手前の歯から前歯と同じ手順で植立していきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

右下も同じように手前から奥の歯へ進んでいき、順調に5本分の植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。





手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、右下の少し痛みは感じるものの、出血、腫れ、痺れは無いとのことでした。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年10月8日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part3~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part3をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、昨年、矯正歯科からのご紹介で来院されました。

矯正治療中でしたが、そのうちの1本が骨性癒着のため、矯正での治療ができず抜歯を行いました。

いずれはインプラントを検討されているとのことでしたので、画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、左上1番目の抜歯を行いました。


その後、矯正歯科の先生ともやり取りを重ね、今回、左上1番目に1本のインプラント植立が決まりました。


当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まず歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

こうして順調に植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、今回のオペは終了となりました。

手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛みはなく、出血や腫れ、痺れもないとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年9月17日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part2~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part2をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、今年5月、義歯とブリッジが入っている上下の前歯をインプラントにしたいと来院されました。

以前、他院でインプラントの手術を受けたことがあるとの事でした。

当院では初めての診察でしたので、まずはお口の状態を確認させていただくと、上は左右6番目にインプラント、(その上にかぶせもの)、右上2番目から左上5番目まで繋がった義歯が入っており、下は、右下5番目と6番目にブリッジ、右下4番目は根っこが残った状態で、右下2番目から左下2番目には、左右2番目の根っこの上に4本繋がったブリッジが入っていました。

インプラントを検討されているのは上下の前歯で、まずは上からインプラントを入れたいとのご希望でした。

その日は画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、根っこが残っていた右下4番目、下の左右2番目の抜歯を行いました。

そして今回、右上2番目・1番目・左上1番目~3番目に計5本のインプラント植立が決まりました。


当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

 

予定では右上2番目に植立予定でしたが、根っこだけになっていた右上4番目に部位変更となりました。

これで、同じ本数でより多くのかぶせ物ができることになります。
麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

こうして順調に5本分の植立が完了しました。



しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。





手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛みは痛み止めの薬を飲んでおさまっており、出血は少し口の中で感じる程度とのことでした。

また、「今までの悩みが改善された気分で、インプラントにしてよかった!」とのお言葉を聞くことができました!

翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。
余談ではありますが、インプラントオペの当日は、なんと娘さんの出産予定日だったそうです!!
そして21日にお孫さんが生まれたとのおめでたい報告を聞くこともできました!

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年8月20日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part1~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part1をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、津山先生のインプラントオペを受けられるのは今回で4回目になります。

まめにメンテナンスに来院されいるのですが、以前から、右上の奥歯2本の連結して詰め物を入れている辺りが腫れを繰り返すため、詰め物を切断し、奥歯を1本抜歯することになりました。

抜歯後はインプラントを希望されました。



今回、右上7番目に1本のインプラント植立が決定しました。

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。


 

数時間後にお電話で症状をお伺いしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れのいずれの症状もないとのことでした。

翌日、消毒に来院された際にも、1度だけ鼻血が出たが、その後は痛み等の症状はないとのことで一安心です。


インプラントを上顎に植立する症例では、植立した部位が上顎洞という鼻の横や上にある空洞に近いと、鼻血が出るなどの症状が出る場合があるとのことです。

今回植立したインプラントは、植立した部分の骨が少し薄かったため、今後3カ月は固定したまま様子をみていくことになりました。

今後しっかりと固定されたことが確認されれば、詰め物を作っていく工程に入る予定です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

 

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年7月30日

インプラント治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「インプラント治療」についてのお話です。

 

インプラント治療は1960年代に臨床術式が確立され、下顎の総入れ歯を固定するための治療オプションとして発祥しました。

その後、だんだんと部分的な治療にも適応が増え、今では上顎の空洞骨量の少ない部分、前歯などの審美性が要求される部位へと適応症が拡大されてきています。

現在においてはほぼすべての部位に適応可能となっています。

インプラント治療は、日々、進化を続けています。

 

歯を失った部分への補綴としてインプラント治療を応用するメリットは多くあります。

たとえば入れ歯と違ってしっかりと咬み合わすことができることや、ブリッジのように残った歯を削る必要がないこと、残った歯への過重負荷がないこと等は長期的な観点で見れば残された歯を健康的に保つことに繋がります。

また、審美的な面でも、入れ歯のように金具が見えたり、浮き上がったりすることもありません。

 


続きを読む>>

カテゴリー インプラント, 歯のこと |
2020年7月23日

津山先生のインプラントオペ ~R02.07.19~

こんにちは、伊藤歯科医院カワニシです。

先日7月19日は日曜で休診日でしたが、予定通り、当院では東京の三井記念病院で歯科口腔外科部長をされている津山泰彦先生に当院へお越しいただき、インプラントオペが行われました。

当院で津山先生によるオペが受けられるのは年に3回で、今回は今年2回目になります。

回数を重ねる度にインプラント治療の希望患者さんは多くなっていますが、今回は10名の患者さんが来院されました。

インプラント治療を希望される部位としては、見た目に影響する上顎の前歯、そして噛む力や全体のバランスに関わる下顎の奥歯が多いように思います。

インプラントは骨に人工の根っこを埋め込むので、自分の歯のように噛めるというメリットがあり、入れ歯のようにバネがなく、またブリッジ治療で気になる隣の歯を削ったり修復物と歯ぐきとの隙間ができたりということがありません。

そのため被せ物をつけると自然な仕上がりになり、上顎の前歯など笑うと目立つ部位でも歯を失った部分をキレイに修復することができます。

津山先生のインプラントオペを受けられるようになってから7年が経ちますが、手術時間も短く、その後の調子も良いため、一度インプラントオペを受けた患者さんが、他の部分へのインプラント治療を希望される事もあるくらいです。

今回で3回目のオペの方もいらっしゃいます!

それほど、インプラントで噛める快適さを実感されているんですね。
インプラントの手術時間は1本だとなんと約5分ほどです。

本数が増えてもほとんどが30分程~1時間以内で終了します。

費用も、症例にもよりますが1本30万円程で手術を受けることができます。

手術と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、あっという間に終わってしまうため患者さんもとても驚かれます。

迷っている方はぜひ一度ご相談ください。

次回は11月の予定で、今年はこれが最後のチャンスとなります。

すでに予約されている患者さんもいらっしゃいますので、気になる方はお早めにお声かけくださいね。

今回のオペの様子は、また後日、紹介していく予定です。

カテゴリー インプラント |
2020年7月16日

2020年、第2回津山先生によるインプラント手術

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

いよいよ、7月19日に、当院での今年2回目の津山先生によるインプラント手術が行われます。

2013年から、東京の三井記念病院で歯科口腔外科部長をされている津山泰彦先生を招いて、年3回行われているインプラント手術ですが、毎回大きな反響をいただいております。

毎回10人前後の予約枠を設けていますが、すでに次回、11月分の予約も入りはじめている状態です。

経験豊富で高い技術力を持っておられる津山先生の手術は、1本の植立であれば5分程度で終わってしまう症例もあります。

今回の患者様の中には、以前にも津山先生のインプラント手術を受けられている方がなんと5名もいらっしゃいます。


手術の1週間前ともなると、院内はインプラント手術に向けての準備に追われます。

手術で使用する器具や薬剤、資料等に不備があってはいけません。

今年は特に、新型コロナウイルスの流行で、前回も消毒薬やマスク、グローブ、防護服等の準備に困難をきたしました。

現在はこちらは正常に戻りつつありますが、県をまたいでの移動が懸念されている中、飛行機の便数もかなり減っており、津山先生に来松していただけるかも危うい状態でした。

しかし、津山先生からは「前日からでも松山に行くよ」という熱いお返事をいただき、私達も安心して、準備を進めることができました。

津山先生のインプラント手術では、以前のブログでもお話した「CGF」「サイナスリフト」という技術を使います。

「CGF]は患者様自身の血液のみから作られる完全自己血液由来の「フィブリンゲル」を、平たく潰してCGFメンブレン(膜)として治療に使用することでインプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるようになりました。

上顎へのインプラント植立の場合、上顎洞という空洞があるため骨が薄いとインプラントが上顎洞へ突き抜けてしまいます。

そこで横側から上顎骨に穴をあけて、そこから骨を補填して上顎洞を底上げし、インプラントを入れるスペースを確保するのが「サイナスリフト」という技術です。

骨が薄くてインプラントの植立が難しい症例も、この技術で可能になりました。

底上げに使う骨の補填材にもCGFを使用します。

患者様にとって身体の負担が軽く、感染のリスクも低くなるのでとても安心です。


今回のインプラント手術でも、たくさんの方にしっかりと噛める歯を手に入れて、笑顔になっていただけると嬉しいですね。

また後日、今回の手術の様子を詳しくお伝えできればと思います。

カテゴリー インプラント |
2020年7月9日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part9~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part9をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、去年11月、インプラントの相談をしたいと来院されました。

当院では初めての診察でしたので、まずはお口の状態を確認させていただくと、左下は5番目と6番目の歯が欠損しており、4番目と7番目を土台にした4本繋がったブリッジが入っていました。

右下は4番目から7番目が欠損しており(7番目の歯は残った根っこに金属の蓋をした状態)、その上に4本分の義歯が入っていました。

インプラントを検討されているのはこちらの右下とのことでした。

その日は画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただきました。



後日、インプラント植立することが決定しました。

今回、右下4番目・5番目・6番目に計3本のインプラント植立となりました。

蓋をしていた7番目の歯は、蓋を外し根っこの部分にファイバーの土台を立て、その上に被せ物を入れることになりました。

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

こうして順調に3本分の植立が完了しました。

 

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。



翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年7月2日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part8~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part8をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、長く当院に通われている患者様です。

まめにメンテナンスに来院されいるのですが、去年4月頃、右下4本を固定していたワイヤーが取れかけ、再度付け直すも状態が良くないため、抜歯後にインプラント植立を希望されました。

 



 

 

今回、右下6番目・7番目に2本のインプラント植立となりました。

 

 

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

 

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。


 

 

翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年6月25日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part7~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part7をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、去年の8月、元々金属のかぶせものを入れていた左上の7番目の歯に動揺があるため来院されました。

しばらく、噛み合わせなどを調整し経過をみていましたが、浮いた感じがして動揺も気になるため抜歯を希望されました。

抜歯後は、今はブリッジを入れている右下の6番目の歯も併せてインプラントを植立を希望されました。

ということで、左上7番目に1本、右下6番目に1本、合計2本のインプラント植立が決まりました。

 



 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

1本目は右下から。

歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続いて2本目の左上も同じように植立していきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。



 

3日後、消毒に来院された際は右下が少しだけ痛むとのことで、消毒とレーザー治療を行いました。

その3日後の来院の際は痛みはないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年6月18日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part6~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part6をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、去年の10月、左下の6番目の歯痛みを感じて来院されました。

さっそくレントゲン写真を撮って確認してみると、すでに神経を取ってかぶせものを入れていた歯の根っこが縦に割れていました。

写真の丸で囲んだ部分が、割れてできた隙間です。

 


 

 

かなり大きく割れていたため、この歯は抜歯することになりました。

こちらの患者様は抜歯前からインプラントを検討されていたとのことで、3月のインプラントオペまでに骨を造る時間を確保できるように、早めに抜歯することとなりました。

インプラント植立は、隣り合う奥歯も欠損しているため、スペース的には2本植立も可能との診断でしたが、今回は抜歯した部位に1本、インプラントを植立する方法を選択されました。

 

ということで、左下6番目に1本のインプラント植立が決まりました。


 

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。


翌日、消毒に来院された際は痛みはないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年6月11日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part5~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part5をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、去年の10月、1~2週間前から左下の5番目の歯に噛むと痛みを感じると来院されました。

さっそくレントゲン写真を撮って確認してみると、すでに神経を取ってかぶせものを入れていた歯の根っこが縦に割れていました。

 


 

その日のうちに抜歯となり、1ヶ月ほど経過観察をした後、状態が落ち着いてきたためいくつか治療方法をご提案いたしました。

両サイドにしっかりとした健康な歯があるため、ブリッジを入れるという選択もありましたが、ご本人の希望により今回はインプラントを植立することとなりました。

このように、ブリッジならば両サイドの健康な歯を削らなくてはいけなくなりますが、インプラントなら、欠損した部分に土台となるインプラントを立てるので、他の健康な歯を削らないで済むというメリットがあります。

 

ということで、左下5番目に1本のインプラント植立が決まりました。


 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、入れていた仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真とCTを撮影して今回のオペは終了となりました。


 

翌日、消毒に来院された際は下顎にじくじくとした違和感はあるものの、痛み止めを飲むほどではないとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

 

カテゴリー インプラント |
2020年5月28日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part4~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、今年3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part4をご紹介します。



今回ご紹介する患者様は、平成30年7月に20年ぶりに当院を受診されました。

その時点で右上奥歯にはブリッジが入っている状態でした。

しかし、ブリッジをかけていた一番奥の歯の状態が良くなかったため、この歯は抜歯することになりました。

抜歯をしてからしばらくは、食べ物がつまったり、周りの骨が当たる気がする・・・ということでピエゾサージェリーで頬骨を削る等の調整を行いながら経過観察を続けました。

奥歯が落ち着いてきたので、

延長ブリッジにすることもできましたが、ご本人の希望によりインプラントを植立することになりました。

右上奥歯に2本のインプラント植立です。



当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、ドリルで穴を開けていきます。

開いたところにはCGFを入れ、その上からネジを絞めるようにインプラント体を植立して1本目は終了です。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

2本目も同じように植立すると、最後にパノラマ写真とCTを撮影して手術は終了です。

 



数時間後にオペ後の症状の確認のお電話をしたところ、仮歯に少し違和感を感じるものの、痛みはなく、出血や腫れ、痺れも感じていないとのことでしたので一安心です。


次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年5月11日

CGFを使った治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

今日は「CGFを使った治療法」についてのお話です。

 

当院で年に3回行われている、東京の三井記念病院の歯科・口腔外科の部長、津山先生によるインプラント手術では、必ずと言っていいほど「CGF」が使われています。

 

人の体は通常、ケガなどで血管が傷つき出血すると、血液中の血小板が集まって血管の傷を埋めるために、血液を固める成分(凝固因子)が放出され、「フィブリン」という物質が作られます。

CGF(Concentrated Growth Factors:凝集成長因子)とは、専用の遠心分離器で血液を遠心分離して生成した「フィブリン」と傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。

 

インプラント手術では、骨が足りない部分にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆って骨の再生・治癒を促進したりするのに使用します。

CGFは添加物を入れずに、患者様自身の血液のみで生成できるので、従来の骨移植で懸念されていたアレルギーや感染のリスクが軽減し、より安全に、患者の負担が少ない治療と言えます。

 

CGFを使った治療の流れとしては、まず患者さん自身の血液を20mlほど採血します。

一般的な血液検査の採血方法と同じです。


 

次に遠心分離器にかけます。

遠心分離器の回転数を精密にコントロールして遠心分離することで、血を固めようとする血液の成分(凝固因子)が刺激されて、ご自身の血液のみから作られる完全自己血液由来のフィブリンゲルが作られます。

所要時間は15分ほどです。

 


歯科の分野では、歯周外科治療やインプラント手術の際に、痛みや腫れの軽減と治癒を促進や、造骨の目的で、「フィブリンゲル」を平たく潰してCGFメンブレン(膜)として治療に使用したりしています。


CGFを使った治療法により、骨密度が低い人や顎の骨が薄い方など、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるようになりました。

そしてなんといっても患者様にとって身体の負担が軽く、感染のリスクも低い治療法と言えます。

今後さらに症例が増え、活用される分野も増えていくことが期待されます。

しかし、現在ではCGF療法は日本では保険診療の対象外のため保険外診療の適応となります。

また取り扱いのない医院もありますので、事前にご確認ください。

当院のブログでも、度々登場していますので、気になった方はぜひご覧くださいね。

医療は日々、より簡単に、より安全に進化しています。

カテゴリー インプラント, スタッフブログ, 歯のこと |
2020年4月16日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part2~

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part2をご紹介します。

今回ご紹介する患者様も、津山先生のインプラントオペを受けられるのは今回が2回目となります。

前回は奥歯2本の植立でしたが、今回は前歯に1本、インプラントを植立します。

去年の8月、2~3週間前からさし歯を入れていた前歯に、痛みはないものの腫れと動揺があるため来院されました。

確認してみると歯の前面にひびが入っていました。

一度はさし歯を戻してみましたが、その後もずっと違和感があり、ズキズキとした痛みと膿が出ていたため、抜歯をしてインプラントを入れることとなりました。

抜歯後、両隣の歯と繋がった仮歯を作ることになったのですが、その際、ご本人のご希望で少し内側に角度を変えた形で仮歯を作製しました。

このように、土台を立てて補綴物を入れる治療の場合、多少歯の形や角度を変えることが可能な場合があります。

こちらの患者様も今回お作りした仮歯の形を気に入っていただけたようでした。

仮歯を入れてからは調子も良くなったので、今回のインプラントオペが決定しました。

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。

くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

出血はそれほど多くありません。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、今回のオペは終了となります。

文章で書くと簡単なように思われますが、出血が多くなったり、神経を傷つけたりする恐れがあるためとても慎重さを要する作業です。

このようなオペを短時間で行えるのは津山先生のなせる技なのです。


※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約