• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年07月30日

自分に合ったセルフケア

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

中高年の歯のトラブルは、根元を中心に起きるのが特徴的です。

これは加齢に伴って歯ぐきが下がり、唾液も減少するため、歯の根元のむし歯がとても多くなるからです。

根元のむし歯を予防する基本は毎日のセルフケアです。

フッ素入りの歯磨き剤を積極的に使うようにしましょう。

フッ素入りの歯磨き剤を使う際にはすすぎを少なくするのがポイントです。

歯の「脱灰」を抑えて「再石灰化」を促してむし歯を予防できます。


歯の並びや唾液の量などは年とともに変化するため、ケアの仕方もお口の状況に合わせて変わります。

自分に合った方法や道具がわからないときは歯医者さんに相談してみてくださいね。

セルフケアでは根元のむし歯だけに気をつけていれば良いわけではありません。

歯と歯の間歯ブラシが届きにくく、汚れが残りやすい場所です。

歯ぐきが下がると根元のすき間が広がり、汚れやすくなります。

歯ブラシにプラスしてデンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れを落としましょう。

歯間がせまい人にはデンタルフロス(糸ようじ)、歯間が広い人には歯間ブラシがオススメです。

高齢になってくると、手の握る力が弱まり、歯ブラシを細かく動かすことが難しくなってきます。

そんな時は柄が太く、ヘッドが大きく、毛束の多い歯ブラシを使うと楽に磨くことができます。

歯を失ってしまった場合、健康のために入れ歯を入れることをオススメしています。

入れ歯を使うことで消化器官への負担などがなくなり、お口を含めた全身の健康維持に役立つからです。

入れ歯を使う場合は、入れ歯のバネがかかる歯などは汚れがたまりやすいので、歯ブラシを横から入れてていねいに磨いてください。

支えの歯のまわりに歯がない場合、歯ブラシを4つの方向(外側、内側、手前側、奥側)から磨くようにしましょう。

セルフケアは歯だけでなく舌の汚れも取り除いていきます。

まず舌の汚れを予防するために、口の渇きの原因となる口呼吸をしないようにしましょう。

舌が汚れたら、舌ブラシを使って優しくケアしてくださいね。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約