• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年04月05日

インプラント後のメインテナンス

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

インプラントは歯を失ったとき、天然歯の変わりに噛み合わせたり歯並びを維持したりする目的があります。

歯を失ったときの治療法としては、インプラント入れ歯ブリッジなどが提案されますが、自分の歯のように噛めて、残った歯に負担をかけないのはやはりインプラント治療です。

しかしインプラントと天然歯は「似て非なるもの」といわれています。

インプラントは天然歯と違って防御構造が存在しないので、感染に弱いというデメリットがあります。





インプラントは治療に手術が必要ですが、最近ではCTデータ上でシュミレーションを行ったり、インプラントのツール技術が進歩したこともあり、以前に比べて精度が高くなり手術のミスや事故もほとんど聞かなくなりました。

ここからはインプラント手術後のお話です。

インプラントが骨とくっつき噛めるようになると、本歯を入れる前に仮歯を付けていきます。

患者さんのお口の中の環境に最適な形態を見つけるために、まずは仮歯で調整していきます。

噛み合わせや発音に問題はないか、歯並びのバランスはいいか、すき間など掃除がしやすい状態かどうか、などを仮歯の段階ではっきりさせておきます。

仮歯が入る前も、入った後も、インプラント周りは特に気を付けて歯ブラシをあててください。

インプラントの素材であるチタンは傷つきやすいので、毛の硬い歯ブラシ粒子の大きな研磨剤の入った歯磨き剤は使用してはいけません。

先にも挙げたようにインプラントは感染にも弱いので、当院ではインプラント治療をした患者さんへは「ジェルコートIP」というインプラント専用の歯磨きジェルをオススメしています。

また被せ物の形態や隙間に併せて、歯間ブラシなどの補助具も併用するようにしましょう。

インプラント治療は通常の治療に比べると経済的な負担が大きく、手術があるため身体的な負担も大きくなります。

このインプラントを長く良好な状態で維持できるようにするために、手術の後も定期的に歯医者へメインテナンスに通ったり今まで以上にセルフケアにも力を入れるようにしてみてくださいね!


カテゴリー インプラント |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約