• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年03月15日

永久歯の先天性欠如

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、以前にお話しした永久歯が生えてこない原因の一つ「先天性欠如」についてのお話です。

歯は本来、乳歯は20本、永久歯は親知らずを除いて28本生えてきます。しかしまれに、生まれつき歯の本数が少ないことがあります。この状態を「先天性欠如」といいます。

日本小児歯科学会が行った全国調査によると、永久歯の先天性欠如があったのは10.1%となっています。およそ10人に1人の割合で生まれつき永久歯がないという結果です。近年、増加の傾向にあります。

先天性欠如歯は、生まれつきの場合、生えてこない永久歯は1〜2本であることが多いものの、まれに10本以上生えてこない場合もあります。


永久歯の先天性欠如は、男の子より女の子のほうがわずかに多く発症し、前から2番目と5番目の歯に欠如が多く、どちらも発生率は上の歯よりも下の歯が欠如しやすいことが分かっています。

原因は遺伝や全身疾患、妊娠中の母体の栄養不足、薬の副作用などが考えられていますが、今のところ明確な因果関係は分かっていません。対処法として、

 

①乳歯を長持ちさせる

現在、生えている乳歯をできるだけ長持ちさせ、永久歯の代わりの歯として使うことが必要とされます。乳歯は、永久歯と比べてエナメル質が薄く、歯根も短いため、虫歯になると進行しやすいので定期的なメンテナンスを受けることが大切です。しかし、一生使い続けることはほぼ不可能なため、その後の対処を考えておく必要があります。

②矯正

周りの歯を動かすことで、歯と歯の間のスペースを閉じたり、隙間を塞ぐ方法です。あえて乳歯を抜いて早めに矯正治療を行う方が良い場合もあります。

③インプラント、義歯、ブリッジ等の補綴

人工的な歯を入れることで、足りない歯を補う治療方です。

 

先天性欠如歯の治療には、保険が適用される場合と、適用されない場合があります。いずれも担当医とよく相談し、適した治療を選択する事が大切です。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約