• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年03月14日

なかなか生えてこない永久歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

先日、お友達のママさんから、「小学校2年生の子どもの乳歯が抜けたのに、永久歯が全然はえてこなくて心配・・・」というお話を聞きました。

今日は、そんななかなか生えてこない永久歯についてのお話です。

一般的に永久歯は6歳前後から生え始め、おおよそ12歳ころまでに生えそろいます。

通常、歯肉の中で永久歯は乳歯の根を吸収し、十分に育つと自然に抜けていきます。しかし、何らかの原因で永久歯が順調に生えてこないことがあるのです!

その原因として、
①歯肉が厚かったり硬くなっているために、永久歯が生えるのを邪魔している
②永久歯の生えてくるスペースがない
③もともと永久歯がない(永久歯の先天性欠如)

などの理由が考えられます。

永久歯が現在どのような状態にあるのかは、レントゲン写真を撮って確認する事ができます。

①の場合、「開窓術」という歯肉を切開する治療を行うことで歯がはえてきます。当院ではレーザーを使って歯肉の切開を行っています。

②の場合は、永久歯の生えるスペースを確保するための治療が必要となります。抜歯したり矯正治療が必要な場合もあります。

③の場合は、できるだけ今の乳歯を温存していかなければなりません。しかし、乳歯は虫歯になりやすく、少しずつではありますが根が吸収されていくため、20歳~40歳までには自然に抜けてしまう場合がほとんどです。
将来的にはブリッジや義歯を入れたり、矯正治療やインプラント治療等、何かしらの治療が必要になりますが、早く発見できればその分治療の選択肢が増えますし、治療も最小限に抑えることが可能です。
生え変わりの時期や生え変わる順番にはかなりの個人差がありますが、もし、乳歯が抜けて半年以上経っても永久歯が生えてこないようでしたら、歯科医師にご相談ください。
③の「先天性欠如」に関しては、近年増えている傾向があるようなので、またあらためて詳しくお話したいと思います。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約