• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年05月01日

2020/05/01 今日の一枚

5月になりました。春がやってきましたね。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年05月01日

今日のお花2020/05/01

今日のお花2020/05/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月01日

神経を抜く治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。 今回は、「神経を抜く治療」についてお話します。 重度の虫歯を治療するときに、虫歯の神経を抜くことがあります。 具体的にどのような治療かというと、まずは虫歯を削り、歯髄を露出させます。 歯髄が出てきたら「ファイル」と呼ばれる器具で除去していきます。 ファイルとは「針の先端がヤスリ状になった道具」です。 上下に動かす「ファイリング」という動作で、歯の中身を掻き出すことができます。 このように「やむを得ず、歯を死なせる処置」が虫歯の神経を抜く処置ということです。 神経を抜く必要があるかどうかは、虫歯の進行度で判断します。 神経を抜くのは、「C3」の虫歯になります。 「C3」の虫歯は、象牙質を突破され、虫歯菌が歯髄にまで達しています。 何もしなくてもズキズキと痛むことがあり、夜眠れないこともあります。 また、虫歯以外の理由でも、重度の知覚過敏やはに亀裂が入った場合などに神経を抜く可能性があります。 神経のない歯は、神経が残っている歯と比較したとき、寿命が短くなりやすいです。 痛みを感じない状態になっているので、虫歯の再発に気付くことが難しくなるからです。 以上から「歯を末永く残すには、なるべく神経を残せる段階で虫歯治療をした方が良い」と言えます。 少しでも異変や痛みを感じたら、歯科医院を受診してください。
カテゴリー スタッフブログ |
2020年05月02日

今日のお花2020/05/02

今日のお花2020/05/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月02日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。 今日は左下親知らずの抜歯のお話です。 今回の患者様は左下の親知らずが時々痛むため、抜歯を希望して来院されました。 当院の受診は初めてだったので、まずはお口の中の状態を確認していきます。 痛みがあった左下の親知らずは、少し深いむし歯になっていました。 次に全体のお掃除とパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。 パノラマ写真の画像を確認すると、親知らずが歯茎から少しだけ頭を出した状態で、手前の歯を押すように斜めに生えていました。 手前の歯も、親知らずが当たっている部分はむし歯になっているようです。 このような状態で生えている場合、歯の間に歯ブラシの毛先が届きにくくなるため、どちらの歯もむし歯になりやすくなってしまいます。 また、下顎を通っている下歯槽神経に非常に近かったため併せてCTも撮影し、親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。 脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。 歯茎を切開していくと親知らずが見えてきましたがレントゲンで見えたように大きく半分骨に埋まっていました。 親知らずの周りの骨を最小限削っていきます。 そして抜きやすいように親知らずの頭の一部を切断して先に取り除いていきます。 斜めに生えている親知らずは分割して抜いていきます。 最後に根っこの部分を、超音波器を使って親知らずを骨から剥がしてから脱臼させて抜いていきました。 抜いた歯の写真がこちらです。 根っこの部分は細かく分割して取り除きました。 下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。 数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、しびれのいずれも無いとのことでしたので一安心です。 おつかれさまでした。
カテゴリー 治療 |
2020年05月02日

ゴールデンウィーク期間の休診のお知らせです。

ゴールデンウィーク期間の休診のお知らせです。 伊藤歯科では、5月3日(日)から5月6日(水)の4日間は休診とさせていただきます。 5/7日(木)は通常通り9時から診察しております。 その間の応急処置につきましては愛媛県歯科医師会口腔保健センターが担当いたします。 診療時間につきましては午前9時から12時までです。 予約電話番号089-932-5047です。 詳しくは下記のHPで確認してください。 松山市歯科医師会 http://www.matsushi.com/kyukyu/index.htm
カテゴリー 伊藤歯科通信 |
2020年05月03日

今日のお花2020/05/03

今日のお花2020/05/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月04日

今日のお花2020/05/04

今日のお花2020/05/04

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月04日

歯科技工士の松井です!

皆さんはじめまして、先月の4月から入社した歯科技工士の松井です。 これから伊藤歯科医院の一員として活動していきますのでよろしくお願いします。   さて、今世界中でコロナが流行っていますが皆さんはしっかりと予防ができていますか? 1)沢山の熱い液体を飲む • コーヒー •スープ •お茶 • 温水 更に、口を湿らせ、胃液で口に入るウイルスを洗い流すため、20分ごとに温水を一口飲む。 ウイルスは、肺に到達する前に中和されます。   2)温水で防止剤になるものを使用してうがいをする 酢、塩、レモンなど使いましょう。 ウイルスは肺に入る前に喉の中に3〜4日間留まります。 うがいはウィルスの攻撃に適しています。   3)ウイルスは髪や衣服に付着します。  洗剤や石鹸はそれを殺します。 帰宅したときは、どこにも座らないように触らないようにしてバスルームやシャワーに直行します。 毎日洗濯できない場合は、ウイルスを中和する直射日光に当ててください。   4)ウイルスは9日間感染し続ける可能性があるため、金属面を注意深く除菌してください。  自分の家の中の手すりやドアハンドルなどに触れる事にも注意してください。 それらを清潔に保ち、定期的に拭き取ってください。   5)果物と野菜を食べる。  ビタミンCレベルだけでなく、亜鉛レベルを取り、自分の免疫力を上げるようにしてください。   など、これ以外にも様々な予防方法があります。 皆さんもコロナ対策をしっかりと行い健康に気をつかって生活しましょう!
カテゴリー スタッフブログ |
2020年05月05日

今日のお花2020/05/05

今日のお花2020/05/05

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月06日

今日のお花2020/05/06

今日のお花2020/05/06

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月06日

ランチ♪

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです!   コロナウイルスが猛威をふるっていますね!!   どこで、感染するかわからないので怖いですね!   帰宅をしたらうがい手洗いをしっかりとしていきましょう!!   そして、こまめな水分補給をして喉などに付着したウイルスを胃に流し込みましょう!!   さて、今回は以前に行ったお店をご紹介します。 「もにこど2」というお店です。     伊予市にあるカフェです!!   そこで、ランチを頂きました!     とても美味しいく全て完食しました!!     好き嫌いが多く、野菜は必ず残していたのですが野菜も美味しかったです!!   クッキーが売ってあったので購入しました!!     ココア味だけでなくよもぎ粉も入っていました!   しっとり系のクッキーで美味しかったです!!   また、行きたいと思いました!!
カテゴリー スタッフブログ |
2020年05月07日

今日のお花2020/05/07

今日のお花2020/05/07

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月08日

今日のお花2020/05/08

今日のお花2020/05/08

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月08日

歯のエナメル質を失う原因

こんにちは衛生士タナカです。 みなさんいかがお過ごしでしょうか? 今日は、歯のエナメル質を失う原因についてお話していきます。 歯は、酸に弱いという性質があります。 私たちが日常生活で食べたり飲んだりする物の中にも、かなり酸性度が高いものがあります。 これらは普通に食べ飲みする程度では問題を引き起こしません。 問題なのは、極端な食べ方や、だらだらとした長時間にわたる食事です。 (さらに…)
カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年05月09日

今日のお花2020/05/09

今日のお花2020/05/09

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月09日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。 伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。 今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。 今回の患者様は他の治療で通院されていましたが、今月に入り、左下の親知らずのあたりがぱんぱんに腫れてきました。 まずは消毒し、しばらく腫れの様子をみていましたが、この度抜歯を決断されました。   画像を確認すると、手前の歯を少し押すように斜めに生えています。 今回の親知らずは大きく、根っこが下歯槽神経に触れているように見えました。 CTを撮影して解析すると、神経管と非常に近いことがわかります。 神経管を圧迫しなように抜いて行くのがポイントになります。 脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。   まずは親知らずはほとんど歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。 そして次に見えてくるのは親知らずをしっかりと覆った骨です。 親知らずの周りの骨を最小限削っていき抜いていくスペースを作ります。 そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除いていきました。 次に根っこですが、無理やり抜くと神経管との距離も近いため危険なので、分割して慎重に抜いていきました。 抜いた歯の写真がこちらです。 無事抜き残しもなくスッキリ抜けました! 抜いて大きく穴が開いた部分には、治癒を促進させるお薬を入れて縫合して終了です。 数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、腫れや痺れはなく、痛みと出血が少しあるとのことでしたので、今後の経過観察も慎重に行っていく予定です。 お疲れ様でした。
カテゴリー 未分類 |
2020年05月10日

今日のお花2020/05/10

今日のお花2020/05/10

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月11日

今日のお花2020/05/11

今日のお花2020/05/11

カテゴリー 今日のお花 |
2020年05月11日

CGFを使った治療

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。 今日は「CGFを使った治療法」についてのお話です。   当院で年に3回行われている、東京の三井記念病院の歯科・口腔外科の部長、津山先生によるインプラント手術では、必ずと言っていいほど「CGF」が使われています。   人の体は通常、ケガなどで血管が傷つき出血すると、血液中の血小板が集まって血管の傷を埋めるために、血液を固める成分(凝固因子)が放出され、「フィブリン」という物質が作られます。 CGF(Concentrated Growth Factors:凝集成長因子)とは、専用の遠心分離器で血液を遠心分離して生成した「フィブリン」と傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。   インプラント手術では、骨が足りない部分にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆って骨の再生・治癒を促進したりするのに使用します。 CGFは添加物を入れずに、患者様自身の血液のみで生成できるので、従来の骨移植で懸念されていたアレルギーや感染のリスクが軽減し、より安全に、患者の負担が少ない治療と言えます。   CGFを使った治療の流れとしては、まず患者さん自身の血液を20mlほど採血します。 一般的な血液検査の採血方法と同じです。   次に遠心分離器にかけます。 遠心分離器の回転数を精密にコントロールして遠心分離することで、血を固めようとする血液の成分(凝固因子)が刺激されて、ご自身の血液のみから作られる完全自己血液由来のフィブリンゲルが作られます。 所要時間は15分ほどです。   歯科の分野では、歯周外科治療やインプラント手術の際に、痛みや腫れの軽減と治癒を促進や、造骨の目的で、「フィブリンゲル」を平たく潰してCGFメンブレン(膜)として治療に使用したりしています。 CGFを使った治療法により、骨密度が低い人や顎の骨が薄い方など、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるようになりました。 そしてなんといっても患者様にとって身体の負担が軽く、感染のリスクも低い治療法と言えます。 今後さらに症例が増え、活用される分野も増えていくことが期待されます。 しかし、現在ではCGF療法は日本では保険診療の対象外のため保険外診療の適応となります。 また取り扱いのない医院もありますので、事前にご確認ください。 当院のブログでも、度々登場していますので、気になった方はぜひご覧くださいね。 医療は日々、より簡単に、より安全に進化しています。
カテゴリー インプラント, スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約