• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年06月04日

口腔ケア①

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

口腔ケアは、口腔内のプラーク(歯垢)コントロールによる器質的口腔ケアと、口腔機能の維持・回復を目的とした機能的口腔ケアから成り立っています。

むし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康状態やQOLの維持増進にもたいへん重要です。


日々のプラークコントロールは、口腔ケアのなかでも数少ない自分自身で行えるセルフケアで、口腔ケアの中心的役割を担っています。

さて、日本では65歳以上の高齢者の人口は2025年には全人口の30.3%2055年には約40%になると予想されており、世界に類のない超高齢社会になることが確実視されています。

高齢社会の進展に伴い要介護高齢者の数も年々増加すると推計され、セルフケアとして重要なプラークコントロールを適切に行うことが困難な年齢層が年々増加すると考えられます。

2016年の歯科疾患実態調査の結果によると、8020達成者の割合は51.2%となり、2011年の調査時から10%以上増加し、初めて2人に1人以上が8020を達成したそうです。

その一方で、4mm以上の歯周ポケットをもっている割合は、ほぼすべての年代で年々高値を示しており、とくに高齢になるにつれ増加しています。

4mm以上の歯周ポケットを有する者の割合



高齢者の口腔内では、残存歯が増加する傾向にはありますが、残った歯のなかには進行した歯周炎に罹患した歯が増加していることがわかります。

高齢者では、身体機能にさまざまな変化が現れますが、お口の中も例外ではありません。

自浄作用の低下唾液分泌低下によるドライマウスなどの問題が生じて、これがむし歯や歯周病の発症・進行を助長します。

とくに要介護状態の高齢者ではさらに口腔清掃がおざなりにされやすく、非常に不潔な口腔内となりやすくなります。

高齢者に対する口腔ケアの普及が重要となっていますが、高齢者や要介護、あるいは介護する側の口腔ケアへの認識はまだまだ十分とはいえない状態です。

では次回も口腔ケアのお話をしていきます。


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約