• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年07月02日

子どものむし歯予防②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は前回のお話の続きです。

子どものむし歯予防として有効なもののひとつに「シーラント塗布」があります。

シーラントとは歯の溝を埋めるプラスチック樹脂のことです。

奥歯の溝はむし歯になりやすいので、汚れが溝に入り込まないようにシーラントで溝を埋めてしまうことでむし歯を防ぎます。

シーラントの効果は永久的ではないため、外れてしまった場合には再び歯医者さんで埋めてもらうようにしましょう。


次にむし歯予防で注目されるのは細菌です。

歯の表面に付着する汚れ(歯垢)は細菌の集合体です。

バイオフィルムともいわれますが、台所のヌメリなどもバイオフィルムの一種です。

単なる「歯の汚れ」ではなく「細菌の集合体」なのでしっかりとブラッシングをして取り除かなければいけません。

首が座ってくる生後3ヶ月~6ヶ月は、まだ歯は生えていませんが、濡れた清潔なガーゼなどで歯茎を拭うことをオススメしています。

これには、保護者の方がお子さんのお口の中に慣れるためと、お子さんが自分の指以外の何かがお口の中に入ってくることに慣れることの2つの目的があります。

歯が生え始める6ヶ月~1歳頃は、離乳食を食べ始めますが、薄味の離乳食や糖分を含まない飲み物の摂取を心がけていれば、バイオフィルムはあまり歯に付着しません。

濡れた清潔なガーゼで歯を清拭して、口腔機能の発達も考えてコップを使う練習も徐々に開始していきましょう。

1歳以降になると、上下4本ずつ前歯が生えてきます。

自分でも歯ブラシを持って慣れてもらうために、保護者の仕上げ磨き用と本人用の歯ブラシを用意するようにしましょう。

また1歳頃は歩行開始の時期でもあるので、お子さんが歯ブラシを持つ際には必ず保護者の膝の上に座って行うようにしてください。

まずはブラッシングを習慣づけることが目的なので歯ブラシをくわえるだけでもかまいません。

この時期は上の前歯の歯間にむし歯ができやすいので、仕上げ磨きをしっかりと行い、フロスも使用してあげてください。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約