• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2021年05月22日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 

今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は左下の歯茎の痛みを感じるため、来院されました。
お口の中の状態えお確認してみると、左下の親知らずはしかっり頭が見える状態で生えていましたが、周辺の歯茎がかなり腫れていました。
 次にパノラマ写真を撮影してみると、左側の親知らずは、まっすぐに生えているのが確認できました。
当日はかなり腫れがひどいため、その日は炎症を押さえるお薬をお渡しして、3~4日後に腫れが引いている事を確認してから、左下の親知らずの抜歯を行うことになりました。
 
後日、腫れも落ち着いてきたので、抜歯を行うことになりました。
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
親知らずの根っこは下歯槽神経からは充分な距離がある事が分かりました。
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。そこから親知らずの頭を掴んで慎重に抜いていきました。
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。 数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、麻酔が切れて少し痛みを感じているとのことでしたが、出血、腫れ、痺れの症状はないとのことで、一安心です。
左下親知らずの抜歯、お疲れ様でした
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年05月23日

今日のお花 2021/05/23

今日のお花 2021/05/23

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月24日

今日のお花 2021/05/24

今日のお花 2021/05/24

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月24日

糖尿病患者に対する歯科治療の考え方(その1)

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

 

糖尿病についてのお勉強シリーズ、今回は3回目になります。

今日は「糖尿病患者に対する歯科治療の考え方」です。

 

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、歯肉、歯根膜、セメント質および歯槽骨で構成される歯周疽息が破壊される炎症性疾患であり、炎症が歯肉に限られ、歯槽骨吸収が生じていない「歯肉炎」と、歯槽骨吸収が見られる「歯周炎」に分類されます。

平成28年度の実態調査から、日本人の約80%に何らかの歯周病の症状が認められており、成人のほとんどが歯肉炎から重症の歯周炎に至るまで、様々な病態の歯周病に罹患しており、現在では若年層にまで拡大しています。

歯周病は歯の周囲に付着するプラーク中の細菌や糖脂質、その他の代謝産物と生体細胞との相互作用の結果、炎症反応や免疫反応を経て、歯肉の炎症や歯槽骨の吸収などの症状を引き起こして進行します。

歯周病の危険因子は、歯周ポケット内に存在する歯周病原細菌(細菌因子)、遺伝子により支配されている生体因子、そして、喫煙やストレス、食生活に代表される生活習慣などの環境因子の3つからなっています。

歯周病原細菌と面r機反応との相互作用が解明されるにあたり、歯周病が様々な全身疾患の危険因子となる可能性が示唆されてきました。

歯周ポケットの内に存在する歯周病原細菌が全身に影響を与える経路は大きく分けて2つあると考えられています。

1つは細菌が直接血液中に侵入する菌血症です。

歯周ポケット内で歯肉の炎症が発生すると、その部位は微小の潰瘍となり、細菌が体内に侵入する入り口となります。すべての歯が歯周ポケット5~7mm程度の中程度歯周炎に罹患したと仮定すると、歯周ポケットの潰瘍部の面積の合計は55~72㎠となります。

これは、手のひらと同じくらいの大きさの潰瘍を慢性的に有していることになります。

もう1つの経路としては、歯周病変局所の慢性的な炎症反応で産生された生理活性物質が血中に入り、そのレベルが上昇するというものです。

歯周炎患者では全身のCRP、IL-6、TNF-αという生理活性物質のレベルの上昇が、歯周治療によって減少することも報告されています。

カテゴリー 歯のこと |
2021年05月25日

今日のお花 2021/05/25

今日のお花 2021/05/25

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月25日

矢野先生の新しい作品『満開の紅つつじ』

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのカワニシです。
梅雨入りして、雨の日が続いていますね。
ムシムシとした暑さも感じます。
さて今回は、余土小学校で教頭先生をされていた矢野先生の新しい作品をご紹介します。
今回の作品はこちら。『満開の紅つつじ(まんかいのべにつつじ)』です。  
これは3年ほど前に、大洲の冨士山のつつじを撮影したものだそうです。
冨士山は西日本有数のつつじの名所で、この季節になると、約6万3千本の赤やピンク色のつつじが咲き誇るそうです。
青い山並みを背景に、新緑の緑と枯れ枝の濃い茶色、色鮮やかな紅いつつじとのコントラストが美しい作品です。
毎年、4月25日~5月15日に行われていた「つつじまつり」ですが、コロナウイルスの影響により、前年度に引き続き今年の開催も中止となったようです。
とても残念ですが、先生の写真でも、充分、目を楽しませることができました☆
教員を退職されてもなお、精力的に活動されている矢野先生。
またステキな作品を楽しみにしています!
こちらの作品は、当院の玄関・待合室に展示していますので、待ち時間にぜひ楽しんでみてくださいね☆
カテゴリー 未分類 |
2021年05月26日

今日のお花 2021/05/26

今日のお花 2021/05/26

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月26日

病原微生物について

こんにちは。伊藤歯科医院歯科衛生士のイリエです。
カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |
2021年05月27日

今日のお花 2021/05/27

今日のお花 2021/05/27

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月27日

ランニングシューズ考察2

こんにちは伊藤歯科医院技工士Kです。

 

なかなかのコロナ禍で、いい季節到来なのに閉塞感が漂う雰囲気で気軽に外出も出来ないという、試練の日々が続く今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私Kは来たるべきカーボン厚底シューズ初試走に向けて、色々妄想の毎日を過ごしております。

後で現実に打ち砕かれるその日まで。

 

さて前回の続きシューズの考察ですが、4年間のブランクは大きいですね。

今やとんでもない数のシューズがあり、ランナーのタイム、足の着地位置によるシューズの細分化、素材のフィット感による細分化、ストライド走行なのか、ピッチ走法なのか、と枚挙にいとまがありません。

そうして調べていくうちに私Kは大変な思い違いをしていたことに気付きます。

そうカーボンプレートの件です。

どうもKは履いたことのないカーボンプレート搭載の靴にとても都合のいい解釈していたようです。

フォアフットで走ると誰でも簡単に早くなると思っていた節があり、誤解を招く表現をしてしまいました。

考えてみるとフォアフットで走り続けること自体初心者にはハードルが高く、更にカーボンプレート自体も硬い為、かなりの脚力、それなりの走力が無いと意味をなさない、少なくとも万人向けではないということが分かり、前回のブログでは少し夢のような靴として扱ってしまいました。

速いトップアスリートが履いてこそ真価を発揮する靴でした。

早くも現実に打ち砕かれてしまいます。

 

というわけでカーボンプレートはフォアフットで走れ且つ走力に自信がついてから考えてみようかなと思います。

で初心者向けに的を絞って、自分の走力、スタイル、目指す先を考えていくと何点か絞れてきましたが・・・どれも高価です。

ジョギングが日課になっていたならそれもアリですが、さてどうするか。

 

色々と探していると、激安厚底シューズありました。

いろんな方が動画で紹介しているのでご存知のかたも多いかもしれませんが、あのワークマンが厚底出していました。

¥1900という激安で。

早速買いです。

以下次号。

 

カテゴリー スタッフブログ |
2021年05月28日

今日のお花 2021/05/28

今日のお花 2021/05/28

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月28日

お家時間♪

こんにちは。伊藤歯科医院受付のワタナベです。

今日は以前、お家でパーティーした時のお話を!!

パーティといっても、ご飯をテイクアウトしてお家で食べただけですが・・・笑

 

まずは手巻きずしパーティーです。

スシローさんで手巻き寿司セットを購入しました。

しゃりやのりもついていて、自分で好きなネタを組みあわせて巻いて楽しみながら食事ができました。

 

つづいてはトスカーナさんでピザとパスタをテイクアウトしました。

ピザはシーフードの種類を選びました。

テイクアウトでも、ピザ、パスタ等たくさんの種類があったので、またテイクアウトもして、頂きたいと思います☆

カテゴリー スタッフブログ |
2021年05月29日

今日のお花 2021/05/29

今日のお花 2021/05/29

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月29日

左下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は左下の親知らずの抜歯のお話です。
今回の患者様は左下の親知らずの辺りが腫れたために来院されました。
まずはお口の中の状態から確認していきます。
左下の親知らずは頭がほんの少しだけ見える状態で生えていました。
ここは以前から何度も腫れを繰り返していたので、今回、抜歯を行う事になりました。
パノラマ写真を撮影してみると、左側の親知らずは、歯茎の中でまっすぐに生えているのが確認できました。
下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。
親知らずの根っこは下歯槽神経に近い位置にありましたが、抜歯は可能との診断でした。
脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。
親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。そこから親知らずの頭を輪切りにするように切断して取り除き、最後に根っこを分割して慎重に抜いていきました。 抜いた歯がこちらです↓
穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。
抜き残しもなくスッキリと抜けていました!
下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じが6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。 数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、出血、腫れ、痺れの症状はないものの、痛みがあるため、痛み止めを飲んだとのことでした。
左下親知らずの抜歯、お疲れ様でした
カテゴリー 親知らずの抜歯 |
2021年05月30日

今日のお花 2021/05/30

今日のお花 2021/05/30

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月31日

今日のお花 2021/05/31

今日のお花 2021/05/31

カテゴリー 今日のお花 |
2021年05月31日

糖尿病患者に対する歯科治療の考え方(その2)

歯周病と糖尿病の関わり

歯周病の罹患率は健康な人と比較すると、糖尿病患者では増加し、さらに血糖コントロールが良好でない患者では、歯周病の発症および進行のリスクが上昇します。

糖尿病の発症率が高い民族として知られるピマ・インディアンを対象とした研究で、2型糖尿病群は年齢、性別を合わせた非糖尿病患者群と比較して歯周病罹患率は2.6倍であり、より重症であったと報告されています。

1型糖尿病患者においても同様に比較しても罹患率や重症の頻度が高いことが明らかになっています。

糖尿病から歯周病への影響を考えるうえでは、血糖コントロールの程度が重要です。

糖尿病患者における歯周病の高い罹患率と重度な歯周組織破壊は、血糖コントロールが不良な糖尿病患者にのみ観察されたこと、また、血糖コントロールが良好な患者では、歯周病のリスクの有意な上昇は認められなかったことも報告されています。

ピマ・インディアンを含む2型糖尿病患者と対象とした研究では、HbA1cが9.0%以下の被験者を重度の歯周病に罹患しているかで分類したことろ、重度の歯周病である被験者は歯周病でない被験者と比べて、2年後に血糖コントロールが悪化している割合が3.2倍であったと報告されています。

アメリカの研究でも、歯周病患者は糖尿病になるリスクが約2倍であり、歯周病患者では糖尿病に罹患する確率が高くなる可能性を示唆しています。

また、進行した歯周病に罹患した糖尿病感謝の血糖コントロールの状態が、2~3年前の状態と比較すると悪化しており、一方、進行した歯周病のない糖尿病患者の血糖コントロールは悪化していない事が報告されています。

このことは、重度の歯周病を放置していると糖尿病患者の血糖コントロールが増悪する危険があることから、歯周病は糖尿病の危険因子になる可能性を示唆しています。

歯周病によってインスリン抵抗性が上昇して糖尿病が悪化し、また、糖尿病によってさらに歯周病が悪化する負のスパイラルが起こると考えられます。

よって歯周病の罹患がある場合、積極的な歯周治療を行うことが推奨されています。

また、口腔衛生管理が確立されていない患者においても、歯磨きの習慣を徹底することにより、規則正しい生活を自身で確立するようになり、糖尿病の治療の一助になる可能性もあります。

さらに、歯周治療後のメンテナンスによって良好な歯周組織の状態を維持することが、良好な血糖コントロールの維持に重要であると考えられます。

医師や歯科医師が積極的に連携をとり、糖尿病と歯周病の相関関係について広く患者に周知し糖尿病患者に対する口腔衛生管理を徹底することが望まれています。

 

 

講習の後には学習した内容のテストを受けます。

全問正解で「合格」です

今回もなんとかテストに合格し、1単位を修了する事ができました♪

残すは17単位!!

糖尿病のお勉強は果てしなく続きます・・・。

カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約