• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年07月11日

お口と健康⑥

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は前回からの続きでお口を健康にする食事とトレーニングについてご紹介していきます。

よく噛んで食べることで食事がお口を鍛えるトレーニングになるとお話しました。

積極的にとりたい食品もご紹介しましたが、トレーニングには食べる順番も大切です。

60代頃までは、食べ過ぎを防ぐために「野菜から」といわれています。

60~70代からは
1.肉・魚・大豆
2.野菜
3.主食
の順で食べるようにしましょう。

食べる量が減ってしまうので、不足しがちなたんぱく質をまず最初にとるようにしましょう。


前回調理のポイントとして、食材を大きめにカットしたり生と加熱を組み合わせて取り入れることをご紹介しましたが、唾液の助けにとろみをつけることもオススメです。

食べ物にとろみをつけると飲み込みやすくなります。

また、噛むと唾液が分泌されるとので、ガムを噛むのもオススメです。

唾液を補う保湿剤などもあるので、かかりつけの歯医者さんで相談してみてください。

食べにくい物を避けていると栄養バランスが崩れると以前お話しましたが、栄養バランスが崩れて筋肉が減少してしまうことをサルコペニアといいます。

このサルコペニアが進行すると、「ロコモティブ・シンドローム」へとつながります。

ロコモティブ・シンドロームとは足の筋肉や骨などに障害があり、立ち歩きに支障をきたす状態です。

低栄養による筋力低下がロコモティブ・シンドロームを招きますので肉や魚、野菜などをしっかりととれるように食事メニューに気をつけましょう。

次に食事以外のお口のトレーニング法です。

歌や会話、音読も口や舌、のどの筋肉を使うトレーニングになります。

お風呂で歌うのは習慣にしやすいのでぜひやってみてください。

歌詞が覚えられない場合には「パ・タ・カ」に置き換えて歌うのも舌のトレーニングになります。

また脳の活性化にもつながるので、毎日違う曲をセレクトして歌ってみましょう。


カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約