• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年06月01日

今日のお花 2019/6/1

今日のお花 2019/6/1

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月01日

2019/06/01 今日の一枚

6月になりました。天気に負けず明るく過ごしましょう!

カテゴリー 今日の一枚 |
2019年06月01日

子どもとお口の成長①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

「食べる」という機能は、出生から幼児期に吸啜から離乳を経て、咀嚼運動の段階的な学習により獲得します。

しかし多くの保護者はこの食べる機能は”学ぶもの”ではなく”自然に獲得できるもの”と思っているといわれています。

食べる機能(捕食・咀嚼・嚥下)に構音機能をプラスしたものが「口腔機能」です。

近年では小児を取り巻く環境の変化から、日常的に口を使わない(噛まない、話さない、口を閉じない)傾向がみられていて、口腔機能が十分に発達していないか、正常に機能獲得ができていない口腔機能発達不全症」が目立つようになりました。

口腔機能発達に問題がある場合には、「食べられない・発音に問題がある」だけでなく、コミュニケーションなど生活面や学習面にまで影響して、学校生活や友達関係などに支障を来すことも考えられます。

小児期にしっかりと口腔機能を発達させることが大切です。

また小児期は口腔機能だけでなく味覚機能も発達します。

できるだけ素材の味を活かして薄味を心がけて、食材の幅を広げて食体験を豊かにする事も重要です。

基本は、3度の食事を大切にして、規則正しい生活リズムを身につけることです。

砂糖摂取量が増えるとむし歯も増えることや、だらだら食べるとむし歯のリスクが高まるといった食べ方にも気をつけなければいけません。

また砂糖摂取量に関しては、2015年に世界保健機関から「成人及び児童の糖類摂取量」のガイドラインが発表されました。

この新しいガイドラインでは、成人および児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧められています。

さらに5%まで減らして、1日25g(スティックシュガー約8本分)程度に抑えると健康効果が増大すると報告されています。


歯科の観点からもむし歯予防だけでなく、糖尿病や心疾患の予防や、全身の健康のためにも砂糖摂取量を適性に保つことが大切だといえます。

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月02日

子どもとお口の成長②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

乳幼児期は、お口が形態的および機能気的に発達していきます。

しかし口腔形態(歯の数・咬み合わせの状態)や口腔機能(歯・咀嚼筋・舌・頬筋などの口腔周囲筋の発達)と食形態が一致していない場合には、小さいお子さんの場合だと食物の処理ができず吐き出したり、丸飲みしたり、噛まない溜め込みなどの不適切な食行動になることがあります。

さらに食形態と口腔内状態の不一致が続いてしまうと、口腔機能が正常に発達しないという悪循環が続く用になります。

育児をするときに多くの人は、「●歳になったから○○ができるだろう」と育児情報を参考にして暦年齢で判断する傾向にあるといわれています。

食事に関しても、暦年齢で食べられる物を選択しがちです。

しかし実際には歯の萌出時期や噛み合わせには個人差があり、食形態は口腔機能の発達段階を考慮しなければいけません。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月02日

今日のお花 2019/6/2

今日のお花 2019/6/2

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月03日

今日のお花 2019/6/3

今日のお花 2019/6/3

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月03日

子どもとお口の成長③

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は前回からの続きのお話です。

お子さんの成長に合わせた食事のポイントをご紹介していきます。

食事の際は食具が手や指の発達、巧緻性に合っているかを確認してください。

お箸を早期に使わせるなど無理に難しいものを使用させるより、楽しく食べられる方法を優先するようにしましょう。

次に考慮するのは食べ方です。

丸飲みや早食いは肥満の原因にもなります。

前歯で噛み切って一口量を調節して、口を閉じて奥歯で咀嚼するという基本的な食習慣を小児期に身につけるようにします。

流し込み食べを防ぐために、食事中の飲み物は控えるようにしましょう。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月04日

口腔ケア①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

口腔ケアは、口腔内のプラーク(歯垢)コントロールによる器質的口腔ケアと、口腔機能の維持・回復を目的とした機能的口腔ケアから成り立っています。

むし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康状態やQOLの維持増進にもたいへん重要です。


日々のプラークコントロールは、口腔ケアのなかでも数少ない自分自身で行えるセルフケアで、口腔ケアの中心的役割を担っています。

さて、日本では65歳以上の高齢者の人口は2025年には全人口の30.3%2055年には約40%になると予想されており、世界に類のない超高齢社会になることが確実視されています。

高齢社会の進展に伴い要介護高齢者の数も年々増加すると推計され、セルフケアとして重要なプラークコントロールを適切に行うことが困難な年齢層が年々増加すると考えられます。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年06月04日

今日のお花 2019/6/4

今日のお花 2019/6/4

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月04日

6/6 休診のお知らせ

6/6(木)は 休診させていただきます。

 

6/7(金)は午前9時から通常通り診療いたします。

 

カテゴリー TOPICS, 最新情報 |
2019年06月05日

口腔ケア②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

突然ですが、日本人のブラッシングの現状をご存じですか?

歯を毎日磨かない者」は、1969年当時は20%近く存在していました。

それが2016年には約2%にまで減少しています。

また、「毎日歯を磨く者」のうち、「1日1回しか磨かない者」も減少しており、「1日2~3回磨く者」が増え続けています。

ブラッシングの重要性については、ほとんどの人に認識されてきているようです。


そんな中、現在の日本における成人の8割以上が歯周病に罹患しています。

ここからわかることは、多くの歯周病患者は「歯を磨いていない」のではなく、「磨けていない」ということになります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月05日

今日のお花 2019/6/5

今日のお花 2019/6/5

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月06日

口腔機能低下症

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

口腔機能を維持することは、偏りのない必要十分な栄養を摂取できることにつながり、健康寿命に寄与します。

これまでにも、多くの研究によって口腔機能の維持に欠かせない咬み合せは、栄養摂取の適正化や栄養状態の維持、生命予後の改善に寄与することが報告されています。

8020運動や歯科保健の推進によって高齢者でも自分の歯が残っている人も多くなってきました。

しかしその一方で、50歳代より歯を失う人の割合は増加しており、咀嚼機能の低下を示す兆候は高齢期を迎える前から始まっているといえます。

歯の欠損に伴う口腔機能低下への予防対策はより若い段階から取り組む必要があるのです。

口腔機能は、咬み合せの存在だけでなく口腔の運動機能にも大きな影響を受けると考えられています。

高齢者に対するグミゼリーによる咀嚼力検査の結果では、年齢を重ねるにつれて咀嚼力が徐々に低下することがわかりました。

また咀嚼力に影響を与えていたのは、天然歯の数に加えて、咬合力と舌の運動の速度と舌の運動の力(舌圧)であることもわかっているそうです。

このことから、咀嚼力は加齢または疾患に伴う口腔の運動機能影響を強く受けるといえます。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月06日

今日のお花 2019/6/6

今日のお花 2019/6/6

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月07日

歯みがき剤と洗口液に含まれる成分

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯みがき剤や洗口液に「殺菌剤」が含まれるものがありますが、実際には菌を殺すのではなく「一定の間菌の増殖を抑える」作用があります。

殺菌剤のなかで”三種の神器”と呼ばれているのが
1.CPC(塩化セチルピリジニウム)
2.CHX(クロルヘキシジン)
3.IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
の3つの成分です。

CPCとCHXはイオン性で、遊離菌や表層菌を吸着して殺菌します。

とくにCHXは市販されている多くの洗口液に配合されています。

一方でIPMPは非イオン性です。

バイオフィルム内部まで浸透して、深部に生息する細菌を殺菌するのに有効とされています。

IPMPの他にも、チモールなどが非イオン性殺菌剤として挙げられます。

海外製品には「クエン酸亜鉛」を配合した商品も多くあり、殺菌抗菌作用だけでなく石灰化抑制作用もあるため、歯石抑制剤にも用いられます。

歯磨剤・洗口液に含まれる代表的な成分(殺菌剤、歯質強化剤を除く)



続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2019年06月07日

今日のお花 2019/6/7

今日のお花 2019/6/7

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月08日

今日のお花 2019/6/8

今日のお花 2019/6/8

カテゴリー 今日のお花 |
2019年06月08日

痛み止め

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯医者で使われる痛み止めのお薬には、ロキソニン錠やカロナール錠、トラムセット配合錠、ボルタレン錠など多くの種類があります。

これらの痛み止めは一般的にNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれており、歯医者だけでなく内科や外科など幅広い領域で使用されています。

医科と歯科で全国で処方された痛み止めの数量ランキングではロキソニン錠が断トツで多いことがわかっています。

今日はそんな痛み止めの副作用のお話をしていきます。


上図は痛み止めのお薬の作用機序です。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2019年06月09日

フッ化物の歯面塗布

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

フッ化物の歯面塗布は1940年代に始まりました。

まずは2%フッ化ナトリウムによる塗布から始まり、1950年代にフッ化第一スズが使用されるようになったそうです。

1960年代になるとフッ化第一スズの欠点を補ってさらなる効果を目的としたリン酸酸性フッ化ナトリウム溶液が開発されました。

現在はこのリン酸産生フッ化ナトリウム溶液が普及しています。

フッ化物を用いた予防効果については多くの研究があり、抑制率20~50%とされています。


フッ化物歯面塗布のむし歯予防機序は、フッ化物イオンによる歯の脱灰抑制と再石灰化促進、そして一過性の抗菌作用とされています。

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2019年06月09日

今日のお花 2019/6/9

今日のお花 2019/6/9

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約