• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年07月11日

今日のお花2020/07/11

今日のお花2020/07/11

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月11日

右下親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は、右下親知らずが1週間前から痛み始めたため来院されました。

当院の受診は1年7ヶ月ぶりのため、まずはお口の状態から確認していきます。

そしてパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。

画像を確認したところ、親知らずはほぼ真っ直ぐに生えていましたが、歯茎に埋まっているようです。

親知らずは、下顎を通っている下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

神経に近い位置ではありましたが、抜歯は可能という先生の診断でした。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは歯茎を切開し、親知らずの周りの骨を最小限削っていき手前の歯の根っこを傷つけないように親知らずの一部を縦に切断して取り除き、抜いていくためのスペースを作ります。

そして神経管を圧迫しないよう慎重に親知らずを脱臼させて抜いていきました。

 

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

再度パノラマ写真を撮影して確認してみると、抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

 

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛みは少しあるが、出血や腫れ、痺れはないとのことでしたので一安心です。

お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年07月12日

今日のお花2020/07/12

今日のお花2020/07/12

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月13日

今日のお花2020/07/13

今日のお花2020/07/13

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月13日

睡眠関連呼吸障害

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「睡眠関連呼吸障害」についてのお話です。

 

睡眠関連呼吸障害は、睡眠中に異常な呼吸を示す病態の総称です。

有病率は一般人口の1%以上で、特に中年期に多く30~60歳の男性で4%、女性では2%前後と言われています。

おもに閉塞性睡眠時無呼吸症上気道抵抗症候群があります。

睡眠に伴って上気道の狭窄や閉塞が起こり、呼吸が妨げられて安眠できなくなることから、日中のさまざまな障害をもたらす疾患といわれています。

このうち閉塞性睡眠時無呼吸症は、成人と小児で病態が著しく異なる病気です。

小児の閉塞性睡眠時無呼吸症は、原因や症状、治療法等が異なってくるため、診断基準は以下のように細かく分けられています。

現在では、成人の閉塞性睡眠時無呼吸症の完治は難しいとされているそうです。

そのため、小さいうちから顎顔面部を適切に発達させることが閉塞性睡眠時無呼吸症の予防に繋がるのではないかと期待されています。

(さらに…)

カテゴリー 歯のこと |
2020年07月14日

今日のお花2020/07/14

今日のお花2020/07/14

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月14日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、右側上下の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、右上は一般的に「八重歯」と呼ばれる歯並びになっており、右下も2~4番目の歯が少し前後にずれていました。

ご本人は、歯の重なりが気になるためキレイなアーチになるように治療したいとのご希望でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 17回 17~19ヶ月    下顎 17回 17~19ヶ月


気にされていた八重歯も揃うようです。

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

最終結果が楽しみになりますね!

カテゴリー DENマウスピース |
2020年07月15日

今日のお花2020/07/15

今日のお花2020/07/15

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月15日

動物園

こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのヒノです。

コロナで自粛モードで変なつかれや、外にあまりでれないストレスが溜まっていたのですが、子供もいつもより外にできずに家で我慢をしてくれていたのでそろそろ遊びに行ってもいいか?と思い、ごほうびに動物園に行ってきました!

梅雨に入っていましたが、この日はカラッと晴れ、暑すぎるぐらいでした。

人はまばらで以前よりはかなり少なかったです!

まず入り口でアルコールシュッシュをして入ります。

 

キリンやペンギン、大好きな動物に会えて子供たちはもちろん、親の私達も大興奮でした!

まだ都会ではコロナが増えていますが、そろそろなにも気にせずお出掛けできるといいな~と思いました。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年07月16日

今日のお花2020/07/16

今日のお花2020/07/16

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月16日

2020年、第2回津山先生によるインプラント手術

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

いよいよ、7月19日に、当院での今年2回目の津山先生によるインプラント手術が行われます。

2013年から、東京の三井記念病院で歯科口腔外科部長をされている津山泰彦先生を招いて、年3回行われているインプラント手術ですが、毎回大きな反響をいただいております。

毎回10人前後の予約枠を設けていますが、すでに次回、11月分の予約も入りはじめている状態です。

経験豊富で高い技術力を持っておられる津山先生の手術は、1本の植立であれば5分程度で終わってしまう症例もあります。

今回の患者様の中には、以前にも津山先生のインプラント手術を受けられている方がなんと5名もいらっしゃいます。

手術の1週間前ともなると、院内はインプラント手術に向けての準備に追われます。

手術で使用する器具や薬剤、資料等に不備があってはいけません。

今年は特に、新型コロナウイルスの流行で、前回も消毒薬やマスク、グローブ、防護服等の準備に困難をきたしました。

現在はこちらは正常に戻りつつありますが、県をまたいでの移動が懸念されている中、飛行機の便数もかなり減っており、津山先生に来松していただけるかも危うい状態でした。

しかし、津山先生からは「前日からでも松山に行くよ」という熱いお返事をいただき、私達も安心して、準備を進めることができました。

津山先生のインプラント手術では、以前のブログでもお話した「CGF」「サイナスリフト」という技術を使います。

「CGF]は患者様自身の血液のみから作られる完全自己血液由来の「フィブリンゲル」を、平たく潰してCGFメンブレン(膜)として治療に使用することでインプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるようになりました。

上顎へのインプラント植立の場合、上顎洞という空洞があるため骨が薄いとインプラントが上顎洞へ突き抜けてしまいます。

そこで横側から上顎骨に穴をあけて、そこから骨を補填して上顎洞を底上げし、インプラントを入れるスペースを確保するのが「サイナスリフト」という技術です。

骨が薄くてインプラントの植立が難しい症例も、この技術で可能になりました。

底上げに使う骨の補填材にもCGFを使用します。

患者様にとって身体の負担が軽く、感染のリスクも低くなるのでとても安心です。

今回のインプラント手術でも、たくさんの方にしっかりと噛める歯を手に入れて、笑顔になっていただけると嬉しいですね。

また後日、今回の手術の様子を詳しくお伝えできればと思います。

カテゴリー インプラント |
2020年07月17日

今日のお花2020/07/17

今日のお花2020/07/17

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月17日

効果的な歯磨き剤の使い方

こんにちは伊藤歯科医院衛生士のマエダです。

フッ化物配合の歯磨き剤を「むし歯の予防剤」として使おうと思うと、今までとは違った使い方をする必要があります。

歯磨き後、フッ化物イオンがお口の中にとどまっていることがむし歯予防に効果的です。

それではどんな使い方をすれば効果的なのでしょうか?

ポイントは、歯磨きの際の「うがいの仕方を変える」ことです。

    1. 歯ブラシに年齢に応じた量の歯磨き剤(6ヶ月~2歳→切った爪程度の少量)、3~5歳→5mm以下、6~14歳→1cm程度、15歳以上→2cm程度)をつける
    2. みがく前に、歯磨き剤を歯面全体に広げる

 

 

  1. 2~3分間、歯磨き剤による泡立ちを保つような歯磨きをする
  2. 歯磨き剤を吐き出す
  3. 10~15mlの水を口に含む
  4. 5秒間ブクブクうがいをする
  5. 吐き出す
  6. その後、1~2時間は飲食をしないことが望ましい

10ml程度の水で1回しかうがいをしないなんて、歯磨きをした気がしない…と感じられる場合には、ダブルブラッシングをすると効果的です。

ダブルブラッシング法は、「いつも通りの歯磨きをしてから、上記の方法で歯磨きをする」

というものです。

最初の歯磨きで清掃をすませ、2回目は適量の歯磨き剤をブラシに取り、30秒程度で歯面に延ばし、その後軽くすすぎます。

気軽にできるむし歯予防として、ぜひ習慣にしてみてくださいね!

カテゴリー スタッフブログ |
2020年07月18日

今日のお花2020/07/18

今日のお花2020/07/18

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月18日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

 

今回の患者様は、小さい頃から当院に通っておられました。

今回は右下の親知らずに、最近、痛みを感じるようになり、特に夜にズキズキと痛むとのことで、抜歯を希望して来院されました。

小さかったあの子も、今では親知らずが生える年齢になったのか・・・と、しみじみと感じながら、まずは親知らずの状態を確認します。

右下親知らずは歯茎の中からほんの少し頭を出しだ状態で生えていました。

次にパノラマ写真を撮影して歯茎の中の状態を確認します。

画像を確認してみると親知らずはほぼ真っ直ぐに埋まっているようでした。

根っこは神経から少し近い距離にあるようですが、抜歯は可能との診断でした。

 

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずは歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

頭の部分が出ると、親知らずを骨から剥離しながら分割せずに抜くことができました。

穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

 

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛みと出血は少しあるももの、腫れ、痺れはないとのことでした。

翌日、消毒のために来院された際には、痛みも落ち着いてきたとのことでしたので一安心です。

お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年07月19日

今日のお花2020/07/19

今日のお花2020/07/19

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月20日

今日のお花2020/07/20

今日のお花2020/07/20

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月20日

口腔がん

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日はお口の中の怖い病気、「口腔がん」についてのお話です。

 

近年、日本における喫煙率は減少傾向にあるといえます。

しかしその一方で、口腔・咽頭がんは30年前と比較して4倍以上に上昇しているそうです。

 

喫煙や飲酒などの生活習慣は、発がんの過程の大きな病因といわれていましたが、どうやら原因はこれだけにとどまっていないのではないか、ということが分かります。

一般的に口腔がんの病因は、生活習慣の他にも口腔内の不衛生、栄養バランス、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染、適合の悪い入れ歯、歯の鋭縁による慢性的な刺激などが挙げられています。

現在では女性、若年者、口腔衛生良好者、非喫煙者にも口腔がんが増加しており、これは世界的な現象といわれています。

このことにいち早く気づいたのがアメリカの歯科医師会で「口腔がんは高齢者だけの病気ではない、女性、若年者、非喫煙者も気をつけよう」という口腔がん予防ポスターが作られたそうです。

(さらに…)

カテゴリー 歯のこと |
2020年07月21日

今日のお花2020/07/21

今日のお花2020/07/21

カテゴリー 今日のお花 |
2020年07月21日

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。
 

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。確認したところ、上の前歯2本が逆ハの字に捻転し、少し前に出ていました。

ご本人は、できるだけ期間は短く、出ている前歯を奥に入れたいと希望されました。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 15回 15~17ヶ月


気にされている前歯も、捻転がなくなりキレイに改善されるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

その場合は、ワイヤーを入れて捻転を改善する場合もあります。

 

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

こちらの患者様は小さなむし歯の治療が終わり次第、マウスピース矯正を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね!

カテゴリー DENマウスピース |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約