• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年11月13日

他と比べて小さい歯「矮小歯」

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日はあまり聞き慣れない診断名、「矮小歯(わいしょうし)」についてのお話です。

矮小歯とは解剖学的に見た場合に平均的な大きさよりも異常に小さい歯のことを言います。現在、はっきりとした原因は分かっていません。

上の歯の前から2番目の歯や親知らずに現れやすいようで、長細い形状や本来の形をそのまま縮小したような形など個人差があります。

では、歯が小さいとどのようなリスクがあるのでしょうか?

リスク
・噛み合わせが悪くなる
顎の大きさに対して歯が小さいと、噛み合わせや歯並びに問題が出てくる可能性があります。

・すきっ歯になる
歯が小さいとそれぞれのスペースが広過ぎるため、すきっ歯になる可能性があります。

・ブリッジ等の土台にしにくい
ブリッジ等の土台として使用すると歯の根の長さや大きさが小さいために、歯の寿命は正常の歯より短くなる可能性があります。

このような問題が起きた場合、どのような治療法があるのかというと、

・歯列矯正
隙間がある場合は歯列矯正によって歯を動かして隙間をなくしていく治療法です。

・被せもの(セラミックなど)
矮小歯を削って土台にし、その上に歯の本来の大きさの被せ物を入れて治療をする方法です。

・ダイレクトボンディング
歯と歯の隙間をレジン(プラスチック)で埋めていく治療方です。矮小歯にレジンを盛って、本来の歯の形を作ります。

しかし、審美的、機能的に問題がなければ特に治療の必要はなく、様子をみることがほとんどです。
また、乳歯が矮小歯であったからと言って、必ずしも永久歯も矮小歯になる訳ではありません。(確率は若干高くなる傾向にあるようですが・・・)

気になるようであれば、まずは歯科医に相談してみてください。
 


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約