• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2018年02月01日

2018/02/01 今日の一枚

2月になりました。毎日寒いので暖かくして過ごしましょう!

カテゴリー 今日の一枚 |
2018年02月01日

歯を長持ちさせよう!

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 自覚症状がなくても、むし歯や歯周病に罹っている人はたくさんいます。 まだ初期の段階ではむし歯は痛みもなく、鏡で見ても黒くなっていないのでわかりづらいです。 また、神経を抜いた歯はもろくなっていきますが、痛みを感じないので何らかの異常があっても自覚症状がないことがほとんどです。 過去に治療した歯で、神経が残っている歯でも詰め物や被せ物の隙間から細菌が入り込み二次う蝕と呼ばれるむし歯になる可能性もあります。 歯が痛くなくても定期的に歯医者に通う理由は、この知らないうちに進んでいくむし歯を早期発見するためでもあります。 歯の治療は、むし歯菌を削り取った後補修材をくっつけるために、余分に歯を削らなければいけません。 治療が終わった歯でも再びむし歯になっていまうと、さらに歯を削っていくことになり、歯はどんどん小さくなってしまいます。 例えば小さいむし歯だと直接レジン等で詰めることができても、むし歯を繰り返すと削った面が大きくなりレジンでは対応できなくなるため、型取りが必要な詰め物になります。 さらに詰め物の間にむし歯が出来ると、歯の神経を抜いて歯全体を覆う被せ物、それだけでは終わらず隙間から入ったむし歯菌が歯の根っこに病巣を作り歯を抜かなければならない…ということにもなります。 むし歯が治っても油断せず今まで以上のセルフケアを心がけましょう! さて、成人の約8割がかかがっていると言われている歯周病も、歯を失う原因の多くを占めています。 歯周病の状況を表すグラフを見てみると、30代から徐々に増加がみられ、70代以降は歯周病などで歯を失うため現象していっています。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月02日

入れ歯に慣れるために

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 靴を新調すると、初めは痛かったり疲れやすかったりすることがあります。 しかし履き続けると、だんだんと足に馴染んで歩きやすくなるはずです。 入れ歯も同じで、最初こそ食べづらさや痛みがあるかもしれませんが、調整して慣れていくことで、入れ歯も快適に使うことができるようになります。 痛いからといって入れ歯を付けていないと、せっかく作った入れ歯が合わなくなってしまうだけでなく、お口の中にも様々な悪影響を及ぼします。 そこで今日は、新しい入れ歯に早く慣れるためのコツをご紹介します。 入れ歯を入れると、「サ行」と「タ行」が発音しづらくなったという方は多くいらっしゃいます。 上顎が総入れ歯になると、舌を上顎に当てて発音する言葉に違和感が出るようになります。 話すことに早く慣れるためには、声を出して本を読むいわゆる音読の練習が効果的です。 次に食事です。 最初は軟らかい食べ物や小さく切った物から食べるようにして、慣れてきたら徐々に硬い物や大きい物を食べるようにしてみてください。 最初から硬い物を食べると痛みが出ることもあり、これが「噛めない」というトラウマになることがあります。 入れ歯でも食べられる!と感じられるようになってから色々な食材にチャレンジしてくださいね。 入れ歯になると、噛む力が食べ物に伝わりにくくなります。 硬い物や繊維の多いもの、噛み切りにくものなどを噛み砕くのに自分の歯で食べるより長い時間がかかります。 自分自身の歯で噛む力と比べると、部分入れ歯で約4~5割の低下、総入れ歯では7~8割も低下するといわれています。 良く噛めていないまま飲み込むと胃にも負担がかかったり誤嚥性肺炎になることもあるのでしっかり噛むよう心がけましょう。 また注意したい食材ですが、ごまなどの硬い粒状の物は、入れ歯と歯ぐきの間に入りこむと痛みの原因となります。 まずは入れ歯を外して水洗いするようにしてください。 ではまた次回も入れ歯に関するお話をしていきます。
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月02日

今日のお花 2018/2/2

今日のお花 2018/2/2

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月03日

今日のお花 2018/2/3

今日のお花 2018/2/3

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月03日

入れ歯のお手入れ

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 意外と驚かれることなのですが、入れ歯でも自分の歯と同じように歯垢や歯石が付きます。 さすがに入れ歯がむし歯になることはありませんが、衛生的にしておかないとお口の中の環境が悪くなり口臭の原因にもなります。 夜寝るときは入れ歯を外してキレイに洗いましょう。 入れ歯には専用のブラシや洗浄剤があります。 入れ歯専用のブラシ(義歯ブラシ)には軟らかい毛と硬い毛があります。 入れ歯の裏側は硬い方の毛を使ってしっかりと洗います。 歯の部分は軟らかい毛を使って、自分の歯と同じように、歯と歯の間や歯ぐき部分との境目まで丁寧に磨いてください。 ここで注意することは、入れ歯を磨くときに歯磨き粉を使用してはいけないということです。 入れ歯に傷がつく原因となります。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月04日

保険適用外の素材をオススメする理由①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 歯医者に行くと保険適用外の詰め物ばかりオススメされる… お金儲けのことしか考えてないんじゃ… なんて思われるかもしれません。 しかし保険適用外の素材はオススメするだけの理由があります。 保険適用の詰め物でも噛むという機能を回復させることはできます。 しかし保険適用の詰め物は「耐久性」に関しては考慮されていません。 金属は硬いので噛み合わせる歯に負担がかかりすぎてしまったり、修復している歯がひび割れてむし歯になったりします。 最初は小さな詰め物でも、変色や劣化、破損などこういった不具合の度に作り直しを繰り返すと、詰め物を取り除くだけでなく新たな詰め物を入れるために自分の歯も削らないといけないので、詰め物が段々と大きくなったり、通院や治療費で余分な負担がかかることが考えられます。 保険適用外の素材では、見た目だけでなく耐久性や生体親和性なども考慮されているため、頻繁に作り直す必要はなく、長い目でみると残った歯への負担やコストパフォーマンスが保険適用の素材よりも良いといえます。 つまり、保険適用の素材はその場で支払う費用はとても安価ですが、将来を考えると、一度保険適用外の素材を入れて長持ちさせる方が安価で済むので、今後の負担を考えてより良い素材をオススメしているのです。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月04日

今日のお花 2018/2/4

今日のお花 2018/2/4

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月05日

保険適用外の素材をオススメする理由②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 前回保険適用外の素材をオススメする理由をご紹介しました。 今日もそのお話の延長で、保険適用外素材の長期的なコストパフォーマンス以外の利点をお話していきます。 まずはやはり見た目です。 特に前歯だと素材選びは大切ですよね! 保険適用でも差し歯がありますが、こちらは表面がプラスチックで内側が金属となっています。 そのため天然歯のような透明感を出すのが難しく、隣の歯との色あわせにも限界がありどうしても不自然感は拭えません。 また始めは色が合っているように見えても、プラスチックは段々と変色していき黄色くなってしまいます。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月05日

今日のお花 2018/2/5

今日のお花 2018/2/5

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月06日

歯の神経

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 「歯の神経を取る」 よく聞く言葉かもしれませんが、歯の神経ってどこにあって何のこと?と思っている患者さんも多いと思います。 歯の神経とは、歯髄といって細かい血管の集まりです。 歯は層になっていて、表面のエナメル質の中に象牙質がありさらにその中に歯髄があります。 歯髄が、この象牙質に栄養を送ったり細菌が歯の内部に侵入してようとするのを防いだりする働きをしています。 むし歯はエナメル質⇒象牙質⇒歯髄へと進行していきますが、歯髄にまで達すると炎症を起こして痛みが出ます。 そのため歯が痛んでいるから神経を取ろう、という流れになります。 歯髄を取った歯は神経がなくなるので痛みもなくなりますが、先に紹介したように歯髄から象牙質に送っていた栄養が断たれてしまうため、歯自体が年月の経過とともにもろくなっていきます。 むし歯が歯髄に達する前に治すことが大切です。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月06日

今日のお花 2018/2/6

今日のお花 2018/2/6

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月07日

今日のお花 2018/2/7

今日のお花 2018/2/7

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月07日

根っこの治療

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 前回は神経を取るというお話をしました。 今日は根っこの治療の流れについてご紹介していきます。 まずは神経のある歯がむし歯になった場合です。 むし歯が歯髄にまで達していると、自分で見ても大きなむし歯になっているのがわかると思います。 黒くなって歯冠のほとんどが崩壊している状態になっているかもしれません。 まずは麻酔のお注射をしてからむし歯になっている部分を削って取り除きます。 さらに根管が見えるように削っていきます。 そして細い器具を根っこの中に入れてグリグリと回し神経を取っていきます。 麻酔をしていても、炎症が進んでいる人は痛みを感じることがあります。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月08日

今日のお花 2018/2/8

今日のお花 2018/2/8

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月08日

歯を抜いた日に気を付けること

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 当院では親知らずの抜歯をする機会が多いですが、今日は歯を抜いた後に気を付けることについてご紹介します。 まずは止血です。 止血はガーゼで圧迫止血を行います。 20分程度はガーゼを噛んだままでいてください。 このときをつけたいのが、噛むといっても歯と歯で噛んでいては止血が出来ないので、歯を抜いた部分にしっかりガーゼがあたっていることを確認してからギュッとお口を閉じます。 例えば親知らずを抜いた場合、ずっと手前の奥歯でガーゼを噛んでいてなかなか血が止まらなかったということをあったそうです。 奥にガーゼを入れると気持ち悪いかもしれませんがしっかり入れ込んで歯ぐきに当てて止血するようにしてください。 しっかり止血できていても、しばらく翌日くらいまでは唾液に血液が混ざることがあります。 心配はいりませんので慌てないようにしましょう。 また、抜歯した当日はブクブクと激しいうがいはしないようにしましょう。 止血の妨げとなってしまいます。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |
2018年02月09日

右側上下親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 今日は親知らずの抜歯のお話です。 今回の患者さんは遠方から来られた方で、以前当院で左上の親知らずを抜歯し、今回6年ぶりという久しぶりの来院でした。 左上の親知らずを抜いてから調子も良かったそうで、今回は右側の親知らずが上下とも腫れて痛みがあるということで、抜歯を希望され遠路からお越しいただきました。 部位を見てみると、右下は歯ぐきが腫れあがっていたので、まずは右上の親知らずから抜いていくことになりました。 上顎の親知らずは根っこが内側に向かって生えているように見えます。 (さらに…)
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2018年02月09日

今日のお花 2018/2/9

今日のお花 2018/2/9

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月10日

今日のお花 2018/2/10

今日のお花 2018/2/10

カテゴリー 今日のお花 |
2018年02月10日

歯を抜けたままにしない!

こんにちは、広報・受付担当トガワです。 歯周病で歯が抜けてしまったり、外傷や大きなむし歯で歯を抜くことになったりして歯がなくなってしまうことがあります。 大切なのは「その後をどうするか」です! 歯ぐきの下に埋まっていた親知らずを抜いた!ような方以外は歯を抜けたまま放置してはいけません。 抜けたまま放置をすると、お口の中だけでなく、全身の様々なトラブルの原因となります・ 歯が抜けた後時間が経って歯ぐきが痩せてくると、治療したくてもできないなんてこともありますので、早めに対処しましょう! では、具体的にどのようなトラブルがあるかご紹介していきます。 まずは前歯などの見える部分がなくなってしまうと、どうしても見た目が悪くなります。 歯がなくなると歯ぐきも痩せていくので、輪郭や口周りが変形してしまいます。 歯は、親知らずを除いて上下合わせて28本あり、その1本1本がきちんと機能することで物を噛んだり砕いたりできます。 歯がなくなりしっかり噛めなくなると、胃腸への負担がかかるようになります。 また、歯がなくなると周囲の歯がそこへ向かって移動するので、噛み合わせが悪くなります。 そして歯並びが悪くなったり、うまく発音ができなくなります。 噛み合わせのバランスが崩れると、脳の活性化にも影響を及ぼし、全身のバランスにも悪影響を与えるという悪循環になります。 では、歯がなくなってしまった後にはどのような治療法があるのでしょうか? お口の状態によって異なりますが、主に以下の3つの治療法があります。 (さらに…)
カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約