• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「歯のこと」のカテゴリー

2021年6月14日

「口腔内の細菌」その2

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

前回の「口腔内の細菌」についてのお話の続きです。

 

歯の表面積は口の中で約25%を占めています。

そこをきちんとケアしたうえで、舌、頬粘膜、歯ぐきなど、残りの約75%をケアすることがとても重要です。

この部分に細菌が残っていると、歯に付着して増殖してしまうからです。

口の中の細菌を減らすには、歯だけでなく舌や粘膜なども含めた「口の中全体のケア」が必須です。

歯に関しては、自分の歯と歯の間や詰め物の周り、歯並びのそろっていないところなど、むし歯や歯周病になりやすく、細菌がたまりやすい部位を把握して毎日セルフケアを行い、歯面から細菌を落とすことが重要です。

セルフケアでは、デンタルフロスを歯茎の下1~2ミリくらいまで入れてしっかり汚れをかき出したり、ワンタフトブラシや、先細の毛先のブラシを使って歯磨きを行うのも良いでしょう。

では、舌や頬粘膜、歯茎にはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか?

歯ブラシでこすって落とすことは、粘膜を傷つけてしまいますし、細菌を落とす効果も期待できません。

水でゆすいでも、口の中に潜む細菌は粘着性があるため落ちません。

口腔内環境改善のための洗口液は、歯と歯の隙間や、歯並びの悪く歯ブラシが届きづらいところにも入り込み、口の中全体に行き届き、歯や舌、歯ぐきなどに潜む細菌を引きよせて一緒に吐き出すことができます。

歯磨きで歯の表面からはがれた細菌の一部は、うがいで吐き出されます。

しかし、細菌は口の中を漂い、再び歯や粘膜にくっついて増殖を始めてしまいます。

続けていくことで少しずつ細菌の数が減り、口の中がキレイになっていきます。

口の中がキレイになると、唾液に含まれる細菌量も減って「キレイな唾液」になります。

そのキレイな唾液が口の中に行き渡ることで清潔が保たれ、長時間細菌が少ない状態を保つ相乗効果が生まれます。

専用のブラシで舌のケアの行うと、頑固な舌苔を熊手で掻き出すように取り除くことができます。

舌の表面にべったりと付着した舌苔は、実は生きた細菌が大集合したもの。

歯をきれいに磨くだけでは、細菌がたくさんお口の中に残ってしまいます。

 

口の中の細菌は、1日の中で増減を繰り返しています。

 

カテゴリー 歯のこと |
2021年6月8日

過剰歯の抜歯

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです

今回は、左上前歯の過剰歯の抜歯についてお話します。

 

 

過剰歯とは、通常より多く生えているとです。

今回来院された患者様は、左上2番目、3番目の裏側に2本の過剰歯が生えていました。


通常の歯はきれいに並んでいるため、対面している限りは過剰歯は見えません。

しかし、口の中を見てみると、通常の歯に寄り添うようにピッタリと生えていました。

この状態では、食べた物が挟まりやすく、ハブラシも届きにくくなるためむし歯にもなりやすくなります。


特に症状はありませんでしたが、今回抜歯することになりました。

 

上顎の場合、歯の根っこが鼻腔の両脇にある空間(上顎洞)に飛び出ていると、その歯を抜いたあとの穴と上顎洞がつながることもあるため、CT撮影をして歯の根っこと上顎洞との位置関係を解析します。

 


根っこは上顎洞とは充分離れた位置にあることが確認できました。

 

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは過剰歯はしっかりと頭が出た状態でまっすぐ生えていたので、周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから過剰歯の頭を掴んで慎重に抜いていきました。

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

抜き残しもなくスッキリと抜けていました!



 

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れのいずれの症状も現れていないとのことで一安心です。
過剰歯の抜歯、お疲れ様でした。

カテゴリー 歯のこと |
2021年6月7日

「口腔内の細菌」その1

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

 

長時間マスクをつける機会が増え、口臭に悩む人が増えています。

口臭が気になっている人たちがどの様な口臭対策を行っているのかを調査した結果、

歯を磨く         75.4%
水やお茶を飲む      63.2%               
うがいをする       52.0%                 
ガムやタブレットを噛む  47.4%            
洗口液で口をゆすぐ    42.7%              
舌を磨く         34.5%                        
人が来たら少し距離を取る 34.5%
出典:第一三共ヘルスケア株式会社2020年6月調査         

という結果が出たそうです。

しかし、残念ながらこのような対策は一時的なものにしか過ぎず、根本的な解決にはなりません。

 

そもそも口臭は、口の中に潜む「細菌」が原因です。

歯をよく磨く人で1000~2000億個あまり磨かない人だと4000~6000億個の細菌がいると言われています。

ほとんど歯磨きをしない人だと、その数は1兆にものぼるのだとか!

 

増えた細菌は、はがれおちた粘膜や食べかすなどを分解・発酵させます。

その時に出るガスが口臭となるのです。

 

さらに、マスク生活が細菌を増やす原因にもなっています。

マスクをすることで口呼吸が増えたり、飲み物を飲む回数が減るなどして口の中は乾きがちなり、細菌の増殖にうってつけの環境となってしまします。

 

根本的に口臭を解決するために重要なのは「細菌の数を減らすこと」です。

 

口臭には大きく分けて2つの種類があります。

1つは「生理的口臭」。

朝起きた時やお腹が空いた時、緊張した時などの一時的に強まる口臭で誰にでもあります。

食事や飲み物を飲むことで弱まります。

もう1つは「病的口臭」。

なんらかの病気が原因となる口臭で、むし歯・歯周病などの口の中の環境に由来する場合と、糖尿病や消化器系の病気など全身疾患が原因となる場合があります。

口の中の汚れ具合に比例して、生理的口臭もつよくなります。

また、一般的な病的口臭の90%は、口の中に原因があると言われています。

 

口の中の細菌は歯、舌の上、頬の内側の粘膜、歯ぐきなど、お口の中全体に潜んでいます!

口には約700種類の細菌がいると言われていて、その中にむし歯や歯周病に関わる細菌が含まれています。

 

 


 

カテゴリー 歯のこと |
2021年6月4日

上顎中切歯について

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。
今回は上顎中切歯についてまとめてみました

・中切歯

 唇側面観
・外形はU字型
・切縁は水平か、やや遠心が低い
・近心円は直線的、遠心縁は曲線的
・歯頸線は歯根側に向かい凸曲
・歯頸近くに2~3条の横走隆線とその間に横走溝がみられる
・ほぼ垂直方向に走る3つの新側面隆線と2つの唇側面溝がある
・遠心面の最大豊隆部(接触点)は近心面よりも歯頸寄りに位置

舌側面観
・外形は3角形
・辺縁隆線は近心は幅が狭く直線的で遠心は広く曲線的
・辺縁隆線は歯頸部付近で隆起し基底結節を作る
・基底結節の頂点はやや遠心寄りに位置
・基底結節から1~3本の棘突起が出ることがある。

隣接面観
・外形は3角形
・唇側縁は凸響、舌側縁は凹彎
・近心面のほうが遠心面より大きい
・近心面は平たんで、遠心面はやや豊隆する傾向
・歯頸線の彎曲度は近心面のほうが強い

切縁観
・唇側面の豊隆は近心がやや強い
・近心唇側隅角の彎曲度が遠心唇側隅角より強い
・切縁の遠心端は近心端よりも舌側よりに位置
・基底結節は、やや遠心寄りに位置

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年6月3日

口臭について

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のタナカです。

今日は口臭についてお話します。

 

口腔内には、多くの微生物がいます。

微生物は、外部の病原菌の侵入などを防ぐ役割を担っていますが、虫歯や歯周病の原因や、口臭の元になるガスを発生させます。

規則正しく口の中をケアすることが口臭をコントロールする上で重要となります。

口臭のある人は、ない人と比べバクテリアが多く存在しているようです。

 


 

【病的口臭】

虫歯や歯槽膿漏などの歯科的疾患のほか、鼻の病気や胃潰瘍なども、口臭の原因となります。この病的口臭は、口臭の原因となる特定の疾患を治療することで治ります。

【生理的口臭】

口の中の状態、唾液分泌量の低下などが原因で起こる口臭で、健康な人にも起こる口臭です。起床時や空腹時、緊張時などの口臭があります。この生理的口臭は、バクテリアがニオイ成分を発生しないようにコントロールすることが大切です。

【外因要因の口臭】

食品による一時的な口臭。にんにくやネギ、お酒を飲んだ後などに臭う口臭です。

 

 

口臭を防ぐ方法は、口の中を清潔にすることが重要です。

口臭の多くは、歯垢よりも舌の上やつけ根に溜まった舌苔から発生しますので、舌を磨くことが効果的です。

また、朝起きたときに口臭がする人は、唾液の分泌量が少なく、微生物が繁殖しているからです。

就寝前にしっかりと歯磨きを行うことが重要です。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年6月2日

紅斑・びらんを主微する疾患

こんにちは、スタッフのフクオカです。

 

高齢者のワクチン接種も始まりましがニュース等で色々副作用などについてされていますね。

 

早くコロナが落ち着くまでは、安心して外出もできないですね。

 

さて、今回は口腔粘膜に紅斑・びらんを主微する疾患についてお話します。

 

○紅板症

前がん病変。鮮紅色のビロード状、斑状の肥厚性の病変。

舌・頬粘膜・口蓋に多い。


○扁平苔癬

慢性炎症性角化病変で薬・金属アレルギー・ストレスなどが考えられるまた口腔カンジタを合併することもある。40代以上の女性に多い。


 

○多形滲出性紅斑

口腔・眼・鼻などの粘膜に、紅斑・水泡・びらん・潰瘍などが発生する急性非化膿性病変。

 

○薬疹

薬の副作用が皮膚・粘膜に出現したもの。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年6月1日

令和3年度 余土小学校歯科健診

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

先月、お隣の余土小学校に歯科検診に行ってきました。

3日に分けて、1年生、3年生、支援クラス、5年生を担当しました。

 

前年度は、コロナの影響で歯科検診も延期になり、毎年行っていた講演会も中止となってしまいましたが、今年度は、感染対策をとった形で行われました。



 

健診を行う保健室には5人ずつ入室し、距離を取ってならびます。

もちろんおしゃべりは厳禁です。


マスクは自分の順番が来た時に外し、健診後はすぐに戻します。

教室も窓を開け空気清浄機も作動していました。

 

私たちも、グローブ、ゴーグルを装着し、なるべく直接触れないようにミラーを使って健診を行いました。

児童が入れ替わる際には、アルコールで手指消毒も行いました。

 


 


 

ピカピカの1年生は面白いくらいにど緊張気味でそわそわしている様子でしたが、泣いたり嫌がったりする子はいませんでした。


3年生ともなるとピシッとして順番を待っています。

5年生はもう余裕の表情です。

さすがの余土っ子!!

 

健診の後には校長先生と歯科健診の様子などを少しお話しました。

今年度は講演会は行う予定とのことでしたので、そちらの準備に取り掛かります!

カテゴリー 歯のこと |
2021年5月31日

糖尿病患者に対する歯科治療の考え方(その2)

歯周病と糖尿病の関わり

歯周病の罹患率は健康な人と比較すると、糖尿病患者では増加し、さらに血糖コントロールが良好でない患者では、歯周病の発症および進行のリスクが上昇します。

糖尿病の発症率が高い民族として知られるピマ・インディアンを対象とした研究で、2型糖尿病群は年齢、性別を合わせた非糖尿病患者群と比較して歯周病罹患率は2.6倍であり、より重症であったと報告されています。

1型糖尿病患者においても同様に比較しても罹患率や重症の頻度が高いことが明らかになっています。

糖尿病から歯周病への影響を考えるうえでは、血糖コントロールの程度が重要です。

糖尿病患者における歯周病の高い罹患率と重度な歯周組織破壊は、血糖コントロールが不良な糖尿病患者にのみ観察されたこと、また、血糖コントロールが良好な患者では、歯周病のリスクの有意な上昇は認められなかったことも報告されています。

ピマ・インディアンを含む2型糖尿病患者と対象とした研究では、HbA1cが9.0%以下の被験者を重度の歯周病に罹患しているかで分類したことろ、重度の歯周病である被験者は歯周病でない被験者と比べて、2年後に血糖コントロールが悪化している割合が3.2倍であったと報告されています。

アメリカの研究でも、歯周病患者は糖尿病になるリスクが約2倍であり、歯周病患者では糖尿病に罹患する確率が高くなる可能性を示唆しています。

また、進行した歯周病に罹患した糖尿病感謝の血糖コントロールの状態が、2~3年前の状態と比較すると悪化しており、一方、進行した歯周病のない糖尿病患者の血糖コントロールは悪化していない事が報告されています。

このことは、重度の歯周病を放置していると糖尿病患者の血糖コントロールが増悪する危険があることから、歯周病は糖尿病の危険因子になる可能性を示唆しています。

歯周病によってインスリン抵抗性が上昇して糖尿病が悪化し、また、糖尿病によってさらに歯周病が悪化する負のスパイラルが起こると考えられます。

よって歯周病の罹患がある場合、積極的な歯周治療を行うことが推奨されています。

また、口腔衛生管理が確立されていない患者においても、歯磨きの習慣を徹底することにより、規則正しい生活を自身で確立するようになり、糖尿病の治療の一助になる可能性もあります。

さらに、歯周治療後のメンテナンスによって良好な歯周組織の状態を維持することが、良好な血糖コントロールの維持に重要であると考えられます。

医師や歯科医師が積極的に連携をとり、糖尿病と歯周病の相関関係について広く患者に周知し糖尿病患者に対する口腔衛生管理を徹底することが望まれています。

 

 

講習の後には学習した内容のテストを受けます。

全問正解で「合格」です

今回もなんとかテストに合格し、1単位を修了する事ができました♪

残すは17単位!!

糖尿病のお勉強は果てしなく続きます・・・。

カテゴリー 歯のこと |
2021年5月26日

病原微生物について

こんにちは。伊藤歯科医院歯科衛生士のイリエです。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月24日

糖尿病患者に対する歯科治療の考え方(その1)

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

 

糖尿病についてのお勉強シリーズ、今回は3回目になります。

今日は「糖尿病患者に対する歯科治療の考え方」です。

 

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、歯肉、歯根膜、セメント質および歯槽骨で構成される歯周疽息が破壊される炎症性疾患であり、炎症が歯肉に限られ、歯槽骨吸収が生じていない「歯肉炎」と、歯槽骨吸収が見られる「歯周炎」に分類されます。

平成28年度の実態調査から、日本人の約80%に何らかの歯周病の症状が認められており、成人のほとんどが歯肉炎から重症の歯周炎に至るまで、様々な病態の歯周病に罹患しており、現在では若年層にまで拡大しています。

歯周病は歯の周囲に付着するプラーク中の細菌や糖脂質、その他の代謝産物と生体細胞との相互作用の結果、炎症反応や免疫反応を経て、歯肉の炎症や歯槽骨の吸収などの症状を引き起こして進行します。

歯周病の危険因子は、歯周ポケット内に存在する歯周病原細菌(細菌因子)、遺伝子により支配されている生体因子、そして、喫煙やストレス、食生活に代表される生活習慣などの環境因子の3つからなっています。

歯周病原細菌と面r機反応との相互作用が解明されるにあたり、歯周病が様々な全身疾患の危険因子となる可能性が示唆されてきました。

歯周ポケットの内に存在する歯周病原細菌が全身に影響を与える経路は大きく分けて2つあると考えられています。

1つは細菌が直接血液中に侵入する菌血症です。

歯周ポケット内で歯肉の炎症が発生すると、その部位は微小の潰瘍となり、細菌が体内に侵入する入り口となります。すべての歯が歯周ポケット5~7mm程度の中程度歯周炎に罹患したと仮定すると、歯周ポケットの潰瘍部の面積の合計は55~72㎠となります。

これは、手のひらと同じくらいの大きさの潰瘍を慢性的に有していることになります。

もう1つの経路としては、歯周病変局所の慢性的な炎症反応で産生された生理活性物質が血中に入り、そのレベルが上昇するというものです。

歯周炎患者では全身のCRP、IL-6、TNF-αという生理活性物質のレベルの上昇が、歯周治療によって減少することも報告されています。

カテゴリー 歯のこと |
2021年5月21日

歯垢(プラーク)について

こんにちは。

伊藤歯科医院歯科衛生士のイシカワです。

 

歯垢(プラーク)とはどのようなものか知っていますか?

歯の表面についた白くてねばねばしたものが歯垢(プラーク)で食べかすとは違います。

歯垢は細菌のかたまりで食べかすを栄養源にして増殖し歯の表面にこびりつきます。

1㎎の歯垢の中に1億個以上の細菌が生息していてこのたくさんの細菌の中に虫歯や歯周病の原因になる菌が生息しているのです。

 

食べかすはうがいなどで取れますが歯垢は歯の表面にこびりついているので簡単に取れません。

歯ブラシや歯間ブラシなどを使って取り除く必要があります。

歯垢をそのままにしておくと歯垢の中の細菌が増殖してその細菌が出す酸や毒素で虫歯や歯周病になったり、

口臭の原因にもなります。

 

食後4~8時間ほどで歯垢になり、時間が経つと歯磨きでは除去出来ない歯石になるので食後の歯磨きはとても大事です。

歯垢は歯と同じ白い色をしていて毎日の歯磨きで除去出来ているがわかりにくいので定期的に歯科医院で

歯磨き指導を受けるのをお勧めします。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月20日

インプラントオペの症例

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、以前当院で行ったインプラントオペの症例をご紹介していきます。

今回の患者様は、以前、右下の6番目の歯が動揺していたため、状態を確認したところ、一部、根っこが折れていました。
当時はまだ抜歯は考えておられず、今後、腫れを繰り返すようなら抜歯を検討するということで、ワイヤーとセメントで固める処置をしていました。
その後、3年ほど経った時に痛みが出始め、噛む事が難しくなったとの事で、抜歯してインプラントを植立することを希望されました。
そして、右下6番目のインプラント植立が決まりました。
当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

CGFとは、患者様自身の血液を専用の遠心分離器で血液を遠心分離して生成した「フィブリン」と傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。
インプラント手術では、骨が足りない部分にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆うことで、骨密度が低い人や顎の骨が薄い方など、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるため、インプラントオペでは必ずと言っていいほど使用されます。
麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。
まずは歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。
ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。開けた穴にCGFを入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。

翌日、消毒に来院された際に症状を確認したところ、痛みは少しあるが我慢できる程度で、出血や腫れ、しびれも症状はないとのことで一安心です。


※オペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント, 歯のこと |
2021年5月19日

フッ素を“長く残す”習慣を!

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のマエダです。

むし歯の発生を防ぐ効果があるフッ素は、口の中に長く留めておくことが大切です。
フッ素を残すオーラルケア習慣を身に付けることが、むし歯予防の大切な一歩です。

 

子供の歯のために歯医者でフッ素を

フッ素にはむし歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進し、歯の表面を強化してむし歯になりにくくする働きがあります。

その為、特にむし歯になりやすい「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」を持つ子どもたちにむけて、フッ素を塗布して予防するフッ化物歯面塗布法を多くの歯科医院で実施しています。

大人にもフッ素は重要

大人になると、不規則な生活や、歯科治療などにより2次むし歯(治療済の歯が再度むし歯になる)になりやすく、むし歯リスクが上昇することがあります。また年齢が進むにつれ、歯周病によって歯茎が下がってしまい、セメント質とよばれる表面が弱い部分が露出し、むし歯になりやすくなります。

歯科研究では、フッ素配合ハミガキ剤を使うと歯の根元のむし歯を67%も抑制可能という結果も存在します。

フッ素ケアは大人にも非常に大切なケア方法なのです。

 


 

フッ素配合ハミガキ剤によるむし歯抑制率

フッ素を口に残す歯磨き剤を選びましょう

 

フッ素配合の歯磨き剤は多い

フッ素にはむし歯を予防する効果があるため、フッ素配合のハミガキ剤は一般的なものとなりました。

フッ素を長くとどめることが大切

フッ素は歯磨きをしたあとも歯や粘膜などに残り、少しずつ唾液と混ざり合って口の中で効果を発揮します。だからこそ、フッ素は長く留めることが大切です。


 

フッ素を残すための2つの工夫

普段の歯磨きにおいて少しの工夫をすることで、フッ素を口の中に長く留める習慣が身につきます。ここでは2つの工夫をご紹介します。


 

 

すすぎは少ない水で1回

ハミガキ剤を吐き出したあと何度も口の中をすすいでしまうと、口の中に残るフッ素の量が少なくなってしまいます。

そこで、歯磨き後は5~15mlの少ない水で5秒間程度ブクブクと1回だけすすぐことをおすすめします。また歯磨き後は1~2時間は飲食を控えるとさらに効果的です。

 


 

 

むし歯になりやすい就寝前の使用がおすすめ

寝ている間は唾液の分泌がすくなくなり、口の中の自浄作用が低下するため、細菌が繁殖しやすい状態になります。寝る前の歯磨きはフッ素配合のハミガキ剤で丁寧に行い、むし歯予防を心がけましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月18日

マウスピースによる歯列矯正の症例

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、マウスピース矯正で歯並びが改善した症例をご紹介したいと思います。

 

まずは簡単に「マウスピース矯正」についての説明を・・・

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを使って行う歯科矯正の方法です。

(※当院では2019年10月よりDENマウスピースからGikoアライナーに移行しました。)

硬さの違うマウスピースを2~3週間ごとに装着していくことで、少しずつ歯を動かしていきます。

装置は透明なので目立ちにくく、脱着も簡単にできるので管理がしやすいのもメリットの一つです。

 

 

今回ご紹介する患者様は2019年5月に治療を開始されました。

開始時の歯並びは、上の前歯が重なりあった状態でした。

 


 

約2年が経った現在の歯並びがこちらです。

 


 

重なりは解消され、キレイなアーチ形に変わりました!

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

最適な治療効果を得るために1日17時間以上の装着が必要です。

できるだけ長い時間装着し、よく噛むことで効率よく歯が動いていきます。

食事と歯磨きの時以外は装着しておくのが一番良い方法です。

装用時間が短いと歯が適切な位置に動かず、次のステップに進めなくなる場合があります。

また、食事後、就寝前は必ず歯磨きを行いましょう。

マウスピース本体もしっかりと洗浄してください。

 

症例によってはマウスピース矯正では対応できない場合もあります。

歯並びに悩んでいる方、興味のある方はぜひスタッフまでお問い合わせください。

キレイな歯並びを手に入れる第一歩を踏み出しましょう!

カテゴリー DENマウスピース, 歯のこと |
2021年5月17日

糖尿病と歯周病総論

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

糖尿病についてのお勉強、第2弾。

今回は「糖尿病と歯周病総論」です。

 

 

糖尿病の人の歯周病の変化

糖尿病のある患者は口腔内症状として下記のような変化が見られます

・歯周組織の微小血管障害

・歯周結合組織の代謝の異常

・血管障害

・免疫機能の低下

・唾液の減少

・口腔乾燥

・歯肉出血

・口臭の増加

糖尿病患者は免疫力が低下しているため、組織を元戻す力が弱く、炎症による組織破壊が進行しやすいからです。

 

糖尿病と歯周病の関係

高血糖が歯周病を悪化させるメカニズムとしては、血糖の上昇に伴い、血液中の糖化タンパクが増加し、歯周組織のマクロファージをしへきし、サイトカイン量が増加、そして歯周組織の炎症が促進され、歯周病が悪化すると考えられています。

糖尿病の人は、糖尿病ではない人に比べて、中等度あるいは高度の歯周病になる頻度が2~3倍高く、歯周病が進行しやすく、治りにくいのです。

歯周病により糖尿病を悪化させるメカニズムは、歯周組織で、ある特定のサイトカインが増加し、血液を介して肝臓、筋肉、脂肪組織に運ばれて、インスリンの作用を抑制していまい、細胞内へのブドウ糖の取り込みが阻害され血糖値が上昇するために糖尿病の悪化につながると考えられています。

歯周病の治療を行うと歯周病が治癒するだけでなく、血糖値の低下にもつながります。

 

糖尿病患者における地域医療連携

糖尿病を持つ人が、快適な質の高い充実した療養生活を送るためには、糖尿病が早期に発見され、適切な管理・治療を継続する事が重要になります。

糖尿病患者が増加する一方、糖尿病専門医の数は限られているため、かかりつけ医と専門医の連携が必要となります。

かかりつけ医だけではなく、かかりつけの歯科医眼科医との連携も重要となります。

糖尿病における地域医療連携は、医療枠内での連携にとどまらず、かかりつけ薬局、管理栄養士などと地域における多職種医療連携チームによる対応が望まれています。

とくに歯周病治療は血糖改善効果があるため積極的に歯科受診を勧めていきます。

 

 

講習の後には学習した内容のテストを受けます。

全問正解で「合格」となります。

無事、テストに合格し、1単位を修了する事ができました♪

残すは18単位!!

糖尿病のお勉強はまだまだ続きます・・・。

カテゴリー 歯のこと |
2021年5月13日

舌磨きがコロナ対策になる

こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのヒノです。

 

愛媛県はコロナが連日20人、30人と増えつづけ、とても不安な日々です。

すこしでもコロナ対策があればと探していると興味深い話があり自分なりに調べてみました!

「舌磨きがコロナ対策になる」という話です。

重症化すると命にかかわる危険性のある新型コロナウイルスですが、「舌磨き」をすることでそのリスクを減らせるとか!

新型コロナウイルスに感染すると、肺の免疫が低下することが分かっています。

その状態で口の中に最近が肺に入るとウイルスによる肺炎とは別で、細菌による肺炎を起こします。

舌を磨いたからといってウイルスの予防ができるわけではありませんが、続いて起こりうる細菌性肺炎の発症リスクを下げにはお口の中の清潔を保つ事が重要です。

 


 

そこで歯磨きだけではなく「舌磨き」も行いましょう。

ウイルス対策だけではなく口臭予防や様々な体の不調の原因を取り除くことも期待できます。

正しい方法でしっかり行いましょう。

 

まずブラシですが歯を磨いたブラシでそのままはNG!!

菌をこすりつけているのと同じです。

ハブラシとは別で舌ブラシを用意しましょう。

舌磨き用のジェルもあるので使うとよりいいでしょう。

 

朝のハミガキの後に行うのがいいみたいです。

 

舌の正しい磨き方

①ブラシは舌の奥から手前へ動かす。
 舌苔に含まれる細菌が喉の奥に入ってしまうのを防ぐためです。

②優しくなでるような力で
 力を入れず優しい力で汚れを落としましょう。

 

間違った方法で舌磨きを続けると余計に舌苔が増えてしまい逆効果です。

細菌が繁殖してお口のトラブルや体の不調につながるので気をつけましょう。

まだまだ目途の立たないコロナウイルスですがしっかり対策をして頑張りましょう。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月12日

顎の痛み

こんにちは、伊藤歯科医院受付コバヤシです。

 

まだまだコロナウイルスの感染拡大が心配ですが、春から新生活が始まったという方もいらっしゃると思います。

 

慣れない新生活では、ストレスや不安を感じることも多いのではないでしょうか。

それにより無意識に肩に力が入っていたり、歯をくいしばっていたり・・・

肩や首のこりや歯の食いしばりは、顎の筋肉の緊張を引き起こし、顎が痛い、口が開けづらいという症状が出てきてしまうことがあります。

 


 

また、頬杖をついたり歯ぎしり食事の時に片側だけで噛むパソコンスマートフォンを長時間見るなどの習慣も要注意です。

実は顎の痛みは、歯や咬み合わせに問題があることは少なく、上記のような日常生活の習慣により引き起こされることが非常に多いのだそうです。

 

 


 

顎の痛みを感じたら、姿勢を良くしてみる、無意識に歯が食いしばっている状態にならないように注意する、パソコン、スマートフォンを長時間見ない、などの対策をとってみてはいかがでしょうか。

 

当院でも顎のマッサージや、歯ぎしり防止のためのマウスピースを作製することもできますのでご相談ください。

 

それでは、これからもできるだけ体調管理に気をつけて頑張りましょう!

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月7日

下顎側切歯の形

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。

今回は下顎側切歯の形をまとめました

・下顎側切歯

唇側面観
・外形はU字型
・切縁は近心から遠心にかけて歯頸側よりに傾斜
・遠心隅角が丸みを帯びている
・溝、隆線は不明瞭

舌側面観
・外形は不等辺三角形
・舌側面窩が浅い
・溝、隆線は不明瞭
・辺縁隆線、基底結節はあまり発達がみられない

隣接面観
・外形は三角形で中切歯に類似
・近心面のほうが遠心面より大きい
・近心面の歯頸線は遠心面より切縁寄りに位置

切縁観
・切縁は近心から遠心にかけて舌側に傾斜
・唇側面の近心半が豊隆
・基底結節はやや遠心寄りに位置
・彎曲徴がみられる

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月6日

歯はいつからできるか

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のタナカです。

 

  • 歯はいつからできるか
歯は石灰化した硬い組織で、口の中に出ている歯冠部と歯槽骨の中で歯を支えている歯根部からなります。

歯冠部の表層は人の体の中で最も硬いエナメル質で被われており、その内側は象牙質で、中心部には神経や血管などの軟らかい組織が詰った歯髄があります。

エナメル質は皮膚や爪、脳神経などと同じ種類の外胚葉由来の細胞から作られ、象牙質と歯髄、歯を支える歯槽骨、歯根膜、セメント質は中胚葉由来の細胞から作られます。

胎生7週から10週頃になると、口の表面の上皮細胞が数を増して内部に入り込み、乳歯の芽となる歯胚が形成されます。

また、胎生3か月半頃になると永久歯の歯胚の形成も始まります。

これらの歯胚は数年の期間をかけて歯槽骨の中で発育し、やがて歯として口の中に生えてきます。

 
  • 乳歯はいつから生えてくるか
最初の乳歯は、生後6か月から8か月にかけて下の中央から生えてきます。

この歯は乳中切歯と呼ばれ、少し遅れてその隣の乳側切歯や、相対する上の乳切歯が生えてきます。

1歳半くらいになると1本離れたところに奥歯の第1乳臼歯が、また、2歳までには乳側切歯と第1乳臼歯の間に乳犬歯が生え、最後に一番後ろの乳歯である第2乳臼歯が2歳半から3歳頃にかけて生えてきます。

 


 

 
  • 永久歯はいつから生えてくるか
6歳前後になると最初の永久歯が生えてきます。永久中切歯が生えて6か月から1年くらい過ぎるとその横の側切歯や上の中切歯が生え代わり、さらに数か月遅れて上の側切歯が生え代わります。

9歳から12歳くらいにかけては、側方歯群と呼ばれる乳犬歯、第1乳臼歯、第2乳臼歯が順次生え代わり、さらに、これらの歯の一番後ろに第2大臼歯が生えて、永久歯の歯並びが完成します。

人によっては20歳頃になると、さらに後ろに親知らずが生える場合もあります。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年5月5日

口腔粘膜の水泡形成を主微する疾患

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

 

ここ最近愛媛でもコロナが増えて来ましたね。

 

今回は、口腔粘膜の水泡形成を主微する疾患についてお話します。

 

水泡を形成するのはウイルス性が主で中には自己免疫疾患もあります。

 

〈ウイルス性〉

○単純疱疹―単純疱疹ヘルペスの感染

・ヘルペス性口内炎…6歳以下の子供に好発

・口唇ヘルペス…成人に好発。紫外線・疲労などが原因で単純疱疹ヘルペスに再感染しておこる。


 

○帯状疱疹―水痘・帯状疱疹ヘルペスの感染

初期感染時に水痘が生じるが、特に脳神経・脊髄神経に潜伏する。高齢者に多く見られる。

 

○ヘルパンギーナーコクサッキーウイルスA主体のエンテロウイルスの感染

夏に流行、乳児・小児に多く見られる38~40℃の発熱。

 

○手足口病―コクサッキーウイルスA16・エンテロウイルス71の感染

夏に流行、口腔粘膜の水泡・アフタ、手足の発疹・水泡が見られる。

 

○麻疹―麻疹ウイルスの感染

皮膚の発疹が見られる1~4日前に両側頬粘膜に1~3mmの灰白色の扁平な斑点が見られる。

 


 

 

〈自己免疫疾患〉

○天疱瘡・類天疱瘡

1.口腔粘膜に限局

2.口腔と皮膚に発症

3.皮膚に限局

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約