• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「DENマウスピース」のカテゴリー

2021年2月16日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。
今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、全体的に若干、歯間に隙間があり、上の前歯はハの字に開いていました。
ご本人はマウスピースでもワイヤーのどちらでも、また必要であればディスキングも構わないと、治療には積極的な様子でした。

まずはマウスピース矯正で、診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります
■平均治療期間:上顎 23回 23~25ヶ月    下顎 18回 18~20ヶ月
今回患者様の場合、抜歯を行わず、約2年ほどで目標の歯並びに到達できる予測となっています。
年齢もお若いので、患者様の管理の仕方によって治療期間が短縮する可能性も多いにあります。
マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2021年2月9日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、以前、マウスピース矯正をされていましたが、事情があって中断したままとなっていました。

今回、あらためて矯正を始めたいとのことで来院されました。

 

確認したところ、右上の前歯が、歯列より少し前に出ています。

下は右の2番目の歯が内側に入っているのと、隣りの3番目の歯の捻転しています。

さらに、以前の矯正治療で抜歯した4番目の歯のスペースが開いたままになっていました。

ご本人は、抜歯はせず、隙間を閉じて、前歯の歯列をある程度並べたいとのご希望でした。

 

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります。。
■平均治療期間:上顎 14回 14~16ヶ月    下顎 19回 19~21ヶ月

 


 

気にされていた隙間も、前歯の歯並びも改善できるとの診断でした!

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

今回患者様の症例では、早ければ2年以内に目標の歯並びに到達できる予測となっています。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2021年2月2日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯列不正の相談に来られました。

お口の中を確認してみると、左上3番目歯が歯列の外側から生えており、いわゆる「八重歯」の状態となっていました。
下の前歯は顎が小さくスペースが狭いためか、左右2番目の歯が捻転し、両隣の歯より少し前に出ています。
ご本人は、抜歯はしない方法での矯正を希望されました

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は左上3番目の歯と下の左右2番目の歯が両隣の歯との重なりが大きいため、マウスピース矯正では非常に難しいとの診断でした。

※診断書の参考画像

診断結果をお伝えし、ワイヤー矯正を行う方法も視野に入れて再検討することをおすすめしました。

今回のように隣の歯との重なりが大きく移動するスペースが無い場合、治療はワイヤー矯正の方が適しています。

しかし、マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

カテゴリー DENマウスピース, 歯のこと |
2021年1月19日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上下とも前歯が不揃いになっていました。


ご本人はマウスピースでもワイヤーのどちらでも、また必要であれば抜歯やディスキングも構わないと、治療には積極的な様子でした。

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間がながくなります
■平均治療期間:上顎 16回 16~18ヶ月    下顎 18回 18~20ヶ月



難しい症例ではありますが、今回患者様の場合、抜歯せず、2年以内に目標の歯並びに到達できる予測となっています。
年齢もお若いので、患者様の管理の仕方によって治療期間が短縮する可能性も多いにあります。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。


このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2021年1月5日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。


今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。


今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上は前歯が若干、前に出ているように見えます

下は目立つほどではありませんが少し段差が見らます。

上下の歯が上手く噛み合っていないためか、前歯で食べ物が噛めないので、前歯をそろえて噛めるようにしたいとのご希望でした。

ご本人はマウスピースでの矯正が希望で、必要であれば抜歯やディスキングも構わないと、治療には積極的な様子でした。

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療に適した症例です。
■平均治療期間:上顎 12回 12~14ヶ月    下顎 6回 6~8ヶ月

 


気にされていた前歯の前突も少ない回数で改善できるようです!

下の前歯の少しの段差も解消できています!

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。


今回患者様の症例では、早ければ1年以内に目標の歯並びに到達できる予測となっています

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年12月15日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、前歯が少しデコボコとしています。
特に左下2番目は大きく飛び出しているため、隣り合わせの歯と段差ができていました。

ご本人は、抜歯が必要なら矯正治療は行わないとのご希望でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 9回 9~11ヶ月    下顎 15回 15~17ヶ月


上顎も併せて矯正する必要があるようですが、抜歯はせずに治療できるようです。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年12月8日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上下とも前歯が少しデコボコとしています。

ご本人は、抜歯はせずに矯正する方法を希望されました。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 8回 8~10ヶ月    下顎 16回 16~18ヶ月



希望通り、抜歯せずにキレイな歯ならびに改善できるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年12月1日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上下とも前歯が少しデコボコとしています。
特に右上3番目はいわゆる「八重歯」で他の歯列から大きく外側にでています。

左上2番目は少し内側に入っています。

そして右下2番は捻転しているため、隣り合わせの歯と段差ができていました。

ご本人はマウスピースでの矯正が希望で、抜歯やディスキングも構わないと、治療には積極的な様子でした。

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 15回 15~17ヶ月    下顎 19回 19~21ヶ月



右下の3番目の歯は抜歯が必要との回答でしたが、下前歯の捻転は、抜歯せず、奥歯から続くキレイなアーチ状に改善されるようです。

しかし、左上1番目と右下2番目捻転と隣の歯との重なりが大きいため、実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年11月24日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上の前歯2本が他の歯に比べて前に出ているようで、隣り合わせの歯と段差ができていました。

ご本人は、価格が安く、できるだけ期間が短い方法をご希望とのことで、ワイヤー矯正でも良く、抜歯やディスキングも構わないと、矯正治療には積極的な様子でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 16回 16~18ヶ月



前歯の突出も、奥歯から続くキレイなアーチ状に改善されるようです。

しかし、重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年11月17日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上下とも前歯が少しデコボコとしています。
特に左上1番目は隣り合わせの歯より前に出ているため、大きな段差ができていました。

ご本人は、ある程度目立たないくらいまで並べばよいので抜歯は避けたいとのご希望でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 17回 17~19ヶ月    下顎 12回 12~14ヶ月

抜歯せずに、気になっている前歯も改善できるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年11月10日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、下の前歯の歯列不正の相談に来られました。

過去に矯正をされていたそうで、目立った歯並びの不正は見られませんでしたが、途中でやめてしまい、さらに親知らずが生えてきたため左下1番目の前歯が両隣より内側ずれてきたとのことでした。

ご本人は、期間は気にしないが目立たない方法での矯正を希望されました

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は左下1番目の歯が両隣の歯との重なりが大きいため、マウスピース矯正では非常に難しいとの診断でした。



※診断書の参考画像

診断結果をお伝えし、ワイヤー矯正を行う方法も視野に入れて再検討することをおすすめしました。

今回のように隣の歯との重なりが大きく移動するスペースが無い場合、治療はワイヤー矯正の方が適しています。

しかし、マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年11月4日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は1年ほど前からマウスピース矯正を始められました。

矯正の診断時に、4本ある親知らずは初来的に抜歯が必要とのことで、矯正治療と並行して親知らずの抜歯をしてきました。

今回は最後の1本、右下の親知らずの抜歯を行うことになりました。

 

以前撮影したパノラマ写真で、右下の親知らずの状態を確認します。
右下の親知らずは手前の歯を押すように、歯ぐきの中で斜めに生えていました。

例え歯茎の中に埋まっている親知らずでも、生えている歯並びに影響が及ぼすことがあるため、抜歯が必要となります。


下顎の親知らずは、下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CT画像でも親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。




根っこはかなり神経に近いようですが、抜歯は可能との診断でした。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずは歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

抜いた歯がこちらです↓

神経を傷つけないように慎重に抜歯を行ったため、かなり細かく分割されています。


 

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

再度パノラマ写真を撮影して確認してみると、抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れのいずれもないとのことでしたので一安心です。

おつかれさまでした。

カテゴリー DENマウスピース, 親知らずの抜歯 |
2020年9月22日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上下とも前歯が少しデコボコとしています。
特に右上2番目は大きく捻転しており、右下2番は歯列より内側に生えているため、隣り合わせの歯と段差ができていました。

ご本人は、できればマウスピースでの矯正が希望だが、ワイヤー矯正でも良く、抜歯やディスキングも構わないと、矯正治療には積極的な様子でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 17回 17~19ヶ月    下顎 14回 14~16ヶ月



右下の2番目の歯は抜歯が必要との回答でしたが、前歯の捻転も、奥歯から続くキレイなアーチ状に改善されるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

カテゴリー DENマウスピース |
2020年9月15日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、前歯の開口の相談に来られました。

ご本人は来院前にインターネットで色々と調べられたそうで、マウスピース矯正での治療は難しいかも…と感じてはいるものの、できればマウスピース矯正で治療したいとのご希望でした。

 

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

 

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は上下顎の開口度合いが大きいため、マウスピースでの矯正・挺出(歯が本来の位置から突出したり、移動したりすること)による改善は難しいとのことでした。

 


※診断書の参考画像

 

 

診断結果をお伝えし、矯正歯科へご紹介することになりました。

 

今回のように、大きな動きを必要とする治療では、ワイヤー矯正に比べ、マウスピース矯正での治療可能な範囲は狭くなってしまします。

しかし、目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

 

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、歯並びで気になっていることがある方は、ぜひ一度、ご相談ください。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年9月8日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上の前歯が少しデコボコとしています。

特に左上1番が捻転気味でした。

ご本人は、できるだけ痛みがない方法が希望とのことでした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 17回 17~19ヶ月



気にされている前歯の捻転も、奥歯から続くキレイなアーチ状に改善されるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

最終結果が楽しみになりますね。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年8月25日

マウスピース矯正 5STEPシート

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日はマウスピース矯正治療で使用する 「5STEPシート」についてのお話です。

 

当院で導入しているマウスピース矯正治療のシステムでは、治療が進み5ステップが経過すると「5STEPシート」というチェックシートが届きます。

これは、治療開始時と5ステップ目の歯の状態の画像を比較した物で、矯正治療の進捗がひと目でわかるようになっています。

マウスピース矯正における5ステップ目は、治療全体の鍵となるそうです。



 


現在の治療の状況を○、△、×で評価されていて、なんだか学校でもらう通信簿みたいですね。

今後の治療に向けて効率よく動かしていくポイントなども記載されているので、このシートを基に患者様とのカウンセリングを行います。

 

このように、歯の移動が画像で確認できることは、患者様にとっても、私達歯科医院にとっても治療の過程やこれからの治療計画を明確に把握することができます。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年8月4日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、下の前歯の隙間の相談に来られました。

6年ほど前にワイヤー矯正をされていたそうで、目立った歯並びの不正は見られませんでしたが、ご本人は、ワイヤー矯正が終了してから下の前歯が少しずつ隙間が開いてきたのを気にされていました。

治療はマウスピース矯正で半年以内くらいの期間での治療をご希望とのことでした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

 

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は歯が若干傾いているためにわずかに隙間ができていたのですが、マウスピース矯正では傾斜移動になるため、傾きが治っても隙間を改善することは非常に難しいとの診断でした。

 

 

※診断書の参考画像

 

 

診断結果をお伝えし、ワイヤー矯正も視野に入れて再検討することをおすすめしました。

 

今回のように軸を合わせる治療はワイヤー矯正の方が適しています。

しかし、目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

 

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年7月28日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。



今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、右下の前歯3本がでこぼことした歯並びになっていました。

ご本人は、下顎のみでの矯正を希望されました。

 

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:下顎 15回 15~17ヶ月




気にされている下の前歯も、キレイに並んで改善されるようです。

しかし、上下の歯の間の隙間が無いため、最終的に上顎との噛み合わせの調整が必要になる可能性があるとの事です。

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

 

こちらの患者様は早速、マウスピース矯正を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね

カテゴリー DENマウスピース |
2020年7月21日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。
今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。確認したところ、上の前歯2本が逆ハの字に捻転し、少し前に出ていました。

ご本人は、できるだけ期間は短く、出ている前歯を奥に入れたいと希望されました。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 15回 15~17ヶ月



気にされている前歯も、捻転がなくなりキレイに改善されるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

その場合は、ワイヤーを入れて捻転を改善する場合もあります。

 

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

こちらの患者様は小さなむし歯の治療が終わり次第、マウスピース矯正を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね!

カテゴリー DENマウスピース |
2020年7月14日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。



今回の患者様は、右側上下の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、右上は一般的に「八重歯」と呼ばれる歯並びになっており、右下も2~4番目の歯が少し前後にずれていました。

ご本人は、歯の重なりが気になるためキレイなアーチになるように治療したいとのご希望でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。



診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 17回 17~19ヶ月    下顎 17回 17~19ヶ月






気にされていた八重歯も揃うようです。



マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

最終結果が楽しみになりますね!

カテゴリー DENマウスピース |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約