• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2017年12月10日

痛みの原因となった親知らずの抜歯


こんにちは、広報・受付担当トガワです 今日も、親知らずの抜歯のお話です。 今回の患者さんは、左下の奥歯が1週間前から痛みがあったそうです。 部位を見てみると、奥歯のさらに奥、親知らずがあるだろう部分の歯ぐきが赤く腫れ上がっていました。 この段階で親知らずの姿は見えませんでしたが、レントゲン写真を撮ってみるとビックリ親知らずが下向きに生えていました。 親知らずは正常な生え方だと普通の歯のように真っすぐ、変わった生え方でも斜め向きや横向きはよくあることですが、下向きに生える親知らずは珍しいです。 親しらずと手前の歯との間には隙間があり、そこに汚れが入り込んで歯ぐきに炎症が起こっていました。 そのままにしてはいけない親知らずなので今回抜歯をすることになりました。 下を向いた親知らずですが、歯列から外れて頬寄りに生えていたので、歯ぐきを最小限切開していき抜いていきました。 親知らずは、そのほとんどが骨に埋まっている状態だったので周りの骨を少し削っていきます。 歯冠から徐々に分割しながら取り除いていきました。 無事スッキリ抜けました! これで歯ぐきの腫れも引いていくと思います^^ お疲れ様でした。
カテゴリー 親知らずの抜歯 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約