• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ

「歯のこと」のカテゴリー

2020年4月6日

目指そう8020!

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「8020を目指すため」のお話です。

80歳になっても自分の歯が20本以上あることを目指す8020(ハチマルニイマル)運動というのがありますが、2022年までに達成者を50%にするという目標が2016年に早々に達成されました。

8020達成者



しかし残存歯数は各年代で増加しつつありますが、歯周ポケットが4mm以上ある人の割合が75歳以上の高齢者で著しく増加しており、多くの高齢者で残存歯が歯周病に罹患していることがあきらかになっています。

根面う蝕有病者率



4mm以上の歯周ポケットを有する者の割合



中・高年齢者にとっては、前歯の根元のむし歯や歯周病の治療・予防対策が重要となります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年3月9日

子どもの成長と歯磨き②

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

今回は、前回に引き続き「子どもの成長と歯磨き」についてのお話です。

子どもがまだ小さい頃のおやつは保護者が管理できますが、小学生になり友達との付き合いも増えると、おやつが「食生活の楽しみ」となり、その内容や摂取の仕方が変わってくることがあります。

とくに生えてまだ間もない永久歯はむし歯になりやすいので、砂糖がいっぱい含まれたおやつを食べた後はしっかりと歯を磨くようにしなくてはいけません。

また、食べる時間を決めたり、歯にいいおやつを選んで食べるのも大切です。

最近は透明で水のように見える「フレーバーウォーター」といわれるものも多く売られていますが、

これを「ジュースではないから大丈夫」と思われてる方もいるそうですが、実際は乳酸飲料やスポーツ飲料と同じ酸性飲料ということを知っておきましょう。

 

小学校の中学年~高学年になると、お口の環境は大きく変わり永久歯への生え変わりが進んでいき、お子さんによっては歯並びがガタガタになったり八重歯が気になり始める子がでてきます。

歯並びがそろっていないと、普通に歯磨きしただけでは歯ブラシが行き届かず、磨き残しが多くなってしまいます。

そして磨き残しが多くなることで歯肉炎や歯周病をを引き起こす原因となります。

それらを予防するためには、歯並びを意識しながら歯磨きすることや、矯正治療も視野に入れていくことが必要です。


乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、乳歯列でしっかりと噛めていた状態とは異なり、上手に噛めない、食べにくものが出てくることもあります。

保護者は食事をせかしたりせず、慌てず安全に食べられるよう、お子さんを見守ってあげてください。

 

小学生や中学生になると、部活動などでスポーツを始めるお子さんも増えると思います。

自然とスポーツドリンクを摂取する機会も増えてきますが、運動時には歯が乾燥するのでスポーツドリンクの糖分によってむし歯菌が増え、歯のエナメル質が溶けてむし歯になることが危ぶまれます。

スポーツドリンクを飲む量やタイミングなども気をつけたいですね。

この年頃になると保護者による仕上げ磨きをすることもほんんどなくなるので、定期的に歯医者さんでチェックしてもらうことをオススメします。

年齢や環境などから一人ひとりに合う歯磨きの仕方は異なってくるので、歯医者さんで正しい歯磨きの方法を教えてもらいましょう。

カテゴリー 歯のこと |
2020年3月5日

乳歯の抜歯について

こんにちは衛生士タナカです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

健全な永久歯が生えてくるために、乳歯を抜歯しなければいけないことがあります。

ではどんな時に乳歯を抜かなければいけないのでしょうか?

すぐに抜歯が必要なのは、後から生えてくる永久歯の歯胚の形成に影響を及ぼす場合です。

歯胚とは永久歯のタマゴのようなものです。

まず乳歯の特徴として、エナメル質、象牙質が永久歯の1/2の厚さしかありません。

そのためむし歯になりやすく、そこから根っこの病気に進行してしまいます。

小さいお子さんの場合、なかなか「歯が痛いから歯医者へ行きたい」と自分から言い出すこともなく、気付いたときには乳歯を抜歯しなければならないなんてこともあります。

3~5歳くらいの未就学児では、永久歯の歯冠が形成途中になるので、根っこの炎症から影響を受けやすいため炎症の起きた乳歯は抜歯の対象となります。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 未分類, 歯のこと |
2020年3月2日

子どもの成長と歯磨き①

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

今回は「子どもの成長と歯磨き」につてのお話です。

赤ちゃんはだいたい、生後6ヶ月前後でまず下の前歯が生えてきます。

可愛い乳歯が生えてくるのを見ると、「むし歯にしたくない!」と思いますよね。

でも、そこでいきなり「歯磨き」をしようとしてはいけません

まずは唇や頬などお口の周りに少しずつ触れて過敏緊張を和らげていきます。

そして余裕ができてくれば、ガーゼや麺棒などでお口の中や歯のケアを始めていきましょう。

初めての歯ブラシは当たっても痛くない、毛先のやわらかいものを選ぶといいでしょう。

まずは歯ブラシに慣れることが大事です。

お子さんが小さいうちは保護者の仕上げ磨きが中心の時期となります。

保護者の膝の上に寝かせた状態で磨きで、「えらいね、上手だね」と笑顔で優しく声をかけながら行ってみてください。

数を数えたり、歌いながら磨いてみるのもいいでしょう♪

しだいにお子さんも自分で歯ブラシを持って磨いていくようになりますが、歯ブラシによる事故には最大限の注意が必要で、必ず保護者の膝がイスに座らせてしっかりと歯磨きを見守ってあげてください。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年2月27日

チョコレートと口腔の関係

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

今年の冬は暖かいですね。

世界中で新型コロナが流行していて心配な毎日です。

まだまだインフルエンザも流行っているようです。

手洗いやうがいをしっかりして予防しましょう。

さて2月といえばバレンタインがありますね。

私にとって一年で一番楽しみな月

街に出ると色々なところでチョコレートが販売されていて

見ているだけでも幸せな気分になります。

今年も沢山買いました。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 未分類, 歯のこと |
2020年2月19日

歯周

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院衛生士のイリエです。

 

硬組織疾患の種類

①う蝕症

②咬耗症・摩耗症

③酸蝕症

④破折

⑤形成不全

 

仮性ポケット

歯肉が腫脹して歯肉溝が深くなったもの

 

真性ポケット

→歯肉溝底部が歯面から剥離して深くなったもの

 

★外科的歯周治療


 

★歯周基本治療=イニシャルプレパレーション

①患者教育

②口腔清掃指導

③スケーリング・ルートプレーニング

 

★代表的な歯数


 

★超音波スケーラー

接触圧=40~90g

角度=15度

・20000Hz(25000~40000)以上の周波数(波長短い)

キャビテーション効果がある(空洞現象周りにも!!)

動揺歯に使用可

・おおまかなら智歯周囲炎にもOK!!

 

深部の縁下歯石は触感がほとんどない

プロービング(4点法+8点法+6点法)+X線で確認

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年2月12日

歯磨き粉の使い方

こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

寒い日が続きますが、皆さん風邪などひかないように気をつけて下さいね!

 

前回のブログでは、歯磨き粉の選び方や違いについてお話ししました。

そこで今回は、使い方に注目してお話してみたいと思います。

せっかく自分に合った歯磨き粉を選んでも、効果を発揮できる使い方をしなければもったいないですよね。

効果を十分に発揮するためには、約1g(1~2㎝)の歯磨き粉が必要だと言われています。


 

また、歯磨きが終わったあとに口をよくゆすいでしまうと、薬効成分がほとんど流れてしまうそうです。

泡を出さずに約10mlの少量の水を口に含んで、ぶくぶくうがいを30秒行うようにしましょう。

そうすることで隅々まで薬効成分が行き渡ります。


その後は出来る限りゆすがないようにすることが望ましいようですが、ご自身が不快感を感じない程度で最小限にゆすぐようにして下さい。

 

自分に合った歯磨き粉選びや使い方を見つけることが大切です。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年2月10日

前歯の外傷

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は「前歯の外傷」についてのお話です。

 

「生えてきたばかりの永久歯が折れてしまった!」

7~9歳頃のお子さんでは、転倒や衝突などで上の前歯に外傷を受けることが多いといわれています。

永久歯の外傷が多いとされる8歳前後で、ほとんどのお子さんの上の前歯は、まだ生えてきてきて間もない永久歯です。

生えて間もない永久歯を幼若永久歯といいますが、この幼若永久歯には以下のような特徴があります。


外傷を受けて治療をする際には根っこまで完成した永久歯とは違い、「仮の」治療になります。

そして永久歯が生えそろって咬み合わせが安定する18~20歳頃に本格的な修復治療を行うようになります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年2月7日

乳幼児のむし歯

こんにちは。伊藤歯科医院衛生士タナカです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

むし歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌は、乳幼児の約半数以上において母親から伝播し、それ以外は父親や養育者から伝播するといわれています。

そのため、母親だけでなく、乳児を取り巻く家族全員が妊娠期から口腔内をきれいにしておくことが重要です。

スプーンの使い回しがよく伝播の原因として挙げられますが、これはむし歯予防という観点からだけでなく、口腔機能の発達という観点からも、食べるための自分の道具を持たせることが大切です。

次にむし歯予防で注意したいのが糖分です。

乳幼児は胃がまだ成長していないため、1日の必要栄養量を3回の食事では賄えません。

そこで、補食・間食と考えておやつはお菓子ではなくおにぎりや焼き芋などが適しています。

間食の目安は、1~2歳では1日の推定エネルギー必要量の10~15%(約100~150kcal)、3~5歳では10~20%(約150~250kcal)です。

またむし歯予防だけでなく、味覚の形成時期でもあるので低年齢から甘味を覚えさせないために少なくとも3歳までは市販のお菓子ではなく、できるだけ天然の食物や、薄味の離乳食・幼児食を食べさせてあげることをオススメします。

キシリトール系のお菓子は、甘味を知っている学童期には代用甘味料として有効ですが、甘味を知らない低年齢児には”だらだら食い”の食生活習慣に繋がる危険性があるためあまりオススメできません。


上図はステファンカーブという頻回摂取による口腔内の変化を示したものです。

授乳の際にもだらだらさせていると”だらだら食い”につながるので注意が必要です。

2018年にWHOとユニセフから発表された母乳育児の新ガイダンスでは、2歳までの母乳育児が勧められています。

しかしこれは発展途上国に向けられたもので、不衛生なミルクなどによる感染症を防ぎ乳児死亡率を減らすことが目的とされているため、先進国は対象とされていません。

健康に気をつけて規則正しい生活・食生活をしていれば自然にむし歯予防が実践できます。

あまり神経質になりすぎるのもよくないので、育児を楽しめるようにしてくださいね。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年2月3日

バランスケア

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回はからだのバランスケアのお話です。

歯の咬み合わせは全身のバランスのひとつです。

歯の咬み合わせが良くないと、全身の姿勢が歪んでしまいます。

顎の骨は、頭蓋骨から首、背骨、腰、足へとつながっているので、顎がずれていると頭が傾き、からだはバランスを取ろうとして、ゆがんだり傾いたりしてしまいます。

そして、同じように姿勢の歪みは噛み合わせを歪ませるという、結果が原因となる歪みの悪循環を引き起こしてします。

まずはからだを歪ませる悪い生活習慣を見つけて、それを改めることがバランスケアの第一歩です。

上下の歯は、物を噛んだり唾液を飲み込んだりする時以外は離れていて接触していないものなのですが、いつも上下の歯を接触させているクセのある人の場合は、その事実を知るだけでもかなり改善すると言われています。

頬杖や寝ながら本を読むクセも、その結果が大きな健康被害に結びつくことを理解したら、改善しようという気持ちも強くなります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年1月27日

フッ素とキシリトールとリカルデント(CPP-ACP)

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、むし歯を予防するのに有効な「フッ素」、「キシリトール」、「リカルデント(CPP-ACP)」についてのお話です。

当院のブログでも、何度も出てくるこの3つの成分ですが、いったい何が違うのでしょうか?

詳しくお話していきます。

まずは「フッ素」

3つの中でも、一番聞き馴染みのあるものではないでしょうか。

フッ素の効果は歯の表面に作用して歯を強くして、むし歯になりにくくすることです。

当院でも、お子さんの定期検診や治療の際に、フッ素塗布を行っています。

また、家庭でもフッ素塗布できるスプレータイプの物がドラッグストアー等でも市販されています。

大人でも、歯周病によって歯肉が下がり、歯根部分が露出してしまった場合、歯根部分は歯冠のエナメル質より弱いので、フッ素塗布は有効です。


次に「キシリトール」

キシリトールは、砂糖と同じくらいの甘さを持つのに、むし歯になる可能性のない天然の甘味料です。

ガムやタブレットでおなじみの成分ですね。

むし歯菌のえさにはならない糖分なので、むし歯菌は酸を作ることができません。

キシリトールを習慣的に使うことで、口の中がむし歯菌の居心地の悪い環境になり、むし歯菌は減って、むし歯になりにくい菌が増えていきます。

つまりむし歯になりにくい環境になるのです。

しかし,キシリトール入りの商品の中には他の甘味料も多く含まれていることがあります。

その場合、再石灰化促進物質の量も不十分となるため、むし歯予防効果はあまり多く期待できません。


 

最後に「リカルデント(CPP-ACP)」

市販されているガムの商品名にもなっていますよね。

リカルデントはむし歯菌により、歯の表面から溶け出したカルシウムやリンなどのミネラルを元に戻し、歯を元の状態に近づける効果があります。

また、むし歯菌により酸性になり歯が溶けやすくなったお口の中を、中性に戻してくれる役割もあります。

牛乳由来の成分カゼインから作られているので、牛乳アレルギーの方は注意が必要です。


 

以上の3つの成分をまとめると

フッ素は、歯を強くして酸によって溶かされにくくする効果(防御力)

キシリトールは、むし歯菌を弱らせる効果(攻撃力)

リカルデントは、歯の再石灰化を促進させる働き(修復力)

という、それぞれ違う役割のむし歯予防力を持っていると言えます。

 

しかし、いずれもむし歯予防にすぎませんので、毎日の歯磨きなしでは効果がありません。

そして、フッ化物とキシリトールやリカルデントを併用することで効果がさらに増大する事が期待できます。

カテゴリー 歯のこと |
2020年1月16日

保存

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のイリエです。

ブラックの窩洞

コンポジットレジン修復について

長所
練和が容易である、または練和の必要性がない
形成性に優れている
ボンディング材を併用するので、窩壁へのぬれがよい
接着性が著しく大きい
色の種類も多く、色調も優れている

短所
歯髄刺激性が強い
酸処理法や前処理法を併用しないと接着効果が出にくい
生活歯の歯頸部欠損に対しては、グラスアイオノマーの方がいい場合がある


グラスアイオノマーセメントについて

長所
酸処理なしに歯質に接着
卑金属に対して接着
歯髄刺激性がない
フッ素異音の溶液により二次う蝕抑制が期待できる
知覚過敏症に効果的
熱・電気の不良導体
半透明になる

短所
機械的強さが劣る
崩壊率が大きい
初期硬化の進行途中で感水性がある
乾燥すると表面に亀裂
色の種類がコンポジットレジンのほうが豊富

ラミネートベニア修復について

歯質削量が少ない
歯髄に対する為害性がないまたは少ない
審美性に優れる
前歯のアクテリアガイダンスに変更がない
歯頸部の着色や変色がない
歯質とラミネートの接着が強固

リン酸亜鉛セメントの練和法
ガラス練板を広く使い放熱させながら金属スパチュラで練和
粉末と液が一定でも硬化時間や症状が、練和操作により変化する
分割して練和する(4・6分割方)

鋳造修復について

長所
咬合圧負担の多くかかるところに用いることができる
形態の復元・修復が容易
窩縁斜面をつけ、窩縁部のエナメル質の保護と、修復物の適合性の方向をはかることができる
時間が短い(口腔外操作が多い)
水銀を使用しない(色々な問題に注意する必要がない)
周囲歯質を着色しない
生活歯髄に対し裏層効果を得られる

短所
技工操作が複雑で時間がかかる
側壁が外開きのため外れやすい
合着操作がが必要
合着セメントが溶解すると辺縁封鎖性を損ねる
費用大になりやすい

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年1月6日

初期むし歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「初期むし歯」についてのお話です。

「初期むし歯」とは、歯の表面の少し内側からカルシウムやリンといったミネラル成分が溶け出す「脱灰」によって、表面からわずかに内側の密度が低くなった、むし歯で穴の開く一歩手前の状態のことです。

健康な歯の表面は透明感があり、光沢のある透き通った白色ですが、初期むし歯になっている部分は透明感や光沢が失われ、表面が白く濁っています。

奥歯であれば溝の部分が茶色に変色するなど、見た目に特徴が現れます。

しかし、触っても凹凸はなくツルツルとしていて、しみたり痛みが出たりするような自覚症状もまったくありません。

学校などの歯科健診ではCO(シーオー)と呼ばれる状態で、その時点では治療はせず経過を見ることになります。

脱灰によってそのまま歯のミネラルを失い続けると、やがて歯の表面に穴があいて、実際のむし歯になってしまいますが、フッ素を歯の内部に取り込ませ、唾液の中のミネラルによる「再石灰化」を促進することで健康な歯に戻る可能性があるからです。


 

またメルボルン大学歯学部エリック・レイノルズ教授の長年に渡る研究により誕生した、牛乳由来の成分、乳タンパクからできたカゼインホスホペプチド(CPP)とカルシウムとリン酸を含むアモルファスカルシウムホスフェート(ACP)との複合体である「CPP-ACP」という成分は、歯が酸によって溶け出してしまうのを抑制したり、歯から溶け出したミネラルを取り込むことができます。

初期むし歯をむし歯に進行させないためにも、フッ素が配合された歯磨き剤や、CPP-ACPを配合した初期むし歯をケアできる特定保健用食品のガム等も発売されていますので、上手に活用していきたいですね。

そして、正しい歯磨きケアの方法を覚えたり、だらだら食いをしない、甘い物を控えるなどの生活習慣を見直す事も大切です。


特に子どもの歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)に比べて大変やわらかいため、むし歯になりやすく、また、むし歯になるとその進行がとても早いのが特徴です。

そのため、食生活や歯みがきなど、自分でコントロールできない小さな子どもには、保護者の管理がとても重要となります。

また、大人から子どもにむし歯菌を感染させないことにも注意しましょう。

これらの事に気を付けて、家庭でのセルフケアを行っていきましょう。

もちろん、歯科医院での定期検診もお忘れなく・・・。

カテゴリー 歯のこと |

口呼吸から鼻呼吸へ

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

寒くなってきましたが風邪などひいていませんか?

今回は口呼吸についてお話を・・・。

皆さんは鼻で呼吸できていますか?

口で呼吸していませんか?

鼻にはフィルターのような空気中のばい菌やウイルスなどを取り除く働きがありますが口呼吸ではその働きがありません。

そのため風邪をひきやすくなります。

また口呼吸によりお口の中が乾燥して唾液が出にくくなります。

唾液には細菌や食べかすを洗い流しお口の中を清潔にする働きがあるので虫歯や口臭や歯周病を引き起こす原因になります。

そのほか睡眠を妨げたり歯並びにも影響を及ぼします。

このように口呼吸にはデメリットが沢山あります。

無意識に口が半開きになる。

イビキをかいたり歯ぎしりをする。

唇がよく乾燥する。

口が「へ」の字の形

唇を閉じると下アゴに梅干状のふくらみとシワができる。

前歯が出ている。

朝起きたときにのどが乾燥している。

当てはまる点はありませんか?

一つでも当てはまる点があれば口呼吸になっている可能性があります。

口呼吸の治し方として『あいうべ体操』があります。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年1月4日

むし歯のリスク判定

こんにちは衛生士タナカです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

自分がむし歯になりやすいかなりにくいか、これは気になるところですよね。

そこで今日は、むし歯になるリスクをセルフチェックできる基準をご紹介します^^

むし歯のリスク判定は、年齢も考慮しなければなりませんが、むし歯ができる場所によっても変わります。

たとえば、奥歯の噛み合わせの部分だけにむし歯治療をされている場合と、歯と歯の間や歯茎の境目付近にむし歯が多くあった場合とではたとえ小さなむし歯でも本数があれば後者の方がハイリスクと考えられます。

また、下の前歯のすべての面や下の奥歯の内側(舌側の面)は、むし歯のできにくいところなので、もしこの部位に数本でもむし歯の治療跡があれば、かなりのハイリスクと考えられます。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 未分類, 歯のこと |
2019年12月23日

顎関節症の原因

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「顎関節症の原因について」のお話です。

顎関節症とは、あごの関節や周りの組織に異常が起きることで、口の開閉が困難になったり、妙な音がしたり、痛みが出たりなど、顎関節に関するさまざまな不具合が生じます。

10歳代後半から20~30歳代の女性に発症する率が高いと言われています。

一口に顎関節症といっても、その病態は一つではありません。

まず顎関節症の病態は
咀嚼筋痛障害
顎関節痛障害
関節円板障害
変形性顎関節症
4つに分類されます。

さらに顎関節に問題がある場合と、咀嚼筋の問題とに大きく2つに分けることもできます。

また顎関節の問題は関節の炎症性変化外傷関節円板の問題なども持っています。

このように顎関節症は、さまざまな病態が組み合わさって現れているので、その原因も単一ではありません。

以前は咬み合わせが顎関節症を発症する重要な要因であると考えられることが多かったそうです。

そのため顎関節症があればスプリントといったマウスピースを装着して咬み合わせの負担を減らす治療が行われてきました。

しかし最近では顎関節症は多因子疾患であるという説が支持されているといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年12月20日

ドライマウス

こんにちは、伊藤歯科医院衛生士のニイヤマです。

あっという間に12月で今年も残すところあと少しとなりました。

日に日に寒くなっていますがみなさん風邪には気をつけてくださいね。

 

いきなりですがみなさん簡単なセルフチェックをしてみてください。

□ 口が乾く

□ 口が乾いて話しにくい

□ 口の中がネバつく

□ ぱさぱさした食感のものが食べにくい

□ 夜間、水を飲むために起きる

□ 口臭が気になる

□ 舌や口の粘膜が痛い

 

これらにすべて当てはまる方がいたらドライマウスの可能性が高いです。

 

<ドライマウスの原因>

①薬の副作用

②ストレス

③加齢

④筋力低下 生活習慣、口呼吸

⑤糖尿病

などにより唾液の分泌量が低下するとドライマウスになり、唾液が本来の役割を果たせなくなります。

 

<唾液の低下で繋がる症状>

・虫歯や歯周病になりやすくなる

・風邪をひきやすくなる

・飲み込みにくくなる

・味覚がおかしくなる

などがあげられます。

 

<ドライマウスの対策>

①保湿剤の使用


②唾液腺・口腔粘膜マッサージ


③よく噛んで食べる


 

ドライマウスは何らかの病気や薬の副作用が原因で起こることが多い病気です。

近年は噛む回数の減少、筋力の低下、ストレスなどもドライマウスの原因になっています。

放置していると口臭の悪化や虫歯の進行にも繋がるため、口の中の乾燥や不快感が生じる場合は早めに病院にいきましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月6日

腸とお口の関係③

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は腸内環境を整えるためにできることをご紹介していきます。

腸内環境を整えるさまざまな物質は総称して「プレバイオティクス」と呼ばれているそうです。

プレバイオティクスは腸内細菌のエサになるほか、病原菌の増殖抑制作用もあります。

ラクトフェリン】:母乳や唾液などの分泌物、白血球に含まれる鉄結合性糖タンパク質
免疫調整作用、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、善玉菌の増殖、鉄吸収などの作用がある栄養素です。
また歯周病や関節リウマチでの骨吸収抑制作用、歯周病原細菌の増殖抑制作用などがあります。
ラクトフェリンはヒトの母乳、とくに出産前後の初乳に多く含まれています。


オリゴ糖】:ブドウ糖や果糖などの単糖類が3~5個結合したもの
大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖など多くの種類があり、ビフィズス菌など腸内の善玉菌の栄養源になります。
野菜、果物、乳製品にもわずかですが含まれています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月5日

腸とお口の関係②

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、前回に引き続き腸とお口の関係についてのお話です。

消化器官は口から大腸まで繋がっていて相互に深く関係しているといわれています。

口腔にも腸管にも多くの常在菌が生息していますが、これまでその細菌同士の関係はそれほど密接でないと考えられていたそうです。

口から入った細菌は胃液の強酸で殺菌され、「フローラ(菌叢)の断絶」があるとされていました。

これは有害な病原菌を排除するとう意味でも、有効に機能していました。

ところが最近では、この「断絶」が崩れている人が増加しているそうです。

これが消化機能だけではなく、免疫機能やアレルギー反応にまで影響することがわかってきました。

腸内環境が乱れてしまうと、炎症やアレルギー反応の制御が難しくなると考えられており、ここに口腔内細菌がかかわってくるそうです。

歯周病菌原細菌が、腸内フローラを変化させるきっかけとなる「カギを握る病原体」として働くといわれています。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年12月4日

腸とお口の関係①

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

腸は第二の脳」という言葉を聞いたことはありますか?

神経細胞といえば大脳などの中枢神経を思い浮かべがちですが、実は腸にも大脳に匹敵する数の神経細胞が存在するそうです。

腸の神経細胞は独自のネットワークを形成しているため、中枢からの指令がなくても機能しているのです。

また、腸にはエネルギー源の多くを自前で調達できるという特徴があります。

小腸ではアミノ酸の一種であるグルタミン、大腸では脂肪酸の一種である酪酸を主なエネルギー源としています。

小腸は全長5~7mにもなり、内面は絨毛とよばれる細かなヒダで覆われているため、その表面積はテニスコート1面分もあります。

そこに全身の約6~7割にあたる免疫細胞が存在していて、分化や成熟の場となっています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約