• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年09月06日

飲酒と健康

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

危険性アルコール中毒や、アルコール依存症などが増えています。

お酒の飲みすぎはアルコール性肝炎・肝硬変・慢性膵炎・動脈硬化・食道がん・肝臓がんなどと深くかかわってきます。

適量のお酒は善玉コレステロールを増やすので、健康に歯大変良い飲み物です。

しかし飲みすぎると肥満をまねいたり、高血圧になりやすくなったり、脳出血・くも膜出血の危険性を高めます。

やけ酒やストレス解消のお酒は、節度をもって接することが大切です。

お酒の席から外へ出たとたん脳卒中で倒れるなどという事故もありますが、これはお酒を飲んでからだが暖まり、拡張した血管が冷気に触れたことで縮小するため、血圧が高くなって起こります。

ほどよく飲めば百薬の長のお酒ですが、飲みすぎると健康障害やおもわぬ事故をまねくので上手に付き合っていきたいですね。


飲酒の機会が増えたり習慣化し、アルコールの消費量も増加しています。

大量飲酒者」にならないようにしましょう。

大量飲酒者とは、毎日純アルコールに換算して150ml、たとえば日本酒5合半ビール6本ウイスキーダブル6杯以上飲む人をいいます。

アルコール精神病やアルコールなしではいられないアルコール依存症の人が増えているので量を守ってお酒を飲むようにしてください。

飲酒量の増加と男性の未婚、自殺率、貧困などが深く関係しているという調査結果もあります。

ではお酒と上手に付き合っていくポイントをご紹介します。

週に2日の休肝日を守る

② 1日の酒量は日本酒なら2合ビールなら大2本ウイスキーなら水割りダブル2杯までが限度

チャンポンは酒量も増え、悪酔いのもとになるのでひかえる

時間をかけてゆっくりと飲む

楽しく飲む

すきっ腹で飲まないようにする、飲みながらの食べ過ぎにも注意する

⑦悪酔い、二日酔いの予防のおつまみには果物

⑧帰宅時間を決めておき、時間がきたらいさぎよく帰る

⑨悪酔い、二日酔い予防にコップ1杯の水を飲んで寝る


カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約