• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年03月11日

入れ歯の汚れ

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歯の表面に付着する細菌の塊プラーク(歯垢)といいます。

このプラークですが、入れ歯にも同じように付着します。

入れ歯に付いたプラークはデンチャープラークといわれ、当初の定義は「十分な清掃が行われていない入れ歯に集積する物質」とされていましたが、「入れ歯の表面に形成される微生物のバイオフィルムである」と変化していったそうです。

デンチャープラークは、多種類の微生物から構成されているバイオフィルムなので、種々の病原性を示すといわれています。

入れ歯に汚れが溜まりデンチャープラークとなると、まず入れ歯に覆われる歯ぐきに口内炎を引き起こします。

この口内炎は、口角炎、鵞口瘡、舌炎、口腔や口腔咽頭カンジダ症などの急性浅在性カンジダ症を合併することがよくあるそうです。

また、部分入れ歯では残った歯やバネのかかる歯などに対してむし歯や歯周病を助長する可能性もあります。

さらに入れ歯自体が微生物の温床となると、全身に伝搬することも指摘されているそうです。

とくに入れ歯を入れる高齢者では、口腔機能や反射が低下したり、全身の抵抗性も低下しています。

この状態で口腔内に汚れが溜まった不潔な入れ歯を入れておくと、持続的にデンチャープラーク中の菌群の誤飲、誤嚥をすることによる消化管や呼吸器への感染症、いわゆる誤嚥性肺炎消化管感染などのリスクを高めることになります。


では入れ歯を清潔に保つためにはどうすれば良いでしょうか?

しっかりとデンチャープラークを落とすためには大きくわけて2つの清掃法があります。

ひとつは機械的清掃、そしてもうひとつは化学的洗浄です。

化学的洗浄は、入れ歯用洗浄剤や消毒薬を使って入れ歯を化学的に洗浄して微生物の除去や殺菌効果を期待するものです。

機械的清掃はプラークを落とす基本で、ブラシや超音波器を使って清掃します。

バイオフィルムは薬剤耐性が非常に高いといわれているので、洗浄剤などを使う前にしっかりブラシなどで磨いておくことが大切です。

では次回も入れ歯の洗浄についてお話していきます。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約