• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2021年05月17日

糖尿病と歯周病総論

みなさんこんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。 糖尿病についてのお勉強、第2弾。 今回は「糖尿病と歯周病総論」です。     糖尿病の人の歯周病の変化 糖尿病のある患者は口腔内症状として下記のような変化が見られます ・歯周組織の微小血管障害 ・歯周結合組織の代謝の異常 ・血管障害 ・免疫機能の低下 ・唾液の減少 ・口腔乾燥 ・歯肉出血 ・口臭の増加 糖尿病患者は免疫力が低下しているため、組織を元戻す力が弱く、炎症による組織破壊が進行しやすいからです。   糖尿病と歯周病の関係 高血糖が歯周病を悪化させるメカニズムとしては、血糖の上昇に伴い、血液中の糖化タンパクが増加し、歯周組織のマクロファージをしへきし、サイトカイン量が増加、そして歯周組織の炎症が促進され、歯周病が悪化すると考えられています。 糖尿病の人は、糖尿病ではない人に比べて、中等度あるいは高度の歯周病になる頻度が2~3倍高く、歯周病が進行しやすく、治りにくいのです。 歯周病により糖尿病を悪化させるメカニズムは、歯周組織で、ある特定のサイトカインが増加し、血液を介して肝臓、筋肉、脂肪組織に運ばれて、インスリンの作用を抑制していまい、細胞内へのブドウ糖の取り込みが阻害され血糖値が上昇するために糖尿病の悪化につながると考えられています。 歯周病の治療を行うと歯周病が治癒するだけでなく、血糖値の低下にもつながります。   糖尿病患者における地域医療連携 糖尿病を持つ人が、快適な質の高い充実した療養生活を送るためには、糖尿病が早期に発見され、適切な管理・治療を継続する事が重要になります。 糖尿病患者が増加する一方、糖尿病専門医の数は限られているため、かかりつけ医と専門医の連携が必要となります。 かかりつけ医だけではなく、かかりつけの歯科医眼科医との連携も重要となります。 糖尿病における地域医療連携は、医療枠内での連携にとどまらず、かかりつけ薬局、管理栄養士などと地域における多職種医療連携チームによる対応が望まれています。 とくに歯周病治療は血糖改善効果があるため積極的に歯科受診を勧めていきます。     講習の後には学習した内容のテストを受けます。 全問正解で「合格」となります。 無事、テストに合格し、1単位を修了する事ができました♪ 残すは18単位!! 糖尿病のお勉強はまだまだ続きます・・・。
カテゴリー 歯のこと |
2021年05月17日

今日のお花 2021/05/17

今日のお花 2021/05/17

カテゴリー 今日のお花 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約