• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年02月04日

乳歯のむし歯①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

乳歯のむし歯には、永久歯にはない特有の広がり方があり、その1つに「ランパントカリエス」というものがあります。

ランパントカリエスとは、「突然むし歯になり、急速かつ広範囲にむし歯が広がり、歯髄感染も早く通常であればむし歯になりにくい下顎の前歯までむし歯になってしまうタイプのむし歯」のことです。

乳歯のランパントカリエスの原因としては以下のことが考えられています。


乳歯のむし歯は進行が早く、歯髄炎や歯根膜炎になりやすいので、ランパントカリエスを発症したらすぐにむし歯治療をしなければいけません。


ランパントカリエスになると、局所的なものから全身的なものまでさまざまな弊害が考えられています。

局所的な弊害としてまず考えられているのは、ランパントカリエスで乳歯がなくなってしまうと、噛む力が弱くなってしまうため、偏食や食欲不振に陥りやすくなってしまうことです。

次に歯並びへの影響です。

たとえばランパントカリエスで歯の頭部分がなくなってしまうと、前後の歯が寄ってきてしまい、噛み合わせが悪くなってしまいます。

また発音障害も誘発されるといわr。

さらにランパントカリエスは歯髄炎や歯根膜炎になりやすく、次に生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼします。

例えば乳歯が根尖病巣と呼ばれる根っこの病気になっていた場合には、永久歯の形性障害を引き起こします。

ランパントカリエスを発症したまま維持されてしまうと、永久歯も同様のむし歯が発症してしまうのです。

全身的な影響としては、歯性病巣感染が挙げられています。

歯性病巣感染とは、むし歯や歯周病などの細菌性の炎症が原因で歯とは離れた全身の病気が起こる(二次疾患)ことをいいます。

歯性病巣感染が疑われる全身疾患には、微熱やリウマチ性関節炎、腎炎、神経疾患などがあります。

また多数の歯がむし歯になってしまうと、心理的影響も大きくなってきます。

むし歯で歯が痛むことで集中力が欠けてしまったり、むし歯で歯がなくなることで審美的にも影響が出てきて人とのかかわり合いへの不安を抱えてしまったりする場合もあります。

では次回もランパントカリエスのお話をしていきます。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約