• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年10月01日

今日のお花2020/10/01

今日のお花2020/10/01

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月01日

2020/10/01 今日の一枚

10月になりました。熱いお祭りの季節です。

カテゴリー 今日の一枚 |
2020年10月01日

矯正の種類

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

前回、歯列矯正のメリットについてお話をしたのですが、今回は矯正にどんな種類があるのかをお話したいと思います。

歯列矯正には、大きく分けて「ワイヤー矯正」「裏側矯正」「マウスピース矯正」の3つの治療法があります。

治療中の見た目や適正条件など、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

①「ワイヤー矯正」・・・歯の表面に『マルチブラケット』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定し、歯を引っ張っていく治療方です。この中でも大きく3つの種類に分かれます。

1.金属ブラケット(費用が比較的安く、違和感が少ない)

2.審美ブラケット(目立たない・・・ブラケットが透明や白色)

3.セルフライゲーションブラケット(痛みが少なく、治療期間が短い)

 

②「裏側矯正」・・・ブラケットを歯の表面ではなく裏側に装置する方法です。メリットは、裏側からは器具が見えず、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいことです。

 

③「マウスピース矯正」・・・ワイヤー矯正やブラケットを使用せず、一人一人に合わせたマウスピース型の透明な矯正装置(アライナー)を交換しながら歯に装置することで、少しずつ理想的な歯の位置に動かしていきます。メリットは、目立たないことと、むし歯になりにくいことです。

 

自分の合った方法をよく考えてみましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年10月02日

今日のお花2020/10/02

今日のお花2020/10/02

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月02日

夕焼けぴちぴち市

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

 

もう今年も半分を過ぎましたね!!

 

あっという間です。

 

まだまだ、コロナウイルスは落ち着きませんね。

 

早くワクチンが出来るようになるといいですね!

 

下灘にある夕焼けぴちぴち市という所に行ってきました。

 


 

そこでは、鱧を使ったじゃこ天・はもコロ・鱧バーガーなどがあります。

 

愛媛はじゃこ天が有名ですよね!

 

じゃこ天の中に、鱧のすり身を使っています。

 

はもコロは、じゃこ天の中に玉ねぎが入っていてパン粉で揚げています。

 


 

サクサクしていて美味しかったです!

 

はもバーガーもボリュームがあって食べごたえがありました。

 


 

鱧には、ビタミンA・ビタミンB2・カルシウムなどが豊富だそうです。

 

また、コロイドロチン硫酸は生活病予防・骨粗鬆症予防・高血圧や動脈硬化の予防が期待さています。

 

DHA・EPAは、動脈硬化・心筋梗塞・糖尿病・脳梗塞などの予防も期待されています。

 

夏が、鱧の美味しい時期なのでぜひ食べてみて下さい。

カテゴリー スタッフブログ |
2020年10月03日

今日のお花2020/10/03

今日のお花2020/10/03

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月03日

左下親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は今年1月、左下の親知らずに違和感を感じるため来院されました。

まずはお口の状態から確認していきます。

むし歯もなくとてもきれいな状態でしたが、左下の親知らずは頭のほんの一部が出ているだけで、ほとんど歯茎に埋まっている状態でした。



続いてパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。

画像を確認したところ、歯茎の中で手前の歯を押すようにほぼ真横に埋まっていました。

下顎の親知らずは、下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し親知らずと下顎を通っている神経管の位置等の詳しい解析を行います。

根っこはかなり神経に近いようですが、抜歯は可能との診断でした。

今のところ痛みは、噛んだ時にたまに感じる程度・・・とのことなので、しばらく様子を見て、痛みが出てくるようならその時に抜歯をしましょうということになりました。

 

そして先日、抜歯を希望して7カ月ぶりに来院されました。

前回解析したように、今回の抜歯の場合は慎重に行う必要があります。

 

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずはほとんど歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

抜いた歯がこちらです↓

神経を傷つけないように慎重に抜歯を行ったため、かなり細かく分割されています。



穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

再度パノラマ写真を撮影して確認してみると、抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、しびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、痺れ、出血や腫れもないとのことでしたので一安心です。

お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年10月04日

今日のお花2020/10/04

今日のお花2020/10/04

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月05日

今日のお花2020/10/05

今日のお花2020/10/05

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月05日

薬がむし歯の原因になることがあるか?

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「薬がむし歯の原因になることがあるか?」についてのお話です。

 

子供用のシロップ系の風邪薬には、薬剤の成分に加え、甘みの成分として高濃度のショ糖やブドウ糖が含まれている物があります。


10種類の感冒薬を調べたところ23~48%のショ糖が含まれていたという研究結果もあるそうです。。

日常的に飲まれている清涼飲料水には約10%前後含まれるといわれているので、十分にむし歯の原因になる可能性があると言えるでしょう。

また、薬を飲みやすくするために、ジュースやヨーグルト、アイスクリームなどに混ぜて服用する場合がありますが、薬剤だけで服用した場合と比べ、飲み物や食べ物に混ぜた場合の糖度は2~3倍になるという研究結果も出ています。

このように薬によるむし歯のリスクを下げるためには、できるだけ長期的な服用は避け、就寝の直前に服用するのは避けて、服用後は必ず歯みがきをしましょう。

体調の状態などにより、歯磨きが難しい場合は白湯やお茶を飲ませり、うがいをすると少しは改善されます。

キシリトール入りガムを噛むことも効果があると言われています。

処方の際に甘味料としてショ糖やブドウ糖を含有しないものがあれば、できるだけそちらを選択しましょう。

いずれも医師からの指示があれば、必ずそれに従ってください。

服用期間が長かった場合は、歯科を受診することも望ましいでしょう。


また、子供の薬だけでなく、大人が服用する糖衣錠にも、むし歯の原因になる「ショ糖」でコーティングされている物もありますので、飲み方には注意が必要です。

 

糖分が含まれていなくても、抗精神病薬や抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、モルヒネなどの唾液分泌抑制の副作用により、お口の中が乾いた状態が続いてしまうと、お口の中の細菌が増え、むし歯になるリスクが高くなります。

抗ヒスタミン薬はさまざまな分泌腺に働くため、鼻水を止めるだけでなく、唾液の分泌も止めてしまうためです。
 

対策としては歯磨きや、お茶(カテキン)やポビドンヨード等を使用してのうがい、また、口腔内の保湿を保つために、霧吹き等で口の中に水を吹きつけたりといった対応も大切です。

また、糖分を含まないガムやあめで唾液腺を刺激したり、唾液腺マッサージを行うなど唾液分泌を促進させることが勧められています。

甘い食べ物、飲み物以外ににも、むし歯の原因になるものがあることを知っておきましょう。

カテゴリー 歯のこと |
2020年10月06日

今日のお花2020/10/06

今日のお花2020/10/06

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月07日

今日のお花2020/10/07

今日のお花2020/10/07

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月07日

知覚過敏

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のタナカです。

 

☆知覚過敏☆
冷たいものや温かいものを飲食してキーンとしみたり、甘いものや酸っぱいものを飲食して歯が痛くなったり、歯ブラシが当たると痛みを感じたりする症状。
これは、歯の象牙質が露出し、外部の刺激が、象牙細管を通じて歯髄に伝わるために起こります。
痛みやしみる原因が、むし歯や歯周病によることもあるため注意しましょう。

【原因】
間違った歯磨き(力の入れすぎ、固すぎる歯ブラシの使用)や歯ぎしり、噛み合わせ、加齢による歯肉のやせ、酸味飲料の摂取、唾液の減少、歯磨き粉の研磨剤で傷つくことなどで起こります。

 

【対策】
むし歯や歯周病、噛み合わせなどが原因の場合は治療が必要なので、一度歯科医院で診察を受けましょう。

これ以外の場合は、フッ素含有の歯磨き粉を使う、歯科医院で歯の表面に知覚過敏用の材料を塗るといった方法で、知覚過敏を改善・解消することができます。

また、長くても1年ほどで自然に治癒することが多々あります。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年10月08日

今日のお花2020/10/08

今日のお花2020/10/08

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月08日

2020.7.19津山先生のインプラントオペ~Part3~


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回は、7月19日の津山先生のオペを受けられた患者様のオペの様子Part3をご紹介します。

今回ご紹介する患者様は、昨年、矯正歯科からのご紹介で来院されました。

矯正治療中でしたが、そのうちの1本が骨性癒着のため、矯正での治療ができず抜歯を行いました。

いずれはインプラントを検討されているとのことでしたので、画像を見ながら、手術の流れや費用、植立後の補綴物について説明させていただき、左上1番目の抜歯を行いました。


その後、矯正歯科の先生ともやり取りを重ね、今回、左上1番目に1本のインプラント植立が決まりました。


当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。

まず歯茎から骨の部分まで、穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴にCGF(患者様自身の血液のみで作られた血小板と成長因子を多く含んだゲル)を入れ、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

こうして順調に植立が完了しました。

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、仮歯を入れ、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、今回のオペは終了となりました。

手術の数時間後に症状の確認のお電話をしたところ、痛みはなく、出血や腫れ、痺れもないとのことで一安心です。

次回の津山先生のインプラントオペは11月3日を予定しています。

※今回のオペの内容及び写真画像等は、患者様の承諾を得て掲載しています。

カテゴリー インプラント |
2020年10月09日

今日のお花2020/10/09

今日のお花2020/10/09

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月09日

犬歯の形

こんにちは伊藤歯科医院技工士の松井です。
今回は犬歯の形をまとめました。

・上顎犬歯

 唇側面観
・外形は不正五角形
・尖頭はやや近心寄りに位置
・切縁は近心が短く、遠心が長い
・近心縁は直線的で長く、遠心縁は曲線的で短い
・近心隅角は遠心隅角より切縁側寄りに位置
・遠心隅角は近心隅角より大きく鈍角
・中央唇側面隆線があ歯頸に向かって縦走している
・浅い唇側面溝が2本ある
・狭い近心部と広い遠心部の2面からなる

舌側面観
・外形は菱形
・唇側面より狭い
・舌側面溝は浅い
・基底結節、辺縁隆線が発達している
・中央舌側面隆線がよく発達している
・近心舌側面隆線より、遠心舌側面隆線が顕著である
・基底結節の最大豊隆部はやや遠心寄りに位置
・近心辺縁隆線は幅が狭く長い
・遠心辺縁隆線は幅が広く短い
・棘突起が認められる

 隣接面観 
・外形は3角形
・近心面のほうが遠心面より大きい
・近心面は平坦で、遠心面はやや豊隆する傾向
・近心辺縁隆線が突出
・歯頸線の彎曲度は、近心面のほうが強い
・尖頭は歯軸よりも唇側よりに位置

切縁観
・唇側面は遠心半のほうが近心半よし大きい
・唇側面の最大豊隆部はやや近心寄りに位置
・近心円は平坦で直線的、遠心縁は豊隆して突出
・尖頭は唇舌径の唇側よりに位置
・切縁は近心隅角から遠心隅角にかけて舌側に傾斜する

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2020年10月10日

今日のお花2020/10/10

今日のお花2020/10/10

カテゴリー 今日のお花 |
2020年10月10日

右下親知らずの抜歯

こんにちは、伊藤歯科医院カワニシです。

今回は右下親知らずの抜歯のお話です!

今回の患者様は、矯正治療を考えているため、まずは親知らずの抜歯をしたいと来院されました。

まずはお口の状態から確認していきます。

親知らずは右上と左右下の合計3本生えていました。

続いてパノラマ写真を撮影して親知らずの状態を確認します。


画像を確認したところ、右上と左下はほぼまっすぐに生えていましたが、右下の親知らずが手前の歯を押すようにかなり斜めに生えていました。

まずは右下から抜歯することになりました。

下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。


 

根っこは下歯槽神経から少し距離があることが分かりました。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずはほとんど歯ぐきの下に隠れている状態なので、歯ぐきを切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

抜いた歯がこちらです↓


穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、今のところ痛みもなく、少し腫れはあるが、出血や痺れもないとのことでしたので一安心です。

お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2020年10月11日

今日のお花2020/10/11

今日のお花2020/10/11

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約