• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年05月28日

口臭ケアグッズ①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

口臭の主成分である揮発性硫黄化合物は、お口の中の嫌気性菌タンパク質を分解することによって発生します。

口臭が強いということは、嫌気性菌が口腔内で増殖している状態なのです。

とくに舌は表面積が大きく、舌苔の蓄積にともなって細菌数と気質となるタンパク質量とが増加するので、口臭の発生部位になりやすいです。

歯肉炎由来の口臭を改善するためには、歯周治療よりも舌苔除去の方が有効であったという研究もあるそうです。

また歯周病患者は舌苔が蓄積しやすく、歯周病由来の口臭のおもな発生部位も舌苔であるといわれています。

これらのことから、口臭予防のためのセルフケアの基本は舌苔を含めたお口の中の清掃で細菌を減らすことです。

舌苔のコントロールの基本は、舌清掃器具を利用した機械的清掃法です。

舌清掃器具にはブラシタイプやヘラタイプがあります。

舌粘膜を傷つけにくく、清掃効率が高くなるように硬さや形状に工夫が凝らされています。

舌苔が付着しやすい部位は舌の後方です。

清掃の際には舌を前に付き出すようにします。

そして舌後方から舌尖の方向に圧を加えないように注意しながら、器具の清掃部分が接触する部位ごとに数回ストロークさせます。


舌清掃の際には歯みがき剤は使用しないようにしましょう。

次に化学的な口臭対策法のお話です。

化学的清掃法には、抗菌作用によって揮発性硫黄化合物の発生を抑制するものと、直接揮発性硫黄化合物と反応して非揮発化するものとがあります。

製品としては洗口剤や歯みがき剤が多く、その他タブレット(錠菓)やチューイングガムなどの食品もあります。

抗菌作用によって口臭を抑制するものとして、クロルヘキシジンや塩化セチルピリジニウム、トリクロサン、エッセンシャルオイル、亜鉛イオン、二酸化塩素、ヒノキチオール、茶カテキンなどがあります。

亜鉛イオン、二酸化塩素、茶カテキンは抗菌作用に加えて消臭作用も有しています。

では次回はこれらが含まれる製品などを詳しくご紹介していきます。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約