• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年04月01日

今日のお花 2019/4/1

今日のお花 2019/4/1

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月01日

顎関節症②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回顎関節症でお口を開けたときにカクカク音が鳴るのは、下顎の骨が後ろへずれてしまうところから始まるというお話をしました。

この後ろへのずれは初期段階では一過性であることも多いそうですが、この顎がずれてしまう原因が姿勢の変化だった場合、姿勢の変化は一過性ではなく、ほとんどの場合はどんどん悪くなってしまいます。

つまり姿勢が悪い方へ変化したという初期の内に対処しなければいけません。

さて、ではなぜ姿勢は悪くなってしまうのでしょうか?

姿勢の悪さには、筋肉性の悪さと骨格性の悪さがあります。

たとえば寝たきりの生活になったとします。

そうすると筋力が著しく低下して、結果的に姿勢が悪化して、これをさらに放置すると、骨格の変形が起こってくるのです。

これは子どもたちのゲーム中の姿勢にも同じことが言えます。

ゲームに夢中になっているときの姿勢を観察すると、寝たきりと等しいくらい長時間の不良姿勢を続けていることが分かります。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年04月01日

2019/04/01 今日の一枚

4月になりました。新生活が始まる皆さん頑張ってください。

カテゴリー 今日の一枚 |
2019年04月02日

今日のお花 2019/4/2

今日のお花 2019/4/2

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月02日

顎関節症と姿勢①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

以前、顎関節症が発症する原因に姿勢の悪さがあるとお話しました。

典型的な不良姿勢として、背筋の緩んだ弛緩型、背筋の過緊張の緊張型、脊柱の湾曲が失われる肩後転型の3種類があります。


このいずれも、下顎の位置は後退位にあるといえます。

下顎骨は頭蓋から吊り下げられるように付いていて、内部には舌と舌骨があり、舌骨上下筋群で身体構造と繋がっています。

そしてそれぞれが運動連鎖をしていますが、この運動連鎖は呼吸筋とも深い関係があるため、下顎が後退位になったり舌骨の位置が低下することによって機能障害や呼吸抑制も伴うことがあります。

さて今回は、不良姿勢別に発症の経緯や対処法などのお話をしていきま 続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年04月03日

今日のお花 2019/4/3

今日のお花 2019/4/3

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月03日

顎関節症と姿勢②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回姿勢と顎関節症の発症についてお話しました。

今日もその続きをしていきます。

不良姿勢のひとつである背筋緊張型の姿勢は、正常な彎曲と比べると腰椎の異常彎曲増加と股関節の伸展不足が特徴だそうです。

この姿勢の原因となる生活習慣として、テニスやバレーボールなのどの背筋を酷使するスポーツをするようになったり、いままで立ち仕事をしていなかったものが急に立ち仕事を長時間するようになったという場合が挙げられます。

重力負荷が長時間かかることによって腰椎の湾曲が強くなりますが、過食によっても腹部の膨満が腰椎彎曲を強くすることもあるので、体重の著しい増加なども原因といわれています。

また、女性ではハイヒールの多用腰椎彎曲を強くする条件にもなるので注意が必要です。

背筋緊張型では、開口障害が多く見られます。


続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年04月04日

顎関節症と姿勢③

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回まで顎関節症を引き起こす不良姿勢についてご紹介してきました。

今日は3つ目の不良姿勢である肩後転型です。

この姿勢は言葉で説明しにくいですが、肩甲骨が後ろに回転して、肩甲舌骨筋によって舌骨を後方に引いている結果としての姿勢です。

胸椎の湾曲が見られず、フィギュアスケートの某有名選手も肩甲骨間の脊柱が真っ平らな状態だそうです。


この胸椎彎曲を失った姿勢は、従来は抜歯矯正後の独特な姿勢であると考えられていましたが、最近では歯の矯正歴がなくてもこの姿勢になっている人が非常に多くなったそうです。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年04月04日

今日のお花 2019/4/4

今日のお花 2019/4/4

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月05日

今日のお花 2019/4/5

今日のお花 2019/4/5

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月05日

インプラント後のメインテナンス

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

インプラントは歯を失ったとき、天然歯の変わりに噛み合わせたり歯並びを維持したりする目的があります。

歯を失ったときの治療法としては、インプラント入れ歯ブリッジなどが提案されますが、自分の歯のように噛めて、残った歯に負担をかけないのはやはりインプラント治療です。

しかしインプラントと天然歯は「似て非なるもの」といわれています。

インプラントは天然歯と違って防御構造が存在しないので、感染に弱いというデメリットがあります。



続きを読む>>

カテゴリー インプラント |
2019年04月06日

子どものむし歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

最近では子どものむし歯は減少傾向にあるといわれています。

その一方で、むし歯の減少とは反対に歯並びが悪かったり、生まれつき歯が生えてこない睡眠時無呼吸症候群などの報告が多くなったそうです。

これらの原因として、習癖や遺伝などの他に食生活の変化や生活習慣の変化など、子どもを取り巻く環境の変化が考えられています。

歯並びに関しては、現在では低年齢からあきらかな過蓋咬合乳歯の前歯がガタガタであることがしばしば見られるようになってきました。

育児放棄、子どもの虐待、待機児童や貧困など、子どもを取り巻く社会問題は以前とは違った形で表れているといえます。

また全体で見るとむし歯の数は減っていますが、なかには乳歯のほとんどがむし歯…なんてお子さんも見られます。

乳歯の段階で大きなむし歯になっている場合、将来永久歯になってもむし歯になる確率は高くなります。

乳歯の重症なむし歯は、次に生えてくる永久歯の位置がおかしくなったり、永久歯に感染したりと健全な永久歯列への移行が困難となります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年04月06日

今日のお花 2019/4/6

今日のお花 2019/4/6

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月07日

矯正治療中のセルフケア

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

矯正治療には、マウスピースや金属とワイヤーを使ったマルチブラケット装置などさまざま種類があります。

マウスピースタイプであれば自分で外して歯を磨くことができますが、マルチブラケット装置では一度歯にひっつけると自分では外すことができないので、汚れが付きやすくなります。

またそもそも矯正治療が必要ということは歯並びに問題があるため、歯列がガタガタになっている場合には特に磨きにくい状況にあるといえます。

そこにマルチブラケット装置が装着されるとさらにお掃除が難しくなってくるのです。

特にお子さんの場合には歯みがきが疎かになってせっかく歯並びがキレイになっても、マルチブラケット装置を外すとむし歯になっていた…なんてこともあります。

マルチブラケット装置はワイヤーを固定するためにフック状になっているという構造上、患者さん自身の歯みがきだけでは完璧に汚れを落としきることはできません。

そのため比較的短期間のうちに歯医者に通いクリーニングしてもらうことも必要になってきます。

セルフケアをする場合、装置の周りは普通の歯ブラシだけではほとんどの汚れを取り残してしまいます。

そこで、歯ブラシの毛束が山型になっていて細かい部分までピンポイントで磨くことができるワンタフトブラシの使用をオススメしています。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年04月07日

今日のお花 2019/4/7

今日のお花 2019/4/7

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月08日

今日のお花 2019/4/8

今日のお花 2019/4/8

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月08日

歯が着色している原因は?

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

みなさんは「テトラサイクリン歯」というのをご存知ですか?

永久歯が形成される時期に「テトラサイクリン系」と呼ばれる抗生物質を服用したことによる副作用で(現在では8歳以下の子供や妊婦さん、授乳中のママへの処方は避ける必要があるとされています。)歯が変色している歯の状態のことです。

よく見られる変色のタイプとしては、薄い黄色やグレー、茶色に分かれます。また左右対称の縞模様が見られる事が多いようです。

いずれも着色は歯の内部の象牙質(ぞうげしつ)という部分が変色しているため、歯みがき等で落とす事はできません。また、沈着した着色物質は、紫外線にあたると光化学反応を起こして変化する性質があるため、最初は程度が軽いと思っていた変色も、太陽光による影響でだんだんとに濃い色に変化してしまう事があります。

体に悪い影響はありませんが、見た目が気になる・・・と悩んでいる方も多いでしょう。

治療の方法として

① ホワイトニングによる方法
軽度の場合変色の程度が比較的弱い場合にはホワイトニングで標準的な色へ近づけることも可能です。
変色の度合いによっては白くならない場合もあります。歯科医院で行う方法と、自宅で行う方法があります。


 

② ラミネートベニアによる治療
歯の表面のエナメル質を表面部の一層だけうすく削り、削った部分に付け爪のような薄いセラミック製のシェルを貼り付ける方法です。


③オールセラミックによる治療
歯をぐるりと削り、オールセラミックタイプの人工の白い歯をかぶせる方法です。


④歯のマニキュアによる治療
マニキュアのように歯の表面に専用の塗料と塗り、歯を白く見せる方法です。
市販もされており安価で気軽に試すことができますが、効果は短いので一時的に歯を白くする場合には有効です。

まずは歯の色が気になった時点で着色の原因や程度等を担当医に確認してもらいましょう。

どの治療にもメリット、デメリットがありますので、治療の方針や希望などをじっくりと相談することをおすすめします。

カテゴリー 歯のこと |
2019年04月09日

今日のお花 2019/4/9

今日のお花 2019/4/9

カテゴリー 今日のお花 |
2019年04月09日

右下の親知らずの抜歯

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は8ヶ月ほど前に、右下の親知らずに食べ物が詰まって痛みを感じる時があり、以前から他院で抜歯をした方が良いと言われていたが、今は妊娠中のため応急処置をして欲しい・・・と当院に来られました。

その時は、親知らずに痛みを抑えるお薬を入れる治療をしました。

そして今回、無事に出産を終えられ、抜歯をしたいと来院されました。

前回は妊娠中のためレントゲン写真の撮影ができなかったので、まずはパノラマ写真とCT撮影を行い、親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

同時に患者様の脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えします。

解析を行うと歯茎に埋もれ、手前の歯に当たった状態で生えていました。

根っこは下歯槽管の近くに位置しています。


さっそく抜歯開始です。

親知らずは半分近く歯ぐきに埋まっているで、歯茎を切り開いていきまいた。

歯茎を剥離すると、親知らずを囲んでいる骨を最小限削っていきます。

超音波器を使って親知らずを骨から剥がしてから脱臼させて抜いていきました。

スッキリと抜けました。
 

今回は授乳中のため、妊娠中や授乳中でも服用できるお薬をお渡ししました。

出産後、間もない時期での抜歯だったので、時間をおいて症状の確認のお電話をしましたが、痛みもなく、出血も止まって腫れや痺れも感じていないとのことで安心しました。

おつかれさまでした。

 

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2019年04月10日

矢野先生の新しい作品…『白亜の城』

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

みなさんお花見は行かれましたか?

先週末は桜が見ごろでしたね!

松山春まつりもあったので城山公園付近まで行ってみましたが、お堀の桜が満開でとてもキレイでした^0^

さて今日は、矢野先生が待合室にと新しい作品を持ってきてくださったのでご紹介します!

今の季節にピッタリのお写真です♪

タイトルは『白亜の城(はくあのしろ)』。


こちらはみなさんご存じ、兵庫県の姫路城を撮影されたものです!

いろいろな由来もありますが、美しい白さから白鷺城とも呼ばれていますね。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約