• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「スタッフブログ」のカテゴリー

2019年12月6日

腸とお口の関係③

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は腸内環境を整えるためにできることをご紹介していきます。

腸内環境を整えるさまざまな物質は総称して「プレバイオティクス」と呼ばれているそうです。

プレバイオティクスは腸内細菌のエサになるほか、病原菌の増殖抑制作用もあります。

ラクトフェリン】:母乳や唾液などの分泌物、白血球に含まれる鉄結合性糖タンパク質
免疫調整作用、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、善玉菌の増殖、鉄吸収などの作用がある栄養素です。
また歯周病や関節リウマチでの骨吸収抑制作用、歯周病原細菌の増殖抑制作用などがあります。
ラクトフェリンはヒトの母乳、とくに出産前後の初乳に多く含まれています。


オリゴ糖】:ブドウ糖や果糖などの単糖類が3~5個結合したもの
大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖など多くの種類があり、ビフィズス菌など腸内の善玉菌の栄養源になります。
野菜、果物、乳製品にもわずかですが含まれています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月5日

腸とお口の関係②

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、前回に引き続き腸とお口の関係についてのお話です。

消化器官は口から大腸まで繋がっていて相互に深く関係しているといわれています。

口腔にも腸管にも多くの常在菌が生息していますが、これまでその細菌同士の関係はそれほど密接でないと考えられていたそうです。

口から入った細菌は胃液の強酸で殺菌され、「フローラ(菌叢)の断絶」があるとされていました。

これは有害な病原菌を排除するとう意味でも、有効に機能していました。

ところが最近では、この「断絶」が崩れている人が増加しているそうです。

これが消化機能だけではなく、免疫機能やアレルギー反応にまで影響することがわかってきました。

腸内環境が乱れてしまうと、炎症やアレルギー反応の制御が難しくなると考えられており、ここに口腔内細菌がかかわってくるそうです。

歯周病菌原細菌が、腸内フローラを変化させるきっかけとなる「カギを握る病原体」として働くといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月4日

腸とお口の関係①

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

腸は第二の脳」という言葉を聞いたことはありますか?

神経細胞といえば大脳などの中枢神経を思い浮かべがちですが、実は腸にも大脳に匹敵する数の神経細胞が存在するそうです。

腸の神経細胞は独自のネットワークを形成しているため、中枢からの指令がなくても機能しているのです。

また、腸にはエネルギー源の多くを自前で調達できるという特徴があります。

小腸ではアミノ酸の一種であるグルタミン、大腸では脂肪酸の一種である酪酸を主なエネルギー源としています。

小腸は全長5~7mにもなり、内面は絨毛とよばれる細かなヒダで覆われているため、その表面積はテニスコート1面分もあります。

そこに全身の約6~7割にあたる免疫細胞が存在していて、分化や成熟の場となっています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月2日

口腔がんセルフチェック

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「口腔がん」のセルフチェックについてのお話です。

口腔がんは、たばこやお酒、また口の中の衛生状態が悪かったり、虫歯・義歯・口の乾燥などで常に舌が刺激されていることや、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因と言われています。


口腔がんのほとんどは、お口の中や周りの直接目に見える場所にできます。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中でも舌が最も多く、口腔がんの中で40〜60%を占めています。


年齢別では2002年度の統計で、70歳代が29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となっており、50歳以上が約80%を占めています。

しかし、初期の段階では痛みや出血などの自覚症状があまりないため、早期に発見し、早期に治療を行うことが重要となります。

セルフチェックは次のような手順です。

手順1:明るい光の下で、鏡を使って(入れ歯があれば外して下さい)。
◎唇の内側と下あごの歯ぐきを見て、触って下さい。
◎頭を後ろに傾けて、上あごの歯ぐきとその間を見て、触って下さい。
◎頬の(裏側)の粘膜を見て、触って下さい。
◎舌を前に出して、舌の両脇、舌と歯ぐきの間を良く見て、触って下さい。
◎下あごから首にかけて触って見て下さい。

手順2:良く観察し、チェックしましょう!
◎白い斑点や赤い斑点はありませんか?                                          ◎治りにくい口内炎(2週間以上)や、出血しやすい傷はありませんか?
◎盛り上がったできものや固くなった所はありませんか?
◎顎の下と首の脇に腫れはありませんか?
◎食べたり飲みこんだりがスムーズにできますか?
(上記のチェック項目は公益社団法人口腔外科学会の「口腔がんのセルフチェック表」によるものです。)

いかがでしたか?たくさんの道具を必要とすることもありませんし、簡単にできそうですね。

ぜひ、月に1度はセルフチェックを行うことを習慣にして、心配な項目があれば、かかりつけの歯科医院、または口腔外科のある総合病院にご相談ください。


 

 

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月30日

音波歯ブラシ

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「音波歯ブラシ」についてのお話です。

「音波歯ブラシ」とは電動歯ブラシの一種で、音の振動によって歯垢を落とす歯ブラシです。ヘッドを高速振動(振動数200~300Hz)させることで音波を発生させ、泡や水流で歯垢を除去を助けます。


毛先が接していない周囲2mm部分まで汚れを落とせるのが特徴で、音波が口内細菌に直接作用し、頑固な細菌のつながり(連鎖)を破壊し口の中の環境をより清潔に保つことができ、虫歯予防や歯周病予防の効果が期待できるのも魅力です。

音波歯ブラシはブラシが左右に振動するため、通常の歯ブラシのように自分で腕を振ってブラッシングするのではなく、位置を変えながら歯にブラシを当てるように磨きます。ほとんどのメーカーが2分を目安にしているようなので、お口全体磨くためには、1本当たり5秒前後の時間をかけることになります。

超音波歯ブラシ(振動数は160万Hz)は、頑固な細菌の連鎖を破壊するという音波歯ブラシの役割に加え、粘着性の高い歯垢までも破壊できるところがポイントです。また、ブラシの振動が細かいため、歯に当てるだけではなく自分でブラッシングをする必要があります。

音波歯ブラシは、ブラシ部分を本体に装着して使用するので、家族で共有したり、違う種類のブラシを使い分けて使用することが可能です。

現在では、各メーカーから多くの種類の音波・超音波歯ブラシが市販されています。用途や好みに合った物を選ぶと良いでしょう。子ども用を販売しているメーカーもありますよ。


当院ではフィリップス社の「ソニッケアー」を取り扱っています。待合室にパンフレットも用意していますので、興味のある方は見てみてくださいね。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月28日

歯科における漢方

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は歯科における「漢方」についてのお話です。

当院に来院される患者さんの中には歯以外のお口のお悩みで来院される方もいらっしゃいます。

現在、歯科では口内炎、口腔乾燥症、味覚障害、口臭、舌痛症、顎関節症、歯周炎、嚥下障害など症状に適した医療用漢方があります。


歯科で投薬される代表的な漢方薬
①立効散(りっこうさん):歯痛、抜歯後の疼痛
抜歯後及び顎顔面領域の疼痛に効果があるとされています。
痛みや腫れを発散させ、熱や炎症を冷まし、痛みを緩和する効果があります。

②半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう):口内炎
いつも胃がもたれたり、悪心があり、下痢をしやすい人で口内炎などのある場合に用いられます。胃腸の働きを促進し消化器障害を治療することで、口内炎の改善・再発を予防します。

③黄連湯(おうれんとう):口内炎
平均的な体力があり、冷え性、腹痛を起こしやすく胃腸障害がやや弱い場合に適用します。口内炎だけでなく口臭にも効果があり、半夏瀉心湯よりも胃熱を取る力が強いとされています。

④茵陳蒿湯(いんちんこうとう):口内炎
便秘傾向があってイライラしたり、比較的強い胃腸障害の場合に適用します。
皮膚や消化器の炎症などを改善し、口内炎や口が乾く症状を和らげます。

⑤五苓散(ごれいさん):口渇(口腔乾燥症)
尿量の減少、めまい、体が重いなどの症状の場合に適用します。
体内の水分の代謝異常を調整し、正常に近づけます。

⑥白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう):口渇(口腔乾燥症)
糖尿病、シェーグレン症候群、向精神薬、抗不整脈薬、放射線治療後の口腔乾燥症の有効性が注目されています。

⑦排膿散乃湯(はいのうさんきゅうとう):歯周炎
歯肉が紫色に変色したり、痛みがあり、腫れたり膿が出ている場合に、排膿の目的で使用します。


上記の7種類は保険適用で処方できます。当院でも取り扱っておりますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月26日

マウスガード装着時の口腔ケア

こんにちは技工士Kです。

朝晩の冷え込みが厳しくなり大分秋めいてきたこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?家の蔦もちらほらと紅葉してきました。

夏場に刈り込んだせいか葉が密に茂っていい感じに仕上がっています。

しかしこの後は全部枯れ葉になってしまうので掃除のことを考えるとゾッとしますが。

とは言え落葉樹は季節の移ろい感じられていいですね。

マウスガード装着時の口腔ケア 続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 未分類, 歯のこと |
2019年11月22日

歯にとってあまり良くない飲み物

みなさん、こんにちは。スタッフのアオノです。

朝晩の冷えこみが厳しい季節となりましたね。

体調を崩さないように気を付けて下さい。

さて、今回は歯にとってあまり良くない飲み物についてお話します。

歯に悪い物は食べ物だけではありません。

実は飲み物にも歯に悪影響を及ぼすものがあります。

①コーヒー

コーヒーを飲むと、ステインによって歯にシミを作ってしまいます。

さらに、コーヒーには、歯の表面をネバネバにする作用があり、食べ物が歯にくっつきやすくなってしまうのです。


②炭酸飲料・清涼飲料水

文字の通り‘酸’を含む炭酸飲料や、身体に良さそうなイメージのある清涼飲料水には、糖分が多くふくまれています

歯だけでなく体にも悪いので、控えるようにしましょう。


③酸性度の高い紅茶

中にはフッ素を含んでいる紅茶もあり、歯を虫歯から守ってくれるものもあります。

しかし、レモンティーやハーブティーによっては、酸性度が高いものがあります。

歯は酸に弱いため、注意が必要です。


歯に悪い飲み物を摂取すると虫歯になったり、歯を溶かしてしまったりする原因になります。

日常的に摂取する飲み物には特に注意をしましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月19日

根面カリエス

こんにちは、衛生士のニイヤマです。

寒さもだんだん本格的になってきましたね。

みなさん風邪には気をつけてくださいね。

さてみなさんは“根面カリエス”という言葉は知っていますか?

根面カリエスとは、歯の根元にできる虫歯のことをいいます。

歯肉が退縮すると、歯の根の部分が表面に露出してきます。


露出した歯根はエナメル質におおわれた歯冠に比べ軟らかいため、とても虫歯になりやすく、進行も早いです。

根面カリエスは比較的若い人に少なく、年齢が高くなるにつれ多くなります。

その理由は大きく分けて3つあります。

①歯周病や間違った歯磨きによる歯肉の退縮
②被せ物や義歯が多い
③唾液分泌の低下
などです。

予防法
<歯磨き>
ブラッシング圧が強い人は軟らかめの歯ブラシを使い、フッ素入りの歯磨き粉で優しく磨きましょう。

<うがい>
洗口剤などを使ってうがいをすることで唾液分泌を促します。

根面カリエスは高齢者に多いとされていますが、私たちもなってしまう可能性もあります。

強すぎるブラッシング圧などで歯肉退縮してしまうのは本当にもったいないです。

優しい力で歯磨きすることを心がけましょう。

被せ物をされている人は、被せ物と歯茎との境目を意識して磨きましょう。

そして歯肉退縮によって被せ物と歯茎に隙間ができてしまっていたら、被せ物のやり替えなども必要になる場合があるので、まずは定期健診を受けましょう!

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月15日

口臭がきになる

こんにちは、技工士のナカムラです。

前回に続いて今回も気になる口臭についてですが、今回は、原因と改善法についてです。

歯周病とむし歯は口臭の原因となります。


どちらも歯垢中の細菌が原因となって生じる病気で、病気の進行に伴って、口臭も強くなる傾向があります。

歯周病の場合、歯肉が炎症を起こして腫れると、歯周ポケットが深くなります。

歯周ポケットの奥深くやむし歯の大きな穴は悪臭を出す細菌が増えやすい環境です。

歯周ポケットの奥深くにある歯垢や、それが硬くなった歯石は歯ブラシだけでは除去できません。

歯科医院を受診し、歯石除去などの歯周病治療やむし歯治療を受けるようにして下さい。

それでは、その改善法ですが、正しいセルフケアが大事です。

まず、毎食後に歯磨きをして歯垢と食べ物カスを取り除くようにしましょう。

ただ単に磨くのではなく、歯科医院でそれぞれのお口に適した歯磨き指導を受け、歯間ブラシや糸ようじを併用するなど、正しいセルフケアを習得し、実践することで磨き残しをへらして口臭を予防する事が出来ます。

又、舌の上にも舌苔というプラークが多少付着していますが、舌の上が白いのは異常ではないので無理に取る必要はありません。

それでも気になるようであれば、傷つけないように優しくなでるように舌をブラッシングするようにしましょう。

簡単な予防法としては、ガムを噛むなど唾液分泌の増加をうながすのも一つの手段です。

口の中を乾燥させないことが効果的です。

又、緑茶に含まれるカテキンには抗菌作用があるので、緑茶で口をすすぐことも効果があるので試してみて下さい。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月13日

他と比べて小さい歯「矮小歯」

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日はあまり聞き慣れない診断名、「矮小歯(わいしょうし)」についてのお話です。

矮小歯とは解剖学的に見た場合に平均的な大きさよりも異常に小さい歯のことを言います。現在、はっきりとした原因は分かっていません。

上の歯の前から2番目の歯や親知らずに現れやすいようで、長細い形状や本来の形をそのまま縮小したような形など個人差があります。

では、歯が小さいとどのようなリスクがあるのでしょうか?

リスク
・噛み合わせが悪くなる
顎の大きさに対して歯が小さいと、噛み合わせや歯並びに問題が出てくる可能性があります。

・すきっ歯になる
歯が小さいとそれぞれのスペースが広過ぎるため、すきっ歯になる可能性があります。

・ブリッジ等の土台にしにくい
ブリッジ等の土台として使用すると歯の根の長さや大きさが小さいために、歯の寿命は正常の歯より短くなる可能性があります。

このような問題が起きた場合、どのような治療法があるのかというと、

・歯列矯正
隙間がある場合は歯列矯正によって歯を動かして隙間をなくしていく治療法です。

・被せもの(セラミックなど)
矮小歯を削って土台にし、その上に歯の本来の大きさの被せ物を入れて治療をする方法です。

・ダイレクトボンディング
歯と歯の隙間をレジン(プラスチック)で埋めていく治療方です。矮小歯にレジンを盛って、本来の歯の形を作ります。

しかし、審美的、機能的に問題がなければ特に治療の必要はなく、様子をみることがほとんどです。
また、乳歯が矮小歯であったからと言って、必ずしも永久歯も矮小歯になる訳ではありません。(確率は若干高くなる傾向にあるようですが・・・)

気になるようであれば、まずは歯科医に相談してみてください。
 

カテゴリー 歯のこと |
2019年11月11日

歯が原因ではない歯痛

みなさんこんにちは。受付のかわにしです。

みなさんは歯に痛みを感じた時、「虫歯かな…?」と思い歯科の受診を考えるのではないでしょうか。

しかし、歯に痛みを感じてもその原因が歯や歯茎ではないことがあります。

このような症状は「非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)」と呼ばれ、下記の8つに分類されています。

筋・筋膜性歯痛
顔にある筋肉や筋膜の痛みが原因で、歯の痛みとして感じることで生じる非歯原性歯痛です。
簡単にいうと「筋肉痛からくる歯痛」です。

神経障害性歯痛(三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛など)
顔の神経に起こった障害が原因で、歯痛が起こる場合です。
いわゆる神経痛と呼ばれるもので、瞬間的に刺されたような激痛が起こる「発作性神経痛」と、じりじりと焼けつくような痛みが絶え間なく続く「持続性神経痛」に分けられます。

神経血管性歯痛(片頭痛、群発頭痛など)
神経や血管への負荷が原因で歯痛が起こる場合です。
片頭痛や、群発頭痛の症状の一つとして歯痛が生じることがわかっています。
頭痛による関連痛と言えるもので、お口やその周囲に生じる最も一般的な神経血管性頭痛は片頭痛です。

上顎洞性歯痛
鼻の両側にある上顎洞が炎症を起こしたことが原因で歯痛が生じる場合です。
上顎洞とは副鼻腔のひとつで、左右の上あご、主に奥歯の上にある骨の中の空洞です。
この上顎洞の疾患で歯痛を生じることがあり、これを上顎洞性歯痛と言います。

心臓性歯痛(心筋梗塞や狭心症
心臓に起こっている病気が原因で、歯痛が起こる場合です。狭心症や心筋梗塞などの疾患に関連した歯痛が数多く報告されています。
他の疾患(動脈解離、心膜炎)から歯痛が生じた例もあります。
痛みは発作的に生じ、特に運動(歩行など)により歯痛が起こるといった運動との相関関係が認められています。

精神疾患または心理社会的要因による歯痛(身体表現性障害,統合失調症,大うつ病性障害等)
統合失調症やうつ病、心理的・社会的なストレスが原因で歯痛が起こる場合です。
精神疾患のなかの身体表現性障害の場合、特に身体化障害や疼痛性障害で歯痛が生じます。

特発性歯痛(非定型歯痛を含む)
上記のケースのいずれにも当てはまらず、原因が特定できない場合の歯痛です。
「原因不明の痛み」と言えます。
歯原性歯痛でもなく、さらに非歯原性歯痛のどの分類にも明確に当てはまらない歯痛です。
時間の経過によって症状が変化し、内容が明確になることもあります。

その他の様々な疾患により生じる歯痛

このように、歯に痛みが生じた場合、歯科だけでは治療が難しい原因であることもあります。

この場合、他科との連携も求められ、痛みの原因を特定し、きちんと専門医の下で治療を受けることが完治への近道であると考えられます。


歯の教科書、日本歯科医師会Hp参考

カテゴリー 歯のこと |
2019年11月9日

歯がなくなってしまったら

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

突然ですが、奥歯が抜けてなくなってしまったとします。

奥歯がなくても前歯がある!と思って抜けたまま放置して前歯だけで噛んでいると、特に上顎の前歯に集中的な負担がかかり、最終的には前歯も耐えられなくなり抜けてしまいます。

このように、歯を抜けたまま置いておくと周りの歯へも悪影響を及ぼし次々に残った歯までも抜けてしまうことになります。

これを防ぐために、歯が抜けてしまった後には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで人工的に歯を補い残った歯への負担を軽減させてあげることが大切です。

今日はその中でインプラントについてお話していきます。


続きを読む>>

カテゴリー インプラント, 歯のこと |
2019年11月6日

キシリトールのすごさ

こんにちは衛生士タナカです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日はキシリトールのすごさについてお話していきます。

さっそくですが、そのすごさとは、「菌をコントロールする力」を持っていることです。

むし歯の原因の第一位はミュータンス菌といわれています。

キシリトールは、そのミュータンス菌を弱らせて減らしていく力があるのです。


歯みがきが不十分だと、歯の表面にはプラークが付着します。

プラークには数多くのミュータンス菌が住み着いていますが、キシリトールを食べ続けると、このプラークの中のミュータンス菌が減っていくことがわかっています。

また、キシリトールはミュータンス菌の質を変えることができます。

ミュータンス菌には、むし歯を作りやすい悪い菌と、むし歯を作りにくい善い菌とがいます。

キシリトールはこの悪い方の菌を弱らせる力も持っています。

お口の中に善い菌が増えることで、健康を保つことができます。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年11月5日

歯科医院で使う道具・器具

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院かわにしです。

今日は歯科で使われている道具や器具のお話です。


歯科医院での歯の治療には、さまざま専門の道具・器具が使われています。

歯を削ったり磨いたりるすタービンの先に付ける小さくて細いバーにも、一つ一つ名前が付いているんですよ!
名前や使い方を覚えるだけでも一苦労です。

一つ例を挙げると・・・歯を抜くときに使われるペンチのような形をした「鉗子(かんし)」という道具。当院で使っている物だけでも約15種類あります。


抜く部位や歯の状態によって使い分けられているそうで、子供の抜歯に使われる「乳歯鉗子」や下の大きな歯を抜く時の「下顎大臼歯用抜歯鉗子」、残った歯の根っこを取り除くための「残根鉗子」等の名前がついています。よく使う鉗子の中には、見た目のフォルムからか院長が「ガンダム」と呼んでいる鉗子があるそうです。

なので、どのような道具・器具を使って治療を行うのかを即座に判断しなくてはいけません。

また、先生の好みでも使う物も変わってくるとか・・・。

衛生士さん、助手さんの努力を感じますね。

これらの道具・器具は管理も大変で、特に口腔内で使う物は小さなサイズの物も多いので、洗浄や保管にも神経を使います

その洗浄や滅菌を行うのもまた専門的な機械が使われています。


このように、たくさんの専門の道具・器具を使って、日々、歯の治療は行われ、その道具・器具もまた、日々進化を続けてきています。

これらの専門の道具・器具は専門の業者さんでしか購入する事ができません。

販売されている商品の中には本物の道具・器具そっくりなキーホルダーもあるんですよ。

当院でも、受付に置いてあるウェアを着たくまちゃんが手に持っていますので、どのようなものか気になった方はぜひ、見てみてくださいね。


 

カテゴリー 歯のこと |
2019年10月30日

歯ブラシの歴史

こんにちは、受付のカワニシです。

みなさんが毎日、歯を磨くために使う歯ブラシ

どのような歴史を辿り現在のような形になったか知っていますか?


歯ブラシの歴史は古く、紀元前三千年ころにエジプト人が使用していた「チュースティック」や、紀元前五百年ころにお釈迦様の弟子たちが口腔内の清掃に用いていた「歯木(しぼく)」がルーツと言われています。

「歯木」はその後、6世紀に仏教の伝来とともに日本に伝わり、当初密教の僧侶が仏前に礼拝する際に身を清め口をすすぐ儀式の一環として歯磨き習慣が根付きました。

日本でも歯ブラシが一般化するまでは房楊枝が一般的に歯磨きに使用されていました。

最初の歯ブラシとされているのは、1498年に中国の皇帝が豚毛を骨や竹の柄の表面に植えつけたもので、手の届きにくい隙間やくぼんだ部分を磨くことが可能となりました。

この発明はヨーロッパにも伝えられ、当時は象牙の柄に馬や豚の毛を付けたものだったと言います。

日本では、インドから輸入したイギリス製の歯ブラシを見本に、鯨のヒゲで柄を作り、馬の毛を植えたのが現在の歯ブラシの原型と言われています。

「歯ブラシ」の名称が最初に使われたのは、1890年(明治23年)に開かれた「第3回内国勧業博覧会」で、大阪盛業会社が「歯刷子(ハブラシ)」という名称で出品したのが始まりです。

その後、1903年(大正3年)に現在のライオンが「萬歳歯刷子」を発売しました。

現在ではたくさんの種類の歯ブラシや口腔ケアの商品が発売されていますね。

歯ブラシ以外にも、歯間ブラシやフロス、マウスウォッシュ等様々な商品が開発されています。


その中で自分が使いやすいもの、合った物を見つけて継続して使うことをお勧めします。

カテゴリー 未分類, 歯のこと |
2019年10月24日

保存

こんにちは、衛生士のイリエです。

急性う蝕と慢性う蝕


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年10月22日

定期検診

こんにちは、スタッフのアオノです。

肌寒い季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、歯科健診の長期継続の必要性についてお話します。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年10月15日

歯の老化

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歳を取っていくと背が低くなるように、歯の咬み合わせも低くなっていきます。

その理由は歯がすり減るからです。

歯がすり減ると食べ物が噛み切りにくくなるため、自然に力を入れて噛むようになります。

そうなると歯はどんどんと骨の中に埋まっていくようになり、ときには傾いたりして、噛み合わせが一段と低くなっていくのです。

こうしていわゆる「老け顔」になってしまいます。

「老化」による疲労は顔だけではなく、関節、歯周組織、お口の周りの筋肉にも影響してきます。

歯の根元が深くくびれてしまったり、金属の被せ物にしわができたり、歯を支える骨が局所的になくなったりするのは、「老化」による疲労のサインが歯に現れている状態です。

噛み合わせが低くなって、歯ぎしりやくいしばりがあると、特定の歯の特定の部分に力が集中してしまい、このようにお口の中の老化が進んでいきます。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年10月14日

現代人のアゴ

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

現代では子どもたちの栄養状態は飛躍的に改善され、この50年で平均身長も成人男性では15cm程伸びたといわれています。

しかし昔と比べると運動量は減って筋力が落ち、食事は軟食化が進んでいます。

こういった環境の変化で、現代人の身長は伸び顔は小さくなってきましたが、実は遺伝子によって形が決定されている歯にとっては好ましくない変化といえます。

歯の大きさや形は、100年やそこらでは変化しないのです。

つまり、歯を受け入れる土台となるアゴの骨はだんだんと小さくなっていくのに、歯は昔のままで大きいので、八重歯などの凸凹した歯並びが起こりやすくなってしまうのです。

硬く咬み切りにくいものを噛んで食べていた古代人では、咀嚼筋が発達していて、下顎の骨全体が「L字」型になっており、顔幅が広く奥行きが深かったそうです。

これに対して戦後には、食べ物の嗜好や食習慣の変化が一気に進み、下顎の骨が「しの字」型の若者が増えてきているのです。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約