• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年07月07日

お口と健康②

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

加齢とともに、自然と体の機能は低下していきます。

目で見てわかりやすい変化はお肌のしわなどですが、実はお口の中でも機能の変化は進んでいます。

気付きについですが、舌の筋力や唾液の分泌力が徐々に低下します。

「歯」
・むし歯や歯周病になった
・歯が抜けた など

「唾液」
・朝起きたときにお口の中がネバつく
・食事のときに唾液が分泌しにくくなる など

「舌」
・動きが少し悪くなる
・しゃべりにくくなる
・飲み込みにくい など


唾液や舌の働きが悪いと、噛みにくさや飲み込みにくさを感じるようになります。

噛みにくさを感じる人は50代から増え始めるといわれています。

また50代から歯を失い始める人も増えていくこともわかっています。

きちんと食べる・話すためには歯が20本以上必要といわれていますが、50代以降徐々に歯が減少していき、70代~80代で歯が20本以上ある人の割合は半数にまで低下します。

歯が20本未満になると食べたり話したりすることに不都合を生じやすくなります。

歯が20本以上ある人の割合



さて、加齢によるお口の変化はちょっとしたトラブルから始まっていきます。

唾液の分泌や舌の動きが悪くなり、舌が汚れたり口臭が強くなったりしますが、生活するうえであまり困らないので放置しがちです。

・口が渇く
・ときどき歯がしみる
・食べこぼしが増える
・舌が汚れている、白い
・口臭がつよくなった
などは加齢によるお口の変化の前兆です。

これらの変化を放っておくと困ったことが次々と起こり、いつも間にか生活に支障をきたすようになってしまいます。

さらにお口の変化が進むと、硬い物を噛めなくなったり発音が悪くなってきます。

こうなってくるとコミュニケーションに支障をきたすようになります。

・噛めない
・飲み込めない
・むせる
・味がわかりにくくなる
・滑舌が悪くなる
などを感じてくると、お口の機能が低下しているといえます。

そして変化はお口だけにとどまりません。

次回はこのお話の続きからしてきます。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約