• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年05月08日

左下の親知らずの抜歯。

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は左下親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは左下の親知らずの辺りの歯肉に痛みを感じて来院されました。

確認してみると、親知らずは頭のほんの一部分しか見えていませんが、歯肉が赤く腫れていました。1つ手前の歯は虫歯になっているようです。


レントゲン写真を撮って確認すると、親知らずが歯肉の中で手前の歯を押すように横向きに生えているのが分かりました。これが腫れを引き起こしている原因のようです。

下の親知らずは下歯槽神経に近い位置に生えている場合があるのでCTを撮影してさらに詳しく生え方や位置を解析する必要があります。

解析の結果、下歯槽管に近い距離にあることが確認されました。慎重に抜歯開始です。


歯肉を切開していくと、分厚い顎の骨に囲まれた親知らずが見えてきました。

抜いていくためには、まず親知らずの周りの骨を少しずつ削っていきます。

スペースができましたが、まだそのまま歯を抜くことはできません。

親知らずの頭を切断して取り除いていきます。

親知らずは少し根っこが曲がり、手前の歯に食い込むように生えていたので、手前の歯を傷つけないようにさら細かく分割して慎重に抜いていきました。


今回の抜歯は、慎重に作業する必要があったため少し時間はかかりましたが、神経を傷つけることなく抜歯する事ができました。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、出血もなく腫れや痺れも感じていないとのことでした。神経に近い親知らずだったのでまだ痛みが少しあるとのことでしたが、1週間程で落ち着いてくるでしょう。

おつかれさまでした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2019年05月08日

今日のお花 2019/5/8

今日のお花 2019/5/8

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約