• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年02月28日

オーソモレキュラー栄養療法

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

前回、オーソモレキュラー栄養療法では血液検査の数値から栄養素の過不足や代謝の良否を判断するとお話しました。

血液検査における基準値は、「健常者と思われる母集団」から得られた測定値の分布のうち、95%が入る区間を表しているそうです。

基準値内であっても一概に「正常」であるとはかぎらず、反対に外れているからといって「必ず異常」というわけでもありません

またこの「基準値」も各臨床検査会社によっても若干の差があります。

オーソモレキュラー栄養療法での検査データ解析は、若干の差も踏まえて「生体恒常性を整えるには」という観点で総合的な解釈をしているそうです。

具体的な数値の評価が一般的な解釈とは異なることも珍しくないといわれています。

検査データを解釈するうえで大事なポイントがあります。

ある時点での検査数値は、それを上昇させる要因と、低下させる因子相互に、また複雑に絡み合って示されている場合が多いという点だそうです。


数値を変動させる要素には栄養素の摂取不足、代謝不良、炎症、酸化ストレス、脱水など多くあり、その状況は多数の検査値から総合的に判断することになります。

初回の検査数値が栄養素の過不足の実態を反映していなかったり、食事指導や栄養療法に取り組んだ当初は、数値が想定する変化と正反対の動きをすることも珍しくないといえます。

下げる要素と上げる要素がともに大きい場合には、臨床症状があっても見かけ上理想的な数値を示すとこもあるそうです。

栄養素の種類と量の選択は、症状や経過などからある程度推測することは十分可能であり、その対策をとることで驚く程の効果を示す場合もあります。

必要な栄養素を、適切なタイミングで十分な量用いる」ことで「積極的な治療」の一手段として期待する事ことができます。

食物だけで栄養の問題が解決できることがいちばん理想的です。

ますはこれを目指して食事内容や生活習慣などを見直してみてくださいね。


カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約