• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年04月15日

歯垢と歯石の違い

こんにちは、衛生士ニイヤマです。

最近テレビのCMなどでよく耳にする「歯垢」と「歯石」の違いは知っていますか?

歯の健康を保つためにもそれぞれの違いについてぜひ知っておきましょう。

「歯垢」
歯の表面を指で触った時にネバネバしたものが付くことがありますが、このネバネバが歯垢のことで、別名「プラーク」とも呼ばれています。
歯垢は細菌の塊で、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。
これを放っておくと菌の作った酸が歯の表面のエナメル質を溶かしむし歯を発生させてしまうことがあります。
食後およそ4~8時間ほどでこの歯垢が作られてしまうため、毎食後の歯みがきが大切です。


「歯石」
歯石とは歯垢が硬くなったもののことをいいます。歯みがきでみがき残した歯垢はおよそ2日間ほどで歯石へと変わってしまうと言われています。そのため歯みがきがしにくい「歯と歯茎の境目」や「歯と歯の間」にできやすく、歯石はその名前の通り石のように硬いため、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れません
また歯石の表面はデコボコしているため、そこにさらに歯垢が付いて歯周病の原因となってしまうこともあります。

歯石を発生させないためには「いかに歯垢の状態で除去するか」ということが大事になってきます。

歯石に変化する前に、上手に歯垢を除去することができれば、むし歯の発生率はより低くなります。

歯垢はセルフケアで取り除くことができるので、日々の歯磨きを大切に心がけましょう。

歯と歯の間を磨く際は、デンタルフロスを通すことをおすすめします!

歯石になると、歯磨きでは除去できないため、プロフェッショナルケアを受けましょう。


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約