• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年06月01日

2020/06/01 今日の一枚

6月になりました。梅雨の時期ですが、ジメジメに負けずにがんばっていきましょう。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年06月01日

今日のお花2020/06/01

今日のお花2020/06/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月01日

親知らずの2回法抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

以前、他院で親知らずの歯冠部(歯の頭の部分)を1年ほど前に切断された患者様の症例をご紹介しました。

おそらく、「2回法抜歯」または「歯冠切除術」という治療の段階であったと思われます。

今日はその親知らずの「2回法抜歯」についてお話したいと思います。


 

下顎の親知らずの場合、歯の根っこが顎の骨の中にある神経(下歯槽神経)にとても近い場合(あるいは当たっている)があります。

親知らずの歯根が下歯槽神経に接触していると、抜いた時の衝撃で中にある神経を傷つけてしまい、著しい出血や口唇や歯茎等、「オトガイ部」と呼ばれている部分に知覚麻痺が起こることがあります。

この状態になると、完全に知覚麻痺が回復するのに6ヶ月ぐらい、長い場合で2年程度かかることがあります。

このようなリスクを避けるために行われるのが「2回法抜歯」です。

2回法抜歯では、1回目の抜歯の際に、おもに歯冠部を歯根から切断し、歯冠部を取り除きます。

そしてひとまず、根の部分を残したまま縫合します。

その後、約3か月~6ヶ月後に、残った歯根部が徐々に歯冠部のあった方向に移動して根の先が下歯槽神経から離れたのを確認できれば残った歯根部の抜歯を行います。

こうすることで、神経を傷付けることなく知覚麻痺のリスクを少なくして、残った歯根を安全に除去することができるです。

また、問題がなければ2回目の抜歯を行わず、歯根をそのまま骨の中に残しておくこともあります。

それを「歯冠切除術」と言います。

 

しかしどちらも、充分に歯冠切断、除去ができていないと、歯根部が移動しなかったり、歯を分割した時の破片が歯茎の中に残ってしまうと炎症を起こしてしまったりするため、十分な知識と技術が必要な方法となります。

 

【メリット】
☆1回の処置時間が短くなる

☆知覚麻痺のリスクが低くなる

☆2回目の抜歯が容易な場合が多い

 

【デメリット】                                                            ★治療期間が長くなる

★同じ部位に2回手術が必要

炎症や感染症を引き起こす可能性がある

★必ずしも知覚麻痺を回避できるわけではない

★手術を受けられる病院が限られる

 

当院では、下顎の親知らずの抜歯を行う場合、必ずパノラマ写真およびCTによる立体画像で歯根と下歯槽神経の位置関係を詳しく解析してから行っています。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年06月02日

今日のお花2020/06/02

今日のお花2020/06/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月02日

歯周病

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

今回は、歯周病についてお話します。

自分では気づかない程度のものを含めると、成人の8割以上の方がかかっているといわれています。

歯周病に好発年齢はありませんが、加齢とともに唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥し、歯周病菌が増えるのに適している環境へと変化していきます。

歯周病はお口の中だけの病気と思われがちですが、全身に様々な悪影響を及ぼすことが昨今分かってきました。

歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に放出します。

こうした有害物質が血流に乗り、全身に流れ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管障害を起こす危険性を高めます。

また、糖尿病を悪化させることや、妊娠時に歯周病を放置すると早産や低体重児出産のリスクが増加するとも言われています。

歯周病の分類としては、歯ぐきのみに炎症をおこしている歯肉炎歯ぐきの炎症が内側へと広がり、歯を支えている顎の骨を溶かしている歯周炎があります。


歯周病を予防するには、セルフケアと歯科医院で行うメンテナンスが重要です。

予防や早期発見、早期治療を心がけ、お口の中だけではなく、多くの病気から自分の体を守りましょう。

カテゴリー 未分類 |
2020年06月03日

お菓子作ってみた

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

 

なかなかコロナウイルスの感染がおさまりませんね!

 

ゴールデンウィークはどう過ごされましたか?

 

とは言っても緊急事態宣言でどこにも行けないかたがほとんどですよね!!

 

私もその1人です

 

毎年ゴールデンウィークは友達と旅行していたのですが今年は家から出ていません!!

 

なので、友達と初めてリモート通話をしました!!

 

気づいたら8時間も繋いだまま話していました笑

 

また、普段全く料理をしないのですがクリームブリュレを作ってみました!!

 


 

材料を混ぜて蒸すだけだったので簡単に出来ました!

 


冷やしてからバーナーで炙ったら完成です!!


 

また、作りたいと思いました!!

カテゴリー 未分類 |
2020年06月03日

今日のお花2020/06/03

今日のお花2020/06/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月04日

今日のお花2020/06/04

今日のお花2020/06/04

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月04日

歯と口の健康週間、始まります!

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日から1週間、「歯と口の健康週間」が始まります。

歯と口の健康週間とは、”歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与すること”を目的として、厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施しています。

毎年6月4日~6月10まで、標語とポスターで啓発を行っています。

今年度はこちら↓

令和2年度 咲かそうよ 笑顔の花を 歯みがきで


 

おなじみのネコのキャラクターが歯磨き粉のチューブをバトンにして走っています。

ゼッケンの「8020」の番号は、1989年(平成元年)より当時の厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という「8020(ハチマルニイマル)運動」にちなんでいるようです。

過去の標語とポスターは「日本歯科医師会」のホームページで見ることができます♪

みなさんも、毎日の歯のケアで笑顔の花を咲かせましょう❀

 

カテゴリー 歯のこと |
2020年06月05日

今日のお花2020/06/05

今日のお花2020/06/05

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月05日

歯のエナメル質を失う原因

こんにちは伊藤歯科医院歯科衛生士タナカです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、歯のエナメル質を失う原因についてお話していきます。

歯は、酸に弱いという性質があります。

私たちが日常生活で食べたり飲んだりする物の中にも、かなり酸性度が高いものがあります。

これらは普通に食べ飲みする程度では問題を引き起こしません。

問題なのは、極端な食べ方や、だらだらとした長時間にわたる食事です。



たとえばお酢を毎日飲み続けたり、ダイエットのためにと、とくに酸性度の高い柑橘類だけを大量に食べ続けたりすると、歯の表面のエナメル質が溶けてしまうおそれがあります。

食べられるものは無害だから…、と思われるかもしれませんが、酸っぱい食べ物は歯にダメージを与えることがあります。

お酢や大量の柑橘類というのは極端なケースですが、食事をするときに、ちょっとした工夫でエナメル質への影響が軽減されます。

では次はエナメル質へ影響しにくい食事方法についてご紹介していきます。

 

お酢や柑橘類、炭酸水など酸性度の高い食品を長時間口の中に溜めておかないように心掛けてください。

まずは、できれば歯に触れたり、口の中が酸性になる時間を短くする、場合によってはストローを使うなどの工夫をしてみてください。

また、食べた後に水やお茶で口をゆすぐことも効果的です。


次に気をつけたいのは、胃酸です。

胃酸は強酸なので、げっぷの出やすい方は、後からお水で口をゆすいだ方が良いでしょう。

唾液には、歯を守り、ダメージを回復するために有効な成分がたくさん含まれています。

適切な水分補給を心がけて、水分不足で唾液が出にくくならないように気を付けてください。

また、高血圧症のような疾患をお持ちの方の中には、お薬の影響で唾液が出にくくなることがあります。

このような場合でも、できるだけ注意して水分補給などをして、唾液が出やすいように心掛けてください。

ぜひ一度、ご自身の生活を振り返ってみてください。

カテゴリー 未分類 |
2020年06月06日

今日のお花2020/06/06

今日のお花2020/06/06

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月06日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は左下の親知らずの抜歯を希望して来院されました。

当院の受診は初めてでしたので、まずはお口の状態から確認していきます。

むし歯もなくとてもきれいな状態でしたが、左下の親知らずの頭が少しだけ見えていました。


そしてパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。

下顎の親知らずは、下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

画像を確認したところ、歯茎から少しだけ頭を出した状態でほぼ横向きに生えていました。

根っこはかなり神経に近かったため、慎重に抜歯を行う必要があります。






脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずはほとんど歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

 

抜いた歯がこちらです↓

慎重に抜歯を行ったため、かなり細かく分割されています。

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

再度パノラマ写真を撮影して確認してみると、抜き残しもなくスッキリと抜けていました!



下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛みもなく、出血や腫れ、痺れもないとのことでしたので一安心です。

お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年06月07日

今日のお花2020/06/07

今日のお花2020/06/07

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月08日

今日のお花2020/06/08

今日のお花2020/06/08

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月08日

L8020乳酸菌

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「L8020乳酸菌」についてのお話です。

 

お口の中には700~800種類の微生物が生息しており、その数は腸内以上といわれて、口腔内微生物叢またはオーラルフローラ(お口の中のお花畑)と呼ばれているそうです。

腸内フローラという言葉はダイエットをしている方などは聞いたことがあると思います。

お口の中に存在するオーラルフローラには、腸内フローラと同様に、善玉菌と悪玉菌が存在しています。

悪玉菌としては、むし歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌歯周病菌などが代表的で、さまざまなお口の病気や全身への感染などを引き起こすことが知られています。

この他に健康なヒトには無害な日和見感染菌であるカンジダやヒトと共生することができる善玉菌などでオーラルフローラは構成されています。

以前このブログで善玉菌やそれを含む食品、サプリメントをプロバイオティクスということをご紹介しましたが、このプロバイオティクスをオーラルフローラに適用することで、むし歯や歯周病のリスクを抑えようとする考え方があります。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年06月09日

クリアアライナー

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は新しく導入したマウスピース矯正の一つ「クリアアライナー」についてのお話です。

 

クリアアライナーは、韓国の矯正専門医によって開発された矯正システムです。

厚さ0.5〜0.75mmの透明なアライナー(マウスピース)を装着することで矯正治療を行う方法です。


 

1度の型採りで、硬さの違う、ソフトとハード、2種類のアライナーをコンピューターで測定しながら製作します。

1日17時間以上(可能な場合は22時間以上)装着する必要があります。

 

治療の流れは次のようになります。

 

       型採り

        ↓

2週間後に来院していただき、ソフトのアライナーをお渡しします。

ソフトのアライナーを2週間装着します。

        ↓    

2週間後に来院していただき、診断後、ハードのアライナーをお渡しします。

(診断によってはソフトのアライナーを引き続き装着する場合もあります)

ハードのアライナーを1週間装着します。

        ↓

1週間後に来院していただき、次のステップの型採りを行います。

引き続きハードを2週間装着します。(ハードのアライナーは約3週間装着していただくことになります。)

        ↓

型採りから2週間後に来院していただき、次のステップのソフトのアライナーをお渡しします。


 

基本はこれを繰り返していくことで徐々に歯並びを整えていきます。

場合によってはソフトとハードを一度にお渡しし、ご自身で管理していただくこともあります。

 

他のマウスピース矯正と同じように、漂白や他の歯科治療を並行して行うことも可能です。

 

しかし抜歯が必要な矯正や、奥歯の矯正などにはあまり向いていません。

 

患者様や症例に合った治療法をご提案できますので、矯正治療をお考えの方は一度、ご相談下さい。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年06月09日

今日のお花2020/06/09

今日のお花2020/06/09

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月10日

今日のお花2020/06/10

今日のお花2020/06/10

カテゴリー 今日のお花 |
2020年06月10日

コロナウイルスに対しての危機感

技工士の松井です。

先月も愛媛で新たに感染者が出るなどまだまだコロナウイルスに対しての危機感を持たなくてはいけません。

今回はコロナウイルスの症状について調べてみました。

まず新型コロナウイルスに感染すると風邪のような症状から始まります。
風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、鼻水、鼻詰まり、のどの痛み、咳などです。


患者の8割は重症化に至らず治癒するようですが、数日~1週間以降に2割弱の患者が肺炎の症状が悪化し入院に至ることがあります。

そして2~3%の事例で致命的になりうるとされています。

新型コロナウイルスは風邪やインフルエンザと症状は似ているが症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があるようです。

風邪やインフルエンザのような症状が出た場合は、個々人が自身の感染リスクと重症化する可能性を考慮ししたうえで、病院を受診するかどうか判断するようにしましょう

カテゴリー 未分類 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約