• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2021年04月01日

今日のお花 2021/04/01

今日のお花 2021/04/01

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月01日

2021/04/01 今日の一枚

4月になりました。新生活の始まりです☆

カテゴリー 今日の一枚 |
2021年04月02日

みきゃんパーク

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のフクオカです。

コロナのワクチンが東京の方では開始されましたね!

愛媛はいつになるのでしょうか!?

さて、先日元梅津寺パークがあったところにできた『みきゃんパーク梅津寺』に行って来ました!!


2階にあるカフェでこみきゃんアイスとブラットオレンジを頼みました!

アイスにこみきゃんの顔がかいってありました。


ブラットオレンジを初めて聞いたのですみかんだからオレンジ色をしていると思っていたのですが赤色でビックリしました!

ブラットオレンジには、アントシアニン(視覚機能の維持)•ビタミンC(美肌効果)•葉酸(貧血対策)などの栄養素が含まれています。

少し酸味が強いですがおいしかったです。

また、1階ではお土産コーナーがありそこで売っているグラニータのミックス(みかんとブラットオレンジ)を頼みました!


シャリシャリしていておいしかったです。

果汁100%のみかんジュースも買いました!

色々な種類があるので飲みくらべをしてみようと思います!

カテゴリー スタッフブログ |
2021年04月02日

今日のお花 2021/04/02

今日のお花 2021/04/02

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月03日

今日のお花 2021/04/03

今日のお花 2021/04/03

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月03日

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。
今回の患者様は、右下に痛みがあり膿も出ていたため、1年ぶりに来院されました。
お口の中を確認してみると、右下の奥歯の親知らずを含めた3本がむし歯になっていました。
親知らずの手前の歯は神経をとる処置をしましたが、親知らずは腫れが落ち着いてから抜歯することになりました。
そして今回、腫れも落ち着いてきたので、右下親知らずの抜歯を行うことになりました。
まずは親知らずの状態から確認していきます。
右下の親知らずは少しだけ見える状態で生えています。
次にパノラマ写真を撮影してみると、右側の親知らずは、ほぼ真横に手前の歯を押すように生えているのが確認できました。
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
親知らずの根っこは下歯槽神経に近い位置にありましたが、抜歯は可能との診断でした。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずは歯茎の下に隠れている状態なので、歯茎を切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

抜いた歯がこちら↓
穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れのいずれの症状も感じていないとのことで一安心です。

後日、消毒に来院された際は、腫れていて口が開きにくいとのことでした。
いずれその症状の改善していくので問題ありません。
右下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年04月04日

今日のお花 2021/04/04

今日のお花 2021/04/04

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月05日

今日のお花 2021/04/05

今日のお花 2021/04/05

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月05日

歯茎が下がる原因

みなさん、こんにちは。

伊藤歯科医院カワニシです。

今回は歯茎が下がる原因についてのお話です。

 

様々な要因によって歯を支える歯茎が下がる事を「歯肉退縮」と言います。

その要因として、以下のような事が考えられます。

重度の歯周病

歯茎が下がる原因でもっとも多いのが歯周病です。
歯周病が進行すると、歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨が少しずつ溶かされていきます。
歯茎は、歯槽骨の上にあるため、歯槽骨が減ってくると、それを覆っている歯茎も下がってくることになります。

強すぎるブラッシング

強い力でゴシゴシと歯を磨くクセのある人は、歯茎が傷付く擦過傷(さっかしょう)になりやすくなります。
強すぎるブラッシングで擦過傷をなってしまうと、歯茎が痩せて後退していきます。
正しい磨き方をマスターしていれば適度な力でプラークを除去することができます。
また、歯茎を傷つけないために、ふつうまたは柔らかめのハブラシを選ぶようにしましょう。

噛み合わせ・歯並びの悪さ

噛み合わせのバランスが悪く、一部の歯だけが強く噛み合わさっている場合、過剰な力が加わる部分の歯茎も少しずつ後退していきます。
また歯は、歯列弓とよばれるU字型の並びに沿って生えていますが、中にはそのきれいな並びからはみ出して、外側あるいは、内側にずれて生えている場合があります。
とくに、外側にはみ出している場合に、他の歯と比べて歯茎が下がりやすい傾向が示されています。

 

歯ぎしりや食いしばり

一部の歯に強い力がかかり続けることで、歯周組織が耐え切れなくなり歯茎が下がってしまいます。
歯ぎしりや食いしばりは、知らず知らずのうちに歯や歯を支える骨にとても大きな負担をかけています。
日中は食いしばりをしないように意識したり、寝る時はマウスピースを装着するなどの対策が必要です。

 

歯の根っこの病気(根尖病巣)

むし歯が重症化して歯の根まで進行すると、根尖病巣という病気に進行します。
また、過去のむし歯治療で歯の神経を除去している場合も根尖病巣が起こることがあります。
根尖病巣になると歯の根の先に膿が溜まり、膿から分泌される毒素によって歯茎に炎症が起きて歯茎が後退していきます。

矯正治療

矯正治療を受けると、歯並びは良くなっても歯茎が下がってしまうケースがあります。
矯正治療で歯茎が下がるのは、歯が移動する際に顎の骨が吸収されることが原因です。
矯正治療による骨の吸収は、歯を動かすことによって生じる生理的な骨吸収のため、歯周病などによって生じる骨吸収とは異なります。

加齢

歯茎は、これらの要因がなくても、年齢とともに下がってしまうことが知られています。
年間に平均して0.25mmずつ下がってくるという報告もあります。
全ての人が等しく減ってくるわけではありませんが、正しい磨き方をしていても、歯ならびがきれいであっても、歯茎が下がってくることがあると言えます。

カテゴリー 歯のこと |
2021年04月06日

今日のお花 2021/04/06

今日のお花 2021/04/06

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月06日

矢野先生の新しい作品『春爛漫』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。

あちこちで桜がキレイに咲いていますね。
しかし、今年も飲食をともなったお花見は自粛を呼びかけられていますので、しっかり目で味わいましょう。
 

さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。

今回の作品はこちら。『春爛漫(はるらんまん)』です。

 


これは伊予市の谷上山(たがみさん)の山頂付近で撮影されたものです。

青い空に薄いピンク色の桜の花が満開に咲き誇り、キレイなコントラストを見せています。

見ているだけで春の暖かさを感じさせる一枚です。

 

谷上山は皿ヶ峰連峰県立自然公園の一部で、昭和61年(1986)大谷池と併せて四国の自然100選にも選ばれているそうです。

展望台からは伊予市の町並みを楽しむことができます。

近くの宝珠寺本堂には千手観音像や正岡子規句碑もあり、歴史を感じることもできますね。

一度は訪れてみたいスポットです。

 

 

教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。

またステキな作品を楽しみにしています。

こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね。

今年は当院の待合室で写真を見ながらのお花見・・・はいかがでしょうか。

カテゴリー 未分類 |
2021年04月07日

今日のお花 2021/04/07

今日のお花 2021/04/07

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月07日

咬合

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のタナカです。

 

「咬合」とは、下あごを上あごに向かって閉じてくる行為をさす場合と、上下の歯の接触関係をさす場合とがあります。

 

上あごは頭蓋骨に固定されていて、下あごは主に複数の筋肉に よって頭蓋骨から釣り下がっています。

 

これらの筋肉が収縮あるいは弛緩することで、下のあごが動きます。

 

すなわち咬合には、歯、筋肉、顎関節および中枢神経系が関与しますので、そのうちのどれか一つに問題が生じても咬合に問題が生じます。

 

顎関節は回転運動の他に前後左右にも動くことができ、複雑な機構でトラブルが生じやすい環境にあります。

 

かみ合わせが悪くなると、上下の歯の接触点数が減少するので咀嚼の能率が悪くなります。

 

咬合接触点数が減少していると、接触のある歯だけに咬合力が集中してしまうことになります。

 

さらにそれらの歯の支えが弱くなっている状態にあれば、通常のかむ力によっても大きな問題が発生します。

 

また前歯のかみ合わせが悪くなると発音がしにくくなったり、話す時に唾が飛んだり、唇が閉じにくくなったり、口が渇いたり、見てくれが悪くなったりする場合があります。 歯が1本抜けても、かみ合わせが悪くなりますので、対処してもらわなくてはなりません。

 

咬合は単に咀嚼だけに影響を及ぼすだけではない健康にとって大変重要な要素ですので、歯、歯周組織、舌、顎関節、関連する筋肉を常に健康であるようにメインテナンスを心がけましょう。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年04月08日

今日のお花 2021/04/08

今日のお花 2021/04/08

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月08日

上顎第一大臼歯の形

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。

今回は上顎第一大臼歯の形をまとめました。

・上顎第一大臼歯

頬側面観
・外形は台形
・二つの咬頭の間に頬側面溝がある
・2つの咬頭から頬側面隆線が走る
・近心咬頭は遠心咬頭より高い
・歯頸部よりに歯帯がよく発達している
・歯頸線はほぼ水平で、根分岐部に根幹突起がある

舌側面観
・外形は丸みを帯びた台形
・2つの咬頭の間に舌側面溝があり、遠心寄りに位置。
・近心咬頭は高くて大きい
・近心縁、遠心縁は凸彎
・舌側面の近心にカラベリー結節がみられることがある
・歯頸線はほぼ水平

隣接面観
・外形は逆台形
・近心面のほうが遠心面より大きい
・近心面は平坦で遠心面は豊隆
・舌側縁は歯頸側寄り二分の一で突出し、頬側に傾斜
・辺縁隆線は近心のほうが遠心寄り高い
・接触点は舌側側寄り、歯頸寄りに位置

咬合面観
・外形はひし形または平行四辺形
・溝の形はH
・4つの咬頭を持ち、近心舌側咬頭が最も大きく、近心頬側咬頭、遠心頬側咬頭、遠心舌側咬頭の順に小さくなる
・頬側咬頭は高くて鋭く、舌側咬頭は低くて鈍円
・近心辺縁隆線はよく発達し顕著
・固有咬合面は頬側寄りに位置

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年04月09日

今日のお花 2021/04/09

今日のお花 2021/04/09

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月09日

抗生物質の種類

こんにちは、伊藤歯科医院受付コバヤシです。

暖かくなり過ごしやすくなりましたが、花粉症の方には辛い季節ですね・・・

 

さて、歯が痛い時や歯茎が腫れた時などに歯医者でお薬を出されたことがある方も多いと思います。

 

お薬の中で抗生物質(化膿止め、抗菌薬)は細菌感染症を治すお薬です。

症状の原因となる菌を殺したり、菌が増殖することを抑えます。

歯科では主に抜歯をする時、歯茎が腫れた時などに処方されます。

 

抗生物質にもさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。

当院で処方している抗生物質をいくつかご紹介します。

 


・ジスロマック(マクロライド系)、ミノマイシン(テトラサイクリン系)

細菌がタンパク質を合成するのを阻害し、細菌が増殖するのを抑えます。

 


・サワシリン(ペニシリン系)、フロモックス(セフェム系)

細菌自体が形を保てないようにして死滅させます。

 


・グレースビット(ニューキノロン系)

細菌のDNAの合成を阻害し死滅させます。

 

以上のように抗生物質には細菌を増殖させない、細菌自体を死滅させる、という働きの違いはありますが、感染症を治すのに有効なお薬です。

 

処方された用量、用法を守って正しく服用することが大切です。

何かご不明な点があればご相談くださいね。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年04月10日

今日のお花 2021/04/10

今日のお花 2021/04/10

カテゴリー 今日のお花 |
2021年04月10日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。
今回の患者様は左下の親知らずの辺りに違和感があり、抜歯を希望され来院されました。
まずは親知らずの状態から確認していきます。
左下の親知らずは少しだけ見える状態で生えています。
次にパノラマ写真を撮影してみると、左側の親知らずは、ほぼ真横に手前の歯を押すように生えているのが確認できました。
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
親知らずの根っこは下歯槽神経に近い位置にありましたが、抜歯は可能との診断でした。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずは歯茎の下に隠れている状態なので、歯茎を切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。

抜いた歯がこちら↓
穴が開いた部分には骨を造るお薬を入れ、傷口を縫合し抜歯終了です。抜き残しもなくスッキリと抜けていました!

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、我慢できる程度の痛みがあるものの、出血、腫れ、痺れのいずれの症状も感じていないとのことで一安心です。

左下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。

カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年04月11日

今日のお花 2021/04/11

今日のお花 2021/04/11

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約