• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年09月18日

正しい不織布マスクの取り扱い方

こんにちは 伊藤歯科医院歯科衛生士のイシカワです。

 

今回は正しい不織布マスクの取り扱い方をご紹介します。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のためほとんどの方がマスクをされていますね。

布マスクを付けている方もいらっしゃいますがやっぱり不織布マスクを付けている方の方が多いような気がします。

ただよくよく見ていると間違った付け方をされている方がけっこういらっしゃいます。


まずは上下ですがほとんどの不織布マスクにはノーズフィッターという針金が入っています。

この針金が入っている方が上になります。

これを間違えている方はいないと思います。

 

ノーズフィッターを鼻のラインにピッタリと沿わせてください。

プリーツ部分も顎まで伸ばしてマスクと顔の隙間をなるべくなくすようにしましょう。

 

次は表裏ですがこれを間違えている方が多いです。

マスクの表裏はプリーツの向きで決まります。

プリーツの溝が下になっている方が表(外側)です。


 

これが逆になるとプリーツの溝の部分にホコリやゴミが溜まりやすくなります。

ただしプリーツが中心から上下に向かって階段状になっているものは広げた時に中央が

膨らんで張り出したようになるように付けましょう。


 

マスクの表面は菌やほこりや花粉などが付着しているため

付けている時も外すときもマスクの表面は触らないように気を付けましょう。

外す時はゴムひもの部分を持って外すようにしましょう。

もちろん外した後はしっかり手を洗うようにしてください。

 

マスクは正しく付けてこそ効果を発揮します。

正しい方法でマスクを付け感染予防を心掛けるようにしましょう。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年09月18日

今日のお花2020/09/18

今日のお花2020/09/18

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約