• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年04月01日

今日の一枚 2020/04/01

4月になりました。新しい季節の始まりです。新生活を始めるみなさん、がんばってくださいね。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年04月01日

根管治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

現在、世界中で新型コロナウイルスが大流行していて、気が抜けない毎日が続きますね。

手洗いやうがい、アルコール除菌などを心がけてしっかりと予防しましょう!

さて、今回は”根管治療”についてのお話をします。

根管治療とは、大きくなった虫歯の細菌が歯の神経にまで達してしまい、しみや痛み、腫れなどの症状がでた際に行う”根の治療”のことです。

 

痛みをとると同時に長期にきちんと噛めるようにする処置を行います。

治療の流れとしては以下の通りです。

検査やレントゲンで原因の歯を特定し、本当に根の治療が必要なのか、治療をすればきちんと治るのかを診断します。

古い詰め物、被せ物やむし歯を除去します。


③歯の神経の入り口を見つけて、入口の形を整えます。

④歯の神経の道筋を専用の器具でお掃除します。


⑤お掃除が終わり痛みが取れたら根の中をゴム系の材料で封鎖します。

⑥この後虫歯でなくなった部分の土台を作り、被せ物をします。


根の治療は想像よりも回数がかかります。

また、全ての歯の治療が成功するわけではありません。

少しでも痛みや違和感に気付いた場合は、かかりつけの歯科医院で早めに受診してください。

 

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月01日

今日のお花2020/04/01

今日のお花2020/04/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月02日

伊方からの贈り物

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院です。

今日は、先日届いた贈り物のお話です。

春らしい暖かさが感じられるようになるこの季節に、毎年、伊方からステキな贈り物が届きます♪

今年も大きな段ボールにいっぱいの「清美タンゴール」が当院に届きました♪


送り主は、院長先生がこの伊藤歯科を開業する前、三崎健康国民保険三崎診療所の院長として勤務していた時に三崎町(現在伊方町)で役所に務められていた方でした。

当時から大変お世話になっていたそうですが、三崎を離れて30年以上経った現在でも、こうやって毎年、たくさんの柑橘を送ってくださっています。

清見タンゴールは温州みかんとトロビタオレンジの交配種で、ジューシーな果汁がとっても豊富で、とろけるような甘くてまろやかな味が自慢の柑橘です。

贈り物としても人気の品種で、特に三崎の清見タンゴールは全国からも高く評価されているそうです。

愛媛県にはたくさんの種類の柑橘類が生産されていますが、女性の名前のような品種も多くあり、とてもおもしろいですね☆

たくさんあったので、当院にいるスタッフにも3個ずついただくことができました。



いつもありがとうございます(^v^)

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月02日

今日のお花2020/04/02

今日のお花2020/04/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月03日

今日のお花2020/04/03

今日のお花2020/04/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月03日

空間除菌

こんにちは、伊藤歯科医院受付コバヤシです。

新型コロナウイルスの感染が世界へと広がり、深刻な事態になっています。

日本でも学校の休校、イベントの中止など色々な対策がとられており、今はみんなで協力し合って乗り越えなければならないのだと思います。

 

予防のためには石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールなどによる消毒を行い、できる限り混雑した場所を避けることが大切です。

また、換気をして空間に菌をためない、加湿器を使い菌の動きを活発にさせないことも効果的です。

当院では空気中に浮遊しているウイルスを抑制するため、次亜塩素酸で空間を除菌できる超音波噴霧器を診療室と待合室に設置しています。

 


 

この超音波噴霧器に次亜塩素酸と水を入れ噴霧させると、空間に浮遊しているウイルスを抑制でき、またドアノブ等に付着したウイルスの抑制にも効果があります。

次亜塩素酸は高い除菌力を持ちながら、皮膚に触れても問題ないことも特徴です。

 

現在、まだ感染が拡大している状況ですが、手洗いうがい、換気、免疫力を高める生活等、今自分ができきることから積極的にしていこうと思います。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月04日

今日のお花2020/04/04

今日のお花2020/04/04

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月05日

今日のお花2020/04/05

今日のお花2020/04/05

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月06日

今日のお花2020/04/06

今日のお花2020/04/06

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月06日

目指そう8020!

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「8020を目指すため」のお話です。

80歳になっても自分の歯が20本以上あることを目指す8020(ハチマルニイマル)運動というのがありますが、2022年までに達成者を50%にするという目標が2016年に早々に達成されました。

8020達成者



しかし残存歯数は各年代で増加しつつありますが、歯周ポケットが4mm以上ある人の割合が75歳以上の高齢者で著しく増加しており、多くの高齢者で残存歯が歯周病に罹患していることがあきらかになっています。

根面う蝕有病者率



4mm以上の歯周ポケットを有する者の割合



中・高年齢者にとっては、前歯の根元のむし歯や歯周病の治療・予防対策が重要となります。

続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年04月07日

今日のお花2020/04/07

今日のお花2020/04/07

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月07日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は右下の親知らずに痛みを感じて来院されました。

前回の来院から約1年経っていたので、まずは全体のお掃除とパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。

下顎を通っている下歯槽神経に非常に近かったためCTも撮影し、親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

画像で確認してみると、親知らずが歯茎から少しだけ頭を出した状態で、ほぼ真横の向きに手前の歯を押すように生えていました

このような状態で生えている場合、歯の間に歯ブラシの毛先が届きにくく、むし歯になりやすくなります。


手前の2本もむし歯になっていました。

 

CTで確認すると神経管と親知らずとは十分な距離があることが確認できたので、脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

歯ぐきを切開していくと親知らずが見えてきましたがレントゲンで見えたように大きく半分骨に埋まっていました。

親知らずの周りの骨を最小限削っていきます。

そして抜きやすいように親知らずの頭の一部を切断して先に取り除いていきます。

横向きに生えている親知らずは分割して抜いていきます。

最後に根っこの部分を、超音波器を使って親知らずを骨から剥がしてから脱臼させて抜いていきました。

抜いた歯の写真がこちらです。


根っこはが少し曲がっていましたが、スッキリと抜けました。


下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛みは少しあるものの、出血も止まり、腫れや痺れも感じていないとのことでしたので一安心です。

おつかれさまでした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年04月08日

チーズホンデュ

こんにちは、スタッフのフクオカです!

ついに、愛媛から新型コロナウイルスが出てしまいましたね!

マスクをするだけでなくこまめなうがい・手洗いが大事だそうですね!!

それとバランスのとれた食事が大切です!

早く、おさまるのを待つしかないですね^_^

さて、この間自宅でチーズフォンデュをしました!

野菜などを湯がいて軽く水分を取るようにして並べていきました!

続きを読む>>

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月08日

今日のお花2020/04/08

今日のお花2020/04/08

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月09日

今日のお花2020/04/09

今日のお花2020/04/09

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月10日

偏食をしない食生活

こんにちは。伊藤歯科医院衛生士タナカです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

丈夫な歯を作る食事の最大のポイントは“偏食をしない”ことです。

カルシウムをたくさん摂ると丈夫な歯ができると考えがちなのですが、カルシウムを与えるほど歯が強くなるわけではありません。

ただし、乳歯の下で永久歯がつくられている時期にカルシウムが不足すると、永久歯を弱くする原因になります。

乳、乳製品、魚介類、野菜といったカルシウム源を、質の良いたんぱく質などと一緒にバランスのよい食生活の中で摂っていくことが大切です。

永久歯が生えた後でいくらカルシウムをたくさんとっても歯を強くすることは出来ないので、乳幼児期から気をつけましょう。

歯をつくるうえで欠かせない栄養素には、たんぱく質、ビタンミンA、ビタミンC、ビタミンD、カルシウム、リン、フッ素があります。

<タンパク質>
歯の土台をつくるのに大切
・肉 ・サバ ・ヨーグルト

<ビタミンA>
エナメル質の土台をつくる
・にんじん ・かぼちゃ ・牛乳 ・レバー

<ビタミンC>
象牙質の土台をつくる
・パセリ ・いちご ・レモン ・ピーマン

<ビタミンD>
カルシウムの代謝に大切なはたらきをする
・カツオ ・干ししいたけ

<カルシウム・リン>
石灰化のための材料
・キャベツ ・チーズ ・小魚 ・卵


これらの栄養素をバランスよく摂ることを心がけ、食生活から丈夫な歯をつくりましょう!

カテゴリー スタッフブログ |
2020年04月10日

今日のお花2020/04/10

今日のお花2020/04/10

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月11日

今日のお花2020/04/11

今日のお花2020/04/11

カテゴリー 今日のお花 |
2020年04月12日

今日のお花2020/04/12

今日のお花2020/04/12

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約