• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年07月01日

2020/07/01 今日の一枚

7月になりました。さあ、暑い夏の始まりです!楽しんでいきましょう。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年07月01日

今日のお花2020/07/01

今日のお花2020/07/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月01日

排膿の原因とその治療方法

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

今回は、歯茎から膿が出る排膿の原因と、その治療方法についてお話したいと思います。

 

歯茎から膿が出る原因の主な理由はこの5つである可能性が高いと考えられます。

 

①歯周病による歯周ポケットの中で細菌が炎症している。 

歯科医院での治療方法→切開、歯茎内部の清掃

歯周病による炎症を放置すると→細菌によって歯周ポケットは更に深さを増し、歯を支える骨を徐々に溶かしていく。


②親知らずの歯茎の間で細菌が炎症している。

歯科医院での治療法→抗生物質の服用、抜歯

親知らずが膿を起こしているのに放置すると→排膿によって口臭が強くなったり、口腔内全体が不衛生となり、他の歯の虫歯や歯周病の発生にも繋がる。

 

③根尖病変によって歯の根の先に膿ができる。

歯科医院での治療→根管治療の再治療、抜歯

根尖病変を放置すると→膿が大きくなり骨の量も減っていく。


 

④歯が割れて隙間に細菌がたまる。

 

⑤抜歯したはずの歯が残っている。

 

歯茎からの排膿は軽い炎症とは限らず、重度のトラブルが起こっているサインでもあります。

くれぐれも自己判断で対処はせず、出来るだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年07月02日

今日のお花2020/07/02

今日のお花2020/07/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月02日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part8~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part8をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、長く当院に通われている患者様です。

まめにメンテナンスに来院されいるのですが、去年4月頃、右下4本を固定していたワイヤーが取れかけ、再度付け直すも状態が良くないため、抜歯後にインプラント植立を希望されました。

 



 

 

今回、右下6番目・7番目に2本のインプラント植立となりました。

 

 

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

 

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。


 

 

翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年07月03日

今日のお花2020/07/03

今日のお花2020/07/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月03日

ポコペン横丁

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

 

なかなかコロナウイルスが落ち着かないですね。

 

先日、久しぶりに友達と車で遠出をしました。

 

 大洲にあるポコペン横町に行ってきました。

 


 

元々、古い懐かしい街並みが好きなのでとても雰囲気のいい所でした!!

 


 

 


 

小さい所でしたが、まさにインスタ映えの所でした☆

 

神社の階段で写真を撮ったりしました!

 

そのあと、ご飯を食べに行きました。

 

唐揚げ定食とメバルの煮付けを食べました。

 


 

煮付けは友達と一緒に食べました。

 


 

子どもも一緒だったのですが、美味しいねと言ってたくさん食べていました。

 

5ヶ月ぶりくらいにお出かけが出来てとても楽しかったです。

 

また、遊びに行きたいと思いました。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年07月04日

今日のお花2020/07/04

今日のお花2020/07/04

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月04日

歯周病

こんにちは。伊藤歯科医院歯科衛生士タナカです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

歯肉炎や歯周炎などの歯周病を放置すると、歯周組織から口腔細菌が血流に入る「歯原性菌血症」が引き起こされます。

歯周病から発症する歯原性菌血症は、血管の炎症を通して全身的な慢性炎症を引き起こします。

たとえば妊婦さんの歯周病は、低体重児出産を招くと考えられています。

妊婦さんで歯周病や菌血症があると、陣痛を誘発する炎症性物質であるプロスタグランジンの過剰産生により低体重状態で生まれると言われています。

また、歯周病に起因する炎症性サイトカインの産生が胎児の遺伝子プログラミングに影響を与えていることが予想されています。

次にむし歯に関するライフコースのお話です。

5歳から32歳までの個人のむし歯の変化をみた研究では、むし歯の指標であるDMFSが12歳以降も加齢とともにライフコースで増大することが報告されています。

 


学齢期に、むし歯が多いグループと中程度のグループ、低いグループの3グループに分類すると、学齢期にむし歯が多いグループはその後もむし歯が急速に増加するのがわかります。

むし歯は加齢とともに増加するので生涯にわたるむし歯のケアが必要です。

超高齢化社会では、歯周病に合併して発症する根元のむし歯の増加が懸念されています。
(実際に糖尿病にともなう根元のむし歯のリスクの増大が報告されています)

むし歯のリスクは、歯のエナメル質が未成熟な生え始めほど高いので、乳歯の生え始め、6歳臼歯の生えは始め(5~6歳)、第二大臼歯の生え始め(12歳)頃がむし歯になりやすい時期といわれています。

むし歯の原因菌であるミュータンスレンサ球菌の感染時期は生後19カ月から31カ月の間に集中することが報告されているため、この時期は「感染の窓」と呼ばれています。

ミュータンスレンサ球菌の感染媒体は唾液で、その感染経路の多くは養育者から幼児への垂直感染です。

ミュータンスレンサ球菌は砂糖の摂取により感染力が著しく高まるので、乳幼児期の早期感染の防止には砂糖制限が必要です。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年07月05日

今日のお花2020/07/05

今日のお花2020/07/05

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月06日

今日のお花2020/07/06

今日のお花2020/07/06

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月06日

お口の老化現象

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「お口の老化現象」についてのお話です。

 

加齢と老化は、時の流れとともに誰にでも起こる現象です。

加齢と老化現象は、生体に好ましいものではないことが多く、一度起こると不可逆的に進んでいきます。

加齢・老化現象は成熟期初期から始まり、中高年では全身諸臓器、組織における細胞増殖能は低下して、実質細胞は減少し、間質細胞が増加します。

もちろんお口の中にも老化現象は現れます。

たとえば加齢に伴って歯の根元のむし歯になったっり、歯を失ったりします。

40歳代までは付着上皮エナメル質に付着していますが、50歳代ではエナメル質・セメント境付近に、そしてそれ以降はセメント質に付着するように、歯ぐきが退縮していき、歯の根元が露出してくるようになります。

加齢に伴って歯周病のリスクが高くなり、唾液の減少などの条件が加わると、露出した根元へのむし歯も必然的に増えていきます。


続きを読む>>

カテゴリー 歯のこと |
2020年07月07日

今日のお花2020/07/07

今日のお花2020/07/07

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月07日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上の前歯、左右3番目の歯の捻転が確認できました。

ご本人は、転勤の可能性もあるため、半年~1年くらいの期間での治療を希望されました。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

 

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は上下ともに叢生(歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがでこぼこしている状態のこと)と重なりが強すぎるため、マウスピースでの矯正は難しいとの診断でした。

 

 

        ※診断書の参考画像

 

 

診断結果をお伝えし、ワイヤー矯正も視野に入れて再検討することをおすすめしました。

 

マウスピース矯正では、ワイヤー矯正に比べ、仕上がり具合は7~8割です。

しかし、目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

 

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

カテゴリー DENマウスピース |
2020年07月08日

今日のお花2020/07/08

今日のお花2020/07/08



 

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月08日

第一大臼歯の形

こんにちは、伊藤歯科医院技工士の松井です。
今回は上下の第一大臼歯の形をまとめてみました。


○下顎第一大臼歯

 頬側面観
・外形は逆台形で、豊隆部は歯頸側寄り三分の一にある。
・頬側咬頭は舌側咬頭より低くて丸い。
・頬側面溝は咬合縁の中央より近心に位置し歯冠の二分の一で消失。
・遠心頬側面溝は咬合縁の遠心寄り五分の一から始まり歯冠の二分の一で消失。

舌側面観
・外形は逆台形で、頬側面より小さい
・咬合縁はM字
・舌側咬頭は高くて鋭く、遠心のほうが咬頭が低い。
・豊隆部は咬頭より二分の一の位置にある。

咬合面観
・咬合面の外形は角の取れた長方形。
・溝はY字
・咬頭は頬側3咬頭舌側2咬頭からなる。
・近心頬側隅角は遠心頬側隅角に比べて鋭角。
・辺縁隆線は、近心は高くて幅が広く、遠心は低くて丸い。

○上顎第一大臼歯

頬側面観
・外形は台形
・二つの咬頭の間に頬側面溝がある。
・2つの咬頭から頬側面隆線が走る。
・近心咬頭は遠心咬頭より高い。

舌側面観
・外形は丸みを帯びた台形
・2つの咬頭の間に舌側面溝があり、遠心寄りに位置。
・近心咬頭は高くて大きい。

 咬合面観
・外形はひし形または平行四辺形。
・溝の形はH型
・4つの咬頭を持ち、近心舌側咬頭が最も大きく、近心頬側咬頭、遠心頬側咬頭、遠心舌側咬頭の順に小さくなる。
・頬側咬頭は高くて鋭く、舌側咬頭は低くて鈍円化

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年07月09日

今日のお花2020/07/09

今日のお花2020/07/09

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月09日

2020.3.20津山先生のインプラントオペ~Part9~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、3月20日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part9をご紹介します。

 

今回ご紹介する患者様は、去年11月、インプラントの相談をしたいと来院されました。

当院では初めての診察でしたので、まずはお口の状態を確認させていただくと、左下は5番目と6番目の歯が欠損しており、4番目と7番目を土台にした4本繋がったブリッジが入っていました。

右下は4番目から7番目が欠損しており(7番目の歯は残った根っこに金属の蓋をした状態)、その上に4本分の義歯が入っていました。

インプラントを検討されているのはこちらの右下とのことでした。

その日は画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただきました。



後日、インプラント植立することが決定しました。

今回、右下4番目・5番目・6番目に計3本のインプラント植立となりました。

蓋をしていた7番目の歯は、蓋を外し根っこの部分にファイバーの土台を立て、その上に被せ物を入れることになりました。

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まずは手前の歯から、歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

続けて奥の歯ですが、津山先生が行うインプラントオペでは、植立する部位が隣りあう位置であっても、同時に穴を開けてたり植立は行わず、必ず1本づつそれぞれの工程を行います。

こうして順調に3本分の植立が完了しました。

 

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。



翌日、消毒に来院された際は痛み等の症状はないとのことで一安心です。

 

次回の津山先生のインプラントオペは7月19日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年07月10日

今日のお花2020/07/10

今日のお花2020/07/10

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月10日

母の手作りマスク第二弾!

こんにちは、伊藤歯科医院受付コバヤシです。

 

梅雨に入り、じめじめの日々ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、先日実家の母から手作りマスクが送られてきたことをブログに書きましたが、第二弾、またまた母からマスクが送られてきました~!!

 


 

今回の柄は何だか夏仕様♪母なりに色々考えたのでしょうか(^^)

洗って何度も使えるのはいいですね!

 

しかし梅雨と気温の上昇で、マスクを着けることがだんだんと億劫な季節になってきました。

 

専門家によると、夏場マスクをすることによりマスクの中にこもった暖かい空気を吸うことになり、体温調節が難しくなり体温が上昇し、熱中症になるリスクが高まるそうです。

 

最近販売されているマスクは、ひんやり加工の生地の物やUV加工がされている物等、暑さ対策の工夫がされている物もあります。

 

これからどんどん暑くなっていきますので、熱中症に気をつけながらコロナ対策をしていこうと思います。

 

カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約